名言DB

9490 人 / 112001 名言

千田潤一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

千田潤一のプロフィール

千田潤一、ちだ・じゅんいち。日本の英語教育者。岩手県出身。福島大学経済学部卒業。英語を教えた。著書に『英会話ぜったい音読シリーズ』『TOEICテストで英語をものにする本』。

千田潤一の名言 一覧

あらゆる学びに通じる原則がある。それが「インプットがアウトプットに先行する」だ。語学学習で言うと、耳から正確にインプットできない言葉を、口からアウトプットすることはできない。つまり残念ながら、リスニングができない人がいくらスピーキングの練習をしても話せるようにはならない。


アンケートで英語学習の精神面での悩みを聞いたところ、第1位は「伸びを感じられない」。確かに、リスニングの学習で成長を実感するのは、リーディングやスピーキング以上に難しい。しかし、それだけ難しいからこそ、やる意味は大いにある。リスニングの壁を乗り越えれば、飛躍的な成長が見込め、使える英語の姿が見えてくる。


千田潤一の経歴・略歴

千田潤一、ちだ・じゅんいち。日本の英語教育者。岩手県出身。福島大学経済学部卒業。英語を教えた。著書に『英会話ぜったい音読シリーズ』『TOEICテストで英語をものにする本』。

他の記事も読んでみる

三浦善司

リスクとチャンスは表裏一体。現状に留まっていればリスクになる。チャンスととらえてお客さまに価値を提供できれば競争に勝つことができる。


馬場芳彦

旧態依然とした組織の中では、何を言っても伝わらないものがある。


吉田敬(お笑い芸人)

悶々としているとき、大事なのは周りのせいにしないこと。環境のせいにすると、やってられへんから。自分のせいやと思っていれば、乗り越えられます。


植木義晴

大事なのは準備を丸一日かけたことではなく、それで十分な準備ができたかどうかです。


内藤誼人

私たちは笑える話を聞かせてくれる相手を好む。相手を笑わせるコツは、ホームランを狙わないことだ。大きなネタで、大きな笑いを狙うと、はずしたときのショックが大きい。小さな笑いを取れるだけで十分だ。小さい笑いを大切にするようにし、どんどん口に出してみるべきである。下手な鉄砲も数をこなすようにすると、そのうち一度や二度くらい笑ってもらえなくとも、それほど気にしなくなる。


新浪剛史

これだけ成熟した市場になれば、もっと「サービスを通じてモノを売る」ということを考える必要があります。誤解されがちですが、サービス業はモノを売っているんです。介護とか医療とか、サービスそのものの付加価値だけじゃありません。介護だって施設を作るなら専用の器具がいるし、運営には介護用品がいるし、食品だって必要です。自動車にしたって、現場には販売する人もメンテナンスする人もいます。サービスの競争力を高められれば、それを入り口にモノを売って、収益力も確保することが可能です。


前田晃伸

僕の親父はいつも「お前が決めるんだ。相談されても困る」と言っていました。したがって、中学のころから進路をどうしようかと一人でずいぶん悩みました。流れに身を任せた人もいる。しかし他人の作ったペースにずっと合わせ続けるのは結構疲れるんじゃないかと思います。


佐々木常夫

上司を信頼していれば、怒鳴られたって部下はついてくる。信頼関係があれば、何をどう言われようが心に響く。叱るも怒鳴るも大差ない。要は、言葉より「誰に」言われたかの方が大事。


村田昭治

企業体質が強化され、社内の空気も乱れがなく、「心一致」「政策一致」「考動一致」がみられることが本当の企業成長だ。


梅原勝彦

ほぼ9割まで仕上げた半完成品を多種類用意しています。コレットチャック製造には約25もの工程がありますが、その最終工程のみ注文後に行なうわけです。だから最後の工程にきちんと時間をかけても圧倒的短納期で対応できる。他社が30分で仕上げるところをうちでは40~50分かけますよ。作るのが早いわけではなく、取りかかるのが早いわけです。だからお客様が飛び込みで来ても大丈夫だし、大手メーカーが嫌がる形状、太さなどの規格外品にも自在に素早く対応できます。


大串亜由美

仕事を断る際のポイントは、「YESかNOかはっきり回答する」「断るときは、謝り倒さない」「引き受けられない理由と、今日は無理だけど明日ならなどと、代案を添える」。これらの点に気を配れば、相手との関係もスムーズにいくのではないでしょうか。


新浪剛史

一番の挫折は、フランスの給食会社との合弁で設立したソデックスコーポレーションにいた時です。この会社の立ち上げのため、社長として三菱商事から赴任しました。トップに就いたからには、自分の言うことを聞いてくれるだろうと簡単に思っていましたが、赴任当初は、私の言うことが全く通じませんでした。36歳で代表取締役に就任しましたが、商社出身、ハーバード大学出身で、偉そうに見えたのでしょう。この時初めて「共感してもらうには、こちらから近づかなければいけない」ことを学びました。