名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

印南敦史の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

印南敦史のプロフィール

印南敦史、いんなん・あつし。日本の書評家、編集者。東京出身。広告代理店勤務、音楽ライター、音楽雑誌編集長などを経て独立。アンビエンスを設立。著書に『プロ書評家が教える 伝わる文章を書く技術』『遅読家のための読書術』。

印南敦史の名言 一覧

「できない」ことは「できる可能性がある」ことでもあるのだから、そこまで悲観することはないのではないか。次回頑張ればいいのではないか。


「目次」は、その本の地図。全体の構造や流れを把握することができるため、熟読すべき場所の「見当」がつけられます。


「手法」は学べるが、自分らしさを出さなければ聞き手に強い印象は残せない。最終的には、テクニックより「その人らしさ」がモノをいう。


全ページ読んで理解しようとするから、読むのが遅くなり、読書が苦痛になる。プレッシャーから自分を解放するのが先決。


「読んでみたら面白くなかった」「印象に残らなかった」。そんな本と出合っても、ガッカリしないでください。合コンで、「全員素敵!」と思えないのと同じように、すべての本と仲良くなれなくても当たり前。たくさん機会を持ち、その中で少数の愛読書を見つければよいのです。とはいえ、最初から好みのタイプの本ばかり選んでいては、読書の幅が狭まってしまいます。


私は、本の序盤と終盤に注目すべきだと考えています。ビジネス書や新書といった実用書は、序盤でテーマや主張を提示し、終盤で事例や根拠を踏まえ、テーマや主張を再確認する構成だからです。これで、本の要点を掴むことができます。


まずは、本の「はじめに(序文)」と「目次」を熟読してください。「はじめに」には、その本の目的や要約が書かれています。どんな文体で書かれ、なにを目指して進む本なのか。全体の「ノリ」もつかめます。


「本を速く読める人」と「遅くしか読めない人」がいるのではありません。「熟読の呪縛から自由な人」と「それにまだとらわれている人」がいるだけなのです。


大切なのは、本を読んだ結果として、知識や発見が1%でも残ること。100%を目指して欲張らない。そして一冊の本を深く読むのではなく、たくさんの本から1%を集めて、大きな知識をつくっていく。そうすれば読書は一気に効率化できます。


読む場所の工夫も大事なポイントです。私は用もないのに、山手線に乗って読書をすることがあります。雑踏や視界に入る人々は、集中力の妨げではなく、むしろ本の内容とリンクした要素に変わるからです。たとえば、「この章を読んでいたとき、向かいに座っていたカップルがケンカをしていた」といった出来事が呼び水となり、内容を思い出すことができます。さらには、インパクトのある場所で読書する効果を実感しているので、今後もいろんな場所で読書してみようと思います。


音楽を聴くときに、「すべての旋律を聞き分けよう」とか「1回で覚えよう」と肩肘張る人は多くないはず。読書も同じで、勢い込む必要はないのです。実際、1冊の本を1週間熟読しても、1か月後には内容の数%しか頭に残っていないはず。だとしたら、1週間で10冊の本を読んだほうが、様々な学びがあってお得です。そこでお勧めなのが、音楽を聴くように読書を楽しむ、「フロー・リーディング」。知識を頭に溜め込む読書ではなく、読み進める中で、1%でも内容が頭に残ればよしとする読書法です。


私が定期的に行なっているのは、文庫本の「ジャケ買い」です。表紙のデザインが気に入ったら内容を問わず買うのです。未知のジャンルに触れるきっかけになるので、好みの範囲が広がり、さらに多くの本を楽しめるようになるでしょう。図書館を利用するという手もあります。複数冊借りたうち、1冊でも楽しめたら収穫があったと思えるはずです。無料の電子図書館「青空文庫」のアプリを利用するのも良いでしょう。著作権の切れた名作が無数に公開されています。夏目漱石や芥川龍之介などといった文豪の小説から、思想家の名文まで読み放題です。まだ自分が知らない素晴らしい本が、世の中にはたくさんあります。ぜひそれらの中から、自分だけの愛読書を探し出してください。


印南敦史の経歴・略歴

印南敦史、いんなん・あつし。日本の書評家、編集者。東京出身。広告代理店勤務、音楽ライター、音楽雑誌編集長などを経て独立。アンビエンスを設立。著書に『プロ書評家が教える 伝わる文章を書く技術』『遅読家のための読書術』。

他の記事も読んでみる

コシノジュンコ

「病は気から」と言うように、気持ちがダウンしている時には、何をやってもダメですが、自分にぴったりの服に出合うと、それだけで気持ちが自然に高揚し、いい仕事ができるようになるものです。そんな幸せを呼ぶ服を、私は「幸服(こうふく)」と呼んで、理想に掲げています。


生田正治

「宵越しの書類は持たず」という信念をいまでも守り続けています。イエス・ノーの判断はその日のうちに出すように心がけています。もちろん、即答できない案件もあります。その場合でも「何日までに」とか、「すこし考えさせてほしい」というようにある種の結論を相手に必ず伝えます。


シェリル・サンドバーグ

多様性に関する様々な研究も、人類が持ち合わせているすべての資源と能力を活用できれば、社会全体としてよりよい成果を生み出せることを示しています。実際女性が多く登用されている企業の方が生産性が高いことは既に明らかになっています。


山口貞一郎

もし、長崎以外に販売店をたくさん作って量販に乗り出したら、味の管理は難しくなると思います。同業の文明堂さんや福砂屋さんは、日本全国に長崎カステラを広められ、しかも品質管理もきちんとしているのは素晴らしいと思います。私たちは量産と品質を両立できる力がないので、品質に全力を傾け、そこでは絶対に負けないつもりで頑張ってきました。


伊藤邦雄

企業は上り調子の商品がある時に次の商品を仕込んでおかねばならない。


冨田和成

富裕層は「お金を払う」ことだけでなく、「労力や手間をかける」「時間を使う」といった日常の様々な行動も、投資という視点から決めている。特に時間の使い方にはシビアで、自分のオフィスや勤務先のそばにマンションを持っている富裕層の方を、私は何人も知っている。彼らにとって自宅の購入は、仕事場との間を往復する時間を買うための投資なのだ。


酒井秀樹

未来は誰にも見通せません。先がわからない中で経営者は何をすべきか。私は、大いなる野望を持つ一方、毎日やるべきことを緻密に実行していこうと考えました。野望については、入社したときから胸の内に秘めていました。この会社を大企業と肩を並べられる存在にしようと。


小林りん

どんな事業においても人はどん底を味わう日がある。そういう時でも、自分はこれが大事だと考えて、諦めずにこの事業をやりたいんだと本気で思えるような原体験がある人は強い。


香山リカ(精神科医)

「自分の生き方は正しいと思いたがっている人」が身近にいた場合、どのように対処すべきでしょうか。まずは相手の話に乗ってしまわないことが大切です。たとえば相手が「結婚しないの?」と言ってきた場合、「実は、私は結婚に対して、こう思っているの」と真面目に意見を言うなど、相手の話に乗る必要はありません。真剣に答えていると、もともと相手は自分の価値観を押しつけてくる人ですから、自分も余計なエネルギーを使ってしまいます。ダメージを少しでも少なくすることが大事です。そのためには、スルー力を身につけておきましょう。相手のことを刺激しないように、うまくスルーするための言葉を事前にいくつか用意しておき、それを機械的に繰り出すことも必要です。あたりさわりのない言葉でやり過ごしましょう。


小宮山宏

文化や社会、風土と言ったとたん、人任せの話となり「社会が悪い」「政府が悪い」になってしまう。誰かが始めなければいけないが、そのためにもとにかく「やってみる」ことが大事。


守島基博

一部の外国ではヒーローが継続的に再生産されて、若者の起業やチャレンジの原動力になっている気がする。夢見、憧れるリーダーがいて、多くの若者が動機づけられ、自らもチャレンジするというサイクルが回っている。


土橋章宏

唯々諾々となってはいけないと思うんですよ。弱い立場にいても誇りを持って、言うべきことは言うべき。いい上司なら、きっと応えてくれる。