原島保の名言

原島保のプロフィール

原島保、はらしま・たもつ。日本の経営者。日本セメント(のちの太平洋セメント)社長・会長。東京大学卒業後、日本セメントに入社。その後、社長・会長を務めた経営者。経済同友会幹事、セメント協会会長なども務めた人物。

原島保の名言 一覧

売り手も買い手も対等であり、お互いにフェアに付き合うべきだ。
【覚書き:ゼネコンや政治家の圧力で不利な立場に立たされていたセメント業界を引っ張ってきた経験を語った時の言葉】


原島保の経歴・略歴

原島保、はらしま・たもつ。日本の経営者。日本セメント(のちの太平洋セメント)社長・会長。東京大学卒業後、日本セメントに入社。その後、社長・会長を務めた経営者。経済同友会幹事、セメント協会会長なども務めた人物。

他の記事も読んでみる

白石達

損失を出した分、契約でリスク管理をする重要性を学びました。これからは海外が舞台でも十分に戦えます。
【覚書き|ドバイで受注した都市交通システム建設工事で巨額の損失を計上したことを振り返っての発言】


秋元康

自分一人が面白いと思ったなら、必ず他にもそれを面白いと思う人がいる。言い換えれば、面白いことに気づいている自分がすでに面白い。クリエイティブというのは、そういうものだと思います。


野村克也

言葉の力が強いだけに、禁句というのもある。「妥協、限界、満足」や。「この程度でいいや」「そろそろ限界だ」「もう十分だな」。そんな風に自分の器を小さく見積もるようなことばかり言っている奴は、本当に小さな器になる。自分の言葉で、自分の成長を止めているようなものなんだよ。


藤井孝一

予定は隙間なしに詰め込まず、必ず余白を残しておくことも重要です。そうしないと緊急な仕事が発生したときに対応ができず、予定そのものが破たんしてしまいかねないからです。


福山誠

社長になりたいと思ったことはこのれまで一度もありません。ただ、自分たちのサービスがどこまでいけるかは見てみたい。


川島永嗣

昔は本やDVDなど勉強する教材が限られていたけど、いまは様々な教材が世の中にあふれています。自宅にいながら「スカイプ」で先生と会話できるし、「ネットフリックス」などで洋画を楽しみながら気軽に学べる。スキマ時間に手軽に勉強できる時代なので、これを利用しない手はないと思います。フランスに住む僕も、移動時間などを利用して映画を観るなど、退化しないように、毎日30分でも英語に触れるようにしています。


佐々木正悟

私は大勢の前で話す際、心の中で話す相手を適当な一人に決めて、その人にだけ話が伝わればいいという気持ちで臨むようにしています。すると気持ちがグッと楽になります。


本田健

成功といっても、いきなり起業して時代の寵児を目指せとか、年収ウン億円の大金持ちになれなどと言うつもりはありません。せっかくAIが面倒な労働を肩代わりしてくれるのです。これからはもう自分に合わない仕事を嫌々やったり、長時間ガツガツ働いたりしなくていい。それより好きなこと、やりたいことを仕事にして今より年収が100万円アップするような、そんな小さな成功をまずは目標にしてみてはどうでしょう。


大西洋

極端なことを言うと、社長がいて、あとは全部フラットというのが理想です。社長直下にいくつものワークグループがあって、そこから直接上に情報や報告が上がってくるようなイメージです。過去には、7層くらいあった階層を5層にしたこともありました。もう伝達ゲームの時代ではないということですね。


守屋淳

策略とは、情報戦である。相手よりいい情報を持っていれば動き、そうでなければ動かない。


出雲充

ミドリムシは栄養価が高過ぎ、他の微生物に食べられてしまいます。そのため多くの研究者が半導体工場のクリーンルームのような無菌状態を作ることを念頭に、ミドリムシを培養する設備を研究するのが常識で、我々も同様の発想で頭を悩ませていました。ひらめきは突然舞い降りてきました。研究者に教えを請うために地方の大学に夜行バスで向かい、目的地に早く着くことがありました。研究開発担当の鈴木健吾取締役と一緒に銭湯に入っていた時のことです。夏だったこともあり、「なんで僕らは蚊帳の研究ばかりをしているのか。培養液をいじって蚊取り線香を作ればいいじゃないか」とひらめいたのです。後は汗をかいて進めるだけでした。何度も試行錯誤を重ねながら最適な培養液を作り上げ、ミドリムシの量産に成功したのです。


黒須新治郎

夢を持って生きれば、必ず叶えられる。夢を叶えるのに年齢は関係ない。周りの状況がどうあれ、人それぞれに自分が向かういい道があるもの。


加藤修一(経営者)

ファンを増やそう。儲かる商品を売るのではなくて、お客様の欲しいものを売る。きれい事のようでも、その方が、信頼をされて結局は業績につながる。


河野章宏

「良質な音楽を提供する会社」ということですよね。消費されてる商業音楽ではなくて、1回好きになるとずっと好きでいられる音楽だったり、生活の一部になれる音楽を提供したいので。単に「曲を買う」のではなくて、「このアーティストだったらどの曲も好き」っていう状態になってもらいたい気持ちが強いですね。


棚橋弘至

たとえすぐには結果につながらなくても、長期的に見たら必ず必要なことなんだと。そう考えれば、やる気は出てくるはずです。


ページの先頭へ