名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

南美希子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

南美希子のプロフィール

南美希子、みなみ・みきこ。日本のアナウンサー、タレント、司会者、エッセイスト。東京都出身。聖心女子大学国語国文科在学中にテレビ朝日アナウンサー試験に合格。大学を中退し入社。アナウンサーを務めたのち独立。テレビ、ラジオ、講演、執筆などで活躍。また東京女学館大学客員教授を務めた。

南美希子の名言 一覧

その昔、指導の先輩アナウンサーにこう教えられた。「司会者とは額縁である。着実な進行に徹し、自身は目立つことなく出演者を引き立てる存在であれ」と。


司会者の力量が最も問われるのは「有事」の際のさばき方だ。時間をつなぐ、ハプニングに対処するなどの上手下手で力量が推し量れる。


30歳で会社からも実家からも独立した。自分を守ってくれる傘から離れて初めて、その有難みが身に染みた。親孝行をするようになったのは30歳過ぎてからだ。親とは自分のやりたいことに出資してくれる最大のパトロンだなどと思っているうちはまだ子供だ。


息子は英語で議論もし、論文も書ける。ところが、一緒に外国旅行をすると、私のいい加減な英語の方が日常のふとした場面ではよく通じるのだ。それは、指示が明快だからだ。言葉が堪能でも、指示する人間に迷いがあると、相手は動きにくい。


「人前で泣かない」「信念を持っている」「親の有難みが分かる」。この3つができてこそ、真の大人だと思う。


今は厳しい時代です。いろいろな人が参入し、少ないパイを奪い合っています。ですが、この仕事は死んでも離したくありません。他に儲かる仕事があると言われても、私はこの仕事を続けていきます。


私は根っからの仕事好きですから、死ぬまで仕事をしていくつもりです。ただ、人前に出る仕事ですから洋服も含め、見た目は非常に意識します。それはお客様に対する我々の責務だと思うんです。


当時、女性アナウンサーはいたんですが、男性アナウンサーの添え物というポジションでゴールデンの華やかな番組で活躍する人はいませんでした。でも私は、とにかく自分の名前を憶えてもらいたい一心でバラエティー番組の担当を希望しました。


幸い高齢社会にあって周囲は先輩だらけ。師として倣うべき先輩も多くいるが、不健康な生活習慣を送るなど反面教師とすべき人も少なからずいる。先達たちの生活習慣や生き様に自らの将来を重ね合わせて、耳を傾けることは大切だ。


元気なだけでなく現役として若い人以上に活躍している高齢者は珍しくない。65歳を超えると一律に高齢者と呼ぶのは酷である。人は言葉に縛られやすいもの。高齢者という呼称で呼ばれた途端、一気に老け込みそうだ。


多くの専門家は75歳から生存率が急落すると指摘する。特に女性の場合、75歳を過ぎると急速に歩行速度が遅くなり、中には横断歩道を青信号中に渡ることができなくなるという。よって60歳から74歳くらいまでのプレ老年期のうちに、後に控えた高齢期を充実したものにするための準備期間と、しかと心得るべきだと思う。


南美希子の経歴・略歴

南美希子、みなみ・みきこ。日本のアナウンサー、タレント、司会者、エッセイスト。東京都出身。聖心女子大学国語国文科在学中にテレビ朝日アナウンサー試験に合格。大学を中退し入社。アナウンサーを務めたのち独立。テレビ、ラジオ、講演、執筆などで活躍。また東京女学館大学客員教授を務めた。

他の記事も読んでみる

堀地速男

利益が出るのかと心配されるが、損得勘定だけで店をやろうとするからお客が離れるのだ。


ジョン・リディング

今後も、常に何が重要であるかを正確にかつ簡潔に伝えることで定評があるFT(フィナンシャルタイムズ)ジャーナリズムを維持しつつ、編集に投資し続け、新たなサービスの提供を増やし、それによって読者から応分の対価をもらい、さらなる投資に結びつける好循環を維持、強化していく。新聞を巡る環境の変化がどこかで落ち着くということはないからだ。


いっこく堂

挑戦心やモチベーションが高まるのは、バイオリズムが底辺まで落ち込んだ時ですね。あー、また最高の気分を味わいたいと、過去の自分を懐かしんじゃったりすることもある(笑)。もちろん、新しいことを始めるのは怖いけど、やらないと再びバイオリズムの頂点には行けません。進化しないと生き残っていけない。


小川賢太郎

いろいろな問題が山積する中で、国任せ、政府任せではなく、国民自らが課題に挑んでいくことが大事。


小原芳明

本学には全人教育を含めて12の教育信条があります。中でも重要なのは「個性の尊重」です。型にはまった人間を育てるのではなく、子どもたちの個性を尊重した教育を心懸けています。個性と言っても「自分勝手」にならないよう支えるのが全人教育でもあります。


和田秀樹

各教科をまんべんなく勉強しなければならない学生と違い、社会人は自分の長所を伸ばすことに専念したほうがいい。社会で目立つのは長所が光る人だからです。


ジョセフ・スティグリッツ

日本には世界で最も生産性の高い製造業と、そのほかの非常に生産性が低い産業が混在しています。二重の経済が混在しているのです。教育は好例でしょう。日本が製造業以外の分野においても生産性を向上させ、人口減少下でも経済の成長を維持していく最初の国になることを期待しています。


青山愛(アナウンサー)

人気女子アナになるぞ、という思いは1ミリもないんです。女子アナランキングなども気にしていませんし(笑)。あまり人にどう思われるか気にならないタイプなんです。自分ができることを全力でやるだけ。それを評価してくれる人もいれば、気に入らない人もいる。それが当たり前だと思います。


デイル・ドーテン

必要は発明の母かもしれない。だけど、偶然は発明の父なんだ。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

本気で仕事に取り組んでいれば、自分から面白さを創り出すことができるようになる。仕事の面白さっていうのは、自分自身で見つけるものなんだ。


大田友昭

世の中はプラスばかりで成り立つことはあり得ない。ポジティブもネガティブも両方必要。


山本富造

22年前にメディカル事業を始めた当初はずっと赤字が続いていたが、ここ数年でようやく実を結び、今では大きな収益源になってきた。社会貢献性も高く、仕事を通じて人を救える事業は絶対に続けたいと思ったのです。でもそれはウェットスーツ素材の事業で稼げていたからできたこと。上場企業だったら赤字部門をこれだけ長く続けられなかったでしょうね。