名言DB

9412 人 / 110637 名言

升田幸三の名言

twitter Facebook はてブ

升田幸三のプロフィール

升田幸三、ますだ・こうぞう。将棋棋士。史上初の全冠制覇三冠王をはじめ、多くの実績を残す。また、独特な指し方とキャラクターが多くの人々を惹きつけた。名人2期、順位戦A級以上連続31期、九段2期、王将3期、NHK杯優勝三回、九・八・七段戦優勝一回

升田幸三の名言 一覧

棋士は無くてもいい商売だ。だからプロはファンにとって面白い将棋を指す義務がある。


執念がないと打開力が不足します。すぐ諦めてしまう。


男は毬であってはならぬ。ちょっと頭をなぜられてはポンとはずみ、指一本触れただけで転がる。はずみそうではずまず、転びそうで踏みとどまるものを持っていなければ男ではない。


人生は将棋と同じで、読みの深い者が勝つ。


一人前になるには50年はかかるんだ。功を焦るな。悲観するな。もっと根を深く張るんだ。根を深く張れ。


まぁ生まれ直す事があったらね、2つから3つぐらいまでに将棋を覚えて、もういっぺんやり直してみたいと。今度は丈夫な体でね、名人を角落ちぐらいでね、からかってみるのも面白いと、こう思う。


僕には不利だ、不可能だといわれるものに挑戦する性癖がある。全部が全部成功するわけではないけれどそれが新型になり、新手を生み、つまり将棋の進歩に繋がる。他の人は安全に先を考えるから先輩の模倣を選ぶ。


アマチュアは駒を動かしただけなんです。「指した」ということとは別のことですよ。


私は将棋は創作だと考えている。何はともあれ、一歩先に出た方が勝つ。もし一局ごとに新手を出す棋士があれば、彼は不敗の名人になれる。その差はたとえ1秒の何分の一でもいい。専門家というものは、日夜新しい手段を発見するまでに苦しまねばならぬ。


時代は変わっても、人間を磨くのは目的に挑戦する苦労だということは変わりません。いまの人も苦労はしてるが、それは物欲を満たす苦労で、自分独特、独創の苦労ではない。どんな世界でも同じだと思う。プロとアマの違いはアマは真似でも通用するが、プロの道は独創。またそうでなきゃ通用しない。だから苦しいが喜びも計り知れない。


勝負師は窮地に追い込まれても、息がある間は最後の一発で相手を倒してやろうと、決して捨てない。ですからプロは、勝負師でもなければならない。


升田幸三の経歴・略歴

升田幸三、ますだ・こうぞう。将棋棋士。史上初の全冠制覇三冠王をはじめ、多くの実績を残す。また、独特な指し方とキャラクターが多くの人々を惹きつけた。名人2期、順位戦A級以上連続31期、九段2期、王将3期、NHK杯優勝三回、九・八・七段戦優勝一回

他の記事も読んでみる

川崎博也

リーダーとしては「泰然自若」であるべきと自らを戒めた。みんなが焦っても、上司まで焦るとミスリードしてしまう。緊急時ほどゆとりを持つよう心がけた。


南不乗

芸術というものは最も独自性があるものでなければ意味がない。その独自性があるためには、持って生まれた芸術的な才能に加え、天性を伸ばしてくれる良い師との出会いがなければならないでしょう。


新浪剛史

経営者は視野が狭くなるんですよ。「これしかない」と思ってやっていますから。そこで社外取締役は、経営者が気付かない切り口で、視野を広めてくれる。取締役会が社内の人間だけだと、モノカルチャー(単一文化)になってしまう。


高田明(ジャパネットたかた)

今を一生懸命生き続ければ、課題が見えてくる。それを一歩一歩乗り越えていく。そこに人生がある。


坂本幸雄

競争が厳しい世界にあっても、僕の理想は社員が幸せになれる会社です。そんな会社をつくるため、一緒に世界一になりましょう。
【覚書き|台湾メーカーとの合弁会社をつくったときの発言】


大野直竹

その土地に最適なものが何なのか、一つの知恵だけではうまくいかないケースが多々あるでしょう。例えば、賃貸住宅よりもサービスアパート、ホテルの方が立地として向いていることもある。だから色々なものを扱えるように、各部門が勉強しないといけないですね。


松本晃(経営者)

権限を委譲され、任されると人は元気になり、責任感を持って事に当たろうと努力し、成長する。だから、分権化が必要。分権化を実現すれば、社員の成長が促され、会社のレベルもおのずと上がっていく。


山田敏夫

「グッチのような世界ブランドを日本発で作る」という大きな目標を達成するには、まず、素晴らしい技術を持つ日本の工場を守らなければなりません。そうした使命を持つ僕たちが、すぐに倒産するような危うい状態であってはならない。


磯崎功典

トップの考え方をきちんと理解したうえで、ときには厳しい苦言や反対意見も述べ、間違った判断をさせないようにする人。私が右腕にしたいのはそんな人です。


チャップリン

成功は人を愛想よくする。私はスタジオの人たち、誰ともみんな親しくなった。エキストラから道具方、衣装係からカメラマンに至るまで、私はみんなの「チャーリー」になった。もともとあまり社交好きではなかったが、さすがにこれは嬉しかった。つまり、みんなが親しんでくれるというのは、とりもなおさず私が成功者だという証拠だったからである。
【覚書き|イギリスの舞台俳優からアメリカの映画俳優に転身した当時、スタジオの面々と意見が衝突し孤立していたが、チャップリンの映画の成果が出始め周囲との関係が上手く行きだしたことを振り返っての発言】


青山祐子

活動的かどうかはわかりませんが、頭よりも足で仕事するタイプだと自分では思っています。局にはもちろん自分の机がありますが、そこに1時間もいると珍しがられるくらい、局でジッとしていません(笑)。とにかく、いろいろなところに出かけて、人に会うようにしています。


プラユキ・ナラテボー

仏教では、まだ来ぬ未来の結果をあれこれと妄想し、今なすべきことをおざなりにしてしまうのを「欲(タンハー)」、それに対して、「今ここ」になすべきことをしっかりと行おうという行動モチベーションを「意欲(チャンタ)」と分類し、「精進」へとつながっていく後者を推奨しています。


大塚陸毅

民になるということはすべてが自己責任になるということです。旧国鉄時代のように親方日の丸は許されないわけで、完全民営化と引き換えに重い責任が課せられたわけです。当然、一つ一つのビジネスにしろプロジェクトにしろオウン・リスク(自分のリスク)で進めなければいけない。リスクをどうとるか、失敗を恐れないでチャレンジする意識をどう身につけるか、それとともに収益を上げられる仕組みをつくらなければいけないわけです。


ロバート・キャプラン

ビジネス戦略を遂行する際の鍵は2つあります。ひとつは「リーダーシップ」です。明確なビジョンをともなった強力なリーダーシップなしには、戦略を効果的に遂行できません。もうひとつは、「戦略と業務(または戦術)はどちらも重要だが、違うものだと認識すること」です。


築山節

人間の脳ってヘンなもので、小さな任務でも完了させると気持ちいいと感じるんです。簡単なことでも量的にこなせるとうれしい。それが自分への精神的なご褒美になって、脳のエンジンギアが一段も二段も上がって、その後の仕事がうんとはかどる。会社に到着して、机の上を整理整頓することも、同じように作業興奮による脳のパワーアップ作用が期待できます。