名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

原孝(組織戦略コンサルタント)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

原孝(組織戦略コンサルタント)のプロフィール

原孝、はら・たかし。日本の組織戦略コンサルタント。東京出身。慶應義塾大学法学部法律学科卒業後、新聞記者として活動後、原孝事務所を開設して独立。大学改革、企業改革に携わる。そのほか早稲田大学講師、早稲田大学平山郁夫記念ボランティアセンター管理委員兼運営委員、何でも自由に喋る会主催者などを務めた。

原孝(組織戦略コンサルタント)の名言 一覧

人は自分が好意を抱く人よりも、自分に好意を示してくれる人と親しくなる行動傾向を持っています。この行動傾向は、上司にも部下にも当てはまります。たとえ鬼のような上司でも、部下から好意を示されると嫌な気はしないものです。


媚を売るようなリーダーがマネジメントしても結束力は強化できません。


論理力がいくらあろうと、自分を開くことのできない人間に人は心から寄ってきません。論理は困難という名の壁に弱いのです。壁にぶち当たったとき、リーダーに人間力がないとメンバーは次々と逃げていきます。


人は決断する際に納得を得たいと思います。その納得は論理と感情とが混ざり合って成り立っています。そして、リーダーは論理を研ぎ澄ますことも大切ですが、論理よりも0.1ミリでも感情を上回らせることはもっと重要です。


大胆な発想や鋭い論理だけでは、人は寄ってきません。日常レベルの誠実さをこまめに実行することで、他者からの信用は徐々に積みあがっていきます。いつの時代の成功者も、他者への気配りをときとして苦しく感じるものの、肝に銘じて実行してきたのです。


相手がまずやったら次に自分がやるなどと躊躇しているようでは、人を動かす人物にはなれません。最初の一歩はまずあなたが踏み出すべきです。


人は親しい人に自分の私的なことを話します。すると、その人も自分に私的なことを話すようになります。これを自己開示互恵性の原則と呼びます。自己開示こそ他者に最大の好意を伝える行為です。


論理と感情をひとつの方向性で束ねなければ、経済活動は短期間での失速を招き、社会貢献活動も地域に根付かない独りよがりの活動を招いてしまいます。


原孝(組織戦略コンサルタント)の経歴・略歴

原孝、はら・たかし。日本の組織戦略コンサルタント。東京出身。慶應義塾大学法学部法律学科卒業後、新聞記者として活動後、原孝事務所を開設して独立。大学改革、企業改革に携わる。そのほか早稲田大学講師、早稲田大学平山郁夫記念ボランティアセンター管理委員兼運営委員、何でも自由に喋る会主催者などを務めた。

他の記事も読んでみる

山下茂(経営者)

人を動かすためには、それがいかに大切なことかを何度も伝えなければいけません。


吉原義一

自分らしさを出すには、基本を忠実に行うことが条件。


前川孝雄

働く意義を見出しづらい時代に、未来を指し示すのが、リーダーの役割だと思います。


フランク・ポポフ

成功は保守主義を生む。つまり現状べったりになって、頭から変化を受け付けなくなる。
【覚書き|売上高が小さかった農薬と医薬部門の売却に異を唱え、次世代のバイオ事業を育てることを決断した時の言葉】


江川達也

なんとか原稿の締め切りに間に合わせたけれど、こうすればよかったと、あとで思うことはあります。そういうときも、そこで新たに発見したことを次に活かせばいいと考えるから、間違いだとは思いません。


米山公啓

現状では、多くの医者が自分の立場を守るために、「絶対に治る」「絶対によくなる」といった言葉を使おうとしていない。だからこそ、「絶対に治る」と言い切れる医者は貴重な存在とも言える。


岩倉昌弘

昨年から「CRAZY KRACIE(クレイジー・クラシエ)」というキャッチコピーを掲げています。これまでは「普通の会社」になるための期間でした。ここでもう一度固定観念を捨てて挑戦しようと、あえて刺激的な言葉を使っています。


木村浩一郎(経営者)

経営で最も大切なのは、「変化」に対応する力。


石本恵一

情報化時代、コンピューター時代である今日。ややもすれば人と人、得意先と社員との関係は冷たい関係になりがちだ。それだけに温かい心の交流がより大切になる。小さい気配りが大きな信頼を生む


小林豊(小林製薬)

誰もが同じように考えるはずという前提によって、クリエイティブな発想や、合理的な仕組みを思いつく力が失われているのではないかと思います。


新川義弘

私は、究極のサービスは、「お客様がしてほしいことを事前に察知すること」だと考えています。このお客様は何を求めているのかを、五感を研ぎ澄ませて見極める。そしてお客様から頼まれる前に、それをして差し上げるのです。


冨山和彦

30代後半や40代にもなれば、選択肢が狭まることは当たり前。それをうじうじと考えていても、時間が過ぎていくだけです。