名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

南原清隆の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

南原清隆のプロフィール

南原清隆、なんばら・きよたか。日本のコメディアン、俳優、落語家、狂言師、キャスター。香川県出身。高校卒業後、横浜放送映画専門学院(のちの日本映画大学)演劇科に入学。同級生だった内村光良と漫才の授業をきっかけにコンビを結成。以後「ウッチャンナンチャン」として二人で活動。お笑い番組だけでなくバラエティ番組司会、スポーツキャスター、記者、落語、狂言など幅広い分野で活躍。「現代狂言」主宰。

南原清隆の名言 一覧

失敗しても大したことない。それこそ死ぬわけじゃないし、笑い飛ばせばいいだけで。


僕は、自分の知らない世界を覗きながらいつも新鮮でありたいというタイプ。他のことをやっていた方が、精力的でいられる。


古典ってすごいんですよ。いろいろミックスしてもびくともしない。「どうぞやってください」って感じなんです。
【覚え書き|狂言を現代風にアレンジした現代狂言について】


できるだけリラックスできる空間を作っておいて、本番へ入って行く。番組が成功するかどうかはその空気作りが7割、本番が3割ぐらいですから。


体が動く40代のうちはできるだけムチャをしていくこと。それをテーマにやっていこうと思っています。


結果は後からたまたまついてくるものと考えて、そこにたどり着くまでの過程が面白いと考えた方がいい。結果を見ないことです。たとえば、視聴率○%という目標があったとして、「じゃあどうしたらいいか」とみんなで考えて、挑戦してみることに意義があります。


ものごとの本質が何なのかよく考えるようにしています。情報を鵜呑みにしないということですね。情報の先に何があって、それによってどうなるのかというところまで理解しようと心がけています。


「いつも見ているよ」ということを伝えるようにしています。「ここ、この前と変えてよくなったね」など、気にかけているということを言葉で知らせるんです。手ごたえがないと不安になることもありますが、見ていることを伝えると、「じゃあもう一工夫してみよう」と思えますよね。僕も演出する側とされる側、両方の立場を経験していますからわかるんです。


みんなで同じイメージを共有できているかどうか、同じ絵を描けているかどうか確認する。大事な部分を共有したら、アドリブなどそれ以外のところは任せる。その代わり、もし成功すればその人の手柄です。あえて任せることでいい結果が出ることも多いです。


任せることも大事です。「ここは任せた、まずは一回やってみなさい」と相手に預ける。そうすると、相手も必死で考えます。


演出などに関していえば、みんなの意見を聞きつつ、自分の意見をしっかり言ことをう心がけています。否定しないで受け止めながら、「こういうのはどうかな?」というスタンスです。


緊張して上がった舞台の方が出来がいいことがあります。意外とリラックスして伸び切った状態だと、とっちらかっちゃったりするんですよ。大切なのは、その辺のリラックス感と緊張感をいかにうまく調整して本番に入っていくか。


社交ダンスは番組の企画がキッカケでしたけど、始めてみると教わる楽しさ、新人に戻れる新鮮さがあった。そうじゃなかったら、仕事の終った後に週5日間も練習できないですよ(笑)。これは本気でやる方がおもしろいと思って、自分のためにのめり込んだだけですから。すると、そこで受けた刺激が今度はまた本職へのエネルギーになっていく。


僕自身、30代以降はウッチャンナンチャンでの活動だけではなく、社交ダンスや落語、狂言、スポーツ番組と新しいことをやってきました。それは別に死を意識したとか、そういうことではないんですが、やはり30代までに積み上げてきたものが固まってくると、違う刺激が欲しくなってくると思うんです。


南原清隆の経歴・略歴

南原清隆、なんばら・きよたか。日本のコメディアン、俳優、落語家、狂言師、キャスター。香川県出身。高校卒業後、横浜放送映画専門学院(のちの日本映画大学)演劇科に入学。同級生だった内村光良と漫才の授業をきっかけにコンビを結成。以後「ウッチャンナンチャン」として二人で活動。お笑い番組だけでなくバラエティ番組司会、スポーツキャスター、記者、落語、狂言など幅広い分野で活躍。「現代狂言」主宰。

他の記事も読んでみる

立川談四楼

どんなことでもそれを逆手に取り、笑いにつなげるのは落語家の王道でもある。


木原直哉

ブラフ(ハッタリ)が決まれば、弱い手でも勝てる可能性がある。


染谷和巳

いまの人は職場のコミュニケーションを取り過ぎてすり減ってるんです。もっと社内の人間関係は距離を取ればいい。コミュニケーションは潤滑油なんだから、適度にあれば気持ちよく仕事ができます。とはいえ、なければなくてもいい。むしろ潤滑油がありすぎるとツルツルと滑って逆効果。私が見てきた経験上、社内の人間関係がギクシャクしてる企業のほうが業績が上がってます。多少は上司と部下の仲が悪いくらいのほうが緊張感もあるし、見返してやろうと部下も仕事を頑張るものです。


徳重徹

アジアの若い企業家に会うと元気をもらえる。国の将来や未来のビジネスの話など熱く語る人が多く、影響を受けます。


高岡浩三

私はスイス本社から目標数値が与えられたら、常にそれをはるかに上回る目標を自分のチームに設定してきました。そしてどうすればその目標が達成できるか必死で考え、具体的な戦略を立ててきました。


東村アキコ

時間には限りがある。みんな、自分が思った通りにやればいいと思うんですよ。自分を変える必要もないですし。でも、失った日は取り戻せないし、30代は10年しかない。これは至極当たり前の、全人類に共通のルール。


トマ・シルデ

最初、我々はフランス国内ではなかなか受け入れられず、「変わった趣味を持った人達だな」と思われていました。それでも同好の士が集まる場所を作りたいと考えて立ち上げたのがジャパンエキスポです。日本文化への扉を開くために、フランスの人々に人気のアニメ、漫画を紹介しつつ、ポップカルチャー以外の文化についても幅広く紹介をしていきたいと考えました。


遠藤功

外資系コンサルティング業界では「Up or Out」とよく言われる。「2年で実績を残し、昇進できなければ、去れ!」という意味だ。外資系コンサルティング会社に転職してからの2年間、私はプライベートをほぼ100%犠牲にして、仕事漬けに徹した。他のことを考える余裕はまったくなかった。幸い、私は2年で放り出されることもなく、なんとか生き残り、マネジャーに昇格した。同期で入社した中途採用者の中には、生き残れずに転職を余儀なくされた人が何人もいた。しかし、25年経って、彼らのその後を追ってみると、著名な外資系事業会社のトップにまで登り詰め、大成功している人が何人もいる。「Up or Out」と言いながら、実は「Up or Up」になっていた。コンサルタントとして成功するか、他の世界で成功するかの違いはあるが、あの濃密な2年間が私たちを「仕事師」として徹底的に鍛えてくれたのは間違いない。


外山滋比古

知識と思考力は反比例します。知識が多い人ほど考えない。知識を自分のもののように使っていると、物マネ癖がついてしまいます。若いときは知識を蓄えることも大事ですが、知識は10年も経てば必ず古くなる。にもかかわらず、ほとんどの人が惰性で生きているでしょう? ことに高学歴で名の通った企業や役所に勤めるほど、エスカレーター人間になってしまいますから。エスカレーターを降りる(定年になる)直前になってどうしようと慌てるわけです。


水野幸男

私がPC98や大型OSの開発責任者だったとき、開発チームの思いはただひとつ「日本語の使えるパソコンを作りたい」ということでした。半年近く、自宅に帰らず、泊まり込みで開発を続けましたが、文句を言う技術者はいませんでした。苦しい作業でしたが「世界初」の夢を実現させようと、皆、憑かれたように開発に打ち込みました。ソフトウェアが完成したときは、手を取り合って喜んだものです。


田中靖浩

製造現場に会計の数字を示す場合に大事なことは、「全体との結びつき」を理解させることです。製造工程で、発生するコストから、実際に製品が販売される単価まで、トータルで数字を理解することです。


高城幸司

よく「根回しのようなこざかしい真似は必要ない」と言う人がいますが、根回しは自分が目指すゴールにたどり着くための戦術ですから、根回しによって目的に早く到達できるなら使えばいい。逆に、近道にならないなら、使わなければいいのです。