千葉博の名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

千葉博のプロフィール

千葉博、ちば・ひろし。日本の弁護士。東京都出身。東京大学法学部卒業。司法試験に合格。高江・阿部法律事務所、矢野総合法律事務所、資格試験予備校早稲田セミナー専任講師などを経て千葉総合法律事務所を開設。


千葉博の名言 一覧

1 / 11

遅刻が目立ち始めた段階で口頭注意して、それでも直らなければ停職や減給。さらに最後の手段として解雇という流れなら問題はなかったはず。我慢を重ねたのちに突然キレるのは法的リスクが高い。キレるなら計画的に手順を踏みつつキレるべき。


会社側に処分の口実を与えないように、いきなり実力行使するのではなく、まずは指示に従いながら抗議すべき。いまはどの会社もコンプライアンスに敏感ですから、この人に訴えれば動いてくれるという上司が直属の上司以外にいるはず。味方になる人をあらかじめ見つけておくことが大事です。


千葉博の経歴・略歴

千葉博、ちば・ひろし。日本の弁護士。東京都出身。東京大学法学部卒業。司法試験に合格。高江・阿部法律事務所、矢野総合法律事務所、資格試験予備校早稲田セミナー専任講師などを経て千葉総合法律事務所を開設。

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 / 11

ページの先頭へ