名言DB

9419 人 / 110788 名言

博多華丸の名言

twitter Facebook はてブ

博多華丸のプロフィール

博多華丸、はかた・はなまる。日本のお笑い芸人。福岡県出身。福岡大学工学部中退。大学在学中に受けたオーディションをきっかけに吉本興業福岡事務所に入る。地元のテレビやラジオで活躍したのち上京。バラエティ番組、ラジオ、テレビドラマなどで活躍。R-1ぐらんぷり優勝。

博多華丸の名言 一覧

NHKの『爆笑オンエアバトル』に出演することになって、いきなり5位になったんですよ。それで「あれ? わりと戦えるんだ!」と思えてね。それまでは、僕らの芸は博多弁がきついから、万人受けはしない、全国区には無理だと思い込んでいましたから。


僕らは、野望とか野心とかってあんまりないんですけど、なんだか次から次へと、それまでやったことがない仕事が回ってくるんですよ、ありがたいことに。今、坊主頭にしてるのは、福岡でテレビドラマの演技をやってるからで……。「演技なんか絶対に無理!」と思ってたんですが、望んでもできることじゃないですからね、ありがたく福岡の大人物の役を演じさせてもらいました。一生の思い出になります。これもなにかの巡り合わせなんでしょうか。


博多華丸の経歴・略歴

博多華丸、はかた・はなまる。日本のお笑い芸人。福岡県出身。福岡大学工学部中退。大学在学中に受けたオーディションをきっかけに吉本興業福岡事務所に入る。地元のテレビやラジオで活躍したのち上京。バラエティ番組、ラジオ、テレビドラマなどで活躍。R-1ぐらんぷり優勝。

他の記事も読んでみる

伊藤正裕(起業家)

本質的なバリューを理解することが必要です。たとえば、500万円の価値の商品があるとします。あるお客様は2000万円でも買ってくれそうなお金持ちです。でも、だからといって2000万円で売ってはいけません。あくまで本質的なバリューに従って、適正価格をつけなければならないのです。


古川裕倫

部下のモチベーションを一番上げる方法は、仕事を任せること。


藤井義彦

欧米の経営者は、トップに上り詰めたあとでも、自分の能力を磨くことに貪欲で、絶え間なく勉強し研鑽し続けます。企業も経営者教育のために、エリートをビジネススクールのプログラムに派遣したり、エグゼクティブコーチをつけて短期教育を行います。ところが、日本企業の特徴として、新入社員をはじめ課長クラスまでの研修は熱心に行うのですが、部長以上や役員として経営に携わる層への教育はほとんど行われていません。一部の企業がその点に気づき、経営者へのリーダーシップ教育を行い始めました。


徳光正子

長い歴史の中では、よい時代もあれば、辛抱が必要な時代もあります。花外楼も、初代のときは追い風が吹き、百畳敷きの大広間をつくったりしましたが、2代目になると、昔からあった店以外、すべて手放す事態に陥りました。180年、ずっと好調だったわけではないのです。ですが、そんななかでも、絶えず余力を残しながらやってまいりました。もちろん、会社だから儲けなければなりませんが、自分たちの仕事をとおして、できる範囲で、社会や支えてくださっている皆様にご恩返しをさせていただきたいと、常々思っております。


伊東明(心理学者)

気にしすぎに陥った場合、いったん思考を停止するのが効果的です。スポーツ選手の間でよく利用されているのは、手首に輪ゴムを巻いておく方法。ネガティブな思考が働きだしたら、手首の輪ゴムをパチンとはじきます。その痛みで自分が有害な気にしすぎに陥っていることを自覚し、再びその状態になれば痛みが待っていることを自分に理解させるのです。


ゲーテ

情熱は欠陥であるか美徳であるか、そのいずれかだ。ただどちらにしても度を越しているだけだ。大きな情熱は望みのない病気だ。それを癒しうるはずのものが、かえってそれをすこぶる危険にする。


小林弘幸

仕事上のミスについては毎日、振り返りましょう。ミスこそが改善ポイントであり、成長のチャンスなのですから。


加藤久光

成功体験を捨てるために必要なのは、これでメシが食えなくなったらどうするんだ、という危機意識。


三木谷浩史

ビジネスで成功するかどうかのカギは、結局のところ、仕事を人生最大の遊びにできるかどうかだ。ホモ・ルーデンス(遊びの人の意)、人間は遊ぶ動物なのだ。人間は遊んでいる時が、最大の創造力を発揮する動物なのだ。仕事を人生最大の遊びにできれば、人は誰でも有能なビジネスマンになれる。


山田昇(ヤマダ電機)

アマゾンの動きには注意しなければなりませんが、ネットとリアルが融合していく中で、アマゾンはバーチャルの世界では強いけど、リアルな世界は弱いわけです。我々はその逆で、バーチャルは弱いかもしれないけど、リアルに強みを持つ会社なんです。でも、かつてのように洗濯機やテレビをお届けするために、巨大な集配センターを建てて、機械化したすごい設備をつくっても、これからの時代は十分ではない。これからの時代というのはお客様それぞれに住まいのお困りごとがあるわけですから、家電専門店の社員が行って洗濯機やテレビを配送する時にお困りごとを聞いてあげると、お客様は喜ぶんです。これがネット業者からの請負で商品を配達するだけの人であれば、お客様は誰も悩みを相談しませんよ。当社は社員が商品を配送するわけだから、コンサルタントの機能を持つこともできるし、これはネット専業ではできないことです。こういう強みはさらに磨きをかけていくべきだと思います。