名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

升田幸三の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

升田幸三のプロフィール

升田幸三、ますだ・こうぞう。将棋棋士。史上初の全冠制覇三冠王をはじめ、多くの実績を残す。また、独特な指し方とキャラクターが多くの人々を惹きつけた。名人2期、順位戦A級以上連続31期、九段2期、王将3期、NHK杯優勝三回、九・八・七段戦優勝一回

升田幸三の名言 一覧

棋士は無くてもいい商売だ。だからプロはファンにとって面白い将棋を指す義務がある。


執念がないと打開力が不足します。すぐ諦めてしまう。


男は毬であってはならぬ。ちょっと頭をなぜられてはポンとはずみ、指一本触れただけで転がる。はずみそうではずまず、転びそうで踏みとどまるものを持っていなければ男ではない。


人生は将棋と同じで、読みの深い者が勝つ。


一人前になるには50年はかかるんだ。功を焦るな。悲観するな。もっと根を深く張るんだ。根を深く張れ。


まぁ生まれ直す事があったらね、2つから3つぐらいまでに将棋を覚えて、もういっぺんやり直してみたいと。今度は丈夫な体でね、名人を角落ちぐらいでね、からかってみるのも面白いと、こう思う。


僕には不利だ、不可能だといわれるものに挑戦する性癖がある。全部が全部成功するわけではないけれどそれが新型になり、新手を生み、つまり将棋の進歩に繋がる。他の人は安全に先を考えるから先輩の模倣を選ぶ。


アマチュアは駒を動かしただけなんです。「指した」ということとは別のことですよ。


私は将棋は創作だと考えている。何はともあれ、一歩先に出た方が勝つ。もし一局ごとに新手を出す棋士があれば、彼は不敗の名人になれる。その差はたとえ1秒の何分の一でもいい。専門家というものは、日夜新しい手段を発見するまでに苦しまねばならぬ。


時代は変わっても、人間を磨くのは目的に挑戦する苦労だということは変わりません。いまの人も苦労はしてるが、それは物欲を満たす苦労で、自分独特、独創の苦労ではない。どんな世界でも同じだと思う。プロとアマの違いはアマは真似でも通用するが、プロの道は独創。またそうでなきゃ通用しない。だから苦しいが喜びも計り知れない。


勝負師は窮地に追い込まれても、息がある間は最後の一発で相手を倒してやろうと、決して捨てない。ですからプロは、勝負師でもなければならない。


升田幸三の経歴・略歴

升田幸三、ますだ・こうぞう。将棋棋士。史上初の全冠制覇三冠王をはじめ、多くの実績を残す。また、独特な指し方とキャラクターが多くの人々を惹きつけた。名人2期、順位戦A級以上連続31期、九段2期、王将3期、NHK杯優勝三回、九・八・七段戦優勝一回

他の記事も読んでみる

松井忠三

企業体質が悪ければ商品の品質も悪くなる。


池谷裕二

いいアイデアが思いつくのは、パソコンの画面をにらんでいる時ではありません。仕事の合間に、ちょっと席を立ったり、トイレに行った瞬間、フッとひらめくことが多い。歩く、場所を変える、ということが重要でそういうときには、脳の海馬周辺からシータ波という脳波が出ると考えられます。シータ波が強くなるのは、外部の情報を収集しようという意識的検索モードのときなんです。


泉谷直木

毎日部下をきちんと見ているかどうかがポイントです。そうすれば部下の特徴を把握でき、弱みを引き上げたり強みを伸ばしたりすることができます。


正力松太郎

きみ、一番大事なことは誰にも相談しないでやれ。
【覚え書き|五島昇に贈った言葉】


高島宏平(髙島宏平)

「分かる」と「できる」の間に、ものすごく大きなギャップがあるもの。


出口治明

40代からの勉強では、リーダーとなることを意識しなければなりません。リーダーには強い思いが必要です。「志」といってもいい。世界のあり方をどのように理解し、そのうえで、何を変えたいと思うかが大切です。


浮世満理子

自分の能力を信じていればいるほど自己肯定感は強くなりますが、過去に虐待を受けたり人間関係で大きくつまずいたりすると、自己肯定感は弱くなります。


縣俊貴

僕は技術者としてはたくさんの回り道をしてきた。それが発想力の土台になった。


松岡修造

インタビューの際、テレビの生放送だと時間の問題がありますが、そうでないときはひたすら「聞く」ことに徹します。アスリートの中で、自分の考えを言語化して整理できている人はごく少数。そういう人から思いを引き出すには、彼らの中で考えがまとまるまで待つしかないからです。


須原清貴

1.5流の戦略でも、徹底して継続すれば勝てる。


廣田尚子

自分の人生のベクトルや夢の到達点がしっかりと見えていさえすれば、自然にそちらに近い方向を選ぶし、ズレているとわかれば、軌道修正できます。それが夢を実現する力ではないでしょうか。


江上治

「富裕層に営業しろ」と簡単に言いますが、では富裕層のことを知っているのかと言いたい。年収400万円の相手と、年収4億円の相手とではアプローチの仕方がまったく違う。会食もミシュランの三ツ星、土産物も2万~3万円の一流品。まず相手を知ることです。それには富裕層がやっていることを自分で経験するといい。リッツ・カールトンでコーヒーを飲む、新幹線はグリーン車にする、1泊10万円の部屋に宿泊する、などなど。要はそういう投資ができるか否かです。