名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

千良鉉(チョン・ヤンヒョン)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

千良鉉(チョン・ヤンヒョン)のプロフィール

千良鉉、チョン・ヤンヒョン。韓国人経営者。NHNジャパン(のちのLINE)社長、英語学習サイトを展開する「ココネ」社長。ソウル出身。慶應義塾大学で修士号を取得。ハンゲームジャパン(のちのNHNジャパン)に入社。社長・会長を務めたのち、ココネ社長に就任。

千良鉉(チョン・ヤンヒョン)の名言 一覧

語学の習得は頭の賢さとは関係がないと思います。どれだけ賢い人でも、数日では身につかない。学習の継続こそが大切なんです。


素早く頭から英文を作る訓練を何度も繰り返すと、正しい順序でチャンク(短い英語の固まり)が次々と頭に浮かぶようになる。自然と英語の思考が身についていく。
【覚え書き|語学学習ゲーム「英語組み立てTOWN」について】


千良鉉(チョン・ヤンヒョン)の経歴・略歴

千良鉉、チョン・ヤンヒョン。韓国人経営者。NHNジャパン(のちのLINE)社長、英語学習サイトを展開する「ココネ」社長。ソウル出身。慶應義塾大学で修士号を取得。ハンゲームジャパン(のちのNHNジャパン)に入社。社長・会長を務めたのち、ココネ社長に就任。

他の記事も読んでみる

森田勉(経営者)

人間は30代のころの貯金で、それ以降は食っていくようなものです。私自身、40代で独立して成功できたのも、30代のころに自分の勝ちパターンをつかんだからです。それを40代から身につけるのは大変です。30代の皆さんには、「いまの仕事に燃えて燃えて燃えまくれ」とアドバイスしたいです。


大武健一郎

いま目指すべきは企業の延命ではなく、不況に勝つ経営に他なりません。不況に勝つとは、自ら好況をつくりだすことです。私は全国500か所以上の企業や工場を回っていますが、儲かっている業種・業態は結構あります。こうした中小企業は、文字通りピンチをチャンスに変える取り組みで事業を継続してきました。その企業の経営者は、知恵を絞りながら、見事な手腕を発揮しています。


森本智子

焦りはないです。私がやりたいことを20代後半で実現するのは、まず無理ですから。それよりも、いま吸収すべきことを吸収するので一生懸命ですね。自分のやるべき仕事が本当にできるようになるのは30代以降です。いまはまだ、地道に力をつけていく時期だと思います。


香坂伸治

私が手がけてきた仕事の共通点は女性。女性の現場ならではの視点とクチコミ力はすごい。女性を味方につければ、うまくいくというのが私の持論です。


豊田圭一

私は25歳で会社を辞め、独立して以降、才能とセンスで生きていけるという自信は見事に覆されました。そして、幾度も壁にぶち当たり、もがくことになりました。しかし、乗り越えた壁が増えるにつれ、経験は深まり、広がっていきました。


福島文二郎

現状に満足してしまった人には、「スモールステップ」を活用します。小さな目標を立て、それを達成したら、また小さな目標を立てる。これを継続していくのです。いきなり大きな目標を立てても、実現までに時間がかかったりすると、やる気が続かない。小さな目標達成こそ、マンネリ脱出に効果的です。この時、小さな目標を上司が与えるのではなく、自分で考えることが大切。さらに言えば、チームで考え、みんなでその目標を達成していけば、組織の士気も生産性も上がります。


松井忠三

一番難しいのが驕らずだ。とくに仕事がうまくいき、出世の階段を上っていくと、だんだん我を忘れ、自慢話をするようになる。ところが、上から目線で話をする人に限って人気がなくなっていくもの。常に自分で警鐘を鳴らすようにしなければならない。


宮﨑大輔(宮崎大輔)

他の競技には、ハンドボールに生かせるヒントがたくさんある。そういう技術は取り入れた者勝ち。


ゲーテ

気前がよければ、人から好意を受ける。
とくに気前のよさが謙遜を伴う場合に。


蒲生氏郷

春夏秋冬どれか一つにかたよらず、家風を正すことが主将の器と言うべきであろう。
【覚書き|優しさだけでなく、厳しさだけでなく均整のとれた家風をつくり上げることができるかどうかがリーダーの器という趣旨の発言】


堀史朗

なぜ心の問題が身体の不調につながるのでしょうか。人間の行動は脳の頭頂葉によって司られており、ここに脳内伝達物質が正常に循環していれば問題ないのですが、ストレスなどで脳内伝達物質が減ると、身体を動かす働きが鈍くなります。その結果、体が重くなる、あるいは頭痛や肩こりといった症状が出てくるのです。初期は「なんとなく疲れやすいな」くらいですが、中期になると肩こりや耳鳴り、頭痛など具体的な症状が表われ出し、睡眠にも支障が出てきます。そして末期になるとパニック障害やうつ病、最悪の場合過労死にも至ります。


ルー大柴

サーティー・イヤーズ・オールドは、一番つらかった時期だね。人生のどん底といってもいい。同級生は学校を出て就職して安定した生活を送っているのに、俺は売れない役者。芸能界どころか、当時はバイトで食いつなぎながら、アングラ演劇をやっていた。十代のころには海のように広がっていた夢も、いつしかしぼんじゃって。31歳のとき、長男が生まれ、お袋に「諦めろ」って言われたこともあって、ついに夢破れた、と腹をくくった。すると、不思議なもので諦めた途端、運が巡ってきてブレイクした。