名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

原安三郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

原安三郎のプロフィール

原安三郎、はら・やすさぶろう。日本の経営者。日本化薬会長、東洋火災海上保険株式会社(のちのセコム損害保険)会長。徳島出身。早稲田大学商学部を首席で卒業後、日本化薬製造に入社。その後、同社社長に就任。そのほか、日本化学工業協会会長、政府税制調査会会長などを歴任し、日本財界の重鎮として活躍した。

原安三郎の名言 一覧

7つもある雑誌をやめる段になって、最後まで思い切りがつかないのは編集部の人々であった。やむなく僕は11月3日の天長節の日に、庭に雑誌の原稿を積み上げて火をつけると言った。それでも思い切りがつかず、せめて新年号だけは出してくれと言って聞かない。気持ちはわかるが人情に溺れていては駄目なので「新年号を出すとまた後を引くから、この際思い切って全部焼いてしまう」と宣言した。僕の言葉を聞いて、中には泣く者もあった。
【覚書き|教科書専門の大手出版社金港堂の経営再建時を振り返っての発言】


僕は荒手術を決意し、まず会社の不急不要のものをどしどし処分してしまった。会社につぎ込むため、創業家所蔵の書画骨董を売り立てることにし、それは当時誰も試みなかった写真入りの売立目録で宣伝した。なにしろ毎日5、6本出る手形の不渡りを片づけなければならないので、ずいぶん骨が折れた。そんな苦労が報いられて、3年後には1割2分の配当までやれるようになり、金港堂は息を吹き返した。
【覚書き|教科書専門の大手出版社金港堂の経営再建時を振り返っての発言】


拝見するとお宅の御嬢さんたちはまるで婚礼のようなきらびやかな姿でいられる。それなのに山では給料遅配のため、険悪な空気がみなぎっています。ここに採金を持ってきたが、これは現金に換えてもらって絶対に持っていく。
【覚書き|薬丸金山の会計の仕事をやっていた際の発言。本社から山の労働者たちに給料が支払われなかったので暴動が起きそうになった。そのため直接社長の家に行き直談判した際の発言】


僕は学校を出たら実業界に就職を求めるつもりでいました。そのときの商科の科長は、僕を日銀に紹介してくれました。しかし、僕の気持ちとしては銀行に入るより、産業界に入りたい。広く銀行が大衆から集めた金を借りて、国に役立つ事業を育成していく仕事はさぞ面白かろうと思っていました。


会社も古くなると、よほど思い切った手術をしなければならない。【覚書き|上記発言は金港堂という出版社の経営再建を引き受けた時の言葉。金港堂は当時有数の教科書に重点を置いた出版社で、原氏が経営再建にあたって7つの不採算雑誌を即座に廃刊にした】


原安三郎の経歴・略歴

原安三郎、はら・やすさぶろう。日本の経営者。日本化薬会長、東洋火災海上保険株式会社(のちのセコム損害保険)会長。徳島出身。早稲田大学商学部を首席で卒業後、日本化薬製造に入社。その後、同社社長に就任。そのほか、日本化学工業協会会長、政府税制調査会会長などを歴任し、日本財界の重鎮として活躍した。

他の記事も読んでみる

阿部俊則

部下に対して目標を明確に示し、コミュニケーションをしっかりと取ってマネジメントしていく。これしか会社を活性する方法はないでしょう。きちんと話をすれば、部下も粘り強く仕事ができるようになります。最近は、「やり抜く力」を持った社員が増えたと感じています。


羽根拓也

取捨選択だけしている管理職が実に多い。各メンバーが持っている価値を引き出す技術、掛け合わせる技術を持ち合わせ、知的交配を意図的に起こす技術をマスターする必要がある。


日野江都子

怖いのは、一度違和感・不信感を持たれてしまうと、初頭効果によってその後の印象すべてにバイアスがかかってしまうということ。たとえばその人がちょっとした失敗をしたとします。最初の印象が良いと「今日は調子が悪いのかな」「緊張しているのかな」などと思ってもらえます。逆に、印象が悪いと「やっぱりね」と、悪印象を強化するほうに働いてしまうのです。とにかく、第一印象は二度作れないというのは真理です。


國分文也(国分文也)

今の社会課題というのはタテ軸で考えられるものではなくなってきていて、いろいろな要素が複雑に絡み合っている。だから、とにかく考えろと。


重松理

私にはオフタイムの意識がありません。ほとんど仕事のことしか考えていない。それ以外は……ウイスキーを飲んでいます(笑)。まったく自覚はありませんが、ウイスキーを飲むことがきっとストレス解消にもつながっているんでしょうね。オンオフを切り替える時間なのかもしれません。


本田弘敏

26歳で200人あまりの所員を指揮した体験は貴重だった。ふだん要領がよく所長に取り入っていた人たちは、顔を見せるものが少なかった。反対に、毎日二時間も三時間も歩いてきて「今日は何をしますか」と真剣に聞いてくるのは、日頃ぶっきらぼうで要領の悪い人たちに多かった。
【覚書き:関東大震災直後に東京ガスの芝営業所長代理として陣頭指揮にあたった時を振り返っての発言】


松本秀幸

リスニング力アップのためには、自分がどこでつまずいているのかを認識して対策を立てるべきです。音が聴き取れないなら対訳を見て理解する。速さについていけないなら、教材の再生速度を調整しましょう。クリアできたら、2倍速でリスニングを。2倍速に慣れてから標準に戻すと、高速道路から一般道に降りたような余裕を感じるはずです。


渋沢栄一

明治維新当時の財界における三傑は三井の野村利左衛門(三井財閥の創設者)と鉱山王の古河市兵衛(古河財閥創設者)と天下の糸平こと田中平八を挙げなければならない【渋沢栄一、しぶさわ・えいいち、幕末から明治にかけての実業家・官僚、日本の銀行と株式制度の父】【覚書き|天下の糸平=田中平八、たなか・へいはち、幕末から明治の実業家・現物先物投資家、生糸・為替・銀・米の相場で財を築く、本業が生糸問屋だったため天下の糸平と称された、現在の東京穀物商品取引所の初代頭、渋沢栄一と懇意だった】


南場智子

事業や組織の発展の可能性は常識の延長線上にはない。


弘兼憲史

僕は漫画を描いているとき以外は、すべてオフと考えています。自分にはオフがない、という恨み辛みもまったくありません。ラジオの収録もオフですし、取材を受けているときもオフ。仕事の合間にオフをどんどん挟み込む、遊びを取り入れる。それを意識しているのが僕のスタイルです。


大坪文雄

現場の声に耳を傾け、マジョリティ(大多数)の従業員に納得してもらえるような、経営方針を打ち出さなければなりません。頭で考える前に、行動することが必要だと思います。従業員と一緒に、行動することが必要だと思います。


大儀見浩介

仕事のモチベーションを高めるには、叶えたい目標を明確にし、そこに近づくための道のりを具体的に考えるのが効果的。