千葉聡(進化生物学者)の名言

千葉聡(進化生物学者)のプロフィール

千葉聡、ちば・さとし。日本の進化生物学者。「東北大学」教授。東京大学大学院理学系研究科博士課程修了。静岡大学助手、東北大学准教授などを経て東北大学東北アジア研究センター教授、東北大学大学院生命科学研究科教授。著書に『歌うカタツムリ 進化とらせんの物語』。

千葉聡(進化生物学者)の名言 一覧

ローカルを極めると、グローバルな世界が見える。
ガラパゴスな世界を極めると、地球全体が見える。


物事には必ず2つ以上の面がある。適応の裏に非適応があるように、光の裏には闇があり、役立つことの裏にはムダがある。


千葉聡(進化生物学者)の経歴・略歴

千葉聡、ちば・さとし。日本の進化生物学者。「東北大学」教授。東京大学大学院理学系研究科博士課程修了。静岡大学助手、東北大学准教授などを経て東北大学東北アジア研究センター教授、東北大学大学院生命科学研究科教授。著書に『歌うカタツムリ 進化とらせんの物語』。

他の記事も読んでみる

藤山愛一郎

発明家と組んだふたつの事業(染料会社の池田化学と日本金銭登録機)の経験で、私は発明家と一緒に事業をしてはならないことを学んだ。万一、発明家と一緒に事業をしなければならないような場合には、事業経営に一切口出しさせてはならないと悟った。発明家を専務とか常務にしたのでは伸びるべき事業も伸びない。発明を事業に生かす道は特許権を買うか、またはその使用量を払って発明家に報いればいいのである。
【覚書き|ふたつの事業はともに発明家のこだわりが強すぎて経営に口出ししてきたためあまり振わなかった】


ジム・ロジャーズ

世界は常に変化してきたことを理解し、将来を見通せるようになるために、歴史を学ぶべきです。どの年でもいいから選んで、それから50年後の世界は実際にどうなったか調べてみてください。驚くべき変化が起きたことに気づくでしょう。「やがてこうなる」と当時の人々が聞かされていたことは、50年経つとその通りにはならず、劇的に異なる世界になってしまった。


田中良和(GREE)

ほかの会社は、何か問題があっても「とりあえず、来週ミーティングして決めよう」が普通でした。ところが楽天の場合は、疲れていようが時間が遅かろうが、今日やった方がいいことは、当たり前のように「今日やろう」なんです。これって、とてもまともなことですが、実践するのは簡単ではありません。楽天はそういうまともなことを、きちんと実践する会社だったんです。
【覚書き|楽天勤務時代を振り返っての発言】


安永竜夫

資料は頭の中を整理して転写しただけのものであって、大事なのは頭の中です。だから転写作業に時間をかけてもらっては困る。


安藤正弘

好景気のときにいい部門と、不況時に強い部門を両方持っていることが重要。


山中諄

具体的に、できるところからやっていくことが大切。


小泉文明

私たち経営陣は年に1回バリュー(重視する価値観・行動様式)を再検討してきました。「会社の存在理由であるミッションは不変。しかし、バリューは事業の状況次第で、より良いものに進化させていくべき」と考えているからです。


中川政七・13代目(中川淳)

ブランディングも最終的に商品に落とし込まれますが、出発点はどちらかというと市場ではなく自分にあります。「自分がどうしたいか」「どういう商品を作りたいか」に力点を置くのです。中小メーカーの勝ち目は、ブランディングにあると考えています。


安田弘

私は入学式の時に必ず「家庭と学校が反目し合うのではなく、一緒になってあなた方の大切なお子さんを育てていこうじゃありませんか」という言葉を結びにしています。それが一番子供のためになると思うからです。


清水喜彦

自分で決定、決断するときの基準は4つあります。「義理情利」です。「義」は大義とコンプライアンス。「理」は理屈に合っているか。「情」は決定に情けがあるか。そして、「利」は利益が得られるか。案件ごとに、このシェアは多少変わりますが、順番はこの順番。「利」は最後です。「利」が一番先にくると、いろいろなトラブルを招く。義理情利、この4つが価値判断の基準でいいと思っています。


角和夫

いまはネットの時代ですから、宣伝するよりも、来ていただいた方に情報を発信してもらう方が効果は大きくなっています。ですから、どのエリアも一度来てもらえば、成長することができる可能性があります。


真壁刀義

タレントになりたいわけではないし、タレントとして通用するとも思ってない。芸能界は、そんなに甘い世界じゃないからね。俺がテレビに出られるのは、現役バリバリのプロレスラーだからです。


石川康晴

世界のビジネスの成功事例を見ると、「自社の仕事に置き換える力」と、それを「実現する力」が、これからのビジネスパーソンには求められていく。


高田明(ジャパネットたかた)

いいものはみな高い。これは業界の常識です。今後は、この常識を変えないといけない。高すぎては駄目です。程よく高いのがいい。価格が下がり手の届くようになると市場が出来てくる。


波多野聖(藤原敬之)

慎み深さや謙虚さなど、外国人は全く評価しません。外資系企業では、ある意味では実力以上に評価させるようなアピール力が必要なのです。


ページの先頭へ