名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

千田潤一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

千田潤一のプロフィール

千田潤一、ちだ・じゅんいち。日本の英語教育者。岩手県出身。福島大学経済学部卒業。英語を教えた。著書に『英会話ぜったい音読シリーズ』『TOEICテストで英語をものにする本』。

千田潤一の名言 一覧

あらゆる学びに通じる原則がある。それが「インプットがアウトプットに先行する」だ。語学学習で言うと、耳から正確にインプットできない言葉を、口からアウトプットすることはできない。つまり残念ながら、リスニングができない人がいくらスピーキングの練習をしても話せるようにはならない。


アンケートで英語学習の精神面での悩みを聞いたところ、第1位は「伸びを感じられない」。確かに、リスニングの学習で成長を実感するのは、リーディングやスピーキング以上に難しい。しかし、それだけ難しいからこそ、やる意味は大いにある。リスニングの壁を乗り越えれば、飛躍的な成長が見込め、使える英語の姿が見えてくる。


千田潤一の経歴・略歴

千田潤一、ちだ・じゅんいち。日本の英語教育者。岩手県出身。福島大学経済学部卒業。英語を教えた。著書に『英会話ぜったい音読シリーズ』『TOEICテストで英語をものにする本』。

他の記事も読んでみる

村上龍

「目の前のことを一生懸命にやる」というのはやや不正確な気がします。問題は、何を、なぜ、どうやるかであって、「目の前のこと」だけ一生懸命にやっていればいいというわけではないからです。


玉塚元一

ファーストリテイリングで知ったのは、商売を成功させるには共通の原理原則があるということ。例えば、明確なビジョンがあるか、経営理念が全社で共有されているか、スピード感をもってPDCAサイクルがまわせているか。その原理原則を叩き込まれ、大きな財産となった。


加藤欣司

ビジネスは結果がすべてです。金融商品でいえば、安定したリターンをあげて初めてお客様に信頼されます。


藤野英人

4歳からピアノを始めて、社会人になってからの6年間を除けば、ずっと先生について習ってきました。子供の頃は周囲に才能あふれる生徒が多くいたけれど、年を重ねるうちに1人、また1人とやめていって。気が付けば僕だけが残っちゃった。何事も続けているだけで、見えてくるものってあるんです。ピアノも、今では作曲家の意図を理解したり、曲の解釈の幅が広がったりと、続けた人にしか見えない世界を覗くことができるようになりました。


戸塚隆将

また、グローバル企業で働くなら英語は必須ですが、一流の人たちはそのための準備もしています。英語の会議があれば、そのテーマで使う専門用語や業界用語を調べ、話す内容を紙に書き出して頭に内容を叩き込み、本番を想定して何度も発音練習を繰り返します。誰もいない部屋にこもって、一人でブツブツとスピーチの練習を繰り返す姿は決して格好のいいものではありませんが、自他ともに「英語ができる」と認める人は、普段から陰でそうした準備を重ねているものです。


大浦溥

優秀な人材はいっぱいいるわけです。優秀な人の能力が素直に発揮できるような環境を作ってあげることが、私の仕事だと思います。だから年中、「おまえら、やっている本人がその場の専門家なんだ。一人一人がみな専門家だ。その専門家が十の能力を持っていたら、十の能力すべてを発揮できるように努力してくれ」と言っているんです。全員が十の能力を発揮すれば、ものすごい力になります。


江上剛

話すときはわかりやすい言葉を使うことが肝心です。銀行には「期中平均残高」「乖離幅」など独特の業界用語があります。こういう用語を使って、支店の全体会議を開いたらどうなるか。上司は同じ銀行員だから話は伝わると思い込んでいますが、ほとんど伝わらないというのが実態です。


ジョセフ・ジューベル

若者に聞いてみなさい。彼らはすべてを知っていますよ。


佐藤達雄

「お客様第一主義」「個店主義」「地域密着主義」。当社はこの三つのキーワードを経営理念として掲げてきました。一見すると、当たり前のことのように思えるかもしれません。「うちの会社だって同じような理念を掲げている」とおっしゃる方もいるでしょう。それでは、その理念は実践されているのでしょうか。


小林稔(経営者)

商品の開発や採用についても、その時々の売れ筋ではなく、「売れる商品でも、売らない信念」としての、いちよし基準に基づき長く安心して保有していただける商品性を重視します。


宋文洲

優秀な営業マンに大口の得意先を担当させる企業がよく見受けられます。しかし、大口取引の場合、売上を決めるのは商品力と信頼性とマーケットの動向であり、優秀な営業マンを配置したところで売上が急増することは、まずありません。その企業との縁を取り持ったのが営業担当者だからという理由でその後のやり取りもすべてその人を通して行うと決めつけていると、営業担当者の仕事は増える一方です。


鈴木茂晴

決めたら徹底してやる。最高の戦略、これ以上ないと思われる戦略が徹底されないで終わるよりは、最高の戦略ではなくても、徹底した作戦をとって実行した方が勝つ。