名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

千葉博の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

千葉博のプロフィール

千葉博、ちば・ひろし。日本の弁護士。東京都出身。東京大学法学部卒業。司法試験に合格。高江・阿部法律事務所、矢野総合法律事務所、資格試験予備校早稲田セミナー専任講師などを経て千葉総合法律事務所を開設。

千葉博の名言 一覧

遅刻が目立ち始めた段階で口頭注意して、それでも直らなければ停職や減給。さらに最後の手段として解雇という流れなら問題はなかったはず。我慢を重ねたのちに突然キレるのは法的リスクが高い。キレるなら計画的に手順を踏みつつキレるべき。


会社側に処分の口実を与えないように、いきなり実力行使するのではなく、まずは指示に従いながら抗議すべき。いまはどの会社もコンプライアンスに敏感ですから、この人に訴えれば動いてくれるという上司が直属の上司以外にいるはず。味方になる人をあらかじめ見つけておくことが大事です。


千葉博の経歴・略歴

千葉博、ちば・ひろし。日本の弁護士。東京都出身。東京大学法学部卒業。司法試験に合格。高江・阿部法律事務所、矢野総合法律事務所、資格試験予備校早稲田セミナー専任講師などを経て千葉総合法律事務所を開設。

他の記事も読んでみる

畠山惠(塾経営者)

とにかくDo! まずやってみる。動けば道が見えてくるし、合わないなら次に行けばいい。考えているだけだと、選択肢が無限にあるように錯覚しちゃいますから。


首藤由憲

国内のシェア争いには興味はありません。カルピスというブランド価値は大きいし、それを手に入れたアサヒ飲料は幸運だと思います。ただ、商品が支持された結果として3位になるのと、3位になるために買収などをして対抗するのは、根本的に違います。我々はあくまでお客様目線で経営していきたい。


櫻井英明

過去を振り返るだけでは、将来の予想や日本のあるべき姿は予見出来ません。些末にとらわれず大局を眺めることを心がけたいものです。密室にこもってのデスクワークだけでは、決して成長銘柄の発掘など出来ません。頭や理論だけで考えても市場は決してその通りの動きにはならないことばかり。むしろ、手足顔という身体を使って多くの企業と接触することが大切。その多くのサンプルを丁寧に仕分けして、成長銘柄を見つける作業が必要です。


梶谷真司

哲学対話では「わからないこと」を増やすことが重要。わからないことが増えることは、多様な視点から考えを深めることにつながっていきます。


御手洗冨士夫

世界中どこの会社も現場とトップの一体感のある会社はやはり強い。


田原祐子

チームの営業会議は、「目標値の達成状況報告・確認」や「叱咤激励」のためのものではありません。各自が抱える案件を持ち寄り、不満や不安をすべてだし、そのうえで一人一人何ができるか考えるものです。もしかしたら他の人が、誰かの課題について解決策やアイデアを持っているかもしれません。


坂口英治(経営者)

コミュニケーションを改善して、個の力を組織の力に変えていけば、ビジネスがさらに拡大していく。


羽子田礼秀

中国でカレーの試食会を催したところ、みんなおいしそうに食べてくれました。子供ならお皿をぺろぺろなめるほど。後は、この味をどう多くの人に知ってもらうか。スーパーの売り場だけでなく、週末には団地内にテントを張ってカレーライスを振る舞うなど、試食会をたくさん開きました。その数は10年間で20万回に及びました。ようやく黒字になったのは、本格進出して8年目の12年度でした。売上高は年1億元を突破し、成長に勢いがつくようになりました。


高島郁夫

24歳のとき、会社に東京転勤を直訴しました。もっと大きな仕事がしたい、と思っていたので。
【覚書き|家具製造会社マルイチセーリング大阪支店勤務時代を振り返っての発言】


野村萬斎(二世)

能楽の世界はひとつのことを極めるという発想が強かった。でも、まずはこういう存在があるっていうことを知っていただかないと始まりません。映画やドラマだけでなく、Eテレの子供番組も15年以上やっています。『にほんごであそぼ』という番組で、能・狂言や百人一首などの古典的なフレーズをパフォーマンス付きで、遊び半分、芸術性半分くらいといった具合にやっています子供たちが能・狂言の世界に触れる機会になればと思っています。


粟田貴也

(6年で規模を5倍にしないと達成できない目標を立てたのは)別に根拠があるわけでなく、実現できそうもない目標を持つことで、自分たちの行動スタイルを変えていける。一瞬破天荒に聞こえるけれど、今のままではだめだというスタートになる。今を肯定しないことが大事です。


和田竜

記者の仕事も、初めから繊維に関心があったわけではなく、書くことでお金がもらえる仕事という理由で転職したのですが、しばらくすると面白くなってきました。東レや帝人といった繊維メーカーや経産省ペンクラブに行って取材を繰り返していると、それぞれの現場や人の変化が見えてくるようになるのです。