名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

南美希子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

南美希子のプロフィール

南美希子、みなみ・みきこ。日本のアナウンサー、タレント、司会者、エッセイスト。東京都出身。聖心女子大学国語国文科在学中にテレビ朝日アナウンサー試験に合格。大学を中退し入社。アナウンサーを務めたのち独立。テレビ、ラジオ、講演、執筆などで活躍。また東京女学館大学客員教授を務めた。

南美希子の名言 一覧

その昔、指導の先輩アナウンサーにこう教えられた。「司会者とは額縁である。着実な進行に徹し、自身は目立つことなく出演者を引き立てる存在であれ」と。


司会者の力量が最も問われるのは「有事」の際のさばき方だ。時間をつなぐ、ハプニングに対処するなどの上手下手で力量が推し量れる。


30歳で会社からも実家からも独立した。自分を守ってくれる傘から離れて初めて、その有難みが身に染みた。親孝行をするようになったのは30歳過ぎてからだ。親とは自分のやりたいことに出資してくれる最大のパトロンだなどと思っているうちはまだ子供だ。


息子は英語で議論もし、論文も書ける。ところが、一緒に外国旅行をすると、私のいい加減な英語の方が日常のふとした場面ではよく通じるのだ。それは、指示が明快だからだ。言葉が堪能でも、指示する人間に迷いがあると、相手は動きにくい。


「人前で泣かない」「信念を持っている」「親の有難みが分かる」。この3つができてこそ、真の大人だと思う。


今は厳しい時代です。いろいろな人が参入し、少ないパイを奪い合っています。ですが、この仕事は死んでも離したくありません。他に儲かる仕事があると言われても、私はこの仕事を続けていきます。


私は根っからの仕事好きですから、死ぬまで仕事をしていくつもりです。ただ、人前に出る仕事ですから洋服も含め、見た目は非常に意識します。それはお客様に対する我々の責務だと思うんです。


当時、女性アナウンサーはいたんですが、男性アナウンサーの添え物というポジションでゴールデンの華やかな番組で活躍する人はいませんでした。でも私は、とにかく自分の名前を憶えてもらいたい一心でバラエティー番組の担当を希望しました。


幸い高齢社会にあって周囲は先輩だらけ。師として倣うべき先輩も多くいるが、不健康な生活習慣を送るなど反面教師とすべき人も少なからずいる。先達たちの生活習慣や生き様に自らの将来を重ね合わせて、耳を傾けることは大切だ。


元気なだけでなく現役として若い人以上に活躍している高齢者は珍しくない。65歳を超えると一律に高齢者と呼ぶのは酷である。人は言葉に縛られやすいもの。高齢者という呼称で呼ばれた途端、一気に老け込みそうだ。


多くの専門家は75歳から生存率が急落すると指摘する。特に女性の場合、75歳を過ぎると急速に歩行速度が遅くなり、中には横断歩道を青信号中に渡ることができなくなるという。よって60歳から74歳くらいまでのプレ老年期のうちに、後に控えた高齢期を充実したものにするための準備期間と、しかと心得るべきだと思う。


南美希子の経歴・略歴

南美希子、みなみ・みきこ。日本のアナウンサー、タレント、司会者、エッセイスト。東京都出身。聖心女子大学国語国文科在学中にテレビ朝日アナウンサー試験に合格。大学を中退し入社。アナウンサーを務めたのち独立。テレビ、ラジオ、講演、執筆などで活躍。また東京女学館大学客員教授を務めた。

他の記事も読んでみる

池田欣生

医療技術、特に美容外科というのは、もともと技術をオープンにしたがらないんです。企業秘密のようなところがあるから、当然と言えば当然なんですけど。でも、そんなことをしていたら広く物事を考えたときに、海外との国際競争に負けてしまいます。


末木紳也

ビジネスパーソンがキャリアアップするためには、自己投資が不可欠です。目指す資格を選ぶときには、注意が必要です。それは雑誌などに掲載されている人気ランキングなどは参考程度にとどめ、現在の仕事に直結した資格か、興味ある資格に絞り込むことです。


嶋浩一郎

仕事と無関係な情報がかえって役立つ。それに、仕事に役立つ本だけを読むよりも、素敵な人になれる。


小山昇

勘や経験だけに頼ると、勝手な思い込みが生まれるものです。とくに若いときの勘や経験ほど、あてにならないものはありません。それよりも数字をもとに行動を決めた方が、ずっと信頼できます。


塚田彊

特に男性は社会との接点がなくなると老化が進むようだ。


小倉昌男

宅急便事業開発時の5つの基本的考え方

  1. 需要者の立場に立ってものを考える。
  2. 不特定多数の荷主または貨物を対象とする。
  3. 他より優れ、かつ均一的なサービスを保つ。
  4. 永続的、発展的システムとして捉える。
  5. 徹底した合理化を図る。

本田直之

計画は逆算でやるのが鉄則。「アレをやってから次をやろう」と、積み上げ式の計画ではどんどん先延ばしになってしまう。


福沢諭吉

人間がもともと持っている、苦労を避けて安楽を好むという心をそのまま成長させていけば、善に従う道につながるであろう。やたらに悪いことをしようとして苦労する人は、不徳というよりもむしろ無知と評すべきである。


上田雄太(経営者)

MVNO事業の本質的課題は、参入障壁が低く、差別化が難しいビジネスモデルであることです。イオンさんなど異業種からの参入がいい例で、資金力がある会社ならば、決して難しいサービスでなく、BtoBでやろうという企業は今後さらに出てくると思います。だからこそ、今のうちに他社には真似できない付加価値を作りだしていきたいのです。


魔裟斗

運も仕事も来るときはどんどん来る。波のようにワーッと。で、来ないときにはさっぱり来ない。その来ないときに、次の波に備えてどう自分を鍛えておくか。そこなんじゃないですか。楽してほしいものを手に入れるなんて、誰もできませんから。


織田大蔵

人を使う場合、大事なことは中庸ということを心がけさせることだ。不偏不党ということで一方に偏らないで中道を歩かせることだ。若い者はとかく血気にはやり、ひとつのことに熱中する。若いときはそれぐらいの元気があってよいが、上に立つ者はその道に外れた者を絶えず真中に戻してやらなければならない。片方に偏ってしまうと大局を見ることができなくなる。


黒鉄ヒロシ

江戸期、プロの博打打ちはコマ(駒札)のことをおもちゃと言った。おもちゃと見なせば、思い切り張れるということ。ところが、自分の現金だと想って張るから、びびったり、ちょっと浮いただけで持って帰ろうとする。その途端、人はつまらん計算を始める。