名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

南不乗の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

南不乗のプロフィール

南不乗、みなみ・ふじょう。日本の書道家。大正時代、高知県出身。安芸市に全国初の公立書道美術館「安芸市立書道美術館」を設立し、現代書道の普及と発展に寄与。「現日会」「山草会」などを主催。安芸市名誉市民となった。

南不乗の名言 一覧

芸術というものは最も独自性があるものでなければ意味がない。その独自性があるためには、持って生まれた芸術的な才能に加え、天性を伸ばしてくれる良い師との出会いがなければならないでしょう。


南不乗の経歴・略歴

南不乗、みなみ・ふじょう。日本の書道家。大正時代、高知県出身。安芸市に全国初の公立書道美術館「安芸市立書道美術館」を設立し、現代書道の普及と発展に寄与。「現日会」「山草会」などを主催。安芸市名誉市民となった。

他の記事も読んでみる

河上和雄

人間はお金が絡むと本当に汚い動物になる。お金は人を良い方にも悪い方にも簡単に変える。


冨永照子

最初は阿波踊りでも呼ぼうかという話だったんですが、亡くなった喜劇役者の伴淳三郎さんが「阿波踊りなんて古い。リオのカーニバルだよ」って台東区長に話したそうで。区長と浅草の旦那衆がみんなでリオに見に行っちゃった。お腹を壊した人もいたけど、帰ってきたらみんな「あれはいいよ!」と盛り上がってサンバに決まりました(笑)。今、サンバは花火より盛り上がっていますよ。サンバの日は朝からおじさんたちが、熱射病対策のペットボトルを抱えて場所取りして動かないのよ。商店街の活性化ですから、「清く正しく美しく」だけじゃ駄目なんです。チラリズムにあると思っています。


大西洋

目を向けるべきは、同業者ではなくコンビニエンスストアであり、IT企業。コンビニエンスストアは商品開発にしのぎを削り、IT企業は既存の企業では想像しがたいほどのスピードで時代に合わせた変化を実現しています。最先端を走る企業の姿を見ていかないと生き残っていけない。


伊藤美恵

コミュニケーションの基本は、相手の立場に立ちながら、自分の考えをきちんと話すことです。


冨山和彦

よく「仕事が忙しくて勉強する時間がない」という人がいますが、そういう人は「勉強は自宅の書斎でじっくりやるもの」と勘違いしています。多忙なビジネスマンにそんな時間は未来永劫やってきません。勉強するには、細切れ時間を使うしかない。そこで、瞬間集中力が役立つわけです。私自身、20代のころ、仕事に家庭に夜遊びに忙しいなか、留学のための勉強をしたのですが、瞬間集中力がなければ、留学は叶わなかったでしょう。


桐山一憲

ワークライフバランスを実現するだけでなく、全体の効率化を図るためにコストをかけて情報システムを導入した企業は、たくさんあるだろう。しかし、そうした制度や設備が整っていても、同僚たちに遠慮して実際にはなかなか使われていないといった話をよく耳にする。仕組みはあっても、周りの空気に配慮して使えない。例えば、時短勤務を利用している人が社外から会議に参加しようとした時に、チームのほかのメンバーの雰囲気がそれを許さないようでは全く意味がない。社員のフラストレーションになるし、かけたコストも無駄になる。


倉田百三

青春の時代は短いけれど、青春という被服をまとって、我々は愛、善、正義というものに血をわかせます。そして次第に社会性が備わり処世術を学ぶにしたがって、いつのまにか青春の夢は食いつぶされ、気概は奪い去られていくのは惜しむべきことです。どんなに青春は短くても、青春の時代に得た宝石のような精神は大切にしておきたいのです。


松下幸之助

各人それぞれにさまざまな知恵や力など限りない可能性を秘めている。そのことにお互いが気づいて、個々に、あるいは協力してその可能性を磨いていくならば、人間本来のもつ特質、よさが光り輝くようになってきます。そこに世の中の繁栄も、平和も、人間の幸福も実現されてくると思うのです。


内田和成

市場性が高いからといって、安易に参入すると、予想だにしなかった異業種企業をも交えた果てしなき消耗戦へと巻き込まれるっことになります。


岡野俊一郎

チームの中で自分の役割を果たすには、チームの一員としてチームにプラスになる自分の長所を伸ばし、マイナスになる短所を消していく毎日の努力を怠ってはいけない。


丹羽宇一郎

「お前は、何様だ」と、自分に言い聞かせなければ、従業員のことを見失いかねない。


内藤誼人

部下のルール違反を知ったとき、怒りや動揺を覚えない上司はいないはず。違反の程度によっては「部下はルールを破るもの」と性悪説の立場でいれば、その対処法を前もって考えられるし、腹も立たない。悪事をすべて許せというのではありません。状況に応じて判断することが必要なのです。