原口兼正の名言

原口兼正のプロフィール

原口兼正、はらぐち・かねまさ。日本の経営者。「セコム」社長。東京出身。武蔵工業大学工学部電子通信工学科卒業後、日本警備保障(のちのセコム)に入社。取締役、常務取締役、専務取締役、取締役副社長などを経て社長に就任。

原口兼正の名言 一覧

セコムには実力よりも少し背伸びした役職を与えて社員の成長を促す文化がある。


セコムの社員は働き者で、自分もよく働いているという自負はありました。ところが他社の若手幹部たちはもっと激しく働いており、社内でうぬぼれていたのだなと感じました。
【覚え書き|若手幹部の交流会に参加したときを振り返って】


飯田(亮)代表のやり方は、一見すると無茶にも思えますが、失敗した時の責任も代表が一身に負っていました。こちらが「取り返しのつかないことをした」と震えていると、「2度とやるなよ」と言った後はいつもと何じように接してくれる。こうした経営者としての姿勢は自然と周囲にも伝わりました。


創業者のDNAを全部引き継いでいきます。どこかひとつということではなく全部です。飯田(亮)はあれでもバランスをとっているのです。飯田の一部、野獣のような部分だけを継承している先輩もいましたが、それではバランスが悪い。全部を継承していくことが大切だと考えています。


社長室ではなく大部屋で仕事をしているのは、狭い社長室にこもっているより広い方がいいということです。また秘書とパソコンが連動になっていますので同じ部屋の方が仕事をやりやすい。社員も社長個室よりも大部屋の方が入りやすいというメリットがあると思います。


企業の成長は伸び率で計りますが、毎年同じような伸び率では駄目です。上場企業は売上高・利益ともに伸びていかないと。もっとベースを大きくしていかなければならない。


原口兼正の経歴・略歴

原口兼正、はらぐち・かねまさ。日本の経営者。「セコム」社長。東京出身。武蔵工業大学工学部電子通信工学科卒業後、日本警備保障(のちのセコム)に入社。取締役、常務取締役、専務取締役、取締役副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる


松村誠一(経営者)

創業以来の大きな危機ではありましたが、これを機に人心をひとつに集めることができたのは大きな収穫だったと思っています。
【覚書き|上場初の赤字転落してしまった当時を振り返っての発言】


北尾吉孝

中国の古典に「積善の家には必ず余慶あり。積不善の家には必ず余殃(よおう)あり」という言葉があります。「善行を続けていれば余分の恩恵があり、悪行を重ねていれば余分の災いがある」という意味です。「善」を循環させることでチャンスやお金を引き寄せるのです。逆に私利私欲に走る人は、お金も離れていきます。


深川真

自分さえよければいいという発想だとダメになる。頑張って世の中に還元すると、それが自分に返ってくる。


田原総一朗

日本人は与えられた目標に向かってハードワークをするのは得意ですが、ビジョンを描くのは不得意。とくに政治家や経営者にはビジョンが必要です。大きな仕事をするには、勉強以前に、ビジョンを打ち立てることが大切です。


佐々木圭吾

入園者数が伸び悩んでいた旭山動物園では、入園者に動物園のファンになってもらうために、飼育員自身が檻の前で動物について解説するガイドを始めたのです。すると、入園者の反応に直接触れられるようになり、入園者にもっと喜んでもらえるような理想の展示方法を考え、そのスケッチを描くようになります。やがて、そのスケッチが一つずつ実現し、理想の動物園へと変わっていきました。


小川浩(経営者)

坂本龍馬には次のような逸話があります。当初長い日本刀を帯刀していた龍馬は、室内でも容易に戦えるようにと短い刀に持ち替え、次に「もう刀の時代ではない」と、短銃を持ち歩くようになりました。そして最後には、これからはこれが役に立つ時代だといって、法律書を懐に入れて歩くようになったそうです。必要なものは何かを考え続け、旧習にこだわることなく対応していった龍馬のような柔軟さが現代の我々にも求められているのではないでしょうか。


上原美優

家族の力は本当にすごいと思いますよ。いまは別々に暮らしていても、テレビで私を見てくれることで、家族がつながっていると思うと、「もっと見てほしい!」って気持ちになりますから。一方で、子供がみんないなくなり、会話が少なくなっていたお母さんとお父さんも、私がテレビに出ることで夫婦の会話が増えたって言うんですよ。両親は、私たち兄弟の学費や給食費を払うために大変な思いをしてきているし、私にとってはすごい存在。だからこれから恩返ししていきたいんです。


ページの先頭へ