名言DB

9425 人 / 110833 名言

原匡史の名言

twitter Facebook はてブ

原匡史のプロフィール

原匡史、はら・まさふみ。日本の経営者。「東洋埠頭」社長。新潟県出身。立教大学理学部卒業後、東洋埠頭に入社。経営企画室長、執行役員経営企画部長、取締役執行役員、取締役常務執行役員などを経て社長に就任。

原匡史の名言 一覧

全体像をきちんと理解することで、求められるサービスを知ることができる。本当に役に立つ提案ができるようになる。


ものを運ぶだけではなく、顧客にどんなサービスを提供できるかという点が重要。


社員には広汎な勉強をさせています。一例ですが、紙を運ぶとなったら、その紙はどこの原料でどのように製造されていて、最終的に何に使われるのか、品質の良し悪しはどこで決まるのかといったことまで学ばせます。


ただ物を運ぶ、倉庫で保管するのではなく、総合的な物流サービスの提供を心掛けています。当社のような事業は広告を打ったから仕事が増えるといったことはありません。倉庫そのものの性能、トラックの性能なども他社とは差がありません。だからこそ、人的サービスの充実、ソフト面でのサービスの拡大が重要なのです。


原匡史の経歴・略歴

原匡史、はら・まさふみ。日本の経営者。「東洋埠頭」社長。新潟県出身。立教大学理学部卒業後、東洋埠頭に入社。経営企画室長、執行役員経営企画部長、取締役執行役員、取締役常務執行役員などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

米村でんじろう(米村傳治郎)

多少やりたいことと違う方向性の仕事の話が来ても、断らずにやってみたらそれがまた次の仕事、次の仕事につながっていった。


染谷和巳

ガツンと叱ることのできる上司はどんどん減っています。絶滅しているといってもいいでしょう。人を叱るには多大なエネルギーを使います。たとえば、やっちゃいけないことをしている人間に「そんなことはするな!」と言いますね。これは相手を否定することです。プライドや心を傷つけます。だから相手は、言ってくれた人間を憎みます。嫌います。最悪の場合は殺したいと思います。それを感じるから、上司は叱ることを躊躇するのです。


松岡浩(経営者)

私は例えば、お客様が来社された時に笑顔で明るく挨拶をするとか、工場の床がピカピカできれいだなと感じるような心地良さのある会社を目指してきました。会社が磨かれれば、心も磨かれるということです。しかも、それをやらされるのではなくて、自発的に社員がやろうと思える環境をつくることが大事だと思っています。「やらされる掃除」から「やる掃除」に変えた時、苦しみが喜びに変わるのです。それが成長につながります。


中溪正樹

能力と権力は明らかに異なるのに、世の中にはそれらを区別できない人がいます。自分では能力を発揮したつもりでも、周囲からは権力の乱用としか映らない。ですから私は、部下に何らかの指示を示したあと、「いまの指示は本当に能力によるものか、権力ではなかったか」と自問自答するよう心掛けてきました。


山光博康

うちは、「こんなのあったら便利だな」と思ったもので、世の中にないものを商品化しているだけ。


折木良一

東日本大震災のとき、地震・津波の対応には、陸上・海上・航空自衛隊から集めた部隊を一体的に運営する統合任務部隊を組織し、3者が無駄なく連携できる体制を敷きました。統合任務部隊とすることで、トモダチ作戦を進める米軍との窓口を一元化することもできました。米軍が統合部隊を基本とするのに対し、自衛隊が陸海空に分かれていると、指揮が錯綜するなど混乱が生じかねません。


前川正

堅実に、真面目に働く、大きな「町工場」でありたい。


堀威夫

馬鹿丁寧な対応をする必要はないと思いますが、適切なスピード感と親しみやすさが必要です。テキパキとした電話対応に巡り合ったときには、とても気持ちがいいものですが、最近、そんな気分のいい対応に出合うことがめっきり減っているように思うのです。尊大な電話対応は、社員がおごり高ぶっている危険な兆候だと思うのです。


ミシェル・プラティニ

私は判断は早いし、誰よりも早く広くフィールドを見られる。
【覚書き:17歳、FCメツ入団テストのメディカルチェックで心臓がスポーツ選手に不適格と診断された時を振り返っての言葉。ミシェルはそこで諦めず、自分の長所を伸ばし、チームの司令塔として活躍することを選ぶ。その後、フランスを代表するプロサッカー選手へ成長する】


チェ・ゲバラ

落ち着け、そしてよく狙え。お前はこれから一人の人間を殺すのだ。
【覚書き|最期の言葉】