原不二子の名言

原不二子のプロフィール

原不二子、はら・ふじこ。日本の通訳者。東京出身。上智大学大学院外国語学研究科博士課程修了。フリー通訳者を経て通訳・翻訳エージェント会社「ディプロマット」を設立。著書に『虎、世界を行く』『通訳という仕事』『通訳ブースから見る世界』。

原不二子の名言 一覧

「何のために生きるのか」「人生をどう生きたいのか」について答えを出せている人は、聞き手を魅了し、共感させる。


原不二子の経歴・略歴

原不二子、はら・ふじこ。日本の通訳者。東京出身。上智大学大学院外国語学研究科博士課程修了。フリー通訳者を経て通訳・翻訳エージェント会社「ディプロマット」を設立。著書に『虎、世界を行く』『通訳という仕事』『通訳ブースから見る世界』。

他の記事も読んでみる

宮田孝一

グローバル化が進む中で、自分の国の歴史や文化、価値観を理解できていなければ、異文化の人々の立場を的確に認識できないと思います。


澤田秀雄

小さな器では、小魚しか入れません。一方で海は、サメもクジラも小魚もプランクトンも、すべてを受け入れています。企業も同じように、優秀な人もそうでない人も、ときに手を抜く人も、みんな受け入れてこそ大きくなることができる。


宮原耕治

小学3年から4年のときに担当だった先生が、「行儀なんて多少悪くても構わないから、自分に正直にまっすぐに生きなさい」といつもおっしゃっていました。いまだにこの言葉が、ものごとを判断する基軸になっていると感じます。先生はもう80歳を超えられましたが、いまでも手紙のやり取りをして、たまにお会いする間柄です。


石原進

我々の使命の一つは地域起こしだと思うんです。我々鉄道事業者は地域の方と一緒になって地域を元気にするために頑張っていかなければならない。


横田雅俊

すぐに諦めてしまう部下たちを、「最近の若い社員は粘りが足りない」と切り捨てるのは簡単だ。ただ、いくら精神論を振りかざしても現場は変わらない。


松岡修造

どんなジャンルでも、実力者の胸を借りるときには、その人に気に入ってもらえるような言葉づかいや行動をすべきです。これは阿諛追従(あゆついしょう:好かれようと媚びへつらうこと)ではなく、自分の力を高めていくためのひとつの方法です。相手をいい気持ちにするのが、すべての人間関係の基本なのです。


近藤誠一

絶えざるレビューをしなければ、自由や民主主義のよい点は活かされない。楽なことではありませんが、考え続けるしかない。考えないと一つの方向に流されてしまいます。それは大変危険なこと。


吉永泰之

自分の会社の立ち位置をもう一度冷静に見つめ直すことから始めました。そうすると、当社は規模の力で生き抜いていく会社ではないので、選択と集中、差別化、あるいは付加価値で強みを発揮していく以外に道はないと考えました。


デービッド・アーカー

移り変わりが激しい現在、戦略を策定して、製品・サービスのオファーを洗練されたものにするには、顧客像を明確化する必要があります。顧客を知るための新しい方法が、顧客が日頃慣れ親しんでいるSNSなどのデジタル技術です。企業はこの技術で顧客に直接情報発信するようになりました。同時に顧客のアイデアも積極的に取り入れるようになり、協力しながら、オファーを生み出すようになったのです。


中込純

中国で大手電機メーカーと現地企業、物産の3社で半導体のEMS(製造受託サービス)を立ち上げた経験があります。国内外で長年携わった液晶のトレーディングは2000年代半ばに市況が崩れて、その業務を泣く泣く物産本体から外部に移しました。振り返れば、ここで得た教訓は自前主義にこだわるなということ。


野口仁

あと3カ月だけ頑張らせてください。それまでに結果を出せなければ考えます。
【覚書き|磁気テープの記録大容量化のカギを握っている磁気体「バリウムフェライト(BaFe)」の研究中止が決まったときの発言。研究打ち切りの1週間前に同磁気体の可能性証明に成功。大容量磁気テープはグーグルなどでも採用された】


野村克也

「失敗」と書いて「成長」と読む。


哀川翔

オレなんか、そんなに賢くなかったから、高校卒業後、何も考えず「社長になる」と言って東京に出てきたけどさ。「楽な方法」なんて考えてもわからなかったし、ガンガンぶつかるしかなかったから、打たれ強くなったんじゃないかな。


松本和也

むしろ多少ぎこちないくらいのほうが話をよく聞いてもらえます。私などは緊張することを前提として、「よし、今日もいつもと同じように緊張しているな」くらいに鷹揚に構えます。


大谷義武

手間暇をかけてお客様の不安を一つ一つ潰してきた結果が管理戸数の増加や入居率の高さにつながっています。


ページの先頭へ