名言DB

9412 人 / 110637 名言

博多華丸の名言

twitter Facebook はてブ

博多華丸のプロフィール

博多華丸、はかた・はなまる。日本のお笑い芸人。福岡県出身。福岡大学工学部中退。大学在学中に受けたオーディションをきっかけに吉本興業福岡事務所に入る。地元のテレビやラジオで活躍したのち上京。バラエティ番組、ラジオ、テレビドラマなどで活躍。R-1ぐらんぷり優勝。

博多華丸の名言 一覧

NHKの『爆笑オンエアバトル』に出演することになって、いきなり5位になったんですよ。それで「あれ? わりと戦えるんだ!」と思えてね。それまでは、僕らの芸は博多弁がきついから、万人受けはしない、全国区には無理だと思い込んでいましたから。


僕らは、野望とか野心とかってあんまりないんですけど、なんだか次から次へと、それまでやったことがない仕事が回ってくるんですよ、ありがたいことに。今、坊主頭にしてるのは、福岡でテレビドラマの演技をやってるからで……。「演技なんか絶対に無理!」と思ってたんですが、望んでもできることじゃないですからね、ありがたく福岡の大人物の役を演じさせてもらいました。一生の思い出になります。これもなにかの巡り合わせなんでしょうか。


博多華丸の経歴・略歴

博多華丸、はかた・はなまる。日本のお笑い芸人。福岡県出身。福岡大学工学部中退。大学在学中に受けたオーディションをきっかけに吉本興業福岡事務所に入る。地元のテレビやラジオで活躍したのち上京。バラエティ番組、ラジオ、テレビドラマなどで活躍。R-1ぐらんぷり優勝。

他の記事も読んでみる

平松守彦

焼酎なんて赤坂に営業所を持つようになったし、クルマエビの会社も日本一になりました。小さな地域でも熱心に取り組めば、「ローカルにしてグローバル」になるんです。


河野英太郎

管理職が仕事の時間を短縮するには、任せられる仕事はすべて部下に任せること。これに尽きます。


つんく♂

経済が冷え切った中でも、必ずヒット商品のヒントは落ちています。私の経験からいうと、自分が予期しないような身近な場所に転がっています。ところが現実には、効率重視でマスコミやネットから、自分に必要な情報しか探さない人が多いのです。


渡辺捷昭

成功体験が続くと人間は考え方が保守化します。「いまのやり方を変えたくない」「新しいことをやりたくない」と思うようになり、新しい課題や問題には目が向かなくなる。こういった例を防ぐ一番の手立ては、夢や志を持つことです。


宮内義彦

監視があると経営者は楽なんですよ。株主の監視だけではなく、いろんな仕掛けがあって縛られたほうが経営者は楽です。業績を落とすと怒る株主がいる。難しい会計原則で縛られる。顧問弁護士や監査役に注意を受ける。チェックする人と確認する仕組みが多いと、ミスは減ります。


村上龍

ユーモアというのは、「頑張ること」と、真逆です。ユーモアのセンスというのは生まれつきではなく、学ぶものです。ユーモアがまったくない生真面目な家庭に生まれ育った人が、豊かなユーモアの持ち主ということはあまり考えられません。だからといって、自分にユーモアのセンスがないと落ち込む必要はないです。


小出伸一

今後日本のマーケットでどれだけ伸びるかという発想も大事ですが、何より、今顧客が何を望んでいるかを考えない限り、売り上げも利益もついてこない。


マイケル・オン

仕事上のミスなど、注意すべき場面はたしかにありますが、問題が起きてもすぐには手も口も出さず、部下が自分で解決するチャンスを与えること。そのうえで、うまくいかなかったときは叱りつけずに責任をとってやること。何を語るかより、リーダーとしての姿勢のほうが重要ではないでしょうか。


金井誠太

「ひとつの理想型を追求し、それを可能な範囲で多方面に展開」を行えば、生産でも革新を起こせる。


森久保有司

ものづくりのグローバル化は、日本など先進国のものづくりの手法がそのまま広がるのではなく、現地の事情に合わせて手法が多様化することです。日本の目線で世界市場の攻略を考えるのではなく、現地企業の目線に合わせて製品を供給しなければなりません。


大西洋

百貨店がダメになった大きな要素の一つは、働く人の環境の悪化だと思っています。売り上げが落ちると、それを補うために各社が営業時間を延ばし、定休日をなくしていった。同時に売り場で働く人を減らしてコストを抑えていきました。営業時間が長引くほど労働環境は悪くなりますから、小売業全体の人気がなくなります。店頭の人を減らせばお客様の声を聞くことも難しくなる。こうして百貨店のコアコンピタンス(中核能力)である接客力が低下していった。


小林義雄(経営者)

私が教えているのは心のサービスです。物を贈ったりしても限界があります。やはり誠意を持ってお客様に尽くすことこそ営業だと思うのです。ですから、己を売ってから商品を売る。会社は最後に売ればいいのです。


竹田圭吾

テレビ番組に出るとき、一番考えているのは、私が出ている番組を観ている人に、いかにしてプラスになることを伝えられるかということです。視聴者が知っていることを話し手も仕方がないし、マスコミの論調や世論の大勢がAであるときに、私が「この件はやはりAが問題だと思います」といっても、意義は小さい。そうした場合、「Aが問題だ」と思っていても、あえてBやC、Dといった別の視点を提示するように意識しています。


藤田晋

いいときに傲慢にならないことが大事ですよね。いいときって、プライドがすごく高くなったり、結構いろんな人を怒らせてしまう。それに、短期的な評価に満足して、長期的に手を打っておかなきゃいけないことをやらなかったりする。そういうことがないように、僕自身も戒めているし、社内でもそう言っています。


林野宏

当時、ライバル会社は積極的な勧誘をしていませんでした。入会カウンターは正午前後には昼休みがあり、夕方5時には閉まってしまう。土日も受け付けていません。来てくれる人を待つだけだったのです。私たちはセゾングループの各店舗にカウンターを設置して、営業時間中は絶えず積極的にカードの勧誘を行いました。