名言DB

9412 人 / 110637 名言

原口兼正の名言

twitter Facebook はてブ

原口兼正のプロフィール

原口兼正、はらぐち・かねまさ。日本の経営者。「セコム」社長。東京出身。武蔵工業大学工学部電子通信工学科卒業後、日本警備保障(のちのセコム)に入社。取締役、常務取締役、専務取締役、取締役副社長などを経て社長に就任。

原口兼正の名言 一覧

セコムには実力よりも少し背伸びした役職を与えて社員の成長を促す文化がある。


セコムの社員は働き者で、自分もよく働いているという自負はありました。ところが他社の若手幹部たちはもっと激しく働いており、社内でうぬぼれていたのだなと感じました。
【覚え書き|若手幹部の交流会に参加したときを振り返って】


飯田(亮)代表のやり方は、一見すると無茶にも思えますが、失敗した時の責任も代表が一身に負っていました。こちらが「取り返しのつかないことをした」と震えていると、「2度とやるなよ」と言った後はいつもと何じように接してくれる。こうした経営者としての姿勢は自然と周囲にも伝わりました。


創業者のDNAを全部引き継いでいきます。どこかひとつということではなく全部です。飯田(亮)はあれでもバランスをとっているのです。飯田の一部、野獣のような部分だけを継承している先輩もいましたが、それではバランスが悪い。全部を継承していくことが大切だと考えています。


社長室ではなく大部屋で仕事をしているのは、狭い社長室にこもっているより広い方がいいということです。また秘書とパソコンが連動になっていますので同じ部屋の方が仕事をやりやすい。社員も社長個室よりも大部屋の方が入りやすいというメリットがあると思います。


企業の成長は伸び率で計りますが、毎年同じような伸び率では駄目です。上場企業は売上高・利益ともに伸びていかないと。もっとベースを大きくしていかなければならない。


原口兼正の経歴・略歴

原口兼正、はらぐち・かねまさ。日本の経営者。「セコム」社長。東京出身。武蔵工業大学工学部電子通信工学科卒業後、日本警備保障(のちのセコム)に入社。取締役、常務取締役、専務取締役、取締役副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

童門冬二

トップの決断には、背後に理念がなければなりません。何をしたいかというポリシーがあるからこそ、それがものさしになって決断を促していく。そして、決断は観念論だけではだめです。現実に即した情報をきちんと踏まえて行なうことが肝心。


永守重信

政治がいい加減なんだから企業がしっかりしないと!


眞形隆之

ボロが出るのを恐れて全く喋らないと、結果的に「この人、何も知らないんだな」という印象が強く残ります。沈黙を恐れず、とにかく何か喋ったほうがいいですね。そこで効果的なのが質問です。「それ気になっていたんです。もっと教えてくれませんか?」と聞いてもいいでしょう。ほぼ知らないと告白しているようなものですが、興味を示したことで、話題に対して無関心・無知というイメージが払拭されます。


日向野幹也

フィードバックをするうえで注意したいのは、評価と混同しないこと。相手の人格や業績を評価するものではなく、あくまでもリーダーシップスキルを高めるために行うものだということを、あらかじめ明確にしておくことが大切。


西川八一行(西川康行)

40代は20~30代のように「気力」や「根性」だけで乗り切ろうとせず、「健康第一」を心掛けた方がいい。ベストの仕事をするために、まずは自分の体を見直しましょう。


孫正義

それぞれの分野についてのナンバーワン企業の集合体でありたいと思っていますから、万年ナンバーツーに落ちたらその会社とはさよならです。そういう感覚でグループ内の5%くらいの会社は常に入れ替えたいと思っています。


稲盛和夫

迷いが生ずる状況では、まず人間として何が正しいかという基準で臨む。とにかく不屈、不撓の精神で行く。日本経済が低迷しているから、計画を立てられないと言いわけをせずに目標をやり遂げていく。思うことが大事で、そこが出発点。


休山昭

年に2回実施している「アクタスワークス」という社内外に向けた展示会は特に重要で、ここでは直営店メンバーとICAのパートナーショップ(フランチャイズ加盟店)の方々が共に何を目指していくのか、戦略とブランドの方向性を共有しています。


中村礼子

好調の理由のひとつは冬の高地合宿の成果かな。多いときで一日16000mを泳ぎこみ、いままでで一番苦しいトレーニングでした。制限タイムを設けたスピード練習の連続で、肉体的にも精神的にも追い込まれ泣いてしまったことも。それをやり遂げたことで強くなれた気がします。私は悔しい思いをしたり、追い込まれないとダメなんですね(笑)。


宮竹貴久

死んだふりをする。つまり動かないという行為は時に生き延びるのに最善の方法となります。ほ乳類から昆虫まで多くの生き物が天敵の前ではこれを実践し、効果をあげています。人間社会でも功を奏します。


清水勝彦

経営資源の中で最も貴重なものはトップの時間。たとえば、多角的にビジネスを展開している企業の経営者が、自分自身のビジネスことはよくわかるが、ほかのビジネスのことはよくわからない、という話はよく聞かれること。緊急度の高いものと重要度の高いものがあった場合、人は緊急度の高いものに引っ張られがちで、重要度の高いものになかなか手がつけられず、その結果、後からそれが大きな問題として浮上してくる。


佐々木かをり

ダイバーシティ社会で大切なことは、自分の考えを伝えることができること、自分を役立てて周囲の人たちとプラスの成果を作ることができること。


宮地正剛

現在、家賃保証会社は競争が激化して値下げ合戦をしています。家賃保証を継続的に行うには、会社に体力がないといけない。そこで当社は保証料を引き下げるのではなく、他社より高めではあっても財務体質を安定させて、継続して家賃保証できる体制にしています。同業他社ではあまり進んでいないIT化にも先駆けて取り組んできました。


岸見一郎

今後の人生を豊かに過ごすためには、どうすべきか。それは、量的な成功よりも、質的な幸福を追求することです。たとえば、『嫌われる勇気』は168万部発行されました。ベストセラーとして、多くの方々に読んでいただいています。こうした世間から与えられた評価を「量的な成功」と呼びます。もちろん、本が多くの人の手に届いたことは嬉しいですが、あくまで記録ですから、いつかは追随される可能性があります。一方で、本当に嬉しかったのは、一冊一冊が必要な人に届いたことを、読者の感想を通じて実感できたことです。何部売れたかよりも、誰かの役に立てることのほうが嬉しいのです。これは、誰からも真似されることのない幸せです。


冨安徳久

私は、高校の時の担任の言葉を今でも覚えています。「少しでも良い大学に入れ。それが上場しているような良い会社に入るためだ」。なぜ良い会社に入らねばならないのか理由を尋ねると、「初任給や生涯年収が違う」と返ってきました。時代観もありますが、学校の先生が「お金のために働け」と言っているようなものです。今なら完全否定するところですが、当時でも胸に違和感が残りました。