名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

原島純一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

原島純一のプロフィール

原島純一、はらしま・じゅんいち。日本の飲食店コンサルタント、中小企業診断士。「STAYDREAM」社長。東京都出身。

原島純一の名言 一覧

営業経験がない人は、お金をもらうこと自体を申し訳なく感じがち。「すみません」と言わずに、「ありがとう」と言われるための努力をし、プロ意識を持った上で価格設定をしましょう。


家族との関係は独立後に大きく影響します。妻が反対していれば、家でもビジネスでも疲弊します。精神的、物理的に協力してもらえるようにすることが大切です。


退職準備の際は、会社に迷惑をかけない配慮はもちろん、買えるものを買っておくことも大事です。会社をやめれば信用度は下がり、ローンが組めなかったり、事業所の近くに引っ越そうとしても物件の審査に通らないケースもあります。


物件を借りるなら、事業計画がやはり重要です。飲食店なら席数や回転率なども考えた現実的な収支計画を作成しなければ、家賃も払えないことになるのです。席数を増やす、回転率を上げる、価格を下げる、単価の高いもので勝負する、減価率を下げる、人件費を減らすなど、どこをいじれば利益が出るのかまで考えることがポイントですね。


物件を借りるビジネスの失敗ケースは決まっている。開業資金の上限設定や撤退条件を決めない人が失敗します。物件探しを長引かせ、家賃や内装工事に余計なお金をかけるうちに、生活資金まで目減りし、気持ちに余裕がなくなる。経営に集中できず、家族との関係も悪化、友人とは疎遠になり、誰の協力も得られずに廃業に追い込まれるのです。


内装業者は起業の先輩や気に入っている店の人などから紹介してもらうこと。ネットで見つけた悪質な業者に引っかかり、「ドアノブは別途費用がかかる」など、工事費がかさむケースも。支払い可能な金額を明言し、見積もり時点で明細をもらいましょう。


原島純一の経歴・略歴

原島純一、はらしま・じゅんいち。日本の飲食店コンサルタント、中小企業診断士。「STAYDREAM」社長。東京都出身。

他の記事も読んでみる

池田清彦

聞く耳を持たない人の典型は、自分の思い込みが激しい人。自分が考えているもの以外の概念が世の中には存在する、ってわからない人がいるんだよ。例えば、「犬」や「猫」みたいに単純な言葉なら、誤解もなくお互いに理解できる。それが「正義」だとか抽象的な言葉になると、人によって考え方は千差万別だろ。にもかかわらず、話が聞けない人はみんなが自分と同じように考えている、と思い込んでいる。多様性が受け入れられないんだな。


冨山和彦

ダメな会社ほど政策に期待する声が大きい。利益率の高い中小企業は山ほどありますが、彼らは政策に依存しなくてもうまく経営を行っている。


菰田正信

不動産をイノベーションしていこうというときに、伝統的な昔の不動産業の範囲においての知恵だけでは足りない場面が当然出てくる。不動産業以外のあらゆる知恵と技術が必要。


鎌田浩毅

僕はノートをたくさんつくって準備するけど、内容を頭に入れたら、書いたものは捨ててしまいます。極端な言い方かもしれませんが、アウトプットのためのノートは、残してはいけないんです。僕の場合は、最終的なアウトプットは論文や著書、講義というかたちになって残りますから、途中のものは残しておく必要がない。


森下一喜

深く悩めば悩むほど、事態が好転するなら良いのですが、そうとは限りません。むしろ、あまりに考え込むと、結果が出るのが怖くなって身動きが取れなくなり、かえって事態を悪化させることが多いと思うのです。それなら、下手に悩むより、今できるすべてのことを全力で取り組むことを考えたほうがいい。


酒井利朗

十代の頃からずっと何かで創業したいと思っていました。元々、車屋のディラーで整備士をしていました。その後、全く違う営業の仕事をしていたのですが、やはり車が好きで、何か車関係の仕事で起業したいと考えるようになりました。東京から福岡へ転勤した時、東京では輸入車のレンタカーが賑わっていることを知っていたのですが、福岡ではあまり見あたらないことに気付き、自分がやろうと思い創業しました。


谷原誠

相手に好意を持って質問をする人は親しみを持ってもらえる。相手に苦手意識をもって質問をしていれば距離が縮まらない。


小松俊明

交渉しないのが交渉の一番の極意。先にこちらから解決策をアドバイスしてはいけない。相手はこちらに都合のいい方向に誘導されて、じわじわ追い詰められているように感じてしまう。一番いいのは、解決策に相手と自分が同時に気づくことです。


杉田敏

外国語を話すことはできるけれど、書くことが苦手という人は多いですね。しかし、書いたものを見れば、その人の語学力がわかります。書くことも大切なスキルですが、これは一人では学習できません。誰かしらのサポートが必要です。会社の同僚や上司で英語が得意という人がいたら、書いたものを添削してもらうというのも手です。また、英文の添削サービスを利用するのも良いと思います。


藤田晋

パワハラやセクハラなどは、「自分にはどうにもできない問題」と我慢しがちで、すごく悩むと思いますが、やはり悩んでいても問題は解決しません。ここで大事なのは、「率直に話す」こと。相手の顔色をうかがって曖昧な表現を使ったり、余計なことを言ったりしないで、ストレートに問題点を指摘した方がいいと思います。例えば、上司の振る舞いに問題があるとしたら、「○○されることに悩んでいます」と伝える。たとえそこで上司の機嫌を損ねたとしても、事態は展開します。もちろん、指摘するタイミングを計る必要はありますが、やはり次の一手が打てるようになるわけです。


安藤百福

私は医者や弁護士であっても、専門家の言うことを鵜呑みにはしない。ときには素人の発想が正しいこともある。素人だからこそ常識を超えた発想ができる。人間はなまじ知識があるから本質がわからなくなる。知識よりも知恵を出せ。机の上でいくら思案しても優れた発想は生まれてこない。


小笹芳央

多くの企業で経営トップと社員たちのコミュニケーションがうまくいかないのも、世界観のズレが原因です。現場の社員たちは自分の担当業務のことしか見えていないし、先のことも今月の売上げくらいしか考えていない。中間管理職クラスでも、見えているのは自分の担当部署の範囲内で、時間的にも四半期ごとの決算くらいしか考えていない、ということはよくあります。一方、経営トップは会社全体のことを見ながら、長期スパンで今後のことを考えます。つり、それぞれに視界の範囲も時間軸もズレているわけです。これでは話が噛み合うわけがありません。