名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

原不二子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

原不二子のプロフィール

原不二子、はら・ふじこ。日本の通訳者。東京出身。上智大学大学院外国語学研究科博士課程修了。フリー通訳者を経て通訳・翻訳エージェント会社「ディプロマット」を設立。著書に『虎、世界を行く』『通訳という仕事』『通訳ブースから見る世界』。

原不二子の名言 一覧

「何のために生きるのか」「人生をどう生きたいのか」について答えを出せている人は、聞き手を魅了し、共感させる。


原不二子の経歴・略歴

原不二子、はら・ふじこ。日本の通訳者。東京出身。上智大学大学院外国語学研究科博士課程修了。フリー通訳者を経て通訳・翻訳エージェント会社「ディプロマット」を設立。著書に『虎、世界を行く』『通訳という仕事』『通訳ブースから見る世界』。

他の記事も読んでみる

熊切直美

よく「ABCD」を常に意識するようにと言っています。「当たり前のことを、バカになって、ちゃんとやる、できるまでやる」の頭文字ですが、結局のところ、この積み重ねがすべての仕事の基盤をつくっていくものと考えています。


池上浩一

体調管理も仕事の一環です。私は人前で話すときには朝食や昼食は食べないようにしています。人間は満腹になると油断します。反対に空腹であれば、神経が過敏になり、集中力が高まる。


ネルソン・マンデラ

人種差別は魂の病だ。どんな伝染病よりも多くの人を殺す。悲劇はその治療法が手の届くところにあるのに、まだつかみとれないことだ。


安永竜夫

私が最近心配しているのは、昨今、当社が手掛ける個々の案件の規模が大きくなってきているということです。どういうことかというと、昔は30代くらいでいっぱしのプロジェクトマネージャーを名乗っていて、私も30代の頃は若い部下を何人か引き連れて交渉団の団長としてビジネスを切り盛りしていました。ところが、最近では案件の規模が大きくなり、プロジェクトマネージャーが課長になり、部長になり、下手をすると本部長が出ていかないといけなくなる。そうすると若い人たちは必然的に断片的な仕事しか担当できなくなるわけです。商社にとって投資は物流と並んで、若い人たちを鍛える場ですが、エクスポージャーが巨大な仕事を若い人にむやみに任せるわけにもいかない。そういう意味でも、非資源分野の案件は資源分野よりも規模感が小さいので、若い人にチャレンジできる素地があります。若い人が失敗を恐れずにチャレンジする風土をつくっていく必要がある。


平野友朗

原則として、メールでは叱らない方がいいでしょう。一方、メールで褒める効果は大変高いです。


林野宏

部下の企画書作成が滞っていたとしたら、過去に好評を得た企画書のサンプルなどを渡し、まずそれを精査させてから書かせる。すると、部下はあたかも自分一人で達成したかのような満足感を得ることができる。こうしたOJTの反復により、自ら考える習性を身につけさせる。


小谷進

グローバル化とIT化、異業種企業の参入でカーエレクトロニクス製品の競争相手はガラリと変わりました。そうなると今までの自前主義で時間と人とお金を掛けてやっていたのでは、とても今の開発スピードについていけない。そこで2010年に成長戦略を出した時に、「もう自前主義は捨てる」と宣言しました。大きな経営判断でしたが、それ以降、他社とのアライアンスを推し進めてきました。


力道山

人間窮すれば通ずるものだ。手が使えなければ足を使う。足が使えなければ噛みついても試合はできる。


奥田隆司

まずは発表したことをやりきる。ただし状況の変化に応じて、柔軟に次の一手を考える。


田島貴男

作曲は経験が生きない世界なんです。常に初心者。積み重ねが効かない。今までの経験で作っていると、いわゆる手癖で作ってしまっていて、全然面白い曲ができてこない。


倉重英樹

勉強を継続できないケースがあるとすれば、目的意識が弱いときです。何のためにその勉強が必要なのか、それを学んで将来自分は何がしたいのか、胸に手を当ててじっくり考えてみましょう。


池森賢二

失敗した事業というのはそこ(お客様の悩みや問題を解決すること)からは外れていました。ファンケルの化粧品は香りがない。香りを好むお客様に、ハーブの自然な香りならいいはずだ、という社員の意向があって、面白いと思いましたが、2年ぐらいでやめました。欧州の美術品などの販売事業もそうです。利益はぎりぎり出るようになりましたが、高収益の企業でありたいと思い、売却しました。