名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

原丈人の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

原丈人のプロフィール

原丈人、はら・じょうじ。日本のベンチャーキャピタリスト、考古学者。大阪出身。慶應義塾大学法学部卒業後、中米で考古学調査に携わる。スタンフォード大学大学院で工学修士号を取得。光ファイバー・ディスプレイ開発会社設立を経て、シリコンバレーでベンチャーキャピタルを運営した。

原丈人の名言 一覧

国は個人で成り立っています。国が富むためには人々が富まなければ、個人が幸福でなければいけません。


民主主義が機能する前提条件の一つは厚い中間層があることです。中間層が減れば民主主義が機能しなくなる。


ロジックから入るアメリカ人とは異なり、「機械の使い勝手を良くしたい」とiモードや第3世代携帯電話を生み出した日本人的発想と、失われていない製造業のノウハウは重要な要素だと思います。


今伸びている基幹産業はIT・コンピュータ産業です。その前は鉄鋼、その前は繊維でした。鉄鋼の時代も、繊維の時代も、当時は終わりが来るとは思えませんでしたが、必ず終わりは来ます。考古学を学んでいましたから余計そう考えるのかもしれませんが、基幹産業のサイクルは40年程度だと考えています。


祖父の言葉に大きな影響を受けました。「人は無一物でこの世に生を受け、父母の恵み、恩師の導きにて社会に出て、天職を与えられる。天職には貴賤の別なく、人は生ある限り、自らの全力を尽くして全うせねばならぬ。誠心誠意、不言実行。これが私の経営の信条である」という。


日本には、アメリカの経営手法を表面的に真似しているだけの経営者が多いですね。世界の金融経済はアングロサクソンのロジックで回っています。そのロジックに染まるだけではなく、そのロジックを利用しながら、世界に理解される日本独自の道を歩むようにならないといけません。でなければ日本にはアメリカの二番煎じしかないと思われても仕方ありません。


ジャーナリストや経済学者などが「会社は株主のもの」と煽っていますが、それが正しいとなると、企業の目的は時価総額、株価を上げることになります。株価はROE(自己資本利益率)などの財務指標によって決まります。王道であれば、企業は世の中に役に立つ新製品をつくるため、失敗を繰り返し、リスクのある長期間の研究開発を行います。完成すれば売り上げが上がって株価も上がります。ですが会社は株主のものとなると、そんな長期間、株主は待ってくれません。良い経営陣は短期的に株価を上げること。そのためには資産の圧縮が正しいことのような錯覚を起こします。


ビリオネア(億万長者)になれば幸福かというとそうではない。私は長年シリコンバレーでベンチャーキャピタルを経営していて、売上数千億の企業を多く育て、何百人とビリオネアにしてきました。その彼らすべてが今幸せかというとそうではない。ビリオネアになってからも考え方や行動などの軸がブレない人間はそう多くはありません。


株主を豊かにすることだけが目的では中長期的視点を持った経営なんてできません。ROE(自己資本利益率)の向上を目標にするのではなく、働く人たちをどれだけ幸せにできたかを指標にするような考え方に変えるべきです。そうしたら企業は中長期に繁栄できると思います。


会社のことを一番考えているのは社外取締役じゃないんですよ、社員なんですよ。日本の労働組合は米国みたいに対立型じゃない場合が多いですから、労働組合の代表者に取締役会に出てもらうのもいいわけです。場合によっては、取引先代表も入れたり、地域代表も入れたりして、「会社が事業を通じて社会に貢献しているかどうか」という観点から議論ができるようにすることだって考えられます。米国にも欧州にもない企業統治の体系を日本で生むくらいのことがあっていい。


原丈人の経歴・略歴

原丈人、はら・じょうじ。日本のベンチャーキャピタリスト、考古学者。大阪出身。慶應義塾大学法学部卒業後、中米で考古学調査に携わる。スタンフォード大学大学院で工学修士号を取得。光ファイバー・ディスプレイ開発会社設立を経て、シリコンバレーでベンチャーキャピタルを運営した。

他の記事も読んでみる

エピクテトス

与えられたものを受け取りなさい。与えられたものを活かしなさい。


樋口健夫

どんなに些細なアイデアも、ノートに書いて、長いあいだ残しておくべきです。「いまでも毎日、70個以上アイデアを書き綴っています。数多くの発想を蓄積して見直せば、新しい発想も湧いてくるのです。


橋下徹

いちいち言われなくてもちゃんとできる人はもちろんいるだろうけど、でもいちいち言わなければできない人もたくさんいる。「自由が大事だ!」と単純に言う人たちは、あらゆる人間が何もしなくてもルールを守り、自らを律する人間であり、そんな人間を信じることが重要だと、きれいごとばかり言う人。こういうきれいごとを言う人たちは、善人ぶっているのか、世間を知らないのか。自由を謳歌できる社会を維持するためには、各人が必死に努力して他人の自由を侵害しないようルールを守る必要がある。自由を享受するためには自らルールを遵守する努力が必要なんだよ。


ケリー・マクゴニガル

正しく今年を振り返るための4つの質問。

  1. 何を褒めるべきか。人は過去を振り返ると、ネガティブなことだけを考えます。それではポジティブな方向に進めません。
  2. どんなことに驚いたか。この問いで重要な教訓を得られることがあります。
  3. 1年を象徴する感情・体験は何だったか。
  4. 誰のことが羨ましいか。相手は自分が欲しいと思っているものの中で、何を身につけているのか。

出てきた答えを俯瞰して、「ここからどんな教訓が導けるか」を考えます。ここまでくれば、自分が達成したい来年の目標はたくさん頭に浮かんでいるはずです。


安河内哲也

その場の空気を読んで不要なこと、失礼と思われることを言わない日本のやり方は世界では通用しない。遠まわしな表現も通用しません。賛成なのか反対なのか。自分の立場を明確にしてから討論をする。これを習慣化する必要があります。


稲盛和夫

厳しい環境が否応なく私を変えてくれ、生きる道を教えてくれた。


池谷裕二

原稿や企画書を書かなければならないのに、集中できない。やる気が出ない。そんなときには、ワープロの前で指も動かさず呻吟するのではなく、まずはペンを持ってとにかく書いてみるのも一案です。そうすることで、脳が次第に活性化し、のめり込んでゆくということがあるのです。これを作業興奮といいます。興奮とは脳の神経細胞が活性化するという意味です。
【覚書き|呻吟、しんぎん。苦しみうめくこと】


藤田晋

「素晴らしいアイデア」と呼べるものは、ほぼすべてと言っていいほど、会議から生まれている。


水野雅義

実は父(ホクト創業者・水野正幸)はきのこの前に菓子づくりも手掛けています。私がまだ高校生のころで、ピーナッツの入ったせんべいのようなものです。しかし、二番煎じだったためにうまくいかなかった。すると、わずか2年であっさり撤退してしまいました。同じ経営者として、その潔さはすごいと思います。


森昌行

どれだけ優れた才能を持っていても、リクープメント(制作費の回収が)できなければ次の作品を撮らせてもらえない。消極的に聞こえるかもしれないが、継続こそがヒット作を作る大前提だ。


高田純次

歳を取ると頭の回転が鈍くなる。自分を追い詰めていかないとネタが出てこないのよ。


シェイクスピア

前兆など気にしてどうなる。雀一羽落ちるのも神の摂理。もしいまならば、あとには来ない。いまでなくとも、いつかは来る。あとで来るならば、いまくるだろう。肝心なのは覚悟だ。人間、捨てるべき命について何がわかっている?それを少し早く捨てたとして、どうというのだ。