千田潤一の名言

千田潤一のプロフィール

千田潤一、ちだ・じゅんいち。日本の英語教育者。岩手県出身。福島大学経済学部卒業。英語を教えた。著書に『英会話ぜったい音読シリーズ』『TOEICテストで英語をものにする本』。

千田潤一の名言 一覧

あらゆる学びに通じる原則がある。それが「インプットがアウトプットに先行する」だ。語学学習で言うと、耳から正確にインプットできない言葉を、口からアウトプットすることはできない。つまり残念ながら、リスニングができない人がいくらスピーキングの練習をしても話せるようにはならない。


アンケートで英語学習の精神面での悩みを聞いたところ、第1位は「伸びを感じられない」。確かに、リスニングの学習で成長を実感するのは、リーディングやスピーキング以上に難しい。しかし、それだけ難しいからこそ、やる意味は大いにある。リスニングの壁を乗り越えれば、飛躍的な成長が見込め、使える英語の姿が見えてくる。


千田潤一の経歴・略歴

千田潤一、ちだ・じゅんいち。日本の英語教育者。岩手県出身。福島大学経済学部卒業。英語を教えた。著書に『英会話ぜったい音読シリーズ』『TOEICテストで英語をものにする本』。

他の記事も読んでみる

中村直樹

業界に長くいると、お客様の視点と自分たちの視点がどうしても乖離してきます。バーニーズに出向した当初、とくにそれを感じました。バイヤー会議で、お客様の好みの話がほとんど出てこない。売り場の声が反映されず、「これカッコいいよね?」と自分たちの好みで、お客様が求めていない商品を揃えがちになっている……。これはまずいと思い、会議ではつねに「お客様は本当にコレを求めているのか?」と投げかけてきました。


谷所健一郎

転職するときは積極的に、そして集中的に活動することが重要です。例えば3カ月なら3カ月と決めて活動する。実は近頃「この会社は自分に合っているのだろうか」と迷ってしまい、転職先を決めきれない人が少なくありません。これも、自分中心の発想の最たるもの。自身の希望も重要ですが、合う、合わないを考え始めると、なかなか答えは出てきません。


白川敬裕

とくに集中して勉強したいときは、早朝のビジネス街の喫茶店をおすすめします。あまり忙しくもなく、人がいることで逆に適度な刺激になって集中して何かやるにはもってこいです。朝は頭がフレッシュなので、仕事を終えて疲れた状態の夜に比べ、能率も上がります。また、出勤前に喫茶店で勉強をするには、家を早くでなければなりません。通勤ラッシュにかからないため、電車の中でゆっくり本を読むこともできます。


大朏直人

東芝傘下だったオンキヨーを私個人で買収したとき、オンキヨーでは安価の商品を作らないと宣言しました。安い商品は大量生産をしないと元が取れません。なおかつ大量生産のための工場も建設しなければなりません。さらには、工場を管理するための人員の確保をしなければならない。安価で売るにはたくさんの経費がかかりますので、我々は中高級品オーディオを中心に生産していくことを決めたのです。


野村克也

「どうせ俺は……」と諦め、くさるタイプのコンプレックス人間は、こう考えたらいい。「諦めた、ということは変わるチャンスだ!」と。諦めた、ということは、今のままではうまくいかない、ことに気づけたということ。それは幸運だよ。


小池龍之介(小池龍照)

父が住職の浄土真宗の寺を継いで住職となる未来図は学生時代からありました。しかし仏門に入ってまもなくは「既存の仏教を壊す!」と新しいことに挑戦し続けました。それは、「閉鎖的な仏教界でオレ様はこんな特別な志を持ってるんだ」と自分を特別視し、いわば仏教界を通じて「自己実現」しようとする欲望だったと、振り返ってみると思います。そしてこの「自己実現しなきゃ」という強迫観念こそ、現代人に刷り込まれた苦しみの元凶なのです。その頃、SNSのひとつ、まだ草創期だったミクシイに参加しました。自分の書いた日記に対して「新しいコメントが1件あります」と表示されると嬉しくて、それがないとがっかりする。こうして一喜一憂するのは、脳を単に刺激して興奮しているだけだと気づいた。そしてそれは、時間が浪費されるどころか集中力をなくす可能性すら高い。なぜか? 「あの人から返信きてるかな」「俺のつぶやきリツイートされたかな」。そんなことに脳の容量と意識を使い、何も手につかなくなるから。本人にその自覚が無いのも問題です。


山口拓己

親会社ベクトルの上場を後押ししてくれた方から「魚は頭から腐るものなんだよ」と言われ、ハッとしました。組織はトップから腐る。上場ゴールが起きるのもトップの責任だと改めて考えさせられました。


ハワード・シュルツ

一か月、三カ月、一年と時が流れ、新たな市場への参入を果たすたびに、大企業が我々を追い払うのはますます困難になってきているという自信が深まっていった。値引きを基礎としたビジネス展開を図り、小売店の経験もない彼らには、我々のように顧客と密接な関係を確立するためのノウハウが欠けていたのだ。


出口治明

方向性がバラバラというのは、多くの会社で起こりうること。ただ、マネジメントの基本は「ワンボイス」。経営陣はワンボイス(同じ言葉)で方向を示すのが当たり前。


中原淳

学校では、子供におもねり、玩具になってしまった教師は二度と教師に戻れません。最初の7日間で教師と子供の関係が決まるのです。会社でも最初の段階で部下から逆査定されていると思うべきでしょう。


ロバート・キヨサキ

私が最初に買った物件はハワイのマウイ島にある、1万8000ドルの安物件だったけど、物件の下水管が破裂して、下水がすべて私の買った部屋に流れ込んできたんだ。賃借人は出て行くし散々な目にあったけど、これもいまでは笑い話。あの物件を買ったおかげで、学校で学んだことよりもはるかに多くのことを学ぶことができた。


ハワード・シュルツ

スターバックスの創立者にとって、コーヒーの品質がすべてだった。とくにジェリーは自分の信念を貫き、決して妥協しなかった。ジェリーとゴードンは、自分たちのマーケットのことを理解していたに違いない。なぜなら、激しい景気変動にも関わらず、スターバックスは毎年利益を上げていたからだ。創立者たちは純粋なコーヒーの信奉者であり、本物のコーヒーを知る少数の顧客に喜んでもらえれば満足したのである。


井川幸広

研究をされている大学教授の方が定年退職を迎えると、日本の中には自らの知見を活用して生涯暮らしていけるような環境が無いため、海外の研究機関に招聘されるケースも少なくありません。しかし、仕事が生きがいという人も多い中、定年で割り切るのはいかがなものでしょうか。そこで私たちは、定年退職の無い仕組み作りにも挑戦しています。


大山健太郎

当社には、売上げ全体の中に占める「新商品の売上」の比率を5割にせよ、という決まりがあります。ロングセラーにばかり頼っていると、進歩がなくいずれ会社が衰退してしまいますから。立ち止まることができない仕組みになっているのです。


カルロス・ゴーン

メーカーが生き延びられるか、また成長できるかは競争力にかかっています。競争力には4つの要素があって、第一はイノベーション(革新)。第二の要素はたゆみない品質の向上、つまり、クオリティの問題です。第三の要素はコストを抑えられるかどうか。第四の要素はあらゆる面で迅速でいられるかどうか、つまり、開発と生産の間をどうコントロールしてスピードアップしていくかです。


ページの先頭へ