半藤一利の名言

半藤一利のプロフィール

半藤一利、はんどう・かずとし。日本の作家、エッセイスト、雑誌編集者。東京出身。中学時代に東京大空襲を経験。東京大学文学部国文科卒業。文藝春秋に入社し、編集者として活動。『漫画読本』『増刊文藝春秋』『週刊文春』『文藝春秋』『くりま』などの編集長を務めた。『漱石先生ぞな、もし』で新田次郎文学賞を受賞。文藝春秋の専務取締役を務めたのち退社し専業作家となる。その後数々の作品を発表した。

半藤一利の名言 一覧

脅かしたり、引っ込んだりとあらゆるテクニックを使ってやるのが外交ですが、日本人は本当に外交が下手です。戦前の日本は完全に軍部に抑えられており、陸軍省の中の外交部でしかないと思われていた。戦後は進駐軍に抑えられて外交は存在せず、独立しても外交を知らない外交官ばかりがいるという状況になった。「外交とはなんぞや」と真剣に考えないといけない。


半藤一利の経歴・略歴

半藤一利、はんどう・かずとし。日本の作家、エッセイスト、雑誌編集者。東京出身。中学時代に東京大空襲を経験。東京大学文学部国文科卒業。文藝春秋に入社し、編集者として活動。『漫画読本』『増刊文藝春秋』『週刊文春』『文藝春秋』『くりま』などの編集長を務めた。『漱石先生ぞな、もし』で新田次郎文学賞を受賞。文藝春秋の専務取締役を務めたのち退社し専業作家となる。その後数々の作品を発表した。

他の記事も読んでみる

飯野謙次

人が起こすミスは、「四つの種類」に分けることができます。一つ目は「学習不足」。知識と技量が及ばず犯すミスです。二つ目は「伝達不足」。必要な情報を知らされずに起きる、いわゆる報連相の不備です。三つ目は「計画不足」。業務を抱え過ぎて締め切りに間に合わなかった、などが典型例です。そしてもっとも単純かつ厄介なのが、四つ目の「注意不足」。忘れ物や紛失物、チェック漏れなどのいわゆる「うっかりミス」の類です。


遠山正道

スープ専門店のアイデアを実現するためには、日本ケンタッキー・フライド・チキンの経営陣や三菱商事の幹部を説得しなければなりませんでした。そのためには、頭に浮かんだイメージの数々を効果的に伝える必要があります。そこで私は、企画書を物語にしました。それが、「スープのある1日」です。


宮坂学

僕らにとって大事なことは、出店者がどれだけ儲かるか。出店者が儲けて初めて広告が出るわけですから、様々なサイトに出店して売上を増やしてもらう必要がある。


森岡毅

僕はもともと数学しかできなかった。文系のマーケターたちは学生時代、おしゃれな服を着て、おしゃれなクルマに乗って、おしゃれに合コンして楽しんでいた。マーケターになっても、彼らはセンスや感覚でトレンドを読むというファジーな世界で仕事をしています。理系少年だった僕にはそういう強みがまったくないので、逆に世の中のすべての現象を数値に置き換えて計算するという、いわば自分の土俵でマーケティングをやるノウハウをずっと研究してきたわけです。


ジョセフ・トリポディ

「マーケティングとは広告宣伝である」というのは間違いです。マーケティングには市場調査、広告宣伝、IR(投資家向け情報)、広報、CSR(企業の社会的責任)、商品パッケージなど、ブランド価値を高く保つあらゆる活動が含まれます。


柴田励司

以前は「求心型」のリーダーでした。「俺についてこい!」と牽引するタイプです。いわば、自分のために皆を働かせていたのです。いまは「遠心力型」マネジメントへ変えました。皆のために私が働く、というスタイルです。その結果、スタッフとの心理的な距離が縮まり、彼らの方から様々な働きかけをしてくれるようになりました。


金美花

お店を開くにあたり、まずこだわったのはクリームです。実は私自身、クリームが苦手だったんです。そこで、自分がおいしいと思うクリームをつくろうと試行錯誤を続け、搾りたての牛乳のような味わいのクリームができあがりました。


藤田晋

トラブルやピンチのときは少なからず動揺しますが、一呼吸ついて、動揺を顔や言動に出すのを抑えることが重要。「動揺を見せない人」は、それだけで、「頼もしい」と評価が上がります。ですから、トラブルが起きたりピンチに陥った時こそ、動揺を見せずに乗り切って、評価を上げてください。


日和佐信子

たとえ違法行為がなく目に見える被害者が出ていないとしても、企業が倫理にもとる行動をしたら、消費者や小売店はたいへん厳しい対応をとる。これまで以上に企業の倫理性が厳しく問われる時代になったのです。企業経営にあたっては、コンプライアンス(法令順守)やCSR(企業の社会的責任)を強く意識しなくてはいけない。


小松政夫

私のコメディアン人生は植木等という人に付き、様々な人々や華やかな生活を、そばで見てきた経験が糧になっています。芸の道を窮めようと思うなら、その場に身を置き、そこでしか得られないものを吸収するしかありません。


大島武(学者)

褒めることこそ、戦略的にすべきです。その相手は、目上の人であっても問題ありません。


藤岡頼光

大きな会社がどんどん出てきても何も怖くない。大きな会社は取締役が出てくることはあるけど、社長が来ない。日本の大手資本でお金だけ出して、部長にやってこいって、そこに負けるとは思えない。覚悟が違うんだよ。予算決定権を持って現地でやるんだから。


河森正治

さかのぼると発明が好きみたいなところがあって、オリジナリティがあるものが好きだった。本当はオリジナリティがあるかないかにしか興味がなかった。ただ、集団作業の中だとそれを貫くわけにもいかないという問題があって。で、実際作ってみると、やっぱりどこかで見た手法を使っちゃってるとかさ、それが耐えられなくて。


ピーター・バラカン

大切なのは、日頃の心がけです。聖書の中に「人にしてもらいたいと思うことは何でも、あなたがたも人にしなさい」という一節があります。英国では「黄金律」と呼ばれるもので、子供の頃から、事あるごとに教え込まれます。だから「こんな時、自分だったらどうしてもらいたいだろうか」と常に考え、行動するようになる。そうしたことを積み重ねていくと、他人を気遣った行動を、自然にとれるようになります。


大久保幸夫

ビジネスパーソンの成長過程において、大きな分岐点になるのは30歳です。仕事の初心者である20代には、まずはその会社で一人前になることが明確な目標となりますが、その段階が終わったら、次の目標は自分自身で決めなければなりません。しかし、その目標設定がうまくできないと、漫然と日々を過ごして成長が止まってしまう。それがちょうど30歳前後なのです。


ページの先頭へ