名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

博多華丸の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

博多華丸のプロフィール

博多華丸、はかた・はなまる。日本のお笑い芸人。福岡県出身。福岡大学工学部中退。大学在学中に受けたオーディションをきっかけに吉本興業福岡事務所に入る。地元のテレビやラジオで活躍したのち上京。バラエティ番組、ラジオ、テレビドラマなどで活躍。R-1ぐらんぷり優勝。

博多華丸の名言 一覧

NHKの『爆笑オンエアバトル』に出演することになって、いきなり5位になったんですよ。それで「あれ? わりと戦えるんだ!」と思えてね。それまでは、僕らの芸は博多弁がきついから、万人受けはしない、全国区には無理だと思い込んでいましたから。


僕らは、野望とか野心とかってあんまりないんですけど、なんだか次から次へと、それまでやったことがない仕事が回ってくるんですよ、ありがたいことに。今、坊主頭にしてるのは、福岡でテレビドラマの演技をやってるからで……。「演技なんか絶対に無理!」と思ってたんですが、望んでもできることじゃないですからね、ありがたく福岡の大人物の役を演じさせてもらいました。一生の思い出になります。これもなにかの巡り合わせなんでしょうか。


博多華丸の経歴・略歴

博多華丸、はかた・はなまる。日本のお笑い芸人。福岡県出身。福岡大学工学部中退。大学在学中に受けたオーディションをきっかけに吉本興業福岡事務所に入る。地元のテレビやラジオで活躍したのち上京。バラエティ番組、ラジオ、テレビドラマなどで活躍。R-1ぐらんぷり優勝。

他の記事も読んでみる

井深大

私は盛田(昭夫)君以下のこの上ない良いメンバーに囲まれて生きてきた。この人たちは無謀にも近い私の夢を実現させて楽しませてくれる。こんな幸福は世の中にそんなにあることではないと信じている。


重久吉弘

仕事をしていく上では、相手から好感を持たれるように努力することが大事。私自身、これまで仕事の上でも、プライベートでも努力してきました。その時に心がけてきたのが「強く、明るく、元気よく、そして品も良く」という言葉。最後の「品も良く」が大事ですね(笑)。


渡部恒三

一度出会った人とは生涯付き合う気構えできた。結局、それが自分の最大の財産になっている。


樋口建介

失敗を認めない。成功するまで永遠にやる。


山岸舞彩

初めは心を閉ざしていたのに、だんだんと心を開いていき、つい本音をボロッと言ってしまう。そんな瞬間って誰でもありますよね。そういうことが起こるのは、「しっかりと聞いてくれているな」「自分のためにいろいろ準備してくれたんだな」というように、聞き手の姿勢に心を動かされた時だと私は思っています。


松尾均

私が、はとバスの代表に就任した2005年当時は、「はとバスらしさ」が希薄でした。90年代の中頃からバブル崩壊の影響で売上げは低迷、98年には債務超過でいつ倒産してもおかしくない状態だったのです。その後の努力で、回復基調にありましたが「コレはマズい」。そう思った私の就任の挨拶はコレでした。「はとバスという名前、ブランドにあぐらをかいているんじゃないか!」。自分に対する言葉でもありました。


塙宣之

ネタには自信がある一方で、最近は「テレビで本当に活躍するにはテレビ芸をちゃんと身に付けなくちゃいけない」とも思っています。漫才で勝負する上では地味な見た目も利点ですけど、バラエティ番組では「リアクションが薄い」と言われていますから。オンエアで見ると埋もれている。リアクション芸にしても他の芸人さんの動きについていけず、見ちゃうだけになっちゃうんですよね。独特のスピード感やどうしたら面白くなるかの動きの力学は、勉強になります。同じ畑に立ったらまったく勝てないですよ。


ジョン・ジェイ(アートディレクター)

私のところに来るクライアントの大半は、答えは知らないかもしれないけれども、質問は分かっていますよ。私の仕事はそんな彼らに答えを見つけてあげることなんです。


土屋礼央

僕の場合、とりあえず先輩の誘いに乗っかってみるという事を最近はしている気がします。だいぶ先輩となると「自分の考えこそ全てだ!」的どこぞの会長風な人もいらっしゃり、一緒にいる時間全てが苦痛な場合もあります。でもその時間は自分にとっては苦痛な時間かも知れませんが、この時間を後世に伝えるための取材と思えた途端、自分が先輩の立場になった時の反面教師、参考資料として絶大な効果が期待されます。


坂口孝則

社会人になってしばらくしてから、取引先の担当者から「坂口さん。経常利益は確かにプラスですが、営業利益はマイナスです。本業は赤字なのですから、商品の値下げはできません」と言われたんです。そのときは「なるほど、そうですね」と答えたのですが、本当はその担当者の言っている意味がまったくわかっていませんでした。さすがに「営業利益って何ですか?」とは聞けませんから、危機感を覚えました。でも危機感がないと人は本気で勉強しようとは思いませんから、いい経験だったと思います。


中陽次

自分のペースで取り組めるのがエイボンの仕事のよさ。年齢を重ねても続くメンバー同士のコミュニティもあり、社会インフラの一部を担っているという思いがある。


吉山勇樹

事前に「上司が何をどれだけ期待しているか」という期待値をすり合わせることが大切です。そのためには、「ソウレンホウ(相談・連絡・報告)」を心がけてください。よく「ホウレンソウ」といいますが、いきなり「こうしました」と報告されて、それが期待に沿わないものなら、上司はダメ出しするしかない。ですから、まずは相談から入ってください。