名言DB

9413 人 / 110706 名言

原不二子の名言

twitter Facebook はてブ

原不二子のプロフィール

原不二子、はら・ふじこ。日本の通訳者。東京出身。上智大学大学院外国語学研究科博士課程修了。フリー通訳者を経て通訳・翻訳エージェント会社「ディプロマット」を設立。著書に『虎、世界を行く』『通訳という仕事』『通訳ブースから見る世界』。

原不二子の名言 一覧

「何のために生きるのか」「人生をどう生きたいのか」について答えを出せている人は、聞き手を魅了し、共感させる。


原不二子の経歴・略歴

原不二子、はら・ふじこ。日本の通訳者。東京出身。上智大学大学院外国語学研究科博士課程修了。フリー通訳者を経て通訳・翻訳エージェント会社「ディプロマット」を設立。著書に『虎、世界を行く』『通訳という仕事』『通訳ブースから見る世界』。

他の記事も読んでみる

小宮一慶

大事なことは、「情報通」と呼ばれるほど情報を持っている人が優れた人だと限らないことです。情報をたくさん持っていても、それで物事がよく見えるというわけではないからです。情報があっても、それを深く解釈できているかどうか、それを使える思考力があるかどうかです。きちんと理解ができていれば、ほかのものと関連付けて話すことができるはずです。


梅田望夫

世の中で認められてくると「自分はこの道の権威で、自分の中にすべてがある」と思いがちです。僕がネットの向こう側にいる人たちに対してものを書いていて一番よかったと思うのは、そういう考え方が根底から崩されたことです。僕のブログにも、僕より詳しい人が書き込んできます。世の中にはとんでもなくすごい人たちがたくさんいるんです。


辻庸介

新規事業は若い人に全部任せてしまえばいい。でも、大企業にいるとそうはいかない。社長に見せるための資料作りとか、報告業務とか、本来の目的とは違う、付加価値を生まない仕事がたくさん発生しています。そういうのに若い人の力を使うのって、本当にもったいない。人事、組織の仕組みをもっと自由にしていかないと。


高崎秀夫(高﨑秀夫)

当行も以前、人件費を抑えるべく大幅に採用を削減したことがありました。そして、その影響が20年近くたってから出てきて苦労した苦い経験があります。ですから、辛抱してでも、ほかを倹約してでも、トップは信念をもって採用も含めた人材育成を続けなければならないのです。これが、トップの重要な役割の一つ。


山崎大地

民間宇宙ビジネスに関わる人を育てる場として、ASTRAX ACADEMYを開学しました。中でも重点的に力を入れているのが人材教育です。例えば宇宙結婚式や宇宙葬、宇宙居酒屋など、地上の日常のサービスを宇宙とつなげるには既存の専門会社との連携が不可欠です。当面は1千社との提携を目指しながら、そこに関わる人材を育てていきたい。ほかにも航空機のCAのような添乗サポートをする人の養成講座や宇宙船で働く人の講座、また搭乗前の1年間で何をどう準備をすればいいかを学ぶ講座もあります。入念な準備をすることで、同じイベントがより鮮明な思い出になりますから。この目的は、来年ヴァージン・ギャラクティックやワールドビューの宇宙船が飛び、その後宇宙旅行が本格的に始まったときに、多様な立場の人が育っていないと宇宙ビジネスが広がらないからです。


二子石謙輔

僕自身はフィンテックに対して、楽観も悲観もしていません。いずれにせよ、技術革新の中でリテール金融が変わろうとしていることだけは間違いない。これに我々がどうやって主体的に関わり、次の成長に生かしていくのかということが最大のテーマです。


宮本恒靖

リーダーに必要なもののひとつは、情熱、パッション。代表の時に、中山(雅史)さんが熱い想いを伝える姿にいいなぁと思って見ていましたね。中山さんは、言葉で伝えることもできますし、背中で引っ張るタイプでもあるんです。何より、まだ引退してないって言っているくらいですからね(笑)。


内海哲也

今年から選手会長をやらせてもらうことになりました。正直、まだそんな器じゃないと思うし、できるのかなって不安もあるんです。でも、前会長の阿部(慎之助)さんに「おまえに任せた」って信頼していただいたのが嬉しかったですね。受けたからには責任をもってやるつもりです。実は昔からジャイアンツは投手と野手の交流が少ないことが気になっていました。食事に行くのも、野手は野手同士、投手は投手同士が多いんです。せっかく選手会長になったのでチームをまとめる意味で、投手も野手もゴチャ混ぜの食事の機会を設けたいですね。


岩渕健輔

日本代表チームの練習量、合宿日数を大幅に増やすうえで、特に協力を得る必要があったのは、選手が所属するチームです。長い期間、選手が代表合宿で不在になることはチーム強化上、当然難しいことです。しかし、「選手の活動状況を事細かに報告する」「希望するチームには代表側からコーチを派遣する」といった「代表チーム側ができること」を示し、協力してもらった。選手も最初は半信半疑でしたが、ハードメニューにより自分の変化を実感し、意欲的に取り組んでくれました。


西任暁子(西任白鵠)

自らに対して「こうあるべき」という理想像が明確な人が多いですね。しかし、それは逆に言うと高い理想を持っていて、「今の自分ではダメだ」と思っているということ。そんなとき、理想に反する行動を他者にとられると、見たくない自分を見せられた気がして、心の安全を脅かされます。この状態になると、人は反射的に感情的になるのです。


高田明(ジャパネットたかた)

ある商品を500個売るという目標を立て、500個売れたとしても私は満足しません。本来は1000個、1500個と売れたかもしれません。


粟田貴也

他産業には手の届かない巨人がいる。ところが外食にはそれがない。やりようによっては自分たちもかなりのところにいけるのではないだろうか。


島田精一

君の説明はさっぱりわからない。だから価値がある。
【覚え書き|部下が上げてきた新規事業の提案に対する返答】


松本光一(経営者)

人に喜んでもらえること、人の役に立つことがTENGAの根幹。だから男性も女性も高齢の方も、ゲイやレズビアンの方も世界中の人すべてにフレンドリーなブランドでありたい。


藤川太(ファイナンシャルプランナー)

「大きな買い物なら、冷静に判断するのが当然では」と思う人もいるかもしれませんが、いざ資金計画を考える段階になると、「なんとかなるさ」と甘い見通しで決めてしまう人がとても多いのです。