名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

南佳孝の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

南佳孝のプロフィール

南佳孝、みなみ・よしたか。日本のミュージシャン、作曲家。東京都出身。明治学院大学卒業。中学時代にバンド活動を開始。アルバム『摩天楼のヒロイン』でデビュー。他のアーティストへの楽曲提供や映画・CM音楽作曲などでも活躍しヒット曲を生み出した。

南佳孝の名言 一覧

自分の曲は聴かないんだよね、僕。自分のラジオ番組でも選曲家が僕の曲を随分流してくれるんだけど、「ん? こんな曲もあったかな」って感じでさ。新たに創り出す方が方がもう大好きなんだ。


実は、この2曲(「モンロー・ウォーク」「スローなブギにしてくれ」)とも15分くらいでできたんだ。だからヒット曲というのは意外とパンとできちゃうものでね。不思議だよね。


ネットの世界はすごく綺麗な話と炎上するような話の両極端しか出てこない。ウィキペディアを見て分かったような気になり、考えてることがみんな一緒になっちゃうのも怖いよね。


実は僕もこの2~3年、ちょっと萎えていたんだ。けど去年、書こうと思って書きだしたら、また出始めて。不思議なもんだよね。テニスのフェデラーもあれだけの人なのに「勝ちたい気持ちがまた増してきている」んだって。すげえな、このおっちゃんと。諦めたらそこで終わりなわけだから。


ふっと浮かぶこともあるし、「いい曲作ろう」と思って早朝からピアノに向かって作ることもある。42年間って、結局その「いい曲を作りたい」という気持ちの歴史だと思うね。その時その時で時代のキーワードがあって、アルバムの色合いは変わる。でも「いい曲作りたい」という点では全部一緒なんだよね。


音楽も今、予定調和で「どっかで聴いた音だな」ばっかり。売れ線で作ってるというか、音楽「ビジネス」になってるんだよね。でも本当はそうじゃなくて、例えば高校生の頃、友達の家でああでもない、こうでもないって1日中ギター弾いて過ごせたじゃない。そういうものだよ、音楽って。今はパソコンで打ち込みすれば1人でバンドでも何でもできるし、僕もそれに凝ったこともあるけど、それより4人くらいで集まって「せーの」で演奏した方が、よほど気持ちいい。いまは音楽も人とのコミュニケーションも、バーチャルだけだと「ちょっと違うんじゃない?」って思うね。


こないだ友達の家にスマホを置き忘れて、それで親父の墓参りに行って途中で気付いたんだけど、すごく新鮮でね。ネットもスケジュール管理もなしで、芥川龍之介の短編の『蜜柑』のように電車の中の人を眺めたりして。「ん? このゆとりある感じは、俺が好きなボーッと考えたり空想したりの原点なんじゃないか」と思っちゃってさ。だから「スマホを持たない日」を決めるとか、「毎正時にチェックする、後は消しとく」程度でもいいんじゃない。


あれは、楽譜を欲しいという人がいたの。だったら、覚えて歌ってもらった方が僕としては嬉しいから「あげる」ということでね。

【覚え書き|楽譜や音源を公式サイトで公開していることについて】


昔、業界の偉い人に「君の曲は難しいんだよ」と言われて、簡単にしようと思ったけど、できないんだ。色々考えて作った曲も、もっとフックが欲しいと思って一度寝かせて後で聴くと、「ポリッシュすればもっとよくなるな」。その繰り返しでね。「ここのコードはこれかな、それともこっちかな」というのは曲全体から見れば細かい話なんだけど、魂はそういう細部に宿っちゃうものだから。ビートルズの初期の曲でも、あのオーギュメントのコードでみんな「何これ?」ってハートを掴まれたわけだしね。


(デビューアルバムは)売れなかったけど作曲は好きだったんで、当時は「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる。曲さえ書いていれば何とかなるさ」と思ってた。というのは、当時も今もメロディだけは「出せ」と言われれば、すぐ出せるから。当時同じ事務所だったユーミンが手一杯で他の女性歌手の曲を作れない時、「南くんやってくれる?」と言われて受けたら「締切は明日」。それですぐに1曲作ったりとか、そんなこともあったよ。


南佳孝の経歴・略歴

南佳孝、みなみ・よしたか。日本のミュージシャン、作曲家。東京都出身。明治学院大学卒業。中学時代にバンド活動を開始。アルバム『摩天楼のヒロイン』でデビュー。他のアーティストへの楽曲提供や映画・CM音楽作曲などでも活躍しヒット曲を生み出した。

他の記事も読んでみる

高田明(ジャパネットたかた)

昔、ジャパネットのラジオショッピングが好調だったとき、ラジオの聴取者は5%程度と知り、残る95%の人に伝わっていないことに気づいてテレビに進出しました。テレビやラジオでお年寄りがあまり買ってくれていないことがわかり、新聞チラシも使うようになりました。他社よりスピードを上げたいと考え、自社スタジオで番組を制作するようになりました。進化しようと思えば課題が見えてくるんです。その積み重ねが「いま」です。過去の成功体験は捨て去ることです。


飯野修一(経営者)

もともと起業の意識はあって、ビジネススクールに通っていたほどです。当初は、ネットビジネスで起業したかったんですが、自分の強みである、これまで関わってきたカーテンで起業を決めました。


吉良俊彦

情報ネットワークの進化で居ながらにして世界中の情報が手に入ります。そのため自分は何でもわかっているという錯覚に陥りやすい。狭い範囲で自分の世界観を確立してしまうから、そこからしかモノが見えなくなってしまいます。


ラ・ロシュフコー(ロシュフーコー)

才能があっても、胸くその悪くなるような輩(やから)もいれば、いくつも欠点を持っていて、快感を与える人もいる。


中村義一

「どうしたらそんな発想や工夫が生まれるのか」とよく聞かれますが、最近つくづく思うのは、小さいころからモノづくりの楽しさを身体で知っていることが大切だったということです。私は小学校しか卒業しておりません。中学も戦争で近くの飛行場に動員されたため、卒業していませんが、モノづくりの楽しさを知るという意味では幼少期、少年期は恵まれていました。父が用務員をしていた東京三鷹の国立天文台に遊びに行き、研究員の方が使わなくなった古い望遠鏡を分解させてくれたので、何度分解して組み立てたことか。毎回、その精密な仕組みに驚いたものでした。


末木紳也

ビジネスパーソンがキャリアアップするためには、自己投資が不可欠です。目指す資格を選ぶときには、注意が必要です。それは雑誌などに掲載されている人気ランキングなどは参考程度にとどめ、現在の仕事に直結した資格か、興味ある資格に絞り込むことです。


高橋秀明

当社のディレクター(自ら手を上げ、社内で人材を集め、新商品・サービスのプロジェクトを立ち上げた社員)たちが発案したプロジェクトの中には、間もなく新しいビジネスとして結実するものもあります。100億円程度の売上が見込めそうな新規事業もある。社員の潜在能力を引き出せば、ビジネスが生まれることを実証していきたい。


佐川八重子

新卒女子を採用し特訓中です。桜ゴルフの原点を突き詰めてみますと、「女の力」であったと思います。新卒の若い社員たちは真っ白なので教育のし甲斐があります。愛社精神もありますし、それは頼もしい。


斎藤英四郎

あなたに再建を委ねたのだから、思い切って自分のやり方でおやりなさい。


伊藤隆行

私の仕事の心構えは、「自分の能力の99%は凡人。でも、1%はものすごい天才だ」と信じ込むこと。


美土路昌一

現在窮乏、将来有望。


寺田直行

カゴメの商品開発のベースは「自然」です。自然という原料からくる技術が当社の強みなのです。過去、清涼飲料を手掛けたことがありましたが、うまくいきませんでした。やはり自然の恵みを生かし、時代を先取りした価値を創造することがカゴメの精神なのです。