名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

千葉聡(進化生物学者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

千葉聡(進化生物学者)のプロフィール

千葉聡、ちば・さとし。日本の進化生物学者。「東北大学」教授。東京大学大学院理学系研究科博士課程修了。静岡大学助手、東北大学准教授などを経て東北大学東北アジア研究センター教授、東北大学大学院生命科学研究科教授。著書に『歌うカタツムリ 進化とらせんの物語』。

千葉聡(進化生物学者)の名言 一覧

ローカルを極めると、グローバルな世界が見える。
ガラパゴスな世界を極めると、地球全体が見える。


物事には必ず2つ以上の面がある。適応の裏に非適応があるように、光の裏には闇があり、役立つことの裏にはムダがある。


千葉聡(進化生物学者)の経歴・略歴

千葉聡、ちば・さとし。日本の進化生物学者。「東北大学」教授。東京大学大学院理学系研究科博士課程修了。静岡大学助手、東北大学准教授などを経て東北大学東北アジア研究センター教授、東北大学大学院生命科学研究科教授。著書に『歌うカタツムリ 進化とらせんの物語』。

他の記事も読んでみる

小泉光臣

企業を買収時のシナジーにはふたつあって、ひとつはコスト面のシナジー。工場の合理化や原料調達などで、これは買収後2~3年で現れてきますが、効果は1度きりです。買収の意思決定をする際にはコスト面のシナジーをかなりの精度で見極め、公的には合理的かどうかをそこで判断します。もう一方がトップラインにおけるシナジーです。両社が組むことによって何ができるようになるのか。コスト面のシナジーの先にあるものです。トップライン(売上高)側のシナジー効果が望めないと、そこから先で急にぎくしゃくするという危機感が、買収前からすごくあります。


森川亮

私は朝スポーツジムに行きます。なぜ朝なのかというと、経験上、イヤなものほど「朝イチ」でやった方が達成率が高いから。平日の早いうちに、やらねばならないことを終えるようにしています。


福川伸次

日本再生に大切なことは、やはりイノベーションに尽きる。


松澤萬紀

相手との距離を縮めるために大いに役立つのは、「褒め言葉」でしょう。褒められてうれしくない人はいません。少しでも褒めポイントを見つけたら、積極的に褒めていく習慣をつけましょう。むずかしく考える必要はありません。その人の長所を無理やり探して褒める必要もありません。「お茶がおいしいですね」「素敵なお名前ですね」そんな言葉でも十分なのです。あるいは、「最初は緊張していたのですが、リラックスしてお話できました」「今日を楽しみにしていました」「初めてお会いした気がしませんね」も相手に近づく褒め言葉です。


小阪裕司

厳しいことを言いますが、小さいから生き残れる、ということではないと思います。逆に、大企業だから生き残れないということでもないですしね。


藤原和博

私たちは仕事をしていく中で「あの人なら任せられる」というクレジット(信任)を貯め、それを現金化して自分の収入にしたり、再投資して次の仕事につなげている。


ガー・レイノルズ

視覚的なスライドも重要ですが、真の優れたプレゼンターになるために最も磨くべきビジュアルは自分自身。そして、スピーチやパフォーマンスなどのテクニックも大事だが、最終的には伝えたいという情熱こそが大切。


小笹芳央

世の中に課題がある限り、当社の役割はまだまだ大きくなる。


曽山哲人

人は、大きな決断を数多く経験する、つまり量と質で決断経験値を上げていくことで、飛躍的に成長できるもの。


藤田聰

キャリアの8割は、予想しない偶然から作り出されている。キャリア形成にとって、「中長期的に考えること」も「目の前の偶然を大事にすること」も重要。


福嶋宏盛

営業する相手には、積極的に話をするタイプと、話をしたがらないタイプの2種類がいます。前者であれば必ず愚痴や文句が出てきますから、それを聞いてあげればいいのです。その中には必ずヒントとなるキーワードが出てくるので、それを拾いましょう。話をしたがらない人の場合には、担当者自身が嫌われているケースや、そもそも交渉の内容自体をよく把握していないケースなどがあります。このようなときは直球勝負でズバリ「どこを変えれば弊社と付き合ってくれますか?」と聞くしかありません。


藤田晋

ビジネスの世界では、現実から目を背けてはいけません。厳しい状況においても、自分たちの置かれた立場や能力を正確に把握し、競合と比較しながら戦略を考え抜くことが大切です。