南原清隆の名言

南原清隆のプロフィール

南原清隆、なんばら・きよたか。日本のコメディアン、俳優、落語家、狂言師、キャスター。香川県出身。高校卒業後、横浜放送映画専門学院(のちの日本映画大学)演劇科に入学。同級生だった内村光良と漫才の授業をきっかけにコンビを結成。以後「ウッチャンナンチャン」として二人で活動。お笑い番組だけでなくバラエティ番組司会、スポーツキャスター、記者、落語、狂言など幅広い分野で活躍。「現代狂言」主宰。

南原清隆の名言 一覧

失敗しても大したことない。それこそ死ぬわけじゃないし、笑い飛ばせばいいだけで。


僕は、自分の知らない世界を覗きながらいつも新鮮でありたいというタイプ。他のことをやっていた方が、精力的でいられる。


古典ってすごいんですよ。いろいろミックスしてもびくともしない。「どうぞやってください」って感じなんです。
【覚え書き|狂言を現代風にアレンジした現代狂言について】


できるだけリラックスできる空間を作っておいて、本番へ入って行く。番組が成功するかどうかはその空気作りが7割、本番が3割ぐらいですから。


体が動く40代のうちはできるだけムチャをしていくこと。それをテーマにやっていこうと思っています。


結果は後からたまたまついてくるものと考えて、そこにたどり着くまでの過程が面白いと考えた方がいい。結果を見ないことです。たとえば、視聴率○%という目標があったとして、「じゃあどうしたらいいか」とみんなで考えて、挑戦してみることに意義があります。


ものごとの本質が何なのかよく考えるようにしています。情報を鵜呑みにしないということですね。情報の先に何があって、それによってどうなるのかというところまで理解しようと心がけています。


「いつも見ているよ」ということを伝えるようにしています。「ここ、この前と変えてよくなったね」など、気にかけているということを言葉で知らせるんです。手ごたえがないと不安になることもありますが、見ていることを伝えると、「じゃあもう一工夫してみよう」と思えますよね。僕も演出する側とされる側、両方の立場を経験していますからわかるんです。


みんなで同じイメージを共有できているかどうか、同じ絵を描けているかどうか確認する。大事な部分を共有したら、アドリブなどそれ以外のところは任せる。その代わり、もし成功すればその人の手柄です。あえて任せることでいい結果が出ることも多いです。


任せることも大事です。「ここは任せた、まずは一回やってみなさい」と相手に預ける。そうすると、相手も必死で考えます。


演出などに関していえば、みんなの意見を聞きつつ、自分の意見をしっかり言ことをう心がけています。否定しないで受け止めながら、「こういうのはどうかな?」というスタンスです。


緊張して上がった舞台の方が出来がいいことがあります。意外とリラックスして伸び切った状態だと、とっちらかっちゃったりするんですよ。大切なのは、その辺のリラックス感と緊張感をいかにうまく調整して本番に入っていくか。


社交ダンスは番組の企画がキッカケでしたけど、始めてみると教わる楽しさ、新人に戻れる新鮮さがあった。そうじゃなかったら、仕事の終った後に週5日間も練習できないですよ(笑)。これは本気でやる方がおもしろいと思って、自分のためにのめり込んだだけですから。すると、そこで受けた刺激が今度はまた本職へのエネルギーになっていく。


僕自身、30代以降はウッチャンナンチャンでの活動だけではなく、社交ダンスや落語、狂言、スポーツ番組と新しいことをやってきました。それは別に死を意識したとか、そういうことではないんですが、やはり30代までに積み上げてきたものが固まってくると、違う刺激が欲しくなってくると思うんです。


南原清隆の経歴・略歴

南原清隆、なんばら・きよたか。日本のコメディアン、俳優、落語家、狂言師、キャスター。香川県出身。高校卒業後、横浜放送映画専門学院(のちの日本映画大学)演劇科に入学。同級生だった内村光良と漫才の授業をきっかけにコンビを結成。以後「ウッチャンナンチャン」として二人で活動。お笑い番組だけでなくバラエティ番組司会、スポーツキャスター、記者、落語、狂言など幅広い分野で活躍。「現代狂言」主宰。

他の記事も読んでみる

岩田聡

お客様の有限な時間を使っていただくという意味においては、いろいろなものと競合しております。お客様の面白いと思うものの中でトップグループにいられるかどうかが問題。


安政真弓

私自身、若い頃に東大受験に2度失敗しています。それが心のどこかで引っかかっていて、次男の不合格の知らせを聞いた時、私自身の悔しさが蘇り、もう一度挑戦して今度こそ合格したいという思いが湧き上がりました。


塚原哲(ファイナンシャルプランナー)

「引き落とし日・引き落とし額」を即答できると資金繰りが上手になります。逆に把握していないと、引き落とし日に残高不足となり、不要な延滞利息や手数料を負担することに。キャッシングに手を伸ばすきっかけにもなりかねず、家計破綻につながります。


宮内義彦

株主は経営者に寄りそい、会社の成長に寄りそっていく責任がある。だからこそ、経営者にチェックを入れる資格ができるんです。昨日株を買って今日売るという人に、そういう責任は取れない。これは議決権ゼロでも良いくらいです。


ジム・ロジャーズ

何もしないことが一番賢明という場合が時としてある。類いまれな成功を収めた投資家たちは、実は大半の時間をなにもせずに過ごしている。


小倉昌男

社員は将棋やチェスの駒ではない。それぞれが自分の生活を豊かにすべく生きている生身の人間である。そして彼らの幸福は、社長の腕一本にかかっていると言ってもいいだろう。社員の家族も含めれば、雇用している人の何倍もの人間の人生を社長は一人で背負っていることになる。


大島卓

働き方の変更や残業時間の削減は、ただ言うだけでは変わりません。やはり経営トップが「これをやる」と上から決めて取り組まないと進まないんです。


夏野剛

これからも経済成長をしていこうとすれば、今までと同じことをやっていては到底無理、経済はどんどん縮小していく一方です。どの産業においてもどの企業においても、新たな付加価値を継続的につくりだす仕組みをつくらなくてはなりません。


杉本宏之

僕はべつに天才でも何でもないから、努力しないと、何も成長しません。


今田耕司

「どうやって時代の流れをつかむんですか?」って聞かれることが多いんですが、自分にできることをやり続けていくしかない。人気がなくなっても、続けていればまたチャンスが来ると思ってやる。


高橋滋

お客様はのれんに集まって人につくといいますが、カシータはそれだけではなく、のれんに集まったお客様に担当ウェイターがつき、それをもう一度のれんでお守りするという考え方なんです。


泉谷直木

上司に話をするときの重要なキーワードは、「打・開・策」という三つの言葉に集約できる。「打」とは打診のこと。つまり、自分が今から話をしようとしていることについて、上司がどういう関心を示すのかを探ることだ。そのためには上司の力量や度量をまず見極める必要がある。打診し探りを入れ、これなら話せる上司だなと得心したら、自分が言いたいことを「開」示していく。その結果、たとえば自分がやりたいことを上司と共有化することができたら、今度はそれを具体的計画に落とし込んでいく。つまり「策」定する。上司とのコミュニケーションとは、打診し、開示し、策定することなのだ。


白井克彦

日本の大学の授業料は決して高くはないのですが、やはり収入に比べて高いと思う人にはハードルになります。ですから、授業料コストをできるだけ上げないようにする工夫が必要です。そのためには大学間で授業というコンテンツや教材を共有したり、お互いに教員や学生の交換をすることは効率化だけでなく、意味があります。それぞれの大学のアイデンティティは当然ですが、一部分くらいは共有化してもいいのではないでしょうか。教員の「クロスアポイントメント制度」というのがあります。例えば、放送大学とどこかの大学が教授に対して折半して給料を払い、それぞれに半分半分の仕事をしてもらうといったことも可能です。


平松守彦

どんじりランナーは時代の流れが逆向きになればトップになれる。


内田恒二

OJT(オン・ザ・ジョブ・トレーニング)で一度に教えられるのは2人くらいでしょう。しかし、その2人がまた2人ずつ教えていけば、暗黙知的なものも含め、ネズミ算的に広がっていきます。いい意味での知のネズミ講ができれば、組織全体の力はグンとアップします。


ページの先頭へ