名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

原尻淳一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

原尻淳一のプロフィール

原尻淳一、はらじり・じゅんいち。「HARAJIRI MARKETING DESIGN」代表。埼玉県出身。大手広告代理店、エイベックスグループなどを経て独立。

原尻淳一の名言 一覧

あえて何かを欠落させることが、創造のコツ。例えば、最近、日本でもブームになりつつあるモロッコのタジン鍋。モロッコでは、飲料水が貴重だったため、「食材の水分だけで調理できる方法」を考えざるを得ませんでした。水の欠落が独創的な調理法を生み出したと言えます。


暗闇の中で、視覚以外の感覚を研ぎ澄ませて楽しむエンターテインメント「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」に参加してきました。面白かったのは、参加者は待合室で全くしゃべらなかったのに、暗闇に入った途端、団結したこと。人間って、ある感覚が欠落すると他のセンサーをフル回転させて補おうとするのです。


原尻淳一の経歴・略歴

原尻淳一、はらじり・じゅんいち。「HARAJIRI MARKETING DESIGN」代表。埼玉県出身。大手広告代理店、エイベックスグループなどを経て独立。

他の記事も読んでみる

久米信行

もし仲良くなりたい取引先がいたら、まずはその人のブログやツイッターを探す。その内容から相手のライフワークや趣味、関心事などをリサーチする。フォローなどで、会う前に予め自分も情報を提供しておくんです。すると、お互いの距離がグッと縮まる。すると、雑談や商談もスムーズに進められ、結果として「この人とまた仕事がしたい」と思ってもらえるわけです。


鑄方貞了(鋳方貞了)

物事の成否は、その人の能力や情熱、運などの要因によるが、なかでも情熱が最も大事。


藤井孝一

どうしてビジネスパーソンに自己啓発書が必要なのか。それは仕事を含む人生において、自分はどこに向かうべきなのか、あるいはどこに向かっているのかを明確に意識させてくれるからだ。何も考えず、日々を漫然と過ごしてしまうのはもったいないし、10年後、20年後に振り返って後悔する。


林文子

よく人間関係が苦手という人がいますが、それは自分から飛び込まないからです。失敗してもいいから一歩踏み出してみてください。話しかけるタイミングや話題の選び方は失敗から学ぶものです。思い出すのも恥ずかしいような思いをしてこそ、人生の機微がわかるようになります。


坂口英治(経営者)

三菱UFJモルガン・スタンレー証券では不動産グループの統括責任者として約80人の社員を率いていました。50歳になる前に、より大きな組織を運営する立場に就きたいと思いCBREによる社長の募集に手をあげました。


猪瀬直樹

「頑張ったのに上司に認めてもらえない」と嘆くビジネスマンもいますが、そういう人にかぎって、自分の成果を確認してアピールする作業を忘れている。黙っていてもわかってくれるというのは、評価される側の甘え。


団野村

嘘をつく人は、ついた嘘の内容を覚えていない。あとからそこを突かれ、足元をすくわれます。


川村誠

リーマンショックの時は、2008年の後半から翌年の春まで受注高が急減。ある月の受注額は前年の半分くらいに落ち込み、工場では余剰人員も生まれました。本当につらかった。どちらの時も稲盛が作った経営理念が支えになりました。


織田大蔵

事業家の本当の働きができるのは50代からだ。それまでは準備期間だ。健康で長生きしなければ大事業は完成しないものだ。早く死んでは事業家になれない。


神岡真司

相手が本音を言わない時は、たとえば「ここだけの話ですが……」と言って、こちらから情報を出してみてください。本当に、「ここだけ」かは問いません。すると人は、相手の好意を好意で返さなければという心理が働き、隠していた本音を話し始めることも。これを返報性の原理といい、言葉1つで相手を動かすことのできるテクニックなのです。


小林佳雄

一度も食べたことがないものを食べたいという人は珍しいですよね。有名な人が勧めているものや非常に高価で特殊なものは例外でも、それ以外は食べたいとなかなか思えない。でも世界に食べている人がいるならば、死ぬことはありません。にもかかわらず、リスクだと思って逃げてしまう。人間はそういうものだと思って進んでいけばいいのではないでしょうか。ただ思う通りにやってみてください。


中田敦彦

「モチベーション」で悩む方は多いですね。部下のやる気のなさに腹立たしさを覚える上司の方もいるでしょう。でも僕は様々なチームを束ねる中で、その類の苛立ちを覚えたことがありません。腹を立てたり、相手を励ましたり叱ったり……というところにエネルギーを割くのはムダだと思うのです。それよりも効果的なのは、適切なポジション配置です。モチベーションの問題って、実はポジションの問題なのではないでしょうか。一番単純なやり方は、モチベーションの高い、やる気のあるメンバーには分厚く任せ、あまり自信のない人にはそれよりも少ない分量を託すことです。能力差に関しても、同じ調整をします。