原丈人の名言

原丈人のプロフィール

原丈人、はら・じょうじ。日本のベンチャーキャピタリスト、考古学者。大阪出身。慶應義塾大学法学部卒業後、中米で考古学調査に携わる。スタンフォード大学大学院で工学修士号を取得。光ファイバー・ディスプレイ開発会社設立を経て、シリコンバレーでベンチャーキャピタルを運営した。

原丈人の名言 一覧

国は個人で成り立っています。国が富むためには人々が富まなければ、個人が幸福でなければいけません。


民主主義が機能する前提条件の一つは厚い中間層があることです。中間層が減れば民主主義が機能しなくなる。


ロジックから入るアメリカ人とは異なり、「機械の使い勝手を良くしたい」とiモードや第3世代携帯電話を生み出した日本人的発想と、失われていない製造業のノウハウは重要な要素だと思います。


今伸びている基幹産業はIT・コンピュータ産業です。その前は鉄鋼、その前は繊維でした。鉄鋼の時代も、繊維の時代も、当時は終わりが来るとは思えませんでしたが、必ず終わりは来ます。考古学を学んでいましたから余計そう考えるのかもしれませんが、基幹産業のサイクルは40年程度だと考えています。


祖父の言葉に大きな影響を受けました。「人は無一物でこの世に生を受け、父母の恵み、恩師の導きにて社会に出て、天職を与えられる。天職には貴賤の別なく、人は生ある限り、自らの全力を尽くして全うせねばならぬ。誠心誠意、不言実行。これが私の経営の信条である」という。


日本には、アメリカの経営手法を表面的に真似しているだけの経営者が多いですね。世界の金融経済はアングロサクソンのロジックで回っています。そのロジックに染まるだけではなく、そのロジックを利用しながら、世界に理解される日本独自の道を歩むようにならないといけません。でなければ日本にはアメリカの二番煎じしかないと思われても仕方ありません。


ジャーナリストや経済学者などが「会社は株主のもの」と煽っていますが、それが正しいとなると、企業の目的は時価総額、株価を上げることになります。株価はROE(自己資本利益率)などの財務指標によって決まります。王道であれば、企業は世の中に役に立つ新製品をつくるため、失敗を繰り返し、リスクのある長期間の研究開発を行います。完成すれば売り上げが上がって株価も上がります。ですが会社は株主のものとなると、そんな長期間、株主は待ってくれません。良い経営陣は短期的に株価を上げること。そのためには資産の圧縮が正しいことのような錯覚を起こします。


ビリオネア(億万長者)になれば幸福かというとそうではない。私は長年シリコンバレーでベンチャーキャピタルを経営していて、売上数千億の企業を多く育て、何百人とビリオネアにしてきました。その彼らすべてが今幸せかというとそうではない。ビリオネアになってからも考え方や行動などの軸がブレない人間はそう多くはありません。


株主を豊かにすることだけが目的では中長期的視点を持った経営なんてできません。ROE(自己資本利益率)の向上を目標にするのではなく、働く人たちをどれだけ幸せにできたかを指標にするような考え方に変えるべきです。そうしたら企業は中長期に繁栄できると思います。


会社のことを一番考えているのは社外取締役じゃないんですよ、社員なんですよ。日本の労働組合は米国みたいに対立型じゃない場合が多いですから、労働組合の代表者に取締役会に出てもらうのもいいわけです。場合によっては、取引先代表も入れたり、地域代表も入れたりして、「会社が事業を通じて社会に貢献しているかどうか」という観点から議論ができるようにすることだって考えられます。米国にも欧州にもない企業統治の体系を日本で生むくらいのことがあっていい。


原丈人の経歴・略歴

原丈人、はら・じょうじ。日本のベンチャーキャピタリスト、考古学者。大阪出身。慶應義塾大学法学部卒業後、中米で考古学調査に携わる。スタンフォード大学大学院で工学修士号を取得。光ファイバー・ディスプレイ開発会社設立を経て、シリコンバレーでベンチャーキャピタルを運営した。

他の記事も読んでみる

養老孟司

ちゃんと人の心が分かれば、誰とでも適切な距離感や関係性が築ける。これさえできれば、どんな状況でも生きていけます。


北島義俊

大きな変化の中にいることは事実。だからこそ、常に変化を取り入れて行かないと衰退してしまうという危機感を抱いている。


滝澤光樹

当社はモノではなく、社員の集合体です。社員の成長こそが、企業の成長に直結します。


下川浩二

成功者の手帳を見ると、他人との約束を記録するための単なるスケジュール帳ではなく、将来の自分との約束、つまり夢や目標が記されていました。


木村尚敬

改革型のリーダーと、それ以外のリーダーの違いは何か。最大の違いは、志の強さだ。人間は誰しも内面に弱い部分を抱えている。弱い部分は欲となり、それが肥大化すると保身や現状肯定につながってしまう。もちろん改革型の人材も他の人と同じようにドロドロした欲を抱えている。しかし大義や志で自身の欲望をコントロールしているわけだ。


角川春樹

3000万円なんて、そんなリスクの小さい映画をつくったって、果実は少ない。


門川大作

繁忙期と閑散期で観光客の数が違い過ぎると、観光業者も安心して正社員を雇えません。そこで、冬の閑散期などにイベントを開催することで、観光客を呼び込んでいます。繁忙期と閑散期の観光客数の差は10年前だと3.6倍でしたが、今は1.5倍とかなり平準化しています。


西成活裕

ビジネスシーンのトラブルから世界的な問題まで、解決する時に思考体力が必ず要求されます。そしてこれは、数学の問題を解くことで鍛えられるのです。ビジネスパーソンの皆さんが数学に自信がないのなら、今から学び直して得られるものは大きいと断言します。


ビル・ゲイツ

人から、誰よりも頭のいい友達がいるからぜひ会ってみろと言われると、警戒心がむくむくと頭をもたげてくる。人は往々にして、自分が直接会った人や出来事は特別だと思い込んでしまう。これは人間の性質だ。人は誰でも、最高の人と知り合い最高の出来事を知りたいと思っている。だから、自分が知り得た人や物のメリットを過大評価してしまうのだ。


池田輝彦

フィービジネス(顧客にサービスを提供し手数料をもらうビジネス)はプロフェッショナルの業務です。お客様は資産運用、資産管理、年金、相続、不動産など各分野の専門家の仕事に対して手数料を支払います。当社は3000人を越える専門資格者達を有するプロフェッショナル集団を形成しています。


鍵山秀三郎

私は先般、山口県光市の浅江中学校で開催された「掃除に学ぶ会」に参加しました。そのとき、生徒が規律を守り、たいへん礼儀正しいことに驚きました。普通の中学校では、講堂で集まるといった場合、列も真っすぐ並べない。ワイワイガヤガヤと私語して、先生が「静かにしなさい」「静かにしなさい」と5回も6回も言ってもまだ静かにならないという具合です。しかし、浅江中学校では真っすぐ並んで集合し、私語もなくシーンとしている。私があいさつをするため列の前に出ていくときでも、まるで無人の林を行くが如くの静かさで、本当に秩序を守って待っていてくれたのです。私はそれを見て、子どもというのは指導者さえしっかりしていて、正しい指導をすれば、いくらでもよくなるということを実感したのです。


小路明善

アサヒは、感謝と挑戦の歴史なんですね。苦しいとき、シェア10%に落ちこんだときに支えてくれた得意先や先輩への感謝。それからスーパードライという新しいコンセプトの商品を創り出した挑戦。これは絶対変えてはいけないと。だから、私はいつも、社内や国内の事業所、海外に行っても、アサヒのDNAは感謝と挑戦だと。これを忘れるなと言っています。感謝と挑戦というのはずっと大事にしてきたことです。


玉塚元一

上手くいかないとき、環境のせいにする前に、自分ができたことをやりきったかどうか自問自答すべきです。


山田昌弘

昔は家長であるだけで一番上席に座ったものですが、家族サービスをしないで仕事だけに邁進したせいで、すでに家に居場所のない人もたくさんいます。いまや家庭で承認されるにもお金以外の努力が必要なのです。


伊藤羊一

プレゼンで気をつけているのは情熱的にいくこと。僕も自分が話をするコンテンツは、世界で一番好きです。少なくとも俺以上に詳しい奴はいない。これが情熱なのかなと。


ページの先頭へ