名言DB

9,520 人 / 112,352 名言

原安三郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

原安三郎のプロフィール

原安三郎、はら・やすさぶろう。日本の経営者。日本化薬会長、東洋火災海上保険株式会社(のちのセコム損害保険)会長。徳島出身。早稲田大学商学部を首席で卒業後、日本化薬製造に入社。その後、同社社長に就任。そのほか、日本化学工業協会会長、政府税制調査会会長などを歴任し、日本財界の重鎮として活躍した。

原安三郎の名言 一覧

7つもある雑誌をやめる段になって、最後まで思い切りがつかないのは編集部の人々であった。やむなく僕は11月3日の天長節の日に、庭に雑誌の原稿を積み上げて火をつけると言った。それでも思い切りがつかず、せめて新年号だけは出してくれと言って聞かない。気持ちはわかるが人情に溺れていては駄目なので「新年号を出すとまた後を引くから、この際思い切って全部焼いてしまう」と宣言した。僕の言葉を聞いて、中には泣く者もあった。
【覚書き|教科書専門の大手出版社金港堂の経営再建時を振り返っての発言】


僕は荒手術を決意し、まず会社の不急不要のものをどしどし処分してしまった。会社につぎ込むため、創業家所蔵の書画骨董を売り立てることにし、それは当時誰も試みなかった写真入りの売立目録で宣伝した。なにしろ毎日5、6本出る手形の不渡りを片づけなければならないので、ずいぶん骨が折れた。そんな苦労が報いられて、3年後には1割2分の配当までやれるようになり、金港堂は息を吹き返した。
【覚書き|教科書専門の大手出版社金港堂の経営再建時を振り返っての発言】


拝見するとお宅の御嬢さんたちはまるで婚礼のようなきらびやかな姿でいられる。それなのに山では給料遅配のため、険悪な空気がみなぎっています。ここに採金を持ってきたが、これは現金に換えてもらって絶対に持っていく。
【覚書き|薬丸金山の会計の仕事をやっていた際の発言。本社から山の労働者たちに給料が支払われなかったので暴動が起きそうになった。そのため直接社長の家に行き直談判した際の発言】


僕は学校を出たら実業界に就職を求めるつもりでいました。そのときの商科の科長は、僕を日銀に紹介してくれました。しかし、僕の気持ちとしては銀行に入るより、産業界に入りたい。広く銀行が大衆から集めた金を借りて、国に役立つ事業を育成していく仕事はさぞ面白かろうと思っていました。


会社も古くなると、よほど思い切った手術をしなければならない。【覚書き|上記発言は金港堂という出版社の経営再建を引き受けた時の言葉。金港堂は当時有数の教科書に重点を置いた出版社で、原氏が経営再建にあたって7つの不採算雑誌を即座に廃刊にした】


原安三郎の経歴・略歴

原安三郎、はら・やすさぶろう。日本の経営者。日本化薬会長、東洋火災海上保険株式会社(のちのセコム損害保険)会長。徳島出身。早稲田大学商学部を首席で卒業後、日本化薬製造に入社。その後、同社社長に就任。そのほか、日本化学工業協会会長、政府税制調査会会長などを歴任し、日本財界の重鎮として活躍した。

他の記事も読んでみる

御手洗瑞子

この地域で続く産業を育て、震災で壊れてしまった暮らしのサイクルを取り戻したい。それは、震災で多くのものが流されてしまった土地に、新たに種をまき、水をやり、木を育て、森をつくるような仕事です。それは長い年月のかかることですし、一社だけでは成し得ないことでしょう。まずは、編み物のような投資の少ない「身軽」な事業が先陣を切りました。このあと、たくさんの事業がこの地に芽生え、地域全体が豊かになっていくことを願っています。


クリスティン・エドマン

最近は、本社から「メールを減らそう」という通達も出ました。人間関係を構築する意味もありますが、なによりメールを書く時間がもったいないというわけです。私自身、本社CEOとのコミュニケーションはもっぱら電話。メールのやりとりはめったにしません。


永守重信

人の倍働く。そう決めた我々が掲げたのが「すぐやる、必ずやる、出来るまでやる」という言葉。「日本電産と言えばハードワーク」と連想する人は少なくない。そのイメージはこの創業時の精神に由来する。吹けば飛ぶような弱小メーカーの我々が世界的な大企業に伍して戦っていくには、彼らの倍の時間のハードワークを続けること、それ以外の選択肢はなかったのだ。


出井伸之

日本のアナログ時代に成長したメーカーは規模が大きすぎて、今のインターネット時代に合っていません。多くの企業は今の半分程度の従業員でやっていけると思います。必要な業務はアウトソーシングすればいいんです。そうした企業の体制も、今後は思い切ってスリム化していくべきです。


鈴木喬(経営者)

99年に消臭ポットを出したとき、60あった新商品を1つに絞りました。商談に行ったって、60も説明できないでしょう。話を聞くバイヤーだってどうしていいかわからない。だからいまでも新商品は年に多くて3つか4つに絞っています。


矢田裕基

飲食店はうまくいっているときはいいですが、リスクも非常に高い。だからこそ、初期投資は出来るだけ抑え、FCのように5~6年といった単位ではなく、1~2年で回収できるぐらいのスピードでやらないと、個人では怖くて独立できない。


高岡浩三

ムダなデータ集めは、今に始まったことではない。小売業界ではPOSデータの導入を進めてきた。ところが、「何のためにPOSデータを集めるのか」という目的が明確ではなかったため、多大なコストをかけて導入したにもかかわらず、誰もPOSデータを有効に活用できていないのが実態だ。今、注目を集めているビッグデータも、「それを使ってどんな問題を解決したいのか」を明らかにしなければ、無用の長物になってしまうだろう。


麻野進

最も大切なことは、出世の見込みがほぼ消えたからといって、すねたり腐ったりしないこと。


日覺昭廣

日米のような先進国市場が今後、拡大していくわけではないので、製品の価格が今以上に上がることはあり得ません。そうだとすれば、コストダウンしか利益を生み出す方法はないでしょう。


田中史朗

外国人選手のすごいところは、体が痛い、骨にヒビが入っているという状態でも、試合になったら集中力でカバーしてしまい、チームのために体を張る。チームに貢献したいという覚悟が違います。そして、その覚悟の違いはそのまま代表チームに対する思い入れの差になっていくんです。


高橋ゆき(髙橋ゆき)

毎日、辛いこともたくさんありますが、喜怒哀楽があるからやり甲斐がありますし、生き甲斐を感じています。


藤井聡

自分の損得ばかりに焦点が合っている利己主義者は、お互い様で成り立っている人間社会で、最終的には嫌な奴として人々から村八分にされます。そのため、よいパートナーに恵まれて力が倍加したり、窮地を支援者の助けで脱したりという幸運にも恵まれづらく、互恵が不能になるので、結局は正直者より損をします。