名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

原島保の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

原島保のプロフィール

原島保、はらしま・たもつ。日本の経営者。日本セメント(のちの太平洋セメント)社長・会長。東京大学卒業後、日本セメントに入社。その後、社長・会長を務めた経営者。経済同友会幹事、セメント協会会長なども務めた人物。

原島保の名言 一覧

売り手も買い手も対等であり、お互いにフェアに付き合うべきだ。
【覚書き:ゼネコンや政治家の圧力で不利な立場に立たされていたセメント業界を引っ張ってきた経験を語った時の言葉】


原島保の経歴・略歴

原島保、はらしま・たもつ。日本の経営者。日本セメント(のちの太平洋セメント)社長・会長。東京大学卒業後、日本セメントに入社。その後、社長・会長を務めた経営者。経済同友会幹事、セメント協会会長なども務めた人物。

他の記事も読んでみる

嶋浩一郎

「役立つ知識を得よう」と思って雑記帳に書いたことはありません。役立てようと思うと、義務感が伴い始めて苦しくなります。ですから私は、書くときにその情報に価値があるかどうかを一切意識しません。ただ「面白い」と思ったことを、リスのように集めるだけです(笑)。


村瀬治男

気が付くとよく使っているのは、「別の言葉でいうと……」です。何かを説明したあとにこのフレーズをつけ、同じ内容を別の言葉で説明し直すんです。ひとつの角度から話をしただけでは誤解が生じる危険がありますが、様々な切り口から説明すればその危険性を減らせます。


大崎洋(大﨑洋)

吉本の一員という意識は持っていてほしいけど、仕事をする時は、「アンチ吉本」の発想を持つことも大事よ。そうじゃないと、これだけ人が多いと埋もれてしまうし、会社も同じような考え方の人ばかりでは続かない。「いつでも辞めてやる」という気持ちで仕事をする社員が増えていけば会社も強くなっていくと思うよ。


高杉晋一

世の中の人はそれぞれ思想も好みも違う。部下の意見を好んで聞く人もあれば、聞くのを嫌がる人もいる。人間というものは自分の個性を殺してまで人に迎合する必要はなかろう。なにごとも私心を挟まない限り、正々堂々と自分の意見を述べるのに遠慮はあるまいと思う。


遠藤功

日本人は、とかくネイティブのような完璧な英語を話そうとして挫折する傾向にあります。私に言わせれば、努力の方向が間違っているのです。今さらネイティブのようにペラペラ話せるようになるのは無理な話です。使える英語で必要なのは、コミュニケーションを取ろうとする「姿勢」、研ぎ澄まされた「コンテンツ」、伝えるための「ツール」としての英語なのです。


小山田浩定

経営を透明にするということは外の目に会社をさらすわけですから、正しい経営をするほかなくなります。


大山健太郎

アイリスは自社工場で製造しているため、繁忙期にも柔軟に製造ラインを切り替えて増産体制を取ることができます。売り場で欠品を出さなかったことで小売店の信頼も勝ち取りました。


松下幸之助

統率力というものはね、自分で会得しないとしゃあないですな。こうすればいいとか、ああすればいいとか、言うことを聞いて参考にすることはよろしいけど、本当にそれを身につけるにはね、自分で体験して、悟らなければしゃあないですな。


伊藤高明

マラリア予防用の蚊帳を開発しはじめたのは、1980年代の後半でした。ポリエチレンの樹脂にピレスロイドという殺虫剤を練りこみ、そのポリエチレンで糸を作って蚊帳に編んでいくから、5年間は洗濯を重ねても殺虫効果が残る。これは2004年にアメリカの「タイム」誌では世界一クールな技術と褒めてもらいましたが、はじめは「どうやったら売れる新商品ができるのか」を端緒に生まれたものなんです。


吉松徹郎

「アットコスメ」のリニューアルやプロ向けの新サービスがリリースできているので、業績を伸ばしていく準備は万全です。従来はキュレーションメディアというより、検索の結果として訪れるサイトでした。アプリも展開していましたが、ページビューを高めることによる広告収入に依存していました。しかし、私たちは化粧品など製品との出会いを作っていきたい。今後は「ユーザー」、ネイリストといった「美容のプロフェッショナル」、そして「化粧品ブランド」を繋いでいくメディアに変化させ、より製品と出会える仕組みを構築します。スマートフォンのアプリを起動して使うコミュニケーションツールへと大きくコンセプトが進化していくでしょう。


アウン・サン・スー・チー

世界中の人々は、自分たちの十分な可能性を実現させることができるための自由と安全を必要としているのです。


石井一久

一瞬だけ力を発揮して結果を出すことは、誰でもできると思うんです。でも、平均的な力を継続して出すのは難しい。チームが求めるのは、その「安定感」だと思います。