原尾正紀の名言

原尾正紀のプロフィール

原尾正紀、はらお・まさのり。日本の経営者。「エディア」社長CEO(最高経営責任者)。九州大学工学部卒業後、日産自動車を経てエディアを設立。

原尾正紀の名言 一覧

トップダウンではなく「みんなが経営者」という意識を持つ「チーム経営」が当社の強み。振り返ると、あのときのどん底(倒産危機)がなければ、今のような当社の姿はなかったと思います。


当社はカーナビゲーションビジネスを主力事業にしていたのですが、経営危機に瀕しました。社員を守ることが経営トップの責務。私は約10年続けてきたカーナビ事業を縮小し、代わりに新たな事業を育てようと考えました。これは私だけでできることではありません。社員総出で一人ひとりが新たなビジネスを捻り出してくれたのです。その中から出てきたのがスマートフォン向けのゲーム事業。しかも、声優や萌えキャラを多用したオタク市場に特化したゲームの開発でした。


スマホの普及に合わせてスマホ向けゲーム「ヴィーナスブレイド」を発売したところ、コアユーザーに支持され、大ヒット。今ではゲーム事業が当社の主力事業に育ちました。創業時よりエンジニアやデザイナーといったクリエーターが多く、カーナビの開発技術がゲームづくりにも通じるところもあり、当社がもともと持っていた技術資産を時代の変化に対応した形で展開することができたのだと思います。


原尾正紀の経歴・略歴

原尾正紀、はらお・まさのり。日本の経営者。「エディア」社長CEO(最高経営責任者)。九州大学工学部卒業後、日産自動車を経てエディアを設立。

他の記事も読んでみる

中川路亜紀

内容を省略しすぎて必要な情報が抜けてしまったら、ビジネスメールとして成立しません。また、最低限の丁寧な表現まですべて省くと、相手に不快感を与えてしまいます。短く端的で、ほどよい礼儀正しさを備えたメールを書くこと。これが今、あらゆる人に求められるスキルになっています。


石井裕(工学者)

同じような考え方の人がいくら集まっても変革は起こせない。


岩村水樹

職場のチームを家族のように考えると同時に、家族もチームであると考えています。家にずっといるわけではないので子供と一緒に過ごす時間は少ない。だからこそ、母親がどうして仕事をしたいのかを子供にきちんと説明し、情熱を持って仕事をしていることを理解してもらうように心がけています。


小路明善

私だって、これまでのビジネス人生を振り返ると、成功と失敗は51勝49敗といったところじゃないでしょうか。一勝でも勝ち越すことが大切だと思っています。


南原竜樹

当たり前のことを当たり前にやれば、商売は勝てる。


横田雅俊

プロセスを設計管理するときに注意してほしい点が二つある。

  1. プロセスにはアクションを必ず関連付ける。
    プロセス管理の目的は、現状を把握して、次にとるべき行動を明確にすることにある。たとえばヒアリングに入ったものの、何を聞いていいのかわからないという状況では、プロセスを管理する意味がない。プロセスごとに目的を明確化し、訪問前に具体的なトークの流れを準備しておくとよい。
  2. プロセスに日付をつける。
    自分の行動を日付とともに管理すると、そのプロセスに入ったのはいつか、いつからプロセスが進んでいないかが把握できる。前回訪問から三カ月も空いているからすぐに訪問というように、最優先でやるべきことが明確になる。

酒巻久

以前スティーブ・ジョブズさんと仕事をしたときは、褒め方が上手いなと感心しました。どうでもいいような部下の提案をニコニコしながら聞いて、どこかいいところを見つけて、「すごいじゃないか!」と褒める。ジョブズといったら、当時もいまもカリスマでしょう。褒められた部下は舞い上がって、家にも帰らず作業に没頭するわけです。すると1か月もせずに、本当にすごい成果が出てしまう。


家本賢太郎

10代のころは背伸びをしようとしていましたが、背伸びをしても意味がないと気づきました。自分の言葉で話さなければなりません。


佐藤正浩(経営者)

安全で高品質な製品を提供していけば、おのずと数字は付いてくる。


西樹

一般的に、仕事上の失敗を前向きに生かそうとするときに、ボトルネックとなるのは上司ですね。上司の対応しだいでは、一回の失敗で人もプロジェクトもつぶれてしまいかねません。


ロジャー・イボットソン

相場に反応して動くことは投機の道への第一歩(笑)。それに、結局「高く買って安く売る」ことになりかねない。人は下がったら怖くなるし、上がったらもっともっと買いたくなる習性がある。うまくやろうとしても結局、逆のことをしてしまう。


角田秋生

外展開の話をすると、よく「どうマーケティングをしているのですか」と聞かれます。しかし私たちは、単に子供の数が多いといったことがスタートにはならないのです。最初からたくさんの教室をつくることも、あまりありません。新たな国に行くとき、私たちはまずひとつの教室をつくってみます。オフィスに本部教室のようなものをつくり、そこから展開しはじめるのです。国によって気質や風土は異なります。ひとつの教室を開き、地道に日々の活動をする中で、基本的な考えや指導法を変えずに、どうすれば公文式を受け入れてもらえるかを探っていくわけです。それができたときには大抵、支持者が増えてきて、「公文式をやりたいけれど、教室はないの」との声が聞かれ始めます。その段階で、少しずつ教室の数を増やしていきます。


佐々木常夫

人間は常に感情をコントロールすることなど不可能。私だってときには爆発するし、部下を怒鳴りつけることもある。しかし根底に、「この人を育てるために」という気持ちがあるから、叱られた部下も納得してくれるのだ。


秋元康

人間って形状記憶合金みたいなもので、放っておくと元に戻ってしまう。現状が一番楽なんです。だから、そうならないためには、どこかで負荷をかけなければいけない。


斉藤惇

私は以前から日本企業の利益率の低さが最大の問題だと思っていまして、どんな数字を見ても海外の企業よりも利益率の水準が悪すぎる。米GEは、10いくつあった事業を3つくらいのコア事業に集約して、見事に会社を変革しました。日本企業も同じように勉強するのですが、実行しないんです。やはり改革には痛みを伴うため、なかなか実行できない。私はこの差がリターンの差を生んでいると思います。


ページの先頭へ