名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

南伸坊の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

南伸坊のプロフィール

南伸坊、みなみ・しんぼう。日本のイラストレーター、エッセイスト。東京都出身。東京都立工芸高等学校デザイン科卒業。日本能率協会などを経て青林堂に入社。月刊漫画雑誌『ガロ』編集長などを経て独立。講談社出版文化賞ブックデザイン賞受賞。

南伸坊の名言 一覧

お金は必要な分だけあればいいんです。いくらあったって死ぬ時は一銭も持っていけないですから。


才能は動産、人柄は不動産。


普通はみんな世間の物差しで生きてます。でも、自分がなんか苦しくなった時に、それとは違うモノサシで考えられれば楽になるんじゃないですかね。自分が楽しくなれれば結果オーライですよね。


お金ってのは、あるに越したことはないけど、集め出すといくらでも集めたくなっちゃうんじゃないかな。最初は理性的な人でも、貯まってくると、お金に主導権がいっちゃってなんでもかんでも殖やそうってなる。お金自体にそういう人を動かす力があるんですね。


人間関係、大事ですよね。僕らの仕事は、「この文章に合うイラストレーター」を選びに選び抜いて頼まれるというよりは、「知り合いのアイツならいいんじゃないか」くらいの感じですよ。だから人間関係が財産になる。


千円札拾って喜ぶ人と、少なくても1万円くらいないと嬉しくない人がいたら、千円の人の方が幸せそうですよね。自分が気持ち良かったり楽しかったりする方に価値観を置けば、人から「千円くらいのことで喜んで」と言われても、平気。「こんなことで喜んだら笑われる」と思ったとしたら、それは自分じゃなくて世間の価値観の方から自分を見てるわけですからね。


世の中には成功するっていう王道だけじゃなく抜け道や裏道、けもの道とか色々あるんですよね。僕がデザインやイラストレーションを仕事にしたいと思ったのは中学生の頃ですが、当時はそのためには東京芸大に行くしかないと思ってた。でも試験という試験に落ちて、結局芸大には行かずに美学校っていう無試験で入れる学校に入って、そこで赤瀬川(原平)さんやいろんな先生に出会う。結果オーライだった。つまり、初志貫徹できなかったからこそ出会えた場所です。失敗した時にはそういう風に思えばいい。


僕みたいにそういう先の(老後の)ことまで考えられないのは、不安ないんです(笑)。考えられるから悩んじゃう。まあ、考え出したら大変なことは一杯あると思います。僕の今やってるイラストレーションの仕事だって、ずっとやってける保証があるわけじゃないし、本が売れなくなってるのに本の仕事してるんですからね。でも「不安だから」ということだと、いくら(お金が)あってもダメでしょ。原因は「不安」なんだから。


南伸坊の経歴・略歴

南伸坊、みなみ・しんぼう。日本のイラストレーター、エッセイスト。東京都出身。東京都立工芸高等学校デザイン科卒業。日本能率協会などを経て青林堂に入社。月刊漫画雑誌『ガロ』編集長などを経て独立。講談社出版文化賞ブックデザイン賞受賞。

他の記事も読んでみる

マーク・マコーマック

自分たちの専門知識の本当の価値にふさわしい料金を請求していない会社は多い。素人が同じ知識を獲得するのにどれだけのコストがかかるかわかっていないのだ。我々も最初の10年間はそうだった。この時期、スポーツイベントで取引した企業は1000を超す。スポーツを通じて企業がマーケティング上の目的を達成する方法について私たちは膨大な知識を蓄積していた。当時は、その知識を無料でプレゼントしていた。


岡藤正広

何もしないで悩んでいるのが、一番の時間の無駄ですよ。


岸見一郎

いくら空気を読んだところで、じつは状況は何ひとつ変わりません。個人が社会的な存在として生きる時、直面せざるを得ない対人関係をアドラーは「人生のタスク(課題)」と名付けました。そして、人生のタスクを回避する行為を「人生の嘘」と呼んでいます。空気を読んで、言いたいことも言わずに生きるのは、自分の人生に嘘をつき続けることに他なりません。空気を読まずに嫌われるのは、自由に生きるためのコスト。嫌われる場面はあっても、自分の考えや成果を評価されるのが自由に生きられる人の強さなのです。


木瀬照雄

経営理念は個人の仕事観と共鳴できてこそ価値がある。


野中正人

当社がライバルと同じ品質の商品を圧倒的に安くできるのは、利幅が薄くても利益を確保できる構造です。当社は売上高に占める販売費・一般管理費の比率が低く、ローコストで運営できる仕組みを築いている。しまむら自身の運営コストが安いだけではなく、商品を供給する衣料品メーカーも、当社とはコストをかけずに取引できる形になっています。取引先の衣料メーカーは、ほかの小売企業と取引する場合よりも、必要経費を抑えられる。だから仕入れ原価が安く、低価格で売っても、利益を生み出せるのです。


木村尚敬

部下がごまかしをしたときは、徹底的にやりこめていい。ただ、怒りの感情を爆発させるのではなく、ロジカルかつ冷静に指摘することが原則だ。感情むき出しで怒ると、部下は恐れを抱くかもしれないが、畏れにはつながらない。それより水も漏らさぬ論理で、グウの音も出ないほど凹ませるべきだ。


藤沢武夫

布を織るとき、タテ糸は動かず通っている。タテ糸がまっすぐ通っていて、はじめてヨコ糸は自由自在に動く。一本の太い筋が通っていて、しかも状況に応じて自在に動ける、これが「経営」であると思う。


荻原博子

株に投資すれば儲かるなどと、安易に思わないでください。株で確実に勝てるのは情報、時間、お金がふんだんにある人だけです。特別な情報もなければ、一日中モニターを見続けている時間もない、相場をつくれるだけのお金もないなら、株で儲けようなんて最初から考えないことです。ただし、若い人が勉強だと思ってやるならいいでしょう。


吉松徹郎

起業当時、私は26歳でしたが、自分が30歳になった時に何が出来るか考えました。経験値として3年間のコンサルタント、プラス3年で6年間のコンサルタントとしてのキャリアが良いのか、3年間のコンサルタント、そしてベンチャーでの3年間の経験と比べたらどちらが自分にとって良い経験が出来るのかを考えたら、迷わずベンチャーを選択しました。


嶋浩一郎

最近は、企画の当初の狙いとは別のところでウケることも多くなっています。そのときは、「起きていることはすべて正しい」と考えるべき。アマゾンで食器乾燥機を検索すると、一番上位に来て、星がたくさんついている商品は、プラモデル愛好家が塗装を乾かすのに最適だということで評価されている商品です。そこに市場があるということです。


瀬戸欣哉

モノタロウを立ち上げるきっかけは米アマゾン・ドット・コムでした。「無限の商品から選ぶ」「一物一価の透明性を持つ」というビジネスモデルは、住友商事という総合商社に勤めていた僕には衝撃的でした。企業間取引(BtoB)の世界は、大企業は安く買い、中小企業は高く買うというのが基本で、そこにアマゾンのように一物一価を持ちこんだらどうなるか、そのインパクトを考えずにはいられませんでした。


澤田秀雄

優秀な人ばかりを集めようとして、できるものでしょうか。仮に優秀な人ばかりを採用できたとしても、その優秀な人たちの一部が手を抜き出して優秀ではなくなるのが、組織というものです。