名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

南原清隆の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

南原清隆のプロフィール

南原清隆、なんばら・きよたか。日本のコメディアン、俳優、落語家、狂言師、キャスター。香川県出身。高校卒業後、横浜放送映画専門学院(のちの日本映画大学)演劇科に入学。同級生だった内村光良と漫才の授業をきっかけにコンビを結成。以後「ウッチャンナンチャン」として二人で活動。お笑い番組だけでなくバラエティ番組司会、スポーツキャスター、記者、落語、狂言など幅広い分野で活躍。「現代狂言」主宰。

南原清隆の名言 一覧

失敗しても大したことない。それこそ死ぬわけじゃないし、笑い飛ばせばいいだけで。


僕は、自分の知らない世界を覗きながらいつも新鮮でありたいというタイプ。他のことをやっていた方が、精力的でいられる。


古典ってすごいんですよ。いろいろミックスしてもびくともしない。「どうぞやってください」って感じなんです。
【覚え書き|狂言を現代風にアレンジした現代狂言について】


できるだけリラックスできる空間を作っておいて、本番へ入って行く。番組が成功するかどうかはその空気作りが7割、本番が3割ぐらいですから。


体が動く40代のうちはできるだけムチャをしていくこと。それをテーマにやっていこうと思っています。


結果は後からたまたまついてくるものと考えて、そこにたどり着くまでの過程が面白いと考えた方がいい。結果を見ないことです。たとえば、視聴率○%という目標があったとして、「じゃあどうしたらいいか」とみんなで考えて、挑戦してみることに意義があります。


ものごとの本質が何なのかよく考えるようにしています。情報を鵜呑みにしないということですね。情報の先に何があって、それによってどうなるのかというところまで理解しようと心がけています。


「いつも見ているよ」ということを伝えるようにしています。「ここ、この前と変えてよくなったね」など、気にかけているということを言葉で知らせるんです。手ごたえがないと不安になることもありますが、見ていることを伝えると、「じゃあもう一工夫してみよう」と思えますよね。僕も演出する側とされる側、両方の立場を経験していますからわかるんです。


みんなで同じイメージを共有できているかどうか、同じ絵を描けているかどうか確認する。大事な部分を共有したら、アドリブなどそれ以外のところは任せる。その代わり、もし成功すればその人の手柄です。あえて任せることでいい結果が出ることも多いです。


任せることも大事です。「ここは任せた、まずは一回やってみなさい」と相手に預ける。そうすると、相手も必死で考えます。


演出などに関していえば、みんなの意見を聞きつつ、自分の意見をしっかり言ことをう心がけています。否定しないで受け止めながら、「こういうのはどうかな?」というスタンスです。


緊張して上がった舞台の方が出来がいいことがあります。意外とリラックスして伸び切った状態だと、とっちらかっちゃったりするんですよ。大切なのは、その辺のリラックス感と緊張感をいかにうまく調整して本番に入っていくか。


社交ダンスは番組の企画がキッカケでしたけど、始めてみると教わる楽しさ、新人に戻れる新鮮さがあった。そうじゃなかったら、仕事の終った後に週5日間も練習できないですよ(笑)。これは本気でやる方がおもしろいと思って、自分のためにのめり込んだだけですから。すると、そこで受けた刺激が今度はまた本職へのエネルギーになっていく。


僕自身、30代以降はウッチャンナンチャンでの活動だけではなく、社交ダンスや落語、狂言、スポーツ番組と新しいことをやってきました。それは別に死を意識したとか、そういうことではないんですが、やはり30代までに積み上げてきたものが固まってくると、違う刺激が欲しくなってくると思うんです。


南原清隆の経歴・略歴

南原清隆、なんばら・きよたか。日本のコメディアン、俳優、落語家、狂言師、キャスター。香川県出身。高校卒業後、横浜放送映画専門学院(のちの日本映画大学)演劇科に入学。同級生だった内村光良と漫才の授業をきっかけにコンビを結成。以後「ウッチャンナンチャン」として二人で活動。お笑い番組だけでなくバラエティ番組司会、スポーツキャスター、記者、落語、狂言など幅広い分野で活躍。「現代狂言」主宰。

他の記事も読んでみる

松島直也

なるべく質の高い睡眠時間を多く取っておいた方がいいですね。睡眠時間が減ってくると段々ネガティブになっていくんですよ。無意識に守りに入るというか、思考が閉じてしまう。それに睡眠は脳や体の回復を行うのと同時に心理的なダメージを軽減させる働きがあります。


橋本真由美

店長に対して、その後のキャリアパスを明確に描いてもらえる仕組みをつくりました。これをキャリアパスのセカンドステージと呼んでいます。これまでは、店長から次に何を目指すべきか、はっきりと示していなかったからです。従来の人材育成の方針が、先の見えない「けもの道」を歩ませるものだとすれば、いまは「カーナビ型」、つまりどこに向かうべきかハッキリと示す育成法に変えました。こうして社員、スタッフのモチベーションを維持してもらえれば、と思っています。


岸本正壽

投資のカネをつける、人を振り向けるだけでは足りません。ことあるごとにスピーチで話したり、デバイスメーカーとの交渉にトップ自ら乗り込んだり、あらゆる手を尽くしてやる気を示し、会社の協力体制を作る必要があります。


村上憲郎

創造性というと、新しいことに挑戦する意欲、すなわちアンテナを高くすることばかりに目が行きがちですが、原理がわかっていないと応用がききません。私自身も20代のころは、最初に入った日立電子で徹底的にこの原理原則を叩きこまれました。


吉川良三

世界市場に臨むにあたって最も重要なことは、意思決定を速くすることである。物事を速く決めて、とにかく先頭を走る。二番手ではダメなのだ。


宮本亜門

正しい生き方なんてないのだから、固定観念に縛られないで自分という過去をつくっていくことが大事です。それができれば、いつまでも魅力的でいられるのではないでしょうか。


松尾昭仁

無料のボランティアでもいいからセミナーを開くといい。講演自体が少ない地方では、講師は貴重で好感度もアップ。これが大切。たとえば保険の営業マンがファイナンシャル・プランナーとして、老後のマネープランをテーマに講演をします。当然、保険の話もでてきますよね。するとどうなるか。講演終了後、受講者は、セミナーの先生に自分の保険を見てほしいと殺到するのです。


竹中平蔵

私は、イノベーションの本質はライフスタイルの提案ではないかと考えています。時代が移り変わると、お客様から要請されることも変わってくる。その新しい要請に、新しいライフスタイルを提案することによって応えていく。それこそ、本物のイノベーションではないでしょうか。


勝間和代

ダイエットも勉強も同じです。本を何冊も読みこんだところで、実行しなければ効果は出ません。インプットとアウトプットはほぼ同量にするといいでしょう。


村川勉

私が心掛けてきたことは結論を先送りにしないこと。一社員であれば、少し立ち止まることも許されますが、経営トップは必ず結論を出さねばなりません。なぜなら、企業は止まってはならないからです。


横山進一(経営者)

ローマ帝国があれだけ長い間繁栄したのは、環境に応じて根本的なインフラから変革させているからだと思うのです。塩野七生さんにいわせると「平家物語」にある「盛者必衰の理」の理とは、環境の変化のことだというのです。つまり、繁栄したものが必ず衰えるのは、環境は変化していくものなのに、過去に成功したシステムをそのまま使い続けているからなのです。右肩下がりになったとき、本来ブレーキをかけなければいけないにもかかわらず、アクセルを踏み続けていたら転落してしまいます。


アンダース・エリクソン

チェスであれスポーツであれ、あるいは仕事であっても、試合中、または仕事の最中だと反復練習はできないし、うまくいかないときにも調整は少しずつしか行えない。一方、本番ではなくトレーニング中であれば、一度手を止めて考えることもできるし、難度を上げながらの反復練習もいくらでもできる。フィードックをもとに新たな試みに挑戦すことも可能だ。これらのことから本番を繰り返すよりも、事前のトーニングのほうが重要だというこが理解してもらえるだろう。