名言DB

9412 人 / 110637 名言

千野帽子の名言

twitter Facebook はてブ

千野帽子のプロフィール

千野帽子、ちの・ぼうし。日本の文芸評論家、エッセイスト、俳人。福岡県出身。九州大学大学院修士課程修了、パリ第4大学博士課程修了。関西学院大学商学部助教授・准教授・教授などを務めた。

千野帽子の名言 一覧

大家の小説って「おもろい」のが相当ありますよ。三島由紀夫の『夏子の冒険』なんてほとんどライトノベルですし、カフカの『変身』も、実は、読者に笑って突っ込んでほしくて書いたんだと思う。でも「純文学なんだから深くて難解なはずだ」と思い込んで、本文より先に解説読んじゃうような人がいるんですよ。途中には「名作」「文学」という言葉に対する先入観をあっさり裏切るような笑いや驚きがあって、実はそれが本を読む面白さだと僕は思うんです。


子供の時とか思春期の時って、自分がすごく偉いんじゃないかとか、逆に自分だけダメなんじゃないかとか、つい考える。本を通して「自分は特別ではない」ということに出合うと、すごい助かる。この助かるという感じがよく分かります。


千野帽子の経歴・略歴

千野帽子、ちの・ぼうし。日本の文芸評論家、エッセイスト、俳人。福岡県出身。九州大学大学院修士課程修了、パリ第4大学博士課程修了。関西学院大学商学部助教授・准教授・教授などを務めた。

他の記事も読んでみる

フレデリック・アミエル

嫉妬は利己心の一番情熱的な形式、自分を忘却し、自分を従属させることができない専制的な気難しい虚栄心の強い自我の高揚である。


岩崎博之(経営者)

ここに至るまでの道のりは決して平坦ではありませんでした。経営はヒト、モノ、カネで動きますが、当初からカネで行き詰まりました。当時、社長である私が最優先すべき仕事はカネを集めることでした。資金調達のため、事業計画を立てては投資家の元を訪ねました。投資家からは次から次へと厳しい質問が時には少々意地悪な質問が投げかけられます。それに対して即座に、納得感の得られる答えを返さなくてはなりません。私はその時のために常に厳しい質問を想定し、適切な答えを用意しておくことを習慣にしていました。「こんなふうに聞かれたらこう答えよう」「この言葉はシャープではないから、こちらの言葉を使おう」という具合です。寝床に入っている間もやっていました。


青木功

若い頃は自分のゴルフにあれこれ言われるのは嫌だったけど、そういう人ほど自分のことを思ってくれていたということが、いまになってよくわかる。だって、どうでもいいヤツには声もかけないもの。


小山龍介

学んだことの理解度は、聞いたときに10%、見たときに15%、話し合ったときに40%、教えたときは90%高まるという調査があります。本を読んでわかったと思っても、実際は深い理解に至っていないことが多いのです。わからない人に教えるのは、学んだ内容を整理し直す必要があるため、自分の理解度が高まります。また、相手からも喜ばれ一石二鳥です。


浜田広

私は新入社員からずっと社内で経験しているから、新入社員だったら、若い課長だったら、こういう行動、こういう表現にはどう反応するかということを考えてきました。その立場に立ってモノを言わなくてはなりません。若手の層が現場を担当していて一番大事な存在ですから、あの社長のあの経営の仕方なら賛成だと納得してもらわないといけない。とくにリストラは自ら進んでやる活動ではないから、社員の危機意識と納得が得られないと絶対成功しないでしょう。


吉田穂波

人生は一度きり。勉強も仕事も育児も生活も、やりたいことは全部同時並行でやる。


中田敦彦

自分の才能を発見するために必要なのは「精緻さ」だと思います。たとえば「サッカーの才能がある」という言い方は、いささか大まかすぎる。得点力か、守備力か、ボールを奪う能力か。才能や能力とは、本来とてもピンポイントなものなのです。


土合朋宏

私はマーケティング畑一筋でしたが、新しい仕事の提案をするたびに、「手強い相手」が必ずといっていいほど現れました(笑)。「前例がない」「社内のどこかと競合する」ことばかりだったからです。けれども、それを避けていては、仕事にならない。発想を逆転させて、彼らと積極的に仕事をする方法を、試行錯誤の末に導き出したのです。


アラン(哲学者)

実際には、幸福や不幸の原因というものはなんでもないのだ。いっさいは我々の肉体とその作用とにかかっている。そしてどんな頑丈な体格だって毎日、緊張から沈滞へ、沈滞から緊張へと、しかもたいがいは食事や、歩行や、注意の努力、読書、天気の具合などにつれて、移っていくものである。君の気分は、それによって上下すること、まるで波の上の舟と同じことだ。そういうものはたいていは取るに足りないものである。何かしているあいだは、少しも気にならない。ところが、それを考える暇ができ、丹念に考えだすと、たちまち小さな理由が大挙して押しよせてくる。


中桐啓貴

日本人が投資に積極的になれないのは、身近な成功事例を知らないことが一因かもしれませんね。経済が停滞する中、同僚や身内の中に運用で成功した人を見つけるのは難しいのが実情です。加えて、表立ってお金の話題を口にすることを好まない国民性のせいもあるでしょう。いずれにせよ、リアルな成功体験に触れる機会がないんですね。


新郷由起

老年期だからこそ「生きる力」が試される。自分の生き方に納得して生きている人は、本当に強い。


栗山英樹

開幕投手を任せた斎藤佑樹をシーズン途中で二軍に降格させたのは、彼が周囲を納得させるだけのピッチングを続けることができなかったからです。何試合連続して打たれたからダメといったことではなく、周囲を納得させられるラインをクリアしているかどうかが、判断基準になりました。


松下幸之助

うちの工場ではみんな品質管理を勉強して、いいものをつくるために頑張ってくれているけれども、品質管理の前にもっと大事なことがある。それは人質管理だ。


高城幸司

昔のように、社会全体が右肩上がりの時代と違い、いまは個々のビジネスパーソンが目標設定をしにくい時代ですが、いまの自分の足もとをきちんと見つめれば、必ず成果への登坂ルートは見つかるはずです。


増田直紀

人間関係が豊富な人とつながりを保っておけば、その人が近道となって様々な情報やチャンスを得ることが期待できます。