南不乗の名言

南不乗のプロフィール

南不乗、みなみ・ふじょう。日本の書道家。大正時代、高知県出身。安芸市に全国初の公立書道美術館「安芸市立書道美術館」を設立し、現代書道の普及と発展に寄与。「現日会」「山草会」などを主催。安芸市名誉市民となった。

南不乗の名言 一覧

芸術というものは最も独自性があるものでなければ意味がない。その独自性があるためには、持って生まれた芸術的な才能に加え、天性を伸ばしてくれる良い師との出会いがなければならないでしょう。


南不乗の経歴・略歴

南不乗、みなみ・ふじょう。日本の書道家。大正時代、高知県出身。安芸市に全国初の公立書道美術館「安芸市立書道美術館」を設立し、現代書道の普及と発展に寄与。「現日会」「山草会」などを主催。安芸市名誉市民となった。

他の記事も読んでみる

中鉢良治

消費者の目線になれと言われて、いくらデータを分析してみたところで、対象者という実物と接点がなければ、相手の目線になることなどできないでしょう。


長島昭久

技術革新というのは人についてくるわけだから、結局、人に対する投資に集中すべきだ。


橋都浩平

監査役の最も重要な任務は、取締役がきちんと仕事をしているかを見張ること。倫理観が大事だから、実は医師は向いている。


古賀信行

楽観主義を貫けるのも、若さの特権のひとつです。


山本晶(経済学者)

クチコミを広めるには2つの要素が必要です。雪だるま作りになぞらえると「雪質(クチコミ情報)」と「雪玉(知覚認知率)」です。雪だるまを作るときは、初めに小さな雪玉を作り、それを転がして雪を付着させることで、雪玉を大きくしていきます。大きな雪だるまを効率よく作るには、「雪質」と「最初の雪玉の大きさ」が重要になります。さらさらとして湿度の低い雪は固まりにくいため、雪だるま作りには向きません。また、雪玉が小さすぎると、雪だるまを作るのに時間がかかってしまいます。クチコミが広がるプロセスは、雪だるま作りのプロセスに似ています。雪質が適切で、適度な大きさの雪玉があれば、その情報が消費者の間を駆け巡ることで、新たな消費者の関心をひきつけ、大きなうねりとなっていきます。


矢田裕基

飲食店はうまくいっているときはいいですが、リスクも非常に高い。だからこそ、初期投資は出来るだけ抑え、FCのように5~6年といった単位ではなく、1~2年で回収できるぐらいのスピードでやらないと、個人では怖くて独立できない。


カルロス・ゴーン

昨年、我々は電池事業を売却しました。研究開発は自社に残しましたが、バッテリーの内製化はもうしません。この決断の論理は非常にシンプルです。日産でバッテリー事業を立ち上げたのは07年ごろでしたが、それは単にバッテリーを供給してくれる会社がなかったから。今は多くの会社がバッテリー事業に参入していて、競争も激しくなっています。競争の原理が働いている状況においては専業会社に任せた方がいい。その方が効率的に資金やリソースが投じられるので、より良いバッテリーが生まれやすいのです。


鈴木喬(経営者)

商品やネーミングを会議で決めるのではなく、本当は常識外れの柔軟な発想力を持っている者が、独裁的に決定すべきです。


豊田圭一

早めに提出した方がフィードバックを受けやすい。僕は単純に仕事が早くできたわけじゃなくて、自分が楽をするために、できる範囲でさっさと出しちゃう。ただそこで1つ必要になってくるのは、チャチなプライドを捨てること。「おまえそんなのしかできていないのか」と言われる可能性もありますが、そこは甘んじて受け入れます。後は、早く返した方が、クオリティが少し低くても許してもらえるんじゃないかという、弱い気持ちなんですよ。さっさと提出していたら、先方も「ここはもっとこうして欲しいな」と言える余裕がありますし、こっちにとっても楽ですよね。


及川光博

40歳を迎える年には、『相棒』から準主役級での出演のオファーがきます。俳優として「あれ、なんだか大きな椅子が回ってきちゃったな」と驚きました。プレッシャー? もうプレッシャーなんてもんじゃないですよ! 長く続いている人気シリーズでしたし、前任者の寺脇康文さんも大人気だったわけじゃないですか。人気が落ちれば僕のせいと言われるだろうし、逆に人気が出れば作品がよかったと言われるだろうし(笑)。美味しいところはないというか、さすがに「これは負け戦になるかもしれない」と覚悟しましたね。でも結果的に、このプレッシャーを乗り越えたことが、自分の人生のひとつのターニングポイントになりました。


ロバート・M・ベラーディ

「これだけでは足りないのでは?」という不安にとらわれると、お金を使うことに罪悪感を覚えるようになります。すると、無駄遣いだけでなく、使うべきときにも出費を惜しむようになります。それは、長い目で見て、損をすることにつながります。自己投資にお金を惜しんで仕事の能力があがらない。住宅価格が安くなっているのに買い渋って数年後に高値でつかんでしまう。これでは、生活は豊かになりませんし、お金に対する不安も消えることはないでしょう。


江島祥仁

当社ではリーダーの条件として「卑しくなるな」と教えています。そういった基本姿勢を自分の生き方として持ちなさいと教えているのです。コンプライアンスは法律にないそういったところを埋めるものだと思っています。


細川馨

悪癖を一度にすべて直すことは不可能なので、焦点を絞り、「××のクセを私は直す」と公言して行動する。それだけでも、自分や周りに大きな変化が表れるはずです。そしてクセが出た行動を取った時に指摘してもらいましょう。


関家一馬

当社の管理会計には「痛み課金」や「WILL報奨」という仕組みがあります。痛み課金は売れ筋商品の納期変更や出張旅費精算の遅れなど、他部署に迷惑をかけた際に支払われる部署に対する罰金制度。WILL報奨はメリットを与えた際の報奨金です。この2つで2012年度は165億円が動きました。こういった仕組みを導入したのは、社員の行動変化を促すためです。


アントニオ猪木

私の歴史を振り返ると、行動を起こした直後はものすごく批判を浴びる。でも結果として形になっていく。


ページの先頭へ