名言DB

9419 人 / 110788 名言

南谷三世の名言

twitter Facebook はてブ

南谷三世のプロフィール

南谷三世、みなみたに・みつよ。日本の人気英語ブロガー。京都大学農学部卒業後、5年間会社勤務をしたのち、結婚して専業主婦となる。子育て中に英語学習に目覚め、海外ドラマを使った英語学習に励む。海外生活や留学経験なしで英検1級合格、TOEIC990点満点を獲得。海外ドラマの英語セリフやジョークを解説するブログ「シットコムで笑え」を開設し、人気ブログに育てた。

南谷三世の名言 一覧

ある雑誌で「海外ドラマのDVDで英語を学ぶ」という記事を見て、「これだ!」と思いました。主婦で子持ちになってからの勉強なので、楽しく続けられることが最優先だったのです。
【覚書き|30代になって英語学習に熱中するきっかけについての発言】


海外ドラマで英語を学ぶと、英語力がどの程度伸びているのか、把握しにくいところがあります。自分の実力を測る物差しとして、TOEICを受けることにしました。点数が上がると自信になり、勉強のモチベーションも上がりました。海外ドラマで生きた英語を学びながら、社会的に認められたTOEICの勉強をすることで、お互いが補完し合い、相乗効果があったと思います。


私は発音のテキストを買って、発音の特徴や英語特有の音の変化を勉強しました。するとこれまで何となく聞いていた音が、はっきり聞こえるようになりました。初めに発音の基礎をおさえておくと、リスニング教材から吸収できる量が格段に増えます。


海外ドラマを最初に話の内容を知らないで、すなわちネタバレ禁止状態で字幕なし英語音声のみで観るのが、私の英語勉強の肝です。映像と英語の音だけでどこまで理解できるか。これは自宅に居ながら留学に匹敵する英語を浴びられる方法だと思います。それによって、自分の真の実力や弱点がわかります。


海外ドラマで英語を学ぶ基本は三段階です。第一段階は、話の内容を知らない状態で、英語音声、字幕なしで観ます。第二段階では、字幕も音声も日本語にして、話の内容を理解する。第三段階で、字幕も音声も英語にして、英語の意味を調べます。


南谷三世の経歴・略歴

南谷三世、みなみたに・みつよ。日本の人気英語ブロガー。京都大学農学部卒業後、5年間会社勤務をしたのち、結婚して専業主婦となる。子育て中に英語学習に目覚め、海外ドラマを使った英語学習に励む。海外生活や留学経験なしで英検1級合格、TOEIC990点満点を獲得。海外ドラマの英語セリフやジョークを解説するブログ「シットコムで笑え」を開設し、人気ブログに育てた。

他の記事も読んでみる

渡邉美樹

仕事でも、まず「こうなりたい」ってイメージすること。たとえば「あの先輩のように、カッコよくセールスしたい」とか「お客様に、もっと喜んでもらいたい」とかって。1日3回、だまされたと思って「こうなりたい」という姿をイメージしてみてください。気がついたころには、努力することが楽しみに変わって、ステップアップしてますから。


高田明(ジャパネットたかた)

ジャパネットは2年続けて減収です。それ自体は全然問題ないのですが、お客様の期待に応えられていないのではないか、という反省があります。


二宮清純

これだけは誰にも負けない。そう言い切れる技術を持つ選手は、そう簡単には淘汰されることはない。


北方謙三

いまの音楽は、サウンドはすごくいい。ところが、歌詞は全然なっていない。「君がもし、僕のそばでいっしょに夕日を眺めてくれたなら、僕は一生、なにもいらない」とか。やたら説明的。「サウンドは素晴らしいのに、歌詞をつけたら、なぜこんなにつまんなくなるんだ!」と延々文句を言っているんで、下北界隈では「ロックンロール・ジジイ」なんて言われているよ(笑)。音楽に限らず、世の中、「説明的」が主流になっているんです。説明しないと、すぐに「わからない」と文句を言う。だからせめて、小説の世界だけはそれを防ごうと、直木賞をはじめ僕か選考委員で関わっている文学賞では、説明的な小説は落とす方向に動いていますよ(笑)。


齋藤勇(齊藤勇)

早口すぎると落ち着きがない印象を受けます。参考になるのはTVのアナウンサーが話すスピード。真似てみると、遅いぐらいに感じるかもしれませんが、その分、説得力を感じることができます。


橋本若奈

会社が存続しておりますのも様々な方々、そしてクライアント企業様のお陰ですので、クライアント企業様に寄り添って共に成長していく会社でありたい。


安藤広大

理念経営についても、トップが理念を持つことは必要ですが、立場が違うので従業員に同じレベルで理解を求めるのは無理があります。逆に、従業員が理解できていると勘違いをすると、トップが決定した会社の方針等を評価、吟味するようになってしまいます。


伊藤一郎(経営者)

トップは「自分がいないと会社がもたない」と考え、長くとどまりがちだが、「死ぬ時が定年」だと、次の体制の準備ができず、現場は混乱する。


土田雅人

入社以来、営業一筋です。売るものは変わっても、仕事の基本は変わりません。営業は私の天職だと思っています。


小倉広

大事なのは仕事を私物化しないこと。「この仕事は私のもの」と考えるから「他人に任せるのは申し訳ない」と思ってしまうのです。