名言DB

9412 人 / 110637 名言

原安三郎の名言

twitter Facebook はてブ

原安三郎のプロフィール

原安三郎、はら・やすさぶろう。日本の経営者。日本化薬会長、東洋火災海上保険株式会社(のちのセコム損害保険)会長。徳島出身。早稲田大学商学部を首席で卒業後、日本化薬製造に入社。その後、同社社長に就任。そのほか、日本化学工業協会会長、政府税制調査会会長などを歴任し、日本財界の重鎮として活躍した。

原安三郎の名言 一覧

7つもある雑誌をやめる段になって、最後まで思い切りがつかないのは編集部の人々であった。やむなく僕は11月3日の天長節の日に、庭に雑誌の原稿を積み上げて火をつけると言った。それでも思い切りがつかず、せめて新年号だけは出してくれと言って聞かない。気持ちはわかるが人情に溺れていては駄目なので「新年号を出すとまた後を引くから、この際思い切って全部焼いてしまう」と宣言した。僕の言葉を聞いて、中には泣く者もあった。
【覚書き|教科書専門の大手出版社金港堂の経営再建時を振り返っての発言】


僕は荒手術を決意し、まず会社の不急不要のものをどしどし処分してしまった。会社につぎ込むため、創業家所蔵の書画骨董を売り立てることにし、それは当時誰も試みなかった写真入りの売立目録で宣伝した。なにしろ毎日5、6本出る手形の不渡りを片づけなければならないので、ずいぶん骨が折れた。そんな苦労が報いられて、3年後には1割2分の配当までやれるようになり、金港堂は息を吹き返した。
【覚書き|教科書専門の大手出版社金港堂の経営再建時を振り返っての発言】


拝見するとお宅の御嬢さんたちはまるで婚礼のようなきらびやかな姿でいられる。それなのに山では給料遅配のため、険悪な空気がみなぎっています。ここに採金を持ってきたが、これは現金に換えてもらって絶対に持っていく。
【覚書き|薬丸金山の会計の仕事をやっていた際の発言。本社から山の労働者たちに給料が支払われなかったので暴動が起きそうになった。そのため直接社長の家に行き直談判した際の発言】


僕は学校を出たら実業界に就職を求めるつもりでいました。そのときの商科の科長は、僕を日銀に紹介してくれました。しかし、僕の気持ちとしては銀行に入るより、産業界に入りたい。広く銀行が大衆から集めた金を借りて、国に役立つ事業を育成していく仕事はさぞ面白かろうと思っていました。


会社も古くなると、よほど思い切った手術をしなければならない。【覚書き|上記発言は金港堂という出版社の経営再建を引き受けた時の言葉。金港堂は当時有数の教科書に重点を置いた出版社で、原氏が経営再建にあたって7つの不採算雑誌を即座に廃刊にした】


原安三郎の経歴・略歴

原安三郎、はら・やすさぶろう。日本の経営者。日本化薬会長、東洋火災海上保険株式会社(のちのセコム損害保険)会長。徳島出身。早稲田大学商学部を首席で卒業後、日本化薬製造に入社。その後、同社社長に就任。そのほか、日本化学工業協会会長、政府税制調査会会長などを歴任し、日本財界の重鎮として活躍した。

他の記事も読んでみる

高須武男

うちは世の中にエンターテインメントをお届けする会社です。社員が無難に過ごすようになったら、面白味なんかちっとも生まれてきませんよ。


梅原大吾

「神の手」なんて言われていますけど、僕より才能のあるプレーヤーはたくさんいると思います。ですが、僕は勝ち続けるためにいろいろな努力をしています。


リチャード・カールソン

リラックスするとはどういうことか?この言葉を何千回も耳にしながら、その意味が本当に分かっている人はほとんどいない。私たちのほとんどは「やるべきこと」がなくなってからリラックスしようと考えている。人生の書類入れが空になることは絶対ないのに。


宮内義彦

アライアンスの時代になっても、自前主義がなくなるわけではありません。大切なことは、それぞれの方法の長所と短所を見極めながら柔軟に使い分けることです。自前主義は戦略決定や変更の自由が最も高いということが長所です。合弁方式は他社とひとつの事業目的に向かってひとつの会社を経営できるという強みがあります。業務提携は企業同士の結びつきは緩やかですが、素早く対応できることや柔軟性が特徴です。


宇田川憲一

米国人は自己主張が強く、「給料を上げてくれ」と目の前で泣き出す人もいた。日本流の奥ゆかしさや以心伝心は通用しません。「世界の常識」を肌で知ったことが、後に東南アジアでの事業を任されたときに生きました。
【覚え書き|米国子会社社長時代を振り返っての発言】


井川幸広

疲れては力が出せない。適切な休憩があってこそ、アイデアを絞って良い作品ができる。


シェイクスピア

ひとつの立派な行為が、誰の口にのぼることなく死んでゆく。それは残ってあとに待つ立派な行為を何千も屠殺することになる。


松田昌士

父も国鉄マンでした。私が入社を決めた時、酒を酌み交わしながら、こうつぶやきました。「地位を得て、でかいことをやろうと思ったら、日陰者をかき集めろ」。組織から疎んじられ、現場の片隅に追いやられた者の中に、すごい力を秘めたやつがいる。彼らを奮い立たせる人間になれ、と。その時は何を言っているのか分かりませんでした。でもその言葉が、私の行動をどこかで支えていたのかもしれません。


片田珠美

相手と距離を取るのにオススメなのが、敬語を使うことです。危険物を素手で触る人はいませんよね。目の前に危険なものがあってそれを取り除かなくてはいけないという場合、手袋をはめて直に触れないようにするはずです。会話において、手袋の役割を果たすのが敬語です。タメ口だと相手は遠慮せずにこちらに近づいてきますが、敬語を使えば逆に相手に近寄りがたいと感じさせ、一定の距離を保つことができます。敬語は、危険な相手から身を守る武器なのです。


藤村正宏

企画書を書こうとせずに「映画の予告編」を作る気持ちで作ればいい。映画の予告編って、期待感を高めてワクワクさせてくれるでしょう? 「観たい」と思わせる作りになっていますよね。それと同じ要領で「この企画、おもしろい。やってみたい」と思わせればいい。「書いてある内容がいいのになぜか通らない」という人は、見せ方をちょっと変えるだけで通るようになる。


瀬戸欣哉

発表するだけの会議や、会議のための資料作りはやめて、時間は30分以内にしました。社員には、起業家精神を持ってもらいたいのです。「議論をするんだったら、まず実験をしてみよう」と、口を酸っぱくして言っています。


高田明(ジャパネットたかた)

できない理由を考えたらキリがない。僕は、どんなときでも「どうしたらできるか」ということしか探さないし、そうやって生きてきたんです。ずっと。


安原弘展

創業理念である「女性を美しく」とか「相互信頼」といった根幹の部分はしっかりと守りながら、「働き方」とか、「お客様とどのような関係をつくっていくか」という部分について、よりよいかたちに変えていこうとしているところです。これは経営をしていく上で、ごく当たり前のことだと思っています。


小寺圭

私の若いころは、鬼課長と呼ばれた上司の下で10年働いたこともあって、毎日が修羅場のようでした。とくに中近東に駐在していたときは、代理店契約を続けるか打ち切るかといった判断もせざるを得ず、それこそ、一歩間違えば大叱責を受けかねないような状況で仕事をしていました。ゲームにたとえれば、文字どおりサバイバル・ゲームの日々。それだけ際どい状況に身を置くと、いろいろ考えるようになります。


堀義人

自分の可能性を信じることができるかできないかが、起業家か起業家でないかの違いだと思うんです。みんなができないと思っていることを可能にするのが起業家ですから。みんなができることをやっても、それは起業家ではないと思います。限界は自分の中ではなく、みんなの頭の中にあるんです。