名言DB

9,520 人 / 112,352 名言

千葉博の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

千葉博のプロフィール

千葉博、ちば・ひろし。日本の弁護士。東京都出身。東京大学法学部卒業。司法試験に合格。高江・阿部法律事務所、矢野総合法律事務所、資格試験予備校早稲田セミナー専任講師などを経て千葉総合法律事務所を開設。

千葉博の名言 一覧

遅刻が目立ち始めた段階で口頭注意して、それでも直らなければ停職や減給。さらに最後の手段として解雇という流れなら問題はなかったはず。我慢を重ねたのちに突然キレるのは法的リスクが高い。キレるなら計画的に手順を踏みつつキレるべき。


会社側に処分の口実を与えないように、いきなり実力行使するのではなく、まずは指示に従いながら抗議すべき。いまはどの会社もコンプライアンスに敏感ですから、この人に訴えれば動いてくれるという上司が直属の上司以外にいるはず。味方になる人をあらかじめ見つけておくことが大事です。


千葉博の経歴・略歴

千葉博、ちば・ひろし。日本の弁護士。東京都出身。東京大学法学部卒業。司法試験に合格。高江・阿部法律事務所、矢野総合法律事務所、資格試験予備校早稲田セミナー専任講師などを経て千葉総合法律事務所を開設。

他の記事も読んでみる

小池百合子

特に日本は縦社会ですから、上司が号令をかけなければ部下は変わりたくても変われません。都庁でも知事である私を先頭に課長職以上全員が「イクボス宣言」をしまして、管理職が率先して早く帰るようにと私が目を光らせています。


安藤広大

中間管理職の多くは、「どうすれば部下に自分の思いを伝えられるか」「指示を聞いてくれるか」で悩んでいます。「間」の立場である、中間管理職は、会社、上司から課せられた目標をチームで達成する事に対する責任者です。そして、部下にはチームの目標達成の責任はありません。責任がない部下に、上司である中間管理職の指示を吟味、納得する権限はありません。まずは、そのことを理解して、部下に変な遠慮をせずに、躊躇せずに指示をする事が大切です。


裵英洙(医療機関再生コンサルタント)

「疲れなどまるで感じない」という人は、これはこれで問題あり。疲れを感じないからといって身体が疲労していないわけではないからです。仕事に意欲的で強い達成感を感じている人ほど、疲労感を感じにくい傾向があります。しかし、その裏で実際は疲労が蓄積しており、放置していると取り返しのつかない大病につながることもあります。「疲労と疲労感は違う」と心得て、40代になったら自分の身体と向き合ってください。


佐藤康博

「リバースモーゲージ(不動産信託の機能を活用し、不動産を担保にして老後の資金をご提供するサービス)」のビジネスモデルは国内だけにとどまりません。というのも、お隣の韓国や中国でも高齢化は進んでいます。急速な都市化と、その後の高齢化は日本に限った話ではないのです。高齢化や介護という問題に対して、日本が経てきた問題と解決手段を、将来的に海外で活用できる可能性があります。高齢化先進国として、日本に軸足を置く意味がそこにあるのです。


梅森浩一

仕事にスピードがますます要求されるようになった現在、メールなら、伝えたいことは画面一面以内に簡潔にまとめるべきです。


須藤元気

通勤時間や隙間時間を活用して、日々の行動のルーティンにはめ込んでしまえば意外に勉強時間は取れるもの。


川上哲治

企業に勤めると、冷や飯を食わされるときもある。そのときに愚痴をこぼしたり、腐ったりして、仕事をろくにしない人が多い。成功する人とは、この冷や飯を上手に食べた人であるといってよい。


竹内洋岳

いかに細部まで想像できるかどうかを、登山家は競い合っているようなもの。そして、より多く想像できた者が登山に成功する。


海渡寛記

業界に逆張りで顧客に順張り。広告が上手なスクールを創るのではなく、英語が上達するスクール創りに腐心しました。


伊佐山元

知恵やセンスがあっても、レイヤー(役職の階層)が多すぎて潰されてしまいます。たとえば現場の課長から余計なことをするなといわれたり、予算がないからと押さえつけられてしまう。いま私たちがやろうとしているのは、そのレイヤーを取り除いて、駆け込み寺になってあげることです。


長谷川滋利

相談相手を褒めて持ち上げ、気分よくさせるのも効果的です。その方がアドバイスを得られやすい。例えば、成功の秘訣を聞き出したい時は、「どんなトリックを使っているのですか?」と、大げさに驚いたようなジェスチャーを入れて尋ねてみる。笑いを誘えるので、秘訣を教えてくれる空気が出来上がります。少し「照れくさい」と感じるかもしれませんが、アメリカではこのぐらいが普通。


オグ・マンディーノ

絶望は恐怖の子供です。わしらが過酷な人生の問題に対処できるという自信を失うと、それは誰にでも訪れます。