名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

印南敦史の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

印南敦史のプロフィール

印南敦史、いんなん・あつし。日本の書評家、編集者。東京出身。広告代理店勤務、音楽ライター、音楽雑誌編集長などを経て独立。アンビエンスを設立。著書に『プロ書評家が教える 伝わる文章を書く技術』『遅読家のための読書術』。

印南敦史の名言 一覧

「できない」ことは「できる可能性がある」ことでもあるのだから、そこまで悲観することはないのではないか。次回頑張ればいいのではないか。


「目次」は、その本の地図。全体の構造や流れを把握することができるため、熟読すべき場所の「見当」がつけられます。


「手法」は学べるが、自分らしさを出さなければ聞き手に強い印象は残せない。最終的には、テクニックより「その人らしさ」がモノをいう。


全ページ読んで理解しようとするから、読むのが遅くなり、読書が苦痛になる。プレッシャーから自分を解放するのが先決。


まずは、本の「はじめに(序文)」と「目次」を熟読してください。「はじめに」には、その本の目的や要約が書かれています。どんな文体で書かれ、なにを目指して進む本なのか。全体の「ノリ」もつかめます。


「本を速く読める人」と「遅くしか読めない人」がいるのではありません。「熟読の呪縛から自由な人」と「それにまだとらわれている人」がいるだけなのです。


大切なのは、本を読んだ結果として、知識や発見が1%でも残ること。100%を目指して欲張らない。そして一冊の本を深く読むのではなく、たくさんの本から1%を集めて、大きな知識をつくっていく。そうすれば読書は一気に効率化できます。


印南敦史の経歴・略歴

印南敦史、いんなん・あつし。日本の書評家、編集者。東京出身。広告代理店勤務、音楽ライター、音楽雑誌編集長などを経て独立。アンビエンスを設立。著書に『プロ書評家が教える 伝わる文章を書く技術』『遅読家のための読書術』。

他の記事も読んでみる

西野裕

人員削減の対象となったからといって、それはその一社での特定の局面での判断でしかありません。所属していた会社の置かれた環境の中で、会社が取った手段、それは客観的な自分の市場価値ではありません。現在の会社で評価が低くとも場所さえ変えれば大活躍する人も大勢います。会社からの評価ではなく、自分自身がこれまでの仕事をどうとらえるかが重要なのです。


前田正博(官僚)

中小企業は変化の意識を持っていないといけない。不況になりました、昨日まで売れていたこの商品が売れなくなりました、商品が昨日と同じように売れるようにしてくれ、というのは違います。変化に対応して、商品に少し変化をつけて売上げを上げる努力をしなければいけない。


張本勲

挫折もしたし、恵まれた生い立ちでもなかったので、常に不安がありました。だから必死に練習した。良い時が続くわけがないと思ってしまうから。


藤田晋

厳しい現実を目の前にすると、「社会が悪い」「政治が悪い」と批判したくなりますが、それもほどほどにした方がいいと思います。そういった他責の念は、いつの間にか自分の心の中に常駐するようになり、仕事においても「自分は悪くない」と思う気持ちが強くなっていきます。


高田旭人

私は危機感ではなく自信を原動力にする形にしていきたい。一人ひとりが意思を持って仕事をしないと楽しくないし、社員の成功体験をもっと作らせたいと思うからです。目指す方向がズレていなければ、後は皆が実現したいことを自信を持ってやりなさいとか、投資にしてもリスクを恐れずにやりなさいと後押しすることが自分の役割だと。


坂口英治(経営者)

悔いはないか常に自分に問いかけ、熟考してきた。


田村潤

「どうせムダだ」という思いは言葉の端々からにじみ出て、相手に伝わる。裏を返せば、「お客の困りごとの解決のお手伝いがしたい」という気持ちを本気で宿していれば、それも必ず伝わる。


宇都出雅巳

私はコンサルタントとして様々な会議を見てきたが、新しいことを生み出すための会議には5つの重要なポイントがある。

  1. (Who)どんな人が会議に出るのか。
  2. (Why)なぜ会議をするのか。
  3. (Where)どこで会議をするのか。
  4. (Whom)どんな関係の人と会議をするのか。
  5. (What)会議で何が発現されたか。

人はついつい「どうやって」を細かく考えがちだが、その前にまずこの5つのWをチェックしてみることからはじめてほしい。


鈴木敏文

僕はずっと自分を無くそうと努力してきた。だから、伊藤(雅俊)さんも僕をずっと使ってこられたのだと思う。それに、僕のやってきたことは、幸いにして成功してきたから、伊藤さんは僕を追認し、一切を任せてきた。


田村哲夫

米国は第1次大戦後に大学制度の抜本的な改革を行いました。膨大な数の移民が欧州から来た。民主主義とは、オバマ大統領も言っているように、「何にでもなれることを保証する制度」です。だから大学に進学したいという子が出てくれば行けるようにする必要があった。そこで、ラテン語を中心にエリートを対象に教育していたハーバード大学やエール大学なども巻き込んで、大学入試を高校までのカリキュラムに応じたものに大改革したのです。


松山大耕

お金持ちとそうでない人、違うのはお金の使い方です。私の友人にも起業してドカーンと儲けた人がいる。でもドカーンとダメになった人もたくさん見ています。それで思うのはアイデアとやる気、パワーがあればお金儲けができるということ。そして、本当のお金持ちになるには、お金の儲け方よりお金の使い方のほうがよっぽど大事だということです。


菅原明美

赤には力強さや統率力を表現する力があります。例えば米国の大統領が、就任式で赤いネクタイをするのは、そのためです。