名言DB

9,520 人 / 112,352 名言

半藤一利の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

半藤一利のプロフィール

半藤一利、はんどう・かずとし。日本の作家、エッセイスト、雑誌編集者。東京出身。中学時代に東京大空襲を経験。東京大学文学部国文科卒業。文藝春秋に入社し、編集者として活動。『漫画読本』『増刊文藝春秋』『週刊文春』『文藝春秋』『くりま』などの編集長を務めた。『漱石先生ぞな、もし』で新田次郎文学賞を受賞。文藝春秋の専務取締役を務めたのち退社し専業作家となる。その後数々の作品を発表した。

半藤一利の名言 一覧

脅かしたり、引っ込んだりとあらゆるテクニックを使ってやるのが外交ですが、日本人は本当に外交が下手です。戦前の日本は完全に軍部に抑えられており、陸軍省の中の外交部でしかないと思われていた。戦後は進駐軍に抑えられて外交は存在せず、独立しても外交を知らない外交官ばかりがいるという状況になった。「外交とはなんぞや」と真剣に考えないといけない。


半藤一利の経歴・略歴

半藤一利、はんどう・かずとし。日本の作家、エッセイスト、雑誌編集者。東京出身。中学時代に東京大空襲を経験。東京大学文学部国文科卒業。文藝春秋に入社し、編集者として活動。『漫画読本』『増刊文藝春秋』『週刊文春』『文藝春秋』『くりま』などの編集長を務めた。『漱石先生ぞな、もし』で新田次郎文学賞を受賞。文藝春秋の専務取締役を務めたのち退社し専業作家となる。その後数々の作品を発表した。

他の記事も読んでみる

寺田和正

時代を感じるには、鈍感になるという生物としての制御本能や安全装置をあえて解き放ち、何事においても敏感であることが大事です。そして、この敏感に感じる力というのは、意識的に訓練で磨くことができます。


中島聡(ソフトウェアエンジニア)

すぐやる人は全体を俯瞰していて、ラストスパート型だと万が一のとき破綻することがわかっています。その危機感からスタートダッシュをするのです。


山田昇(ヤマダ電機)

私は、店長がリーダーシップをとるべき一番重要なことは「部下育成」だといっています。では、いかに部下を育成するかというと、やっ ぱり職場環境から作らなければいけない。職場環境を整備し、会社への「帰属意識」が生まれるようなことをやっていかないと、本当の部下育成になりません。その根底が「感謝と信頼」ですよ。やっぱり、人を中心とした企業経営をやらないといけません。


嶋浩一郎

雑記帳を出張先に数冊持って行ったり、枕元に置いて、寝る前にパラパラとめくったり。記憶から抜け落ちていた古いネタと、仕入れたばかりのネタが掛け合わされて「化学反応」が起こることもよくあります。


平野友朗

自分が受け取ったメールで「これは」と思うものがあれば、積極的に真似ていくのもいいでしょう。とくにお詫びのメールは難しいので、自分が受け手として納得のいくお詫びをしてもらったと思うメールがあれば、それを参考にするのもひとつの方法です。


藤口光紀

順調に見えるときほど落とし穴が待っているものです。仕事も同じで、たとえ計画通りに進んでいても、万が一に備えて準備はしておくべきでしょう。


永守重信

残業ゼロのほうが、社員にとって厳しいですよ。5時半で終わらないといけないので、時間内に仕事ができる優秀な人が勝ちます。残業ゼロ体制は弱者にとって厳しいです。ですから体制の変更は時間をかけてやらないといけません。


深野康彦

投資は「習うより慣れろ」。まずは始めてみることです。


成田和幸

営業の現場では、いくら見栄えの良いカタログで説明してもダメで、各営業マンの手作り感が重要です。


中田宏

「毎日・毎週・毎月・毎年」という4つの単位のタスクを自分に課し、市長選に出るまでの9年間続けました。具体的には、毎朝欠かさず街頭演説と周辺の掃除をする。毎週一回、国政報告をテープに吹き込み、誰でも電話で聞けるようにする。毎月、自分の考えをまとめたレポートを発行し、毎年、年間報告書を出すといった具合です。年間報告書では、一年間の国会活動を振り返り、「どういう法案に賛成・反対したか、その理由は何か」を一覧表にしていました。


了徳寺健二

伸びるために必要なのは愚直さ。夢や理想に向かって念ずるような想いを持ち続け、昨日より今日と日々自分を乗り越える努力をできる人、(伸びる人は)そのような努力できる資質をもった人々と言える。


池田清彦

不思議なもので、部下に厳しい人や話を聞かない人って、そこそこの役職には就いても、トップに立つことはない。僕の周りの大学教授を見てみても、早く偉くなった人ほど、ちゃんと周りの話を聴いているんだよ。つまり、出世と人望は比例するってこと。