名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

半藤一利の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

半藤一利のプロフィール

半藤一利、はんどう・かずとし。日本の作家、エッセイスト、雑誌編集者。東京出身。中学時代に東京大空襲を経験。東京大学文学部国文科卒業。文藝春秋に入社し、編集者として活動。『漫画読本』『増刊文藝春秋』『週刊文春』『文藝春秋』『くりま』などの編集長を務めた。『漱石先生ぞな、もし』で新田次郎文学賞を受賞。文藝春秋の専務取締役を務めたのち退社し専業作家となる。その後数々の作品を発表した。

半藤一利の名言 一覧

脅かしたり、引っ込んだりとあらゆるテクニックを使ってやるのが外交ですが、日本人は本当に外交が下手です。戦前の日本は完全に軍部に抑えられており、陸軍省の中の外交部でしかないと思われていた。戦後は進駐軍に抑えられて外交は存在せず、独立しても外交を知らない外交官ばかりがいるという状況になった。「外交とはなんぞや」と真剣に考えないといけない。


半藤一利の経歴・略歴

半藤一利、はんどう・かずとし。日本の作家、エッセイスト、雑誌編集者。東京出身。中学時代に東京大空襲を経験。東京大学文学部国文科卒業。文藝春秋に入社し、編集者として活動。『漫画読本』『増刊文藝春秋』『週刊文春』『文藝春秋』『くりま』などの編集長を務めた。『漱石先生ぞな、もし』で新田次郎文学賞を受賞。文藝春秋の専務取締役を務めたのち退社し専業作家となる。その後数々の作品を発表した。

他の記事も読んでみる

原晋

伸びる選手は「妄想」を抱いていない。目標と妄想は違います。目標は手の届く「半歩先」に置き、それを目指して練習する、その繰り返しだと思います。


辻範明

コンスタントに仕事があるということも協力会社が当社から離れなかった理由。


澤口俊之

自分で「報酬」を設定することも有効です。たとえば、「1日頑張ったら帰りに一杯飲もう」「この1週間を乗り切ったら週末は旅行だ」と、楽しいことを用意するのです。これらの報酬を、1日や1週間といった短いスパンから、3カ月や半年、1年後といった長いスパンのものまで、バリエーションを持たせて設定すると、それだけやる気が続きます。


古橋広之進(古橋廣之進)

人間というのは、どこも具合の悪いところがないと、あまり頑張らずに、これだけやっているからいいんじゃないかと考えてしまう。ところが我々ハンディを抱える者は、どうしたら皆よりできるのかを、自分なりに工夫するわけです。そういうことをやることによって、精神的にも絶対に負けない、へこたれないぞという気持ちになる。それが結局いろいろと精進するきっかけとなった。


テリー伊藤

もし、時間が許すなら30分くらい席を離れちゃうといい。部屋の空気を入れ替える感覚で。オレも社内で企画会議をしていてどうもうまくいかない時は、スタッフと一緒に外へ出る。と言っても、会社の前の道を下ったラーメン屋に行くだけなんだけどね。でも、そこでスタッフとバカ話をしていると、自然と違うネタが浮かんでくるんだ。そしたら、ウォーミングアップ終了で、坂道を上りながら「あと1時間だけやろうか」と会議を再開する。


葛西敬之

歴史を学ぶということは人間を学ぶことでもあります。人間が様々な仕事をしていくうえで必要なことは、「人間学」であり、それには、歴史上の人物、特に国の興亡を担ってきた人々の決断や行動などを学ぶことが大切です。


塚越寛

「方法論」は短期で取得できるが、「道」にたどり着くにはそれなりの時間がかかる。道は経営者として生きてきた証しでもある。長い年月をかけて、多くの人の話を聞き、たくさんの本を読み、失敗や成功の体験を積み上げて初めて導き出せる「あるべき姿」なのだ。


野矢茂樹

人にどう見られるかに自分のアイデンティティをかけないようにするんです。人から何かを言われても、「この人にはこういうふうに見えるのか」ぐらいに受け取っておく。ある程度距離を取って受け止めて、それに対して冷静に対処する姿勢を持たなくちゃいけない。そうしないと、人の言うことに振り回されて自分を見失ってしまう。


フィリップ・コトラー

景気後退期に企業が実行すべきマーケティングの基本動作は4つあります。

  1. 顧客がどう変わりつつあるのかを注視すること。
  2. 自社の製品やサービスを再点検すること。
  3. 製品が顧客の手に届くまでの全プロセスを再点検すること。
  4. 販売促進の抜本的な改革をすること。

清水正孝

資材はモノを買うわけですが、東電はボリュームバイヤー(大量購入客)ですから、物の買い方が半端ではありませんでした。ところが、97年ごろから設備投資が激減しました。約2兆円あった設備投資が半分になりました。とくに、流通(送電、変電、配電)の落ち込みが大きかった。


田中義信(田中誠文堂)

当社は一地方の小さな会社ではありますが、大きな自信になりました。ビジョンづくりを通して、社員たちが自分で自分の未来を切り拓いていくという気持ちを強く持ったからではないでしょうか。


村尾隆介

プレゼンの準備の中で最も大事なのは「構成」です。導入をどうするか。何をどのタイミングで話せばビビッド(鮮やか)に伝わるか。これらを考え抜いてつくり込むことが肝心です。