名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

原安三郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

原安三郎のプロフィール

原安三郎、はら・やすさぶろう。日本の経営者。日本化薬会長、東洋火災海上保険株式会社(のちのセコム損害保険)会長。徳島出身。早稲田大学商学部を首席で卒業後、日本化薬製造に入社。その後、同社社長に就任。そのほか、日本化学工業協会会長、政府税制調査会会長などを歴任し、日本財界の重鎮として活躍した。

原安三郎の名言 一覧

7つもある雑誌をやめる段になって、最後まで思い切りがつかないのは編集部の人々であった。やむなく僕は11月3日の天長節の日に、庭に雑誌の原稿を積み上げて火をつけると言った。それでも思い切りがつかず、せめて新年号だけは出してくれと言って聞かない。気持ちはわかるが人情に溺れていては駄目なので「新年号を出すとまた後を引くから、この際思い切って全部焼いてしまう」と宣言した。僕の言葉を聞いて、中には泣く者もあった。
【覚書き|教科書専門の大手出版社金港堂の経営再建時を振り返っての発言】


僕は荒手術を決意し、まず会社の不急不要のものをどしどし処分してしまった。会社につぎ込むため、創業家所蔵の書画骨董を売り立てることにし、それは当時誰も試みなかった写真入りの売立目録で宣伝した。なにしろ毎日5、6本出る手形の不渡りを片づけなければならないので、ずいぶん骨が折れた。そんな苦労が報いられて、3年後には1割2分の配当までやれるようになり、金港堂は息を吹き返した。
【覚書き|教科書専門の大手出版社金港堂の経営再建時を振り返っての発言】


拝見するとお宅の御嬢さんたちはまるで婚礼のようなきらびやかな姿でいられる。それなのに山では給料遅配のため、険悪な空気がみなぎっています。ここに採金を持ってきたが、これは現金に換えてもらって絶対に持っていく。
【覚書き|薬丸金山の会計の仕事をやっていた際の発言。本社から山の労働者たちに給料が支払われなかったので暴動が起きそうになった。そのため直接社長の家に行き直談判した際の発言】


僕は学校を出たら実業界に就職を求めるつもりでいました。そのときの商科の科長は、僕を日銀に紹介してくれました。しかし、僕の気持ちとしては銀行に入るより、産業界に入りたい。広く銀行が大衆から集めた金を借りて、国に役立つ事業を育成していく仕事はさぞ面白かろうと思っていました。


会社も古くなると、よほど思い切った手術をしなければならない。【覚書き|上記発言は金港堂という出版社の経営再建を引き受けた時の言葉。金港堂は当時有数の教科書に重点を置いた出版社で、原氏が経営再建にあたって7つの不採算雑誌を即座に廃刊にした】


原安三郎の経歴・略歴

原安三郎、はら・やすさぶろう。日本の経営者。日本化薬会長、東洋火災海上保険株式会社(のちのセコム損害保険)会長。徳島出身。早稲田大学商学部を首席で卒業後、日本化薬製造に入社。その後、同社社長に就任。そのほか、日本化学工業協会会長、政府税制調査会会長などを歴任し、日本財界の重鎮として活躍した。

他の記事も読んでみる

岩上貴洋

フェイスブックなどで共有されると、口コミで急速に広がります。そこで、「シェアされやすい仕掛け」を工夫するのは大事。例えば飲食店なら、予約者の名前をウェルカムボードに書き出す、予約席に手描きの案内状を置くなどの工夫をして、写真をSNSに投稿したいと思わせる手法がいいかもしれません。


勝田忠緒

先代(父)が亡くなったことで最終的に社長業を継ぎました。私が35歳の時です。社長就任当時、こんな若造に社長が務まるかという雰囲気がありました。私自身、一人で先走ったような結論は出さず、先輩や友人の意見を広く聞きました。でも、最後は自分で決断しないといけませんから、100%正解かどうかはわからなくても周囲ができる限り納得できる最大公約数を考えて判断しました。


保田虎之助

経営者が会社を自分のものだと思い始めたとたん、社員たちは本当のサラリーマンになってしまい、夢をなくす。社員が夢をなくしてしまえば、そこで会社の成長は止まる。


加藤薫

「ストレスが多いでしょう?」とよく言われますが、「何事も七分でよしとせよ」という性格。人生なるようにしかならないという考えのせいか、あまりストレスはたまりません。


細野邦彦

ビジネス上の競争でも、喧嘩でも、やる以上は勝たなきゃならない。ところが自前のパワーを考えると、どうしても勝てない奴ってのもいる。その見極めがポジショニングだ。俺は男だ、根性だというようなやり方、そんなのは駄目だ。しかし、負けそうだからやらないと言うんじゃなくて、どうやれば勝つかを考え、勝てるアイデアや戦力を備える。


川野幸夫

私はスーパーで取り扱う商品を、ナショナルブランドの加工品などの「コモディティ商品」と、生鮮品や総菜などの「ライフスタイル商品」とに分けて考えています。コモディティ商品は相対的な安さがポイントです。他店と比較して安いということが消費者への訴求力となります。一方、ライフスタイル商品は「値頃」が大切です。豊かで楽しい食生活を実現するうえで、「これなら買いたい」と消費者が価値を認めてくれる価格を提示しなければなりません。


岩本哲夫

透明性ある会社にするため、創業時から毎月行う「月報会議」で各部門の売上や達成率を全社員に公表。会社やトップの考えを正確に伝え、組織の健全性を高めることに注力してきました。


鈴木敏文

これまでリアルとネットは別々に動いていたが、今後はそれを融合させた「オムニチャネル」への対応が絶対条件だ。従来とは違うステージに入っていく。


松本晃(経営者)

私はカルビーの会長になってすぐに、「仕事の棚卸し」という運動を始めました。これは社内の仕事を、(1)会社にとって良いことで、現在実行しているもの、(2)会社にとって良いことなのに、現在できていないもの、(3)すぐにやめた方が良いものの3つに分類し、(1)はそのまま継続し、(2)はすぐに始め、(3)はやめるというものです。


島田久仁彦

交渉の際は8割方相手の話を聞くことに集中します。自分の話を真剣に聞いてくれると思うことで、相手は初めて信頼してくれる。そのためにはどんな悪人と言われている人物でも、先入観を捨てて相手を人間として尊重し敬う気持ちが大切。


塚本隆史

課題があるとすれば、それぞれのお客様に対し、自分のところの機能だけではなく、グループの連携プレーをもっとやっていくことです。まだまだこのビジネスモデルは道半ばです。当初のグランドデザインに沿って、120%の力を発揮できるようにすることが私の仕事です。


村上隆男

TOB(株式公開買付け)をかけられたのは、当社にも課題があったからだと思っています。ビール事業の利益率の低さであったり、当時はそもそも業績が長い間低迷していた時期でもあった。

【覚え書き|2007年にヘッジファンド「スティール・パートナーズ」にTOBを仕掛けられたことを振り返って】