名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

千金楽健司の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

千金楽健司のプロフィール

千金楽健司、ちがら・けんじ。日本の経営者。「アパレルウェブ」社長。中央大学商学部卒業後、中堅アパレル企業に入社。専務取締役を務めたのちアパレルウェブを設立。

千金楽健司の名言 一覧

重要なのは日常のコミュニケーション。社内のコミュニケーションがないと、業績も人の心も悪い方向へ進んでしまう。


組織の活性化には、マニュアルではなく、自由な風土で、やる気のある人が伸びる環境が必要。


千金楽健司の経歴・略歴

千金楽健司、ちがら・けんじ。日本の経営者。「アパレルウェブ」社長。中央大学商学部卒業後、中堅アパレル企業に入社。専務取締役を務めたのちアパレルウェブを設立。

他の記事も読んでみる

ジェフリー・イメルト(ジェフ・イメルト)

「GEには官僚主義はない」と言えたらいいのですが、決してそうではない。なぜ自分たちが存在しているのか。いかにして顧客を満足させ、競争を勝ち抜くのか。そうした目的意識を、30万人の社員全員に持ってもらいたい。


南部靖之

じつは若いころは「忙しい、忙しい」が口癖で、時間に追われるように朝から晩まで仕事ばかりしていたんです。でも、一度しかない人生を、「忙しい、忙しい」といって生きるなんてイヤだ。時間に料理されるんじゃなくて、時間を料理してやろう。40歳になったころから、そう思うようになったんです。


カルロス・ゴーン

メーカーが生き延びられるか、また成長できるかは競争力にかかっています。競争力には4つの要素があって、第一はイノベーション(革新)。第二の要素はたゆみない品質の向上、つまり、クオリティの問題です。第三の要素はコストを抑えられるかどうか。第四の要素はあらゆる面で迅速でいられるかどうか、つまり、開発と生産の間をどうコントロールしてスピードアップしていくかです。


青野慶久

私自身、売上利益を莫大にしていくことよりも、世界をよくしていくための影響を与えることの方が、やっていて楽しいと最近気づきました。みんなが発想を変えてこれまでとは違うことをやってみれば、もっと楽しい世界になるはずだという思いがあります。


山内溥

明日のことは誰にも全く分からない。明日ソニーが負けるかもしれない。それがゲームビジネスなんです。そういうことが、いわば我々のビジネスの基本なんです。


野口敏(話し方)

自分からしゃべらないと相手に悪いのでは、と考える人もいるかもしれませんが、そうではありません。ずっと話を聞かされる場合と、自分が話したいことを話せる場合のどちらが相手の気分がいいか、考えてみてください。言うまでもなく後者でしょう。そして自分が話したいことを話すうちに、思わず話すつもりのなかったことまで話してしまうものなのです。


山口喜三

経験を積むとムダな動きがなくなっていくんです。どんどん合理的になっていって、動きがシンプルになっていく。


宮本恒靖

チームが上手く機能して、結果が出ているときは、キャプテンは一歩引いたところから見ていればいい。でも国を代表するチーム同士の戦いは、意地と意地、誇りと誇りのぶつかり合いであり、思うように行かないとき、結果が出ないときも当然あります。キャプテンの存在意義が問われるのは、そんなときですね。


嶋津良智

通信機器販売会社の経営は上手くいっていました。でも、お金を儲けるだけでは何か足りない気持ちもしていました。そこで自分の人生を、愛ある生活、健康、経済、やりがいのある仕事という4つのカテゴリーを組み合わせて、すべてのパターンで考えてみました。すると、仕事に心から満足していない自分が浮かび上がってきた。このままでは自分の人生を後悔することになると思い、仲間に相談して株式上場を果たしてからという約束で会社から離れることを決めました。


平井正修

昨年の流行語のひとつに、「お・も・て・な・し」があった。おもてなしとは本来、極めて禅的な言葉なのだが、IOC総会で2020年のオリンピック開催都市として「TOKYO」の名前が読み上げられた瞬間、おもてなしとはかけ離れた光景が繰り広げられたことは、返す返すも残念であった。もてなすとは、禅的にいえば無私と同じことである。私を無にして、一切合財を相手の立場に立って考え、相手の立場に立って行動する。もてなすとはいわば、私を捨て去る行なのである。もしもおもてなしの国だと言うのなら、まずは招致レースを競い合ったマドリッドとイスタンブールの人々の気持ちに思いを馳せるべきであった。東京での開催決定にガッツポーズを取り、抱き合って喜びを爆発させる招致委員たちの姿は、どこからどう見ても、私心の塊としか言いようのないものであった。


山崎将志

書記を若手社員の雑用と思っている人もいますが、それは議事録を軽視している証拠です。そういう人にかぎって、会議が終わると、決定事項をすっかり忘れてしまうのです。書記役は、そうした人がいることを計算に入れて、会議後速やかに、なるべくその日のうちに作成した議事録をメールなどで参加者に送付しましょう。こうしておけば、たとえ会議で決まったアクションプランを忘れる人が出てきても、最初から説明する必要はありません。


真鍋精志

私は社長就任後、「グループは一体である」と常に言ってきました。今回の中期計画も、個々の社員が日々取り組んでいる業務とつながっていなければ意味がありません。社員がそれぞれ自分の目標に向かって全力で取り組み、それがチームとして結集して初めて中計の目標を達成することができます。