原孝(経営者)の名言

原孝(経営者)のプロフィール

原孝、はら・たかし。日本の経営者。「リンクレア」社長・会長。そのほか、情報サービス産業協会副会長を務めた。

原孝(経営者)の名言 一覧

当社にとってかけがえのない大切なものは、多くのお客様と社員、そして創業以来50年近くかかって形成してきた文化にある。


「ご縁があって、おかげさまで、いたみいります」。この言葉は、社長就任時に経営の大先輩から頂戴したこの言葉です。これは商いの三原則ともいえるもので、会社も個人も人というのは全てが周りの人との「ご縁」でここまで来ている。そして、上に立った時こそ周囲の方々に対して「お陰様」という気持ちを忘れず、そういうことに感謝して「いたみいれ」。これを肝に銘じよと言われました。


原孝(経営者)の経歴・略歴

原孝、はら・たかし。日本の経営者。「リンクレア」社長・会長。そのほか、情報サービス産業協会副会長を務めた。

他の記事も読んでみる

佐々木常夫

仕事は初めが肝心です。計画を立てておくと仕事の無駄がなくなります。でも、無計画なまま仕事をしている人が多い。だから、必要ない仕事までしたり、非効率な仕事の進め方をしたりして、勤務時間内に仕事が終わらず、残業が増えてしまうのです。


本田健

幸せなお金持ちになるには、自分の好きなことをまずやることです。お金持ちには様々なタイプがいますが、共通点のひとつは、自分が好きで得意なことをとことんまで究めていることです。それがあまりお金にならなくても、少なくともそれは幸せな人生です。それに、好きなことをやりながらビジネスシステムをつくるということと、多くの人に応援されるということ。この二つさえあれば、大抵そこそこのお金はできるはずなんです。


堀尾正明

どんな会社でも30代というのは、「自分は出世コース(本流)を目指すのか、それとも傍流を目指すのか」という見極めをすべき時期なのではないでしょうか。そして、自分は本流タイプじゃないと判断したら、いつか傍流を本流にできるくらいに力をつけようと考えて、傍流の道を突き進むのです。


越智通勝

私が堀江(貴文)さんに初めて会った時は、まだオン・ザ・エッヂ(現:ライブドアHD)の頃でした。当社の担当者から渋谷のビットバレーですごい経営者がいるって言われて会いました。でも、その帰り道、私はその担当者に言ったんです。「彼は厳しいと思うよ」って。本業であるはずのWeb制作について、堀江さんはほとんど話さなかったんです。案の定、堀江さんはその後、ベンチャー経営者というより、錬金術師としての道を歩んでしまいました。


デービッド・アーカー

CMO(最高マーケティング責任者)とは、文字通りマーケティングを仕切る最高責任者のことです。しかし、CMOはそれにとどまらず、縦割り組織に風穴を開け、組織をよくするキーパーソン足り得るのです。会社をあげてブランドを構築するにあたり、組織をひとつまとめる当事者になるのです。


阿久津聡

ルールで社員を縛るのではなく、企業の看板であるブランドのミッションや価値観を社内で共有することが肝要です。


渡瀬謙

私は、初めての訪問の際には、先方の玄関先に30分前に着くように行動しています。電車が遅れたり、道に迷ったりするリスクも考えてのことです。もちろん、多くの場合は時間が余ることになります。ですが、この余った時間は決して無駄ではありません。たとえば、駅からの道をあえてゆっくり歩く。会社に着いてしまったら、とりあえず周りを一周してみる。そうしてやはり「話のネタ」を探します。「裏に懐かしい感じの駄菓子屋さんがありますよね」「駅前のラーメン屋さん、すごい行列でしたね」と、こうした話題からスムーズに会話に入っていけるのです。


山口多賀司(経営者)

社長はA君やB君ばかり可愛がる。我々凡人は相手にしてくれないと感じた途端、社員の中で差別されたと思って、一気に心が離れてしまいます。そうあってはなりませんから、我々は全員同じように接していますし、差別がないと分かれば社員も皆が一生懸命に働いてくれます。そういう環境づくりを私は60年間、一貫して進めてきました。


金指潔

持っている資産を、軸を少し変えてみると、新しい価値が出てくる。


森見登美彦

僕の場合、計算して「こうあるべき」みたいなものを組み立てていっても、そうはならないんです。「たまたまそのときはそういう風になっちゃった」みたいな形でいい。だから「もういっぺん同じ材料を集めて同じ方法論で組み立ててみたらどうか」みたいな作品は、僕にとってはあまり書く意味がないんです。そもそもデビュー作の『太陽の塔』からして偶然できたものだし、その後も毎回手探りで、ああでもないこうでもないとやっているうちに無理矢理できているわけですよ(笑)。


中島信也

事前に打ち合わせておけば、現場で共有する情報は最低限で済む。


藤山寛美

役者は舞台の上だけで稼ぐもんや。それ以外のことでおカネを儲けたら、余計なものが入り込んで汚れてしまう。


澤村伊智

以前勤めていたのが出版社だったので、当時のことを思い出しながら書きました。執筆中、読者として意識していたのも、実は当時の先輩たち。特定の誰かを思い浮かべて書いた方が、作品がブレずに済むんです。不特定多数の読者のためにと身構えると、逆に怖いものが書けなくなるような気がします。


福嶋康博

重要なのは、前例がなかろうと、周囲が反対していようと、自分の信念は貫き通すことです。こうした常識にとらわれない発想に基づく信念を持ち、それを貫き通すことが重要です。


吉田穂波

できないことを自分が置かれた環境のせいにせず、とにかくやってみようと思ったのがすべての始まりでした。


ページの先頭へ