名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

原島純一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

原島純一のプロフィール

原島純一、はらしま・じゅんいち。日本の飲食店コンサルタント、中小企業診断士。「STAYDREAM」社長。東京都出身。

原島純一の名言 一覧

営業経験がない人は、お金をもらうこと自体を申し訳なく感じがち。「すみません」と言わずに、「ありがとう」と言われるための努力をし、プロ意識を持った上で価格設定をしましょう。


家族との関係は独立後に大きく影響します。妻が反対していれば、家でもビジネスでも疲弊します。精神的、物理的に協力してもらえるようにすることが大切です。


退職準備の際は、会社に迷惑をかけない配慮はもちろん、買えるものを買っておくことも大事です。会社をやめれば信用度は下がり、ローンが組めなかったり、事業所の近くに引っ越そうとしても物件の審査に通らないケースもあります。


物件を借りるなら、事業計画がやはり重要です。飲食店なら席数や回転率なども考えた現実的な収支計画を作成しなければ、家賃も払えないことになるのです。席数を増やす、回転率を上げる、価格を下げる、単価の高いもので勝負する、減価率を下げる、人件費を減らすなど、どこをいじれば利益が出るのかまで考えることがポイントですね。


物件を借りるビジネスの失敗ケースは決まっている。開業資金の上限設定や撤退条件を決めない人が失敗します。物件探しを長引かせ、家賃や内装工事に余計なお金をかけるうちに、生活資金まで目減りし、気持ちに余裕がなくなる。経営に集中できず、家族との関係も悪化、友人とは疎遠になり、誰の協力も得られずに廃業に追い込まれるのです。


内装業者は起業の先輩や気に入っている店の人などから紹介してもらうこと。ネットで見つけた悪質な業者に引っかかり、「ドアノブは別途費用がかかる」など、工事費がかさむケースも。支払い可能な金額を明言し、見積もり時点で明細をもらいましょう。


原島純一の経歴・略歴

原島純一、はらしま・じゅんいち。日本の飲食店コンサルタント、中小企業診断士。「STAYDREAM」社長。東京都出身。

他の記事も読んでみる

高田明(ジャパネットたかた)

物事を達成できない原因は2つあります。ひとつは自分自身が自分を信じていないこと。もうひとつは「できない」という考えに囚われてしまうこと。


前田修司

最終ゴールを先に設定して、「それを達成するためにはどうしたらいいか?」と発想していくのです。その方が早く、またブレも生じません。


マイケル・ウィリアムソン(ホテル経営者)

ミーティングでは、場を支配するよりも、人の話を聞くことと、質問されたことに対して曖昧な返事はせず、明確に、正直に答えるよう心がけています。それが結果的に時間の無駄を省き、信頼関係を築くことにもなるからです。


熊坂隆光

もちろん過去には失敗もありますが、何かやらなければ始まらない。慎重にはやりますが、失敗を恐れず挑戦は果敢に続ける。


瀬島龍三

難局に直面したとき、一番大事なのは自分の心を統一させて迷わないことだ。


和田秀樹

常に口答えしたり、報告を怠るなど、上司に従うことを潔しとしない態度はいけません。歯向かうのはあなたにとってマイナスです。有名社長の立志伝を読んで誤解してはダメなんです。たしかに、平社員時代に上司と折り合いが悪く、勝手に行動したエピソードを武勇伝として書く人もいます。でも、ケンカしても、会社は上司の味方なのです。人事異動などで上司は数年で替わることもあるのですから、逆らうのは控えたほうが無難。


大谷竹次郎

舞台は真剣で値段は安い。そしておもしろい。幕間は短い。
【覚書き:舞台・演劇の興業はこうあるべきだという大谷氏の哲学を的確に表現した言葉。以降、この哲学によって松竹は大きく成長した】


瀧本哲史

若いうちは自分をどう使うかが最も重要。資産としての自分って何かというと「時間」です。そして時間は有限です。このことを常に意識して、「自分の運用」をしっかり考えなければいけない。


亀井民治

人から評価されれば、自信になる。自信ができれば、自然と人を惹きつける魅力が生まれてくる。


江見朗

私には、そもそも怒る権利がないと思っています。経営者と従業員も、人間の尊厳という量りでは同じ重さ。人間に上下の序列はありません。そんなこと分かっている、と思われるかもしれませんが、仕事中は忘れているほうが多いのではないでしょうか。


丹羽宇一郎

すべてやり尽くすからこそ、結果がどうであれ受け入れられる。


長内厚

ハーバードビジネススクールの故ウィリアム・アバナシー教授は、自動車メーカーの工場を観察し、無駄の多い工場からは新しいアイデアが出てくるが、無駄の少ない工場からは新しいアイデアは出てこない傾向があることに気づき、これを「生産性のジレンマ」と呼びました。新しいアイデアを生み出すには、効果の追求が必要です。効果とは、多様性のことです。様々なアイデアに基づきトライ・アンド・エラーを繰り返さなければ、新たな価値は生まれません。製品には必ず当たり外れがありますから、それを数多く繰り返せるほうが効果的です。ただし、そこには必ず無駄が存在します。現代のように、顧客のニーズが明確にわからないときには、無駄を許容して、新しいものを試すことが重要です。