南美希子の名言

南美希子のプロフィール

南美希子、みなみ・みきこ。日本のアナウンサー、タレント、司会者、エッセイスト。東京都出身。聖心女子大学国語国文科在学中にテレビ朝日アナウンサー試験に合格。大学を中退し入社。アナウンサーを務めたのち独立。テレビ、ラジオ、講演、執筆などで活躍。また東京女学館大学客員教授を務めた。

南美希子の名言 一覧

1 / 11

今は厳しい時代です。いろいろな人が参入し、少ないパイを奪い合っています。ですが、この仕事は死んでも離したくありません。他に儲かる仕事があると言われても、私はこの仕事を続けていきます。


私は根っからの仕事好きですから、死ぬまで仕事をしていくつもりです。ただ、人前に出る仕事ですから洋服も含め、見た目は非常に意識します。それはお客様に対する我々の責務だと思うんです。


当時、女性アナウンサーはいたんですが、男性アナウンサーの添え物というポジションでゴールデンの華やかな番組で活躍する人はいませんでした。でも私は、とにかく自分の名前を憶えてもらいたい一心でバラエティー番組の担当を希望しました。


幸い高齢社会にあって周囲は先輩だらけ。師として倣うべき先輩も多くいるが、不健康な生活習慣を送るなど反面教師とすべき人も少なからずいる。先達たちの生活習慣や生き様に自らの将来を重ね合わせて、耳を傾けることは大切だ。


元気なだけでなく現役として若い人以上に活躍している高齢者は珍しくない。65歳を超えると一律に高齢者と呼ぶのは酷である。人は言葉に縛られやすいもの。高齢者という呼称で呼ばれた途端、一気に老け込みそうだ。



多くの専門家は75歳から生存率が急落すると指摘する。特に女性の場合、75歳を過ぎると急速に歩行速度が遅くなり、中には横断歩道を青信号中に渡ることができなくなるという。よって60歳から74歳くらいまでのプレ老年期のうちに、後に控えた高齢期を充実したものにするための準備期間と、しかと心得るべきだと思う。


南美希子の経歴・略歴

南美希子、みなみ・みきこ。日本のアナウンサー、タレント、司会者、エッセイスト。東京都出身。聖心女子大学国語国文科在学中にテレビ朝日アナウンサー試験に合格。大学を中退し入社。アナウンサーを務めたのち独立。テレビ、ラジオ、講演、執筆などで活躍。また東京女学館大学客員教授を務めた。

おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

1 / 11

ページの先頭へ