名言DB

9490 人 / 112001 名言

原丈人の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

原丈人のプロフィール

原丈人、はら・じょうじ。日本のベンチャーキャピタリスト、考古学者。大阪出身。慶應義塾大学法学部卒業後、中米で考古学調査に携わる。スタンフォード大学大学院で工学修士号を取得。光ファイバー・ディスプレイ開発会社設立を経て、シリコンバレーでベンチャーキャピタルを運営した。

原丈人の名言 一覧

国は個人で成り立っています。国が富むためには人々が富まなければ、個人が幸福でなければいけません。


民主主義が機能する前提条件の一つは厚い中間層があることです。中間層が減れば民主主義が機能しなくなる。


ロジックから入るアメリカ人とは異なり、「機械の使い勝手を良くしたい」とiモードや第3世代携帯電話を生み出した日本人的発想と、失われていない製造業のノウハウは重要な要素だと思います。


今伸びている基幹産業はIT・コンピュータ産業です。その前は鉄鋼、その前は繊維でした。鉄鋼の時代も、繊維の時代も、当時は終わりが来るとは思えませんでしたが、必ず終わりは来ます。考古学を学んでいましたから余計そう考えるのかもしれませんが、基幹産業のサイクルは40年程度だと考えています。


祖父の言葉に大きな影響を受けました。「人は無一物でこの世に生を受け、父母の恵み、恩師の導きにて社会に出て、天職を与えられる。天職には貴賤の別なく、人は生ある限り、自らの全力を尽くして全うせねばならぬ。誠心誠意、不言実行。これが私の経営の信条である」という。


日本には、アメリカの経営手法を表面的に真似しているだけの経営者が多いですね。世界の金融経済はアングロサクソンのロジックで回っています。そのロジックに染まるだけではなく、そのロジックを利用しながら、世界に理解される日本独自の道を歩むようにならないといけません。でなければ日本にはアメリカの二番煎じしかないと思われても仕方ありません。


ジャーナリストや経済学者などが「会社は株主のもの」と煽っていますが、それが正しいとなると、企業の目的は時価総額、株価を上げることになります。株価はROE(自己資本利益率)などの財務指標によって決まります。王道であれば、企業は世の中に役に立つ新製品をつくるため、失敗を繰り返し、リスクのある長期間の研究開発を行います。完成すれば売り上げが上がって株価も上がります。ですが会社は株主のものとなると、そんな長期間、株主は待ってくれません。良い経営陣は短期的に株価を上げること。そのためには資産の圧縮が正しいことのような錯覚を起こします。


ビリオネア(億万長者)になれば幸福かというとそうではない。私は長年シリコンバレーでベンチャーキャピタルを経営していて、売上数千億の企業を多く育て、何百人とビリオネアにしてきました。その彼らすべてが今幸せかというとそうではない。ビリオネアになってからも考え方や行動などの軸がブレない人間はそう多くはありません。


株主を豊かにすることだけが目的では中長期的視点を持った経営なんてできません。ROE(自己資本利益率)の向上を目標にするのではなく、働く人たちをどれだけ幸せにできたかを指標にするような考え方に変えるべきです。そうしたら企業は中長期に繁栄できると思います。


会社のことを一番考えているのは社外取締役じゃないんですよ、社員なんですよ。日本の労働組合は米国みたいに対立型じゃない場合が多いですから、労働組合の代表者に取締役会に出てもらうのもいいわけです。場合によっては、取引先代表も入れたり、地域代表も入れたりして、「会社が事業を通じて社会に貢献しているかどうか」という観点から議論ができるようにすることだって考えられます。米国にも欧州にもない企業統治の体系を日本で生むくらいのことがあっていい。


原丈人の経歴・略歴

原丈人、はら・じょうじ。日本のベンチャーキャピタリスト、考古学者。大阪出身。慶應義塾大学法学部卒業後、中米で考古学調査に携わる。スタンフォード大学大学院で工学修士号を取得。光ファイバー・ディスプレイ開発会社設立を経て、シリコンバレーでベンチャーキャピタルを運営した。

他の記事も読んでみる

高原豪久

リーダーは構想し、それを実現させてこそリーダーなのです。


大西一寛

現在全国にある94店舗のすべてに、「データは何でも放り込んでほしい」と依頼しています。店舗単位のデータからは見えないものも、94店舗分集まれば見えてくるものがあり、新しい気づきが生まれるのです。


江上治

日本人はとかく他人と同じ考えをしたい、同じ行動をしたいという傾向がある。目立たないことに安住しがちである。他人と異なって、非常識と言われたくないのである。これでは稼げない。敢えて、常に他人とは異なる考え方、行動を心掛けなくては、自分の価値は上がらないし、稼げる人間にはなれない。


竹中平蔵

政治もビジネスも同じで、本人の資質はもちろんですが、その資質をさらに伸ばすためのエリート教育は非常に大切です。日本はそういう面が弱くて、金太郎飴のような均質な人材を生み出しがちですから、早急に改めないといけません。


濱口道雄

もちろん、チャレンジにはリスクが伴います。ヤマサ醤油で一番多く失敗をしているのは私です。アイデアが浮かんだら試してみる。失敗したら改良してみる。それでもダメならしばらく寝かせて、時機を見てまた試して……。商品化に至らない失敗もあれば、商品化しての失敗もたくさんあります。


花輪陽子

何でもよいのですが、目標金額を具体的に決めた方がいい。その方が無駄に使わず、お金を活かす使い方をするようになる。これはあとになって、仕事に必ずよい効果をもたらすでしょう。また目標があれば、節約しようという意識も高まります。


黒土始

人に会うこと、そして本を読むことが大切。テレビで時代劇を見ていても「経営に使えそうだ」と思えば、すぐに取り入れました。


ビル・トッテン

顧客のニーズに応えながら正直に仕事をしていれば、強い信頼関係が生まれ、息の長い取引をしてもらえるようになります。


鎌田浩毅

調べ物をしていて、30分ほどしてわからないことは、そのあと5時間費やしてもわからないものです。すぐにはわからないことを後回しにして、できることからどんどん進むのです。そうしているうちに頭は回りだし、「そうだ、誰それに相談してみよう」「あそこの測定機を借りればよい」などのアイデアが湧いてきます。はじめは虫食い状態だった論文や企画書でも、いつのまにか内容が充実していくのです。


蜷川幸雄

俺は「常に困難なほうを選ぶ」タイプ。守るものなんて何もないし、いつも挑戦したい、攻撃的でいたい意識が強いんだ。


杉道助

(境のタオル会社を任された当時、タオルを重さで値付けされていて、問屋に卸すとき重さを増やすため水を含ませる業界慣習があるのを見て)私はこれではいけないと思い、自分の会社でまず改革の火の手をあげた。第一に水を打つのはやめて、タオル1ダースの目方はいくらとする、誤差一割以内は認めるなどの規格を定め、もし間違った場合は支配人が全部責任を負うという差紙を製品に貼って売り出した。つまりいまの品質表示みたいものだ。このため包装のまま目方をいちいちはからずに取引できるようになり、以後、この方法が普及した。


遠藤功

日本人は、とかくネイティブのような完璧な英語を話そうとして挫折する傾向にあります。私に言わせれば、努力の方向が間違っているのです。今さらネイティブのようにペラペラ話せるようになるのは無理な話です。使える英語で必要なのは、コミュニケーションを取ろうとする「姿勢」、研ぎ澄まされた「コンテンツ」、伝えるための「ツール」としての英語なのです。