名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

原島保の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

原島保のプロフィール

原島保、はらしま・たもつ。日本の経営者。日本セメント(のちの太平洋セメント)社長・会長。東京大学卒業後、日本セメントに入社。その後、社長・会長を務めた経営者。経済同友会幹事、セメント協会会長なども務めた人物。

原島保の名言 一覧

売り手も買い手も対等であり、お互いにフェアに付き合うべきだ。
【覚書き:ゼネコンや政治家の圧力で不利な立場に立たされていたセメント業界を引っ張ってきた経験を語った時の言葉】


原島保の経歴・略歴

原島保、はらしま・たもつ。日本の経営者。日本セメント(のちの太平洋セメント)社長・会長。東京大学卒業後、日本セメントに入社。その後、社長・会長を務めた経営者。経済同友会幹事、セメント協会会長なども務めた人物。

他の記事も読んでみる

疋田文明

いい時に満足してしまっては、企業としては衰退していく。


鈴木喬(経営者)

海外に行ったときは、街のいろんなところを訪れます。街一番の高級住宅街も訪れますが、危ないから行くなと言われると行きたくなる性分で、その地区で一番治安が悪いスラムやハーレムにもよく行きます。インドのムンバイのスラムは本当に悲惨でかわいそうになりましたが、フィリピンのスラムは意外にもきれいで驚きました。おそらく、フィリピン人は掃除好きで、きれい好きなのでしょう。その国がどの程度清潔か、国民がどれほどきれい好きかは、私たちの商売に関係しますから、いつも気になります。


木川眞

我々のビジネスは格段に広がりましたが、きっかけは「解決策がなくて困っている」という声だったんです。そこに着目することから顕在化されていないニーズを探り当てました。オンリーワン商品をつくる出発点は、必ずお客様の声であるべきなんです。


伊藤真(弁護士)

私が経営する資格試験の受験校でも、フルタイムで働き、残業もある中で勉強している人がたくさん合格しています。勉強は、やることも大事ですが、やらないことを決めることも大事。今は書店にもインターネットにも情報が溢れているので、真面目な人ほどあれもこれも手を出して、失敗するケースが多いのです。もし、最初から1日2時間と時間が限られていれば、その2時間で何をすべきかを考えなければなりません。本当にやるべきことだけに絞られるので、時間の制限は勉強にはプラスなのです。


藤由達藏

決断は「決めて断つ」と書きます。決めたのであれば、ほかの選択肢を断つことが重要。ポイントは「退路を断つ」「集中を妨げるものを断つ」「不安を断つ」の3点。


高橋みどり

私はもともと、ファッション業界で仕事をしようとは思っていませんでした。おしゃれは好きではありましたが、特別に好きというわけではなく、普通に好き、というくらいのレベル。そんな私が、それこそファッションを外に訴えかける仕事を手探りで進めていかなくてはならないのですから、とにかく、あらゆることに仕事のヒントを求めました。


徳重徹

いくら自分の情熱を語っても、一方的なものでは相手にとって意味がありません。私の情熱が、相手の利益につながると伝える必要があります。


薮崎敬祐(藪崎敬祐)

資本効率を考えると、当社は家電や中古車をやめた方が利益率は高くなりますから、資本市場からは魅力的なのかもしれません。しかし今は利益は必要最低限でいいと。私としては、まだ利益を出すフェーズではないと考えており、しっかりと投資をしていきたい。


鑄方貞了(鋳方貞了)

コミュニケーションの5つの基本。

  1. 明るく爽やかな挨拶と笑顔。
  2. 活き活きとした豊かな表情。
  3. 清潔感あふれる身だしなみ。
  4. 思いやりのある言葉づかい。
  5. 誠意と熱意ある態度。

嶋聡

ベンチャーからビッグビジネスに転化するには、トップの実力だけでなく、チームとしての力が重要になってきます。組織が困難に直面した時に、メンバーが覚悟を持って事にあたれなければ、そこまでだからです。


堀場厚

問題が起きたときは、その分野に従事している部下を信頼して、よく話し、議論する。1人で悩んでいても、解決策は見つからない。とにかく社内外で信頼できる人を見つけて、議論をぶつけてみる。一見すると遠回りのようですが、うまく突破できる確率が高い方法だと思います。


青野慶久

働き方改革に取り組み始めて12年。私もたくさんの失敗を重ねて、今の形にたどり着きました。まだまだ、完成形ではありませんけど。理想は、「100人いれば、100通りの働き方」。だから、100通りの制度があってもいい。多様な働き方が求められているのに、1つの仕組みでやろうとするからうまくいかないんです。これからも、現場の意見を参考に新しい働き方にどんどん挑戦していきます。過去の経験から、会社にとっても「いいことずくめ」だと分かっていますから(笑)。