卯木肇の名言

卯木肇のプロフィール

卯木肇、うのき・はじめ。韓国放送チューナーメーカーHUMAXの日本法人ヒューマックスジャパン社長

卯木肇の名言 一覧

日本人は円とドルだけですべてを語ろうとするが、世界にはいくつもの通貨がある。輸出の基本は、安い通貨圏から高い通貨圏へ売ることだ。
【覚書き:円高が進んで日本の多くの経営者がひるんでいた時期の発言】


サムシング・ニュー(何か新しいもの)、サムシング・ディファレント(何か他と違ったもの)がセールスの第一義なのです。これは、今流にいえばニッチです。ただ、トランジスタラジオのように最初はニッチ商品であっても、次第に大きく成長し、ニッチではなくなる商品もあります。


ソニーには自由闊達な空気が流れていて、常にサムシング・ニュー(何か新しいもの)、サムシング・ディファレント(何か他と違ったもの)を追求してきた歴史があります。自分なりの商売の王道に手を入れることができたのも、そうしたソニーの風土が大きく影響していると思うのです。


卯木肇の経歴・略歴

卯木肇、うのき・はじめ。韓国放送チューナーメーカーHUMAXの日本法人ヒューマックスジャパン社長

他の記事も読んでみる

太田肇

ジェネラリストになるかスペシャリストを目指すべきかという議論は、これまた古くからある議論だが、一見汎用性の高い能力を備えた人材より、守備範囲は狭くとも、質の高いアウトプットを出す人材の方が、実は汎用性が高いというパラドックス(逆説)が存在する。


中原淳

よく小学校の校外活動で川や山に行くことがありますが、そこでは学校を離れ、山や川に行くこと自体が目的になってしまうことが多いように感じます。その川で何を学んだかという内省や省察を引き出すことがおざなりにされがちなのです。仕事も同じことで、人が成長するには経験のあとの内省が不可欠です。問われるべきは経験だけではありません。その後にどのような内省があるかが問題なのです。


朱子(朱熹)

血気の怒りはあるべからず。理義(りぎ)の怒りは無(な)かるべからず。


木村博史

交渉では相手の話を聞き、相手を知ると同時に、自分自身の特徴や良さ、欠けている点をしっかり把握することが大切。自分自身を知るツールとして私が作ったのが20項目からなるアイデアシートです。これを埋めることで自然に自分自身の売りや足りない点が分かります。


井阪隆一

「達成したいこと」をしっかり持っていれば、迷うことがあったとしても、その原点に立ち返って考えることができる。


山本直美(チャイルド・ファミリーコンサルタント)

褒めるときのポイントは、「具体的なプロセスに着目する」「感想・気持ちを添えて伝える」「心持ちの部分を重要視する」の3つ。


ジョン・ボーグル

リターンに関しては、時間はあなたの味方である。しかし、コストに関しては、時間はあなたの敵である。


坂戸健司

周辺環境を美しく整えると気分が引き締まり、無秩序なデスク上では知り得なかった新たな発見ができます。必要な情報に迅速にアクセスできるため仕事の質が向上し、効率もアップします。


長谷川和廣

いまの縮小する市場をどう生きるかには、手本などありません。戦後、日本経済が経験したことがない状態ですから。そんなときこそ重要なのは、数々の生き延びてきた経験則。そして辛い現実から目をそむけないハートの強さが大切です。


岸信介

私がやったことは歴史が判断してくれる。


久米隆善

当初からワークフローの効率化が欠かせないと考え、オーダーから生産まで完全に自動化を実現したシステムを構築しました。


永持孝之進

本業と関連のある技術、原料、あるいは販売網といったものを活用して「次の一手」を打って行くことが重要。


夏川賀央

残業しないで変えることは、仕事をサボることなのでしょうか。そんなことはありません。8時間の労働時間はしっかりと働いたわけですから。むしろ大した仕事もないのに意味もなく残業をしているほうが、人生をサボっているといえます。


小山昇

コミュニケーションを円滑にすることは重要です。社員のコミュニケーションスキルは業績と深い因果関係にあるからです。多くの社長は、売上や利益が伸び悩む理由を「景気が悪いから」「ユーザーの消費動向が変わったから」などと外的要因に求めようとします。しかし、中小企業の場合、経営がうまくいかないのは内的な要因によることが大きいのです。すなわち社員のコミュニケーションスキルが低いことが業績を低迷させているのです。


田澤由利

ビジネスの宣伝効果を考えると、目立ってナンボです。でも、社長になって一旗揚げる人生を思い描いていたわけじゃありません。いまの自分など想像もしませんでした。
【覚書き|国や自治体の各種経営賞やマスコミに取り上げられることが増えたことについてのコメント】


ページの先頭へ