名言DB

9490 人 / 112001 名言

南原清隆の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

南原清隆のプロフィール

南原清隆、なんばら・きよたか。日本のコメディアン、俳優、落語家、狂言師、キャスター。香川県出身。高校卒業後、横浜放送映画専門学院(のちの日本映画大学)演劇科に入学。同級生だった内村光良と漫才の授業をきっかけにコンビを結成。以後「ウッチャンナンチャン」として二人で活動。お笑い番組だけでなくバラエティ番組司会、スポーツキャスター、記者、落語、狂言など幅広い分野で活躍。「現代狂言」主宰。

南原清隆の名言 一覧

失敗しても大したことない。それこそ死ぬわけじゃないし、笑い飛ばせばいいだけで。


僕は、自分の知らない世界を覗きながらいつも新鮮でありたいというタイプ。他のことをやっていた方が、精力的でいられる。


古典ってすごいんですよ。いろいろミックスしてもびくともしない。「どうぞやってください」って感じなんです。
【覚え書き|狂言を現代風にアレンジした現代狂言について】


できるだけリラックスできる空間を作っておいて、本番へ入って行く。番組が成功するかどうかはその空気作りが7割、本番が3割ぐらいですから。


体が動く40代のうちはできるだけムチャをしていくこと。それをテーマにやっていこうと思っています。


結果は後からたまたまついてくるものと考えて、そこにたどり着くまでの過程が面白いと考えた方がいい。結果を見ないことです。たとえば、視聴率○%という目標があったとして、「じゃあどうしたらいいか」とみんなで考えて、挑戦してみることに意義があります。


ものごとの本質が何なのかよく考えるようにしています。情報を鵜呑みにしないということですね。情報の先に何があって、それによってどうなるのかというところまで理解しようと心がけています。


「いつも見ているよ」ということを伝えるようにしています。「ここ、この前と変えてよくなったね」など、気にかけているということを言葉で知らせるんです。手ごたえがないと不安になることもありますが、見ていることを伝えると、「じゃあもう一工夫してみよう」と思えますよね。僕も演出する側とされる側、両方の立場を経験していますからわかるんです。


みんなで同じイメージを共有できているかどうか、同じ絵を描けているかどうか確認する。大事な部分を共有したら、アドリブなどそれ以外のところは任せる。その代わり、もし成功すればその人の手柄です。あえて任せることでいい結果が出ることも多いです。


任せることも大事です。「ここは任せた、まずは一回やってみなさい」と相手に預ける。そうすると、相手も必死で考えます。


演出などに関していえば、みんなの意見を聞きつつ、自分の意見をしっかり言ことをう心がけています。否定しないで受け止めながら、「こういうのはどうかな?」というスタンスです。


緊張して上がった舞台の方が出来がいいことがあります。意外とリラックスして伸び切った状態だと、とっちらかっちゃったりするんですよ。大切なのは、その辺のリラックス感と緊張感をいかにうまく調整して本番に入っていくか。


社交ダンスは番組の企画がキッカケでしたけど、始めてみると教わる楽しさ、新人に戻れる新鮮さがあった。そうじゃなかったら、仕事の終った後に週5日間も練習できないですよ(笑)。これは本気でやる方がおもしろいと思って、自分のためにのめり込んだだけですから。すると、そこで受けた刺激が今度はまた本職へのエネルギーになっていく。


僕自身、30代以降はウッチャンナンチャンでの活動だけではなく、社交ダンスや落語、狂言、スポーツ番組と新しいことをやってきました。それは別に死を意識したとか、そういうことではないんですが、やはり30代までに積み上げてきたものが固まってくると、違う刺激が欲しくなってくると思うんです。


南原清隆の経歴・略歴

南原清隆、なんばら・きよたか。日本のコメディアン、俳優、落語家、狂言師、キャスター。香川県出身。高校卒業後、横浜放送映画専門学院(のちの日本映画大学)演劇科に入学。同級生だった内村光良と漫才の授業をきっかけにコンビを結成。以後「ウッチャンナンチャン」として二人で活動。お笑い番組だけでなくバラエティ番組司会、スポーツキャスター、記者、落語、狂言など幅広い分野で活躍。「現代狂言」主宰。

他の記事も読んでみる

田村耕太郎

世界のエリートは常に頭と体は一体であることを意識して、ベストパフォーマンスを出すことに集中している。


西野浩輝

上司に頼まれていた資料を何日もかけてつくり、提出したら「それいらなくなったんだ」と言われた経験はないでしょうか。そんなとき、悪いのは上司だけではありません。こまめに進捗状況を報告していれば、余計な仕事をしなくて済んだのです。報連相はビジネスの基本ですが、不十分な人は意外と多いようです。こまめな報連相を心がけましょう。


谷井昭雄

たとえ適性に見合っていなくても、今いる部署で与えられた仕事に一所懸命取り組めば、おのずと適材適所になっていく。


岩崎哲夫

企業には手本となる企業から学ぶことが必要です。当社も抜群の強さを誇った多くの日本企業から品質管理、製造技術をはじめ、色々なことを学んだから今日があります。そのためにも多くの企業と良好な関係を築くことが、欠かせないのです。


松﨑隆司(経営者)

当社が扱うのは、あまりに手間暇がかかるので大手不動産会社をはじめ、他社でも手掛けてこなかった分野。


根本二郎

的確な時代認識を持ち、その中でどういう価値を企業として追求するかを決め、その処方箋(計画)を立て、実行し、チェックする。これを正しく繰り返すことを肝の銘じて行えば、盤石だと思います。


村上憲郎

私は上手く営業できませんでした。ただ、商品を売るというのはどういうことか、お客様との信頼感をいかにすれば築けるかを身を持って体験できたことは、いま思えば財産だったと思っています。決して後悔はしていません。
【覚書き|技術畑一筋だったとき日本DECでセールスの仕事を経験した当時を振り返っての発言】


松田洋祐

一年単位などと悠長なことは言えない。緊急に改革をやらないといけない。


なかにし礼

がんを乗り越えた今は、これまで生きた73年が助走期間であったと感じています。ガンを克服するという体験をした者だから書けるものを送り出していくこと。そういう意識と意志を持ち、努力を持続させ、進化し続ける。それが僕のやるべきことだと思っています。


大山健太郎

短期間で集中する点では、会議室も同じです。当社には来客用や研修用の会議室はありますが、従業員の打ち合わせは基本、テーブルを囲んで立ちながら行います。部署をまたいだ従業員が、そこここで立ちながら話し合うのです。わざわざ会議室を予約して会議をすると、全員の時間をすり合わせるのも大変です。座ってしまうと相手との距離が遠くなって議論も活発になりません。さらに居心地がいいとダラダラと引き延ばしがちになります。


川崎貴子

本格的にビジネス書を読むようになったのは、自分で会社を経営しはじめてからです。OLをやっていたころは、ドキュメンタリー、小説、歴史ものなど、自分が興味を持ったものを思いつくままに乱読していました。仕事に役立てようという意図では読みませんでした。


酒巻久

雑談を促すために、社内の随所に立ち話がしやすい「立ち会議テーブル」を設置したり、同じフロアの社員同士でのメールを禁じたりしています。私自身も毎朝6時半に出社し、1時間近くコーヒーを片手に社員と雑談しています。