名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

原尻淳一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

原尻淳一のプロフィール

原尻淳一、はらじり・じゅんいち。「HARAJIRI MARKETING DESIGN」代表。埼玉県出身。大手広告代理店、エイベックスグループなどを経て独立。

原尻淳一の名言 一覧

あえて何かを欠落させることが、創造のコツ。例えば、最近、日本でもブームになりつつあるモロッコのタジン鍋。モロッコでは、飲料水が貴重だったため、「食材の水分だけで調理できる方法」を考えざるを得ませんでした。水の欠落が独創的な調理法を生み出したと言えます。


暗闇の中で、視覚以外の感覚を研ぎ澄ませて楽しむエンターテインメント「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」に参加してきました。面白かったのは、参加者は待合室で全くしゃべらなかったのに、暗闇に入った途端、団結したこと。人間って、ある感覚が欠落すると他のセンサーをフル回転させて補おうとするのです。


原尻淳一の経歴・略歴

原尻淳一、はらじり・じゅんいち。「HARAJIRI MARKETING DESIGN」代表。埼玉県出身。大手広告代理店、エイベックスグループなどを経て独立。

他の記事も読んでみる

羽鳥兼市

中古車業界の中に入ってみると、予想以上に環境が悪かったことをよく覚えています。今でこそかなり中古車業界のイメージはクリーンなものに磨かれましたが、私たちが商売を始めたころは、今の真逆。値段なんかあってないようなもので、販売価格はお客さんを見て判断する。あまり車のことを分かっていないお客さんであれば、値をつり上げたりすることが平気でまかり通っていた。つまり、売るにしても下取りをするにしても、適正な値段で流通していなかったのです。そこで、ふと思いました。「このままじゃ中古車業界に先はないな」と。


弘兼憲史

中間管理職は部下のほうをきちんと向いてほしい。それがチームをまとめる力になる。少なくともこれからの時代は与えられたポジションをソツなくこなしていればトコロテン式に役職が上がるなどということは考えられない。次のステップを目指すには部下の後押しが必要になるかもしれない。出世の踏み台として部下を使う。反対に出世のために部下に迎合する。どちらも駄目上司の烙印を押されることは間違いない


辻本憲三

社員を新しいことにどんどん挑戦させて、「上手くいかないこと」を見つけ、対策を練るのが経営者の役目です。


谷口祥子

自分をカッコよく見せようとせず、笑える失敗談などを話す方が好感度大です。「自慢してから落とす」方法もおすすめです。「20代で公認会計士になり、起業しました。でも妻に財布を握られている○○です」と自己紹介すれば、親しみやすい印象を持ってもらえます。


岡康道

クリエーティブは発想の仕事です。人間の発想力を伸ばすには、均質な人事管理よりも、上司が見込んだ人間に、ヒットの可能性のある仕事を集中してやらせるなど「えこひいき」を行わないと駄目なのです。ところが「えこひいき」とは、基準がないものだし、そもそも部下の資質を評価すること自体、客観的な指標が設けられるものではありません。ですから、かなり不平等なものです。ただ、その不平等さの中でしか、技術は身につかないし、人材も育たない。そのような不平等なやり方を信じる文化が、昔の会社にはありました。


遠藤功

英語が使えないという日本人の最大の問題点は、英語が上手か下手かということではなく、相手とコミュニケーションを取ろうとする「姿勢」を示せていないことでしょう。


カルロス・ゴーン

ジャック・ウェルチは、自分の後継者になり得る人物を何人も手に入れることができました。それは、ウェルチが幸運だったからではありません。引退するときに備えて、後継者を養成してきたからです。これは、どんな企業でもできることでしょう。


鈴木桂治

北京で金メダルをとったら引退し、指導者になろうと考えていました。柔道人生のピークで幕を引くのが格好いい。そんな甘い目論見が隙をつくっていたのかもしれません。
【覚え書き|北京五輪で初戦敗退したことを振り返っての発言】


尾山基

スポーツ用品業界にはナイキOBが結構多いんですが、「アシックスOBが活躍している」といわれるぐらいになったら、それは勲章ですよね。今までは流出を止めていましたが、外から採ってきたから今後は逆に放していくのもいいかなと考えています。


藤田精一(経済学者)

損得思考では「過去は振り返らない」が鉄則。


林野宏

人がいない、カネがない、ノウハウがない、ということが新しいものを生み出す。


吉山勇樹

「TODO管理+優先順位づけ」をセットで習慣化すべきです。さらに管理職やリーダーなら、それをチームの習慣として「仕組み化」してください。「毎朝10分間、このホワイトボードを見ながら全員で優先順位を共有する」などと決めて実践すれば、チーム全体として仕事を溜め込むことがなくなります。マネジメントもしやすくなるはずです。