原孝(組織戦略コンサルタント)の名言

原孝(組織戦略コンサルタント)のプロフィール

原孝、はら・たかし。日本の組織戦略コンサルタント。東京出身。慶應義塾大学法学部法律学科卒業後、新聞記者として活動後、原孝事務所を開設して独立。大学改革、企業改革に携わる。そのほか早稲田大学講師、早稲田大学平山郁夫記念ボランティアセンター管理委員兼運営委員、何でも自由に喋る会主催者などを務めた。

原孝(組織戦略コンサルタント)の名言 一覧

人は自分が好意を抱く人よりも、自分に好意を示してくれる人と親しくなる行動傾向を持っています。この行動傾向は、上司にも部下にも当てはまります。たとえ鬼のような上司でも、部下から好意を示されると嫌な気はしないものです。


媚を売るようなリーダーがマネジメントしても結束力は強化できません。


論理力がいくらあろうと、自分を開くことのできない人間に人は心から寄ってきません。論理は困難という名の壁に弱いのです。壁にぶち当たったとき、リーダーに人間力がないとメンバーは次々と逃げていきます。


人は決断する際に納得を得たいと思います。その納得は論理と感情とが混ざり合って成り立っています。そして、リーダーは論理を研ぎ澄ますことも大切ですが、論理よりも0.1ミリでも感情を上回らせることはもっと重要です。


大胆な発想や鋭い論理だけでは、人は寄ってきません。日常レベルの誠実さをこまめに実行することで、他者からの信用は徐々に積みあがっていきます。いつの時代の成功者も、他者への気配りをときとして苦しく感じるものの、肝に銘じて実行してきたのです。


相手がまずやったら次に自分がやるなどと躊躇しているようでは、人を動かす人物にはなれません。最初の一歩はまずあなたが踏み出すべきです。


人は親しい人に自分の私的なことを話します。すると、その人も自分に私的なことを話すようになります。これを自己開示互恵性の原則と呼びます。自己開示こそ他者に最大の好意を伝える行為です。


論理と感情をひとつの方向性で束ねなければ、経済活動は短期間での失速を招き、社会貢献活動も地域に根付かない独りよがりの活動を招いてしまいます。


原孝(組織戦略コンサルタント)の経歴・略歴

原孝、はら・たかし。日本の組織戦略コンサルタント。東京出身。慶應義塾大学法学部法律学科卒業後、新聞記者として活動後、原孝事務所を開設して独立。大学改革、企業改革に携わる。そのほか早稲田大学講師、早稲田大学平山郁夫記念ボランティアセンター管理委員兼運営委員、何でも自由に喋る会主催者などを務めた。

他の記事も読んでみる

篠山紀信

たとえば役者の撮影であれば、決め顔をつくる直前や直後、そのほんの一瞬の表情にこそ、撮る価値があると思っています。予定調和はつまらない。


冨安徳久

創意工夫は会社が成長し続けるために不可欠なこと。「これで良いは無い」が弊社のモットーです。満足した時点でそれは退化。飛躍し続けるためには、毎年同じことをやっていてはいけません。


マーク・ベニオフ

これからのネット社会にあらゆる企業に共通する課題は、もっと顧客に近づいていかなければならない。


永守重信

残業を減らすには経営トップが一番に働き方を改革しなくてはならない。私がいつまでも会社に残って働いていれば、幹部や側近の社員も帰れないからだ。そこで毎朝6時半には出社し夜遅くまで働いていたのを、改めることにした。朝は7時以降、夜も19時には必ず帰る。仕事の量はまったく変わらず、働く時間は3~4時間減った。私個人の生産性を上げなければ仕事がこなせない。


なかにし礼

闘病中は古今東西の古典を読みあさった。自分の考え方は間違っていないか、本の中に答えを求めた。


西任暁子(西任白鵠)

プレゼンで聞き手がよくわからない様子なら、「言葉が足りませんでした」とフォローし、飽きているようなら、「このあたりはすでにご承知だと思います」と説明を切り上げる。相手の反応に合わせて話し方を変えるのも、コミュニケーションです。一人で勝手に話していると、聞き手は興味を失ってしまいます。


佐藤可士和

半分は依頼するクライアントの視点、半分は消費者や一般的に企業を見ている外部の人の視点を持つことが必要。


上西京一郎

確実にお客様に喜んでもらえる、満足してもらえるものを提供し続けるということが重要。それがリピーターにもつながる。


内田恒二

いわゆる頭のいい人はいろいろ考え、なかなか決断しない。時間をロスする。


山崎和邦

上昇相場が始まる時期は、「野も山も皆一面に弱気なら、阿保になりて米を買うべし」の格言通り、総悲観になっている時。「皆一面」というのがミソで、己自身も悲観しているのかが重要。他人はそうだけど自分はまだ上がると思っているような時期には手を出さない。


松本大

順調に見える事業でも、リスクをとって変える決断をしなければいけない場面がある。それを判断し、決断するのがマネジメントする側の役目。


益川敏英

私のような英語も話せない凡人でも、方法を誤らなければノーベル賞に至る。


能町光香

上司と定期的に目標設定の時間を持つ、報告や連絡の際はその延長として自分の課題や改善すべき点を指摘してもらう、といった方法を積極的に取りましょう。上司はそうした果敢さを持つ部下を歓迎します。部下が何を考え、どんな目標を持っているかを知ることで、組織にどう役立ってもらうかを判断できるからです。


米山公啓

現状では、多くの医者が自分の立場を守るために、「絶対に治る」「絶対によくなる」といった言葉を使おうとしていない。だからこそ、「絶対に治る」と言い切れる医者は貴重な存在とも言える。


吉永泰之

当然ですが、事業性については常に考えています。投資したら、回収する。当たり前のことではありますが、いざクルマ談義が始まると、採算性や投資回収が議論から漏れてしまうんですね。そうなると私は、「我々は商売をしているのだ」とクギを刺します。それが私の役割なんです。


ページの先頭へ