名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

升田幸三の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

升田幸三のプロフィール

升田幸三、ますだ・こうぞう。将棋棋士。史上初の全冠制覇三冠王をはじめ、多くの実績を残す。また、独特な指し方とキャラクターが多くの人々を惹きつけた。名人2期、順位戦A級以上連続31期、九段2期、王将3期、NHK杯優勝三回、九・八・七段戦優勝一回

升田幸三の名言 一覧

棋士は無くてもいい商売だ。だからプロはファンにとって面白い将棋を指す義務がある。


執念がないと打開力が不足します。すぐ諦めてしまう。


男は毬であってはならぬ。ちょっと頭をなぜられてはポンとはずみ、指一本触れただけで転がる。はずみそうではずまず、転びそうで踏みとどまるものを持っていなければ男ではない。


人生は将棋と同じで、読みの深い者が勝つ。


一人前になるには50年はかかるんだ。功を焦るな。悲観するな。もっと根を深く張るんだ。根を深く張れ。


まぁ生まれ直す事があったらね、2つから3つぐらいまでに将棋を覚えて、もういっぺんやり直してみたいと。今度は丈夫な体でね、名人を角落ちぐらいでね、からかってみるのも面白いと、こう思う。


僕には不利だ、不可能だといわれるものに挑戦する性癖がある。全部が全部成功するわけではないけれどそれが新型になり、新手を生み、つまり将棋の進歩に繋がる。他の人は安全に先を考えるから先輩の模倣を選ぶ。


アマチュアは駒を動かしただけなんです。「指した」ということとは別のことですよ。


私は将棋は創作だと考えている。何はともあれ、一歩先に出た方が勝つ。もし一局ごとに新手を出す棋士があれば、彼は不敗の名人になれる。その差はたとえ1秒の何分の一でもいい。専門家というものは、日夜新しい手段を発見するまでに苦しまねばならぬ。


時代は変わっても、人間を磨くのは目的に挑戦する苦労だということは変わりません。いまの人も苦労はしてるが、それは物欲を満たす苦労で、自分独特、独創の苦労ではない。どんな世界でも同じだと思う。プロとアマの違いはアマは真似でも通用するが、プロの道は独創。またそうでなきゃ通用しない。だから苦しいが喜びも計り知れない。


勝負師は窮地に追い込まれても、息がある間は最後の一発で相手を倒してやろうと、決して捨てない。ですからプロは、勝負師でもなければならない。


升田幸三の経歴・略歴

升田幸三、ますだ・こうぞう。将棋棋士。史上初の全冠制覇三冠王をはじめ、多くの実績を残す。また、独特な指し方とキャラクターが多くの人々を惹きつけた。名人2期、順位戦A級以上連続31期、九段2期、王将3期、NHK杯優勝三回、九・八・七段戦優勝一回

他の記事も読んでみる

大儀見浩介

目標に至るまでの道のりを、1年、半年、3ヶ月、1ヶ月と細かく分けて具体化する。そうすることで、「いま何をやればいいのか」がハッキリわかり、それに向けて努力しようとする気持ちが強まる。


中山讓治(中山譲治)

一人一人が単に与えられた作業・数字をこなすというのではなく、それぞれの持ち場で「自分はこうしたい」という明確な意志を持って、臨んで欲しい。


西原理恵子

美人であろうが、そうじゃなかろうが、関係ない。どんな女の子であれ、おのれの現実を見極め、常に仕切り直さないことには、次の出目はない。大事なのは、自分の幸せを人任せにしないこと。そのためには、ちゃんと自分で稼げるようになること。追い込まれて、次の一手が打てなくなる前に、生き抜くための戦略を必ず立ててください。


相原敏貴

「お客様はいつも正しい」と常に思って接客することが大切です。もし、その気持ちを持ち続けられない時は、もう一度初心にもどることです。お客様のすべてを受け入れることです。


マイケル・ゲルブ

私たちには過去の誰よりも自由、可能性、選択肢がある。それと同時に、無用なもの、凡庸なもの、えり分けて捨てるべきゴミなどもかつてないほどたくさんある。


高井伸夫

私は自分のブログで登山家やスポーツ選手など、異分野の方と対談する連載をしている。自分のうかがい知れない話だからこそ興味深く聞けるし、彼らも異分野である弁護士の私の話を興味深く聞いてくれる。それは誰でも一緒です。同分野のご縁は気楽ですがそれだけ。異分野の話は、あなたのみならず、相手にとっても刺激になる。つまり異分野同士こそ、互いに良い縁と感じてもらえる可能性が高いんですよ。


家訓・社是・社訓・経営理念

福寿園の「つもり十訓」

  1. 多いつもりで、少ないのが分別(ふんべつ)。
  2. あるつもりで、ないのが財産。
  3. ないつもりで、あるのが借金。
  4. 深いつもりで、浅いのが知恵。
  5. 浅いつもりで、深いのが欲。
  6. 高いつもりで、低いのが見識。
  7. 低いつもりで、高いのが腰。
  8. 儲けるつもりで、損するのが商売。
  9. 飾るつもりで、剥げるのが嘘。
  10. 隠すつもりで、顕(あらわ)れるのが悪事。

ジャック・マー(馬雲)

企業家精神ではチャンスは待つものではなく、創るものです。


林修

「東京には、そして世界にはもっともっとすごいやつがいるぞ!」と鼻をへし折ってやりますよ(笑)。僕もそうでしたからね。

【覚え書き|地元の母校での講演を前に】


中村俊輔

「あの場面ではパスの選択もあったよ。でも、最後はシュートを打ってもよかった」と言う。そうすれば、「そうか、パスもあったのか」と思うからね。誰にでもそうだけど、伝える順番に気を使いながら話すようにしている。頭ごなしに否定すると、人間はプイと横を向くものでしょ。


中野渡利八郎

オリジナル素材を使うとコストが上がると指摘されることが多いのですが、素材の一つ一つを比べると、価格的にも安く、性能的に優れているのはオリジナル素材のほうですね。


庄野直之

組織を考える上で重要なことは社員が活躍できる場を整えること。人には向き不向きがあって、営業が得意な人もいれば、モノづくりが得意な人もいる。適材適所に配置することが大事。