名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

原尾正紀の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

原尾正紀のプロフィール

原尾正紀、はらお・まさのり。日本の経営者。「エディア」社長CEO(最高経営責任者)。九州大学工学部卒業後、日産自動車を経てエディアを設立。

原尾正紀の名言 一覧

トップダウンではなく「みんなが経営者」という意識を持つ「チーム経営」が当社の強み。振り返ると、あのときのどん底(倒産危機)がなければ、今のような当社の姿はなかったと思います。


当社はカーナビゲーションビジネスを主力事業にしていたのですが、経営危機に瀕しました。社員を守ることが経営トップの責務。私は約10年続けてきたカーナビ事業を縮小し、代わりに新たな事業を育てようと考えました。これは私だけでできることではありません。社員総出で一人ひとりが新たなビジネスを捻り出してくれたのです。その中から出てきたのがスマートフォン向けのゲーム事業。しかも、声優や萌えキャラを多用したオタク市場に特化したゲームの開発でした。


スマホの普及に合わせてスマホ向けゲーム「ヴィーナスブレイド」を発売したところ、コアユーザーに支持され、大ヒット。今ではゲーム事業が当社の主力事業に育ちました。創業時よりエンジニアやデザイナーといったクリエーターが多く、カーナビの開発技術がゲームづくりにも通じるところもあり、当社がもともと持っていた技術資産を時代の変化に対応した形で展開することができたのだと思います。


原尾正紀の経歴・略歴

原尾正紀、はらお・まさのり。日本の経営者。「エディア」社長CEO(最高経営責任者)。九州大学工学部卒業後、日産自動車を経てエディアを設立。

他の記事も読んでみる

楠木建

まったく新しい戦略が成功する企業がときどき出てくる。当たり前のことかもしれないが、戦略のイノベーションは、それまでそうした戦略が存在しなかったからこそ、イノベーションになる。


ゲオルク・ジンメル

一般に青年が主張する内容は正しくない。しかし、青年が主張する行為自体は正しいものだ。


飯野謙次

人間は「気持ちの波」によってスピードとクオリティにブレが出るものです。期限や精度には、常に少し「ゆとり」を持たせることも忘れないようにしましょう。


大江英樹

漠然とした不安と焦りが最大の敵だ。遅くとも会社の中で自分の行く末が想定できる52歳前後から「サラリーマン終活」を始め、不安を取り除く必要がある。


池田晃治

すべての人から学ぶという姿勢でいます。


木村浩一郎(経営者)

先日、米国でシリコンバレーの人たちと話した際、彼らは、テクノロジーが進化すればするほど、差異化のポイントは「人」になると主張していました。いかに相手の気持ちを理解し、それを汲み取ってビジネスを進めるか、ユーザーエクスペリエンスを向上させるか、それこそが重要になるというわけです。


松下正幸

企業というのは、社会の中で生まれ、育てられる存在。社会から支持されなければ、決して長続きしない。


堀江貴文

僕は会社経営で悩んだことはありません。すぐにシンプルに決断する。旧来の会社組織では大勢が集まって長時間の議論をするのが普通でした。ろくに準備もせずに会議を始めるから、いつまでたっても議論が出ない。会議の目的は結論を出すことです。ところが会議のための会議に終わってしまうケースが多かったと思うのです。それでうちの会社では会議は極力シンプル化するようにしています。目的にシンプルに向かっていく。細かい事にとらわれず、大局を見る。それが企業の成長スピードを加速させる上で大切なことなのです。


栗原博

相手の肩書、年齢、性別で態度を変えるのもダメ。私も今でこそ社長という立場ですが、誰が相手でも分け隔てなく同じ態度で接してきたつもりです。そうして付き合ってきた人たちほど、不思議なことにピンチのときに救ってくれたり、応援してくれたりしたものでした。


澤田秀雄

日本の経営者の中には、経営に未熟な人が少なくない。会社員として優秀でも、いざ経営者となると、力を発揮できない人が多い。それは経営の経験値が少ないからです。知っていれば成功できたのに、知らないから失敗する。


谷原誠

弁護士の仕事でも、依頼者がダラダラと長話をすることはあります。たしかにムダな部分も多いのですが、じつはこの長話のなかに、訴訟で勝つ決め手になるような有益な情報が散らばっていることも多いのです。おそらく、こうしたことは商談の場合でもあるのではないでしょうか。一見ムダな話のなかに相手の本当のニーズが隠れている。いってみれば、長話のなかには「宝」が埋まっているのです。これを遮ってしまうのはもったいない話です。


佐々木隆(経営者)

就職活動のとき、我々は間接的にサークル活動などを聞きますが、あれも結局、自立を確認しているようなものなのです。人に揉まれないとなかなか自立できません。