名言DB

9425 人 / 110833 名言

南美希子の名言

twitter Facebook はてブ

南美希子のプロフィール

南美希子、みなみ・みきこ。日本のアナウンサー、タレント、司会者、エッセイスト。東京都出身。聖心女子大学国語国文科在学中にテレビ朝日アナウンサー試験に合格。大学を中退し入社。アナウンサーを務めたのち独立。テレビ、ラジオ、講演、執筆などで活躍。また東京女学館大学客員教授を務めた。

南美希子の名言 一覧

その昔、指導の先輩アナウンサーにこう教えられた。「司会者とは額縁である。着実な進行に徹し、自身は目立つことなく出演者を引き立てる存在であれ」と。


司会者の力量が最も問われるのは「有事」の際のさばき方だ。時間をつなぐ、ハプニングに対処するなどの上手下手で力量が推し量れる。


30歳で会社からも実家からも独立した。自分を守ってくれる傘から離れて初めて、その有難みが身に染みた。親孝行をするようになったのは30歳過ぎてからだ。親とは自分のやりたいことに出資してくれる最大のパトロンだなどと思っているうちはまだ子供だ。


息子は英語で議論もし、論文も書ける。ところが、一緒に外国旅行をすると、私のいい加減な英語の方が日常のふとした場面ではよく通じるのだ。それは、指示が明快だからだ。言葉が堪能でも、指示する人間に迷いがあると、相手は動きにくい。


「人前で泣かない」「信念を持っている」「親の有難みが分かる」。この3つができてこそ、真の大人だと思う。


今は厳しい時代です。いろいろな人が参入し、少ないパイを奪い合っています。ですが、この仕事は死んでも離したくありません。他に儲かる仕事があると言われても、私はこの仕事を続けていきます。


私は根っからの仕事好きですから、死ぬまで仕事をしていくつもりです。ただ、人前に出る仕事ですから洋服も含め、見た目は非常に意識します。それはお客様に対する我々の責務だと思うんです。


当時、女性アナウンサーはいたんですが、男性アナウンサーの添え物というポジションでゴールデンの華やかな番組で活躍する人はいませんでした。でも私は、とにかく自分の名前を憶えてもらいたい一心でバラエティー番組の担当を希望しました。


幸い高齢社会にあって周囲は先輩だらけ。師として倣うべき先輩も多くいるが、不健康な生活習慣を送るなど反面教師とすべき人も少なからずいる。先達たちの生活習慣や生き様に自らの将来を重ね合わせて、耳を傾けることは大切だ。


元気なだけでなく現役として若い人以上に活躍している高齢者は珍しくない。65歳を超えると一律に高齢者と呼ぶのは酷である。人は言葉に縛られやすいもの。高齢者という呼称で呼ばれた途端、一気に老け込みそうだ。


多くの専門家は75歳から生存率が急落すると指摘する。特に女性の場合、75歳を過ぎると急速に歩行速度が遅くなり、中には横断歩道を青信号中に渡ることができなくなるという。よって60歳から74歳くらいまでのプレ老年期のうちに、後に控えた高齢期を充実したものにするための準備期間と、しかと心得るべきだと思う。


南美希子の経歴・略歴

南美希子、みなみ・みきこ。日本のアナウンサー、タレント、司会者、エッセイスト。東京都出身。聖心女子大学国語国文科在学中にテレビ朝日アナウンサー試験に合格。大学を中退し入社。アナウンサーを務めたのち独立。テレビ、ラジオ、講演、執筆などで活躍。また東京女学館大学客員教授を務めた。

他の記事も読んでみる

水島広子

いつもなんとなくイライラしている人は、デスクの上、ペン立ての中、バッグの中など、身の回りを少し片づけましょう。イライラしている人の多くは忙しいものです。仕事の忙しさ以上に忙しく、常に「~させられている」という被害者意識に駆られています。そういうときに、自分が主体的に何かを整える行為をすると、その思いが少し軽くなるのを実感できるでしょう。


樋口武男

世の中の動きをつかみつつ、思い切って新しいことに踏み切るわけです。思い切り、割り切り、踏み切りの3つの「切り」が大事だと考えています。スピード感をもってスパッと決断しなければいけません。


大河正明

銀行マンだった私はJリーグへの出向を命じられ、その後の人生が大きく変わりました。そこで川淵(三郎)さんに出会いました。川淵さんはよく「Jリーグは誰のためにあるのか?」というようなことをおっしゃっていました。Jリーグは選手、サポーター(ファン)、地域社会によって支えられていると。


ガー・レイノルズ

プレゼンテーションのスライドはビジュアルであって、文字を読ませるものではありません。人は文字を読みながら話を聞くのが苦手なのです。スライドはビジュアルに徹するべきです。スクリーンはシンプルにすべきです。


小川賢太郎

今、改革をやらないと成長がおぼつかないし、ゼンショーは脱皮する時期にきている。


山本良介

爆発的な力を発揮する練習は負けます。でも、長時間、地味な動きを反復する練習は、経験値がある分、若手より勝っている。努力という能力で挑みたい。


藤田晋

ネット領域は変化が激しいので、他のさまざまなものに目移りしそうになりますが、そこを経営者として見誤ってはダメ。


有田浩之

人生で初めて行ったトレードでは10秒で10万ドルの損失を出しました。初トレードではビギナーズラックで儲かる人が多いのですが、私はいきなり顔面蒼白。もうこんな仕事は辞めたいと思ったものです。ですからチャートを見ると、どの局面でどれだけの人が苦労しているかが何となくわかります。


出口治明

最初から「誰の責任だ!」と怒鳴るような上司では、ミスが隠されて、事態はますます悪くなる。


有坂錬成

海外に進出している日本企業がテロに遭遇する危険性は格段に高くなりました。海外駐在員や出張者自身が危機感を持つ、自分の頭で安全対策を考える、といった地道な取り組み以外に安全への近道はありません。地震があると机の下に隠れるように、危機管理への取り組みが習慣になるお手伝いをしたい。