名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

南美希子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

南美希子のプロフィール

南美希子、みなみ・みきこ。日本のアナウンサー、タレント、司会者、エッセイスト。東京都出身。聖心女子大学国語国文科在学中にテレビ朝日アナウンサー試験に合格。大学を中退し入社。アナウンサーを務めたのち独立。テレビ、ラジオ、講演、執筆などで活躍。また東京女学館大学客員教授を務めた。

南美希子の名言 一覧

その昔、指導の先輩アナウンサーにこう教えられた。「司会者とは額縁である。着実な進行に徹し、自身は目立つことなく出演者を引き立てる存在であれ」と。


司会者の力量が最も問われるのは「有事」の際のさばき方だ。時間をつなぐ、ハプニングに対処するなどの上手下手で力量が推し量れる。


30歳で会社からも実家からも独立した。自分を守ってくれる傘から離れて初めて、その有難みが身に染みた。親孝行をするようになったのは30歳過ぎてからだ。親とは自分のやりたいことに出資してくれる最大のパトロンだなどと思っているうちはまだ子供だ。


息子は英語で議論もし、論文も書ける。ところが、一緒に外国旅行をすると、私のいい加減な英語の方が日常のふとした場面ではよく通じるのだ。それは、指示が明快だからだ。言葉が堪能でも、指示する人間に迷いがあると、相手は動きにくい。


「人前で泣かない」「信念を持っている」「親の有難みが分かる」。この3つができてこそ、真の大人だと思う。


今は厳しい時代です。いろいろな人が参入し、少ないパイを奪い合っています。ですが、この仕事は死んでも離したくありません。他に儲かる仕事があると言われても、私はこの仕事を続けていきます。


私は根っからの仕事好きですから、死ぬまで仕事をしていくつもりです。ただ、人前に出る仕事ですから洋服も含め、見た目は非常に意識します。それはお客様に対する我々の責務だと思うんです。


当時、女性アナウンサーはいたんですが、男性アナウンサーの添え物というポジションでゴールデンの華やかな番組で活躍する人はいませんでした。でも私は、とにかく自分の名前を憶えてもらいたい一心でバラエティー番組の担当を希望しました。


幸い高齢社会にあって周囲は先輩だらけ。師として倣うべき先輩も多くいるが、不健康な生活習慣を送るなど反面教師とすべき人も少なからずいる。先達たちの生活習慣や生き様に自らの将来を重ね合わせて、耳を傾けることは大切だ。


元気なだけでなく現役として若い人以上に活躍している高齢者は珍しくない。65歳を超えると一律に高齢者と呼ぶのは酷である。人は言葉に縛られやすいもの。高齢者という呼称で呼ばれた途端、一気に老け込みそうだ。


多くの専門家は75歳から生存率が急落すると指摘する。特に女性の場合、75歳を過ぎると急速に歩行速度が遅くなり、中には横断歩道を青信号中に渡ることができなくなるという。よって60歳から74歳くらいまでのプレ老年期のうちに、後に控えた高齢期を充実したものにするための準備期間と、しかと心得るべきだと思う。


南美希子の経歴・略歴

南美希子、みなみ・みきこ。日本のアナウンサー、タレント、司会者、エッセイスト。東京都出身。聖心女子大学国語国文科在学中にテレビ朝日アナウンサー試験に合格。大学を中退し入社。アナウンサーを務めたのち独立。テレビ、ラジオ、講演、執筆などで活躍。また東京女学館大学客員教授を務めた。

他の記事も読んでみる

鈴木喬(経営者)

私も日生時代、顧客の経営トップに気に入られるために、その人の郷土料理を自宅に届けたり、土下座やウソ泣きも何度やったか分からないぐらいやりました。芝居を打ってでも、顧客に気に入られるように努めるべきです。


早川徳次

職人たちは自分の技術を取り立てて後輩に教えるようなことはなかった。職人は長年の間に自然と仕事のコツをのみこむので、ヤスリひとつ使うにもその腰と手が上手く調和していないと、ぴったりと平らなものに削ることはできないものだ。こんなことは口で言ってもなかなか会得のいかぬもので、みんなが長い年月熟練の結果、それぞれ自得するよりほかはなかった。


丁宗鐵

海外旅行をすると、変な時間にお腹がすいたり、眠くなったりするでしょう。でも、変な時間じゃなくて、体は日本時間のまま強のです。普段生活しているときは気がつきませんが、体は自律神経のプログラムにしたがって生きているのです。


松下幸之助

経営者としての大きな任務の一つは、社員に夢をもたせるというか、目標を示すということであり、それができないのであれば経営者としては失格である。


佐々木正悟

「これから作業を始める」というときに、タイマーをセットすると効果的です。たとえば4分後に鳴るようにセットします。そうして、「これから4分間だけはこの仕事をやる!」と決めます。なかなか手を着けられない、後回しにしてしまいがちな仕事に着手して、少しでも進める。たとえば日報や週報のように、明確な締め切りがなく、気がついたらかなり溜まってしまっている、というタイプの仕事を進めていくのに適した方法です。


細谷英二

(JR時代)ビューカード導入を決める会議の前に、3年間で撤退したときのコストを部下に計算させました。報告で上がってきた数字は百数十億円でした。それを聞いて「それならやろう」と決断しました。100億円強なら、駅スペースにカード用端末を開放する策で回収できると自分なりに試算していたからです。部下には「百数十億円の損失覚悟でゴーサインを出したのは細谷さんだけ」と言われていたようでしたが。


丸谷智保

コンビニはFC方式で店舗を増やすのが一般的です。しかし当社は徐々に直営で出店することに舵を切りました。店舗運営を標準化しやすく、本部の施策を素早く反映できるからです。現在は約7割が直営店です。コンビニ経営の常識からみれば異色でしょう。


鈴木敏文

40年間私が言い続けてきたことは、世の中の変化に対応する、消費者心理の変化に対応するということ。変化に対応することが大事なんだという信念でやってきた。


上田研二

創業には非常にエネルギーが求められます。私は会社員時代に2社の再建を手掛けました。体重が10kgも落ちるほどの激務を経験しましたが、それでも創業の大変さの比ではありません。


市居愛

今日、食べたものが数か月後、数年後の自分の身体に影響するように、今日の財布の使い方が数年後の自分の経済状況に影響します。まずは財布を整えて、お金を大切に扱うことが、節約・貯金の第一歩。


岸博幸

自分のスキルを軸に、働く環境を選んでいく。そんな力がこれからの時代には必要になってくる。日用品メーカーのアイリスオーヤマが家電業界に参入して成功しましたが、成功の要因は、パナソニックやシャープをリストラされた技術者が、転職して活躍したことです。技術に裏打ちされた現場の意見を、無視するような企業と心中してはいけません。ヒットしているアメリカの掃除ロボット「ルンバ」のような企画は、じつは日本の家電メーカーも持っていましたが、経営者がゴーサインを出さなかった。だから自分のスキルがほかの会社でもっと評価されると確信したら、迷わずに職場を移すほうが、長い人生で考えれば身のためです。


柿木隆介

予想外のことでパニックに陥ったとき、思考を整理するために一度立ち止まる。直感でこれだと思っても、罠がないか確認することが重要。