千玄室(15代目)の名言

千玄室(15代目)のプロフィール

千玄室、せん・げんしつ。「茶道裏千家」家元・大宗匠。京都府出身。太平洋戦争時に学徒出陣し特攻隊員として出撃する前に終戦。同志社大学法経学部経済学科卒業、ハワイ大学修学。裏千家家元、宝塚造形芸術大学大学院教授、日本・国連ユネスコ親善大使、日本会議代表委員、日本国際連合協会会長、日本馬術連盟会長、日本青年会議所会頭などを務めた。

千玄室(15代目)の名言 一覧

争いごとがないようにみんなが助け合って、お互いの幸せを見つけていく。これが茶道の本来の道。


リーダーシップは、ただ言葉にして示せばいいというものではありません。相手に「思い」を伝えることが大事なのです。


人間というものは、ちょっと放っておくと、すぐに埃が溜まる。埃とは、怒り、嫉妬、傲慢、憂い……。知らない間にポケットに埃が溜まるように、心が汚れていく。だから、自分を省みる必要がある。


茶道がなぜ500年も続いてきたか。それは、世の中の役に立つものだったからでしょうね。役に立たなければ、とっくの昔に消え去っていると思います。


仏門や神道に身を置く人は、一般の人よりも「なるようにしかならない」という悟りの境地に入っていけるでしょう。でも、一般の方々は、「なるようにしかならない」ではいけない。「なるようにしよう」という努力がないといけません。そうでなかったら、自分の道なんてひらけませんよ。


「お茶の世界とは、どういうものか」と聞かれることがよくありますが、私はいつも「道」だとお答えしています。お茶はセレモニーではなく、修行という意味においては「道」、「way」なのです。だから「茶道」と言うのです。


息子に代を譲りましたが、私から息子にああしろ、こうしろということは一切言いません。言うべきではないのです。企業でもそうでしょう。自分が努力してつくり上げた会社であっても、息子に跡を譲ったら、信じて任せる。未練たっぷりではいけない。人を育てるためには、たとえ難しくても、そうするべきです。


私たちは千利休以来、茶道という大きな文化を背負い、現代までやってきました。代々の裏千家の担い手たちは、それぞれの時代において、その時代に必要な茶の湯、茶道というものを通じ、人々に安寧の心や和敬の気持ちを伝えてきたわけです。


人間というのは、欲深いものです。「一切皆苦(いっさいかいく)」。欲があるから、生まれた時から死ぬまで苦しむのです。かといって、欲が全くなくなってしまっても、人間は枯れてしまう。枯れ木になってはいけません。ちょっと花を咲かせるくらいが、ちょうどいいのです。一般の人間が、悟りの境地になんてなかなか辿り着けるものではありません。


昨今、「おもてなし」という言葉が流行していますが、おもてなしとは本来、人間の哲学であり、思いやりの心です。外国人を引きつけるための売り文句や看板にしてはいけません。お湯を沸かし、心を込めてお茶を淹れ、「まあ一服してくださいな」と声をかける。これが本当のおもてなしです。そこには「何流」なんてものはありません。自分流でいいのです。


茶の道で一番大切な教えは、「和敬清寂(わけいせいじゃく)。千利休が掲げた精神です。「和」は、皆で和し合うこと。英語で言えば「peace and harmony(平和と調和)」。「敬」は、敬い合うこと。肩書きのある人だけを敬うのではなく、人間すべてを敬うことを指します。そして「清」は、清らかな気持ちを持つこと。「寂」は、寂然不動の心構え、何事にも動じない気持ちを持つことを意味しています。茶の道とは、これらの心を涵養(かんよう)することなのです。「和敬清寂」の精神があれば、広い心で物事をとらえ、相手の立場になって仕え合えるようになります。仕事でいえば、売り手と買い手、経営者と従業員が互いの立場を理解し合うようになる。正しい仕事の道というのは、そこからひらけてくるのではないでしょうか。


日本人の場合は、茶道文化が手近なところにありすぎて、そのよさに気づいていない。しかし外国人の場合は、身近にありません。私たちが差し上げる一服のお茶が、まさに一期一会なのです。ですから、「この人が持っている茶の心を少しでも感じたい」という気持ちでのぞまれます。もちろん、私も同じ気持ちでのぞみ、茶の心を外国の方々に伝えようと努めてきました。


終戦後、復員と同時に、私はある奇妙な光景を目にすることになります。うちの茶室に、進駐軍の将校たちが、次から次へとやってくるのです。これは一体どういうわけだと聞いてみると、軍の司令部から「日本を知るためには、伝統文化を知らなくてはならない。だから休みの日は、将校はできるだけ寺社や茶道の家を訪ね、文化に触れよ」との命令が出ているというのです。当時、私は23歳の血気盛んな若者です。軍人として2年間、過酷な状況で戦ってきましたから、敵だった進駐軍の将校たちを見て、何度も「あのやろう!」と思いました。でも、ある日、ふと茶室をのぞいてみると、進駐軍の将校たちが慣れない姿勢で正座をし、みんなで並んでお茶を飲んでいる様子を目にしました。その時、私は「あ! これだ!」と確信したのです。確かに、日本は武力では負けた。しかし、まだ文化の力があるではないか。日本人は決して戦いを好む人種ではない。平和を好む人間なのだ。それを知らしめるためには、「茶の文化」だ。そんな気持ちが私を奮い立たせました。


茶道の家に生まれ育ち、見るもの間くものすべてがお茶中心の世界であった私は、子供の頃から「自分がこの家を継ぐのだろうな」と思っていました。反面、私の中には「どうして僕が千家を継がないといけないのだ」という気持ちが芽生えてきました。特に中学生時代は、私にも反抗期というものが訪れましたから。ですが、学年が進むにつれ、友達はそれぞれの道を求めて歩み始めます。そのような中、私もまた、「自分で茶の道を選び、道をひらいていこう」と考えるようになりました。


千玄室(15代目)の経歴・略歴

千玄室、せん・げんしつ。「茶道裏千家」家元・大宗匠。京都府出身。太平洋戦争時に学徒出陣し特攻隊員として出撃する前に終戦。同志社大学法経学部経済学科卒業、ハワイ大学修学。裏千家家元、宝塚造形芸術大学大学院教授、日本・国連ユネスコ親善大使、日本会議代表委員、日本国際連合協会会長、日本馬術連盟会長、日本青年会議所会頭などを務めた。

他の記事も読んでみる

遠藤功

米国の場合、やる気のない人はすぐにクビになって人材が新陳代謝するから、基本的には組織にはやる気のある人しかいません。また、クビになるリスクを感じているから一生懸命仕事をする。日本企業も「ぶら下がり社員」がいなくなって、やる気のある社員だけでやればマネジメントの質も良くなり、必ず浮上します。ただしソーシャルセキュリティーのネットワークがないから、大企業が余剰人員を切るようになれば、失業率は2ケタに跳ね上がるでしょう。これが根本的な問題だと思います。


桜田厚(櫻田厚)

自動車業界ではTOYOTA、家電業界ではパナソニックというように、日本発の世界的なブランドはいくつもありますが、実は飲食ではないんです。アメリカだけとか、アジアだけとか、一部の地域に出ているブランドはいくつもありますが、世界中どこに行ってもあるというお店はありません。だから僕は「モスバーガー」でそれを実現して、日本発の世界的な飲食ブランドにしたいんです。海外は今、約350店で売上も200億円を超えました。すでに400店までは見えているので、今後はこれを国内とのバランスを取りながらどこまで増やしていくかが重要になります。


松本晃(経営者)

食品業界というのは本来儲かるものなんですよ。前職で医療機器や医薬品といつたへルスケア業界にいましたが、その次くらいに社会に役立ち、利益を上げやすい業界だと思っていました。テレビがなくても生きていくのに困りませんが、食べ物はなければなりませんから。実際、海外に目を向ければ、食品会社はどこも高収益を上げている。グローバルな食品メーカーは営業利益率が1 5 % 程度に達しています。


小川孔輔

顧客満足度の高い企業には2つのパターンがあります。一つは値段や利用料金がかさんでも、期待を超える商品やサービスを提供できている企業。もう一つが価格は抑えながら、それなりの品質を保った商品・サービスを提供できている企業です。つまり、コストパフォーマンスの高さこそが客の満足を決定づける大きな要因なのです。


宇野康秀

我々は新しいことに挑戦していく会社ですが、一方で会社は常に利益を追求しなければいけません。業務効率を上げ、コストを見直し、生産性をもっと高めるためにはどうしたらいいか、上半期の区切りを機会に、もう一度見直していただきたい。
【覚え書き|従業員への言葉】


森永雄太

ジョブ・クラフティングがうまくいかないケースを見ると、大抵、タスクを変えただけで、人間関係を変えていない場合が多いものです。タスクを変えただけでは、周りとの連携がうまくいかなくなってしまいます。タスクを変えると同時に、上司や周囲に意見を求めたり、フィードバックをしたりすることによって、自分もやりがいを感じられ、組織にも貢献できるジョブ・クラフティングが実現できます。タスクと人間関係を、バランスよく変えていくことが重要です。


松井忠三

経験主義は特に「守り」に弱い。


平塚常次郎

私としてはまだまだ、世に教訓じみたことを言うほど、モウロクしているとは思わない。私の履歴に対する本当の賞罰は、たぶん棺を覆ってから、世間がつけてくれることだろうと思っている。


野村与曽市

いまから考えるとずいぶんとひどい偽物をつかんだことも再々あって、そのたびに歯ぎしりして悔しがったものだが、それもどうやら度胸のようなものになって結局は信頼のおける道具屋の意見を用いるのが一等よいと悟ったものである。


吉田淑則

仕組みを作るだけでは人は動きません。そこで私は、経営トップとして3つのことを心掛けました。ひとつ目は「率先垂範の徹底」。ふたつ目は「目標を数字で示すこと」。3つ目は「トップのメッセージを社内に伝える伝道師の育成」です。


椎木隆太

映像、トーク、提案書と、あらゆる方向から準備をしますが、提案書は文字とビジュアルで我々の強みを簡潔に伝えるもの、と位置づけています。


川野幸夫

個々の成功事例を横展開していくことが重要です。それもただ真似するのではなく、店独自の特徴を出していくのです。たとえば、千葉県内の店で地元の銚子漁港でサンマが大量に水揚げされたと聞けば、安く仕入れて、新鮮なサンマを使ったメニューを提案するという具合にです。


馬田一

製鋼所の課長というと小さな会社の社長みたいものです。若いときに、工場の中でそういうトレーニングができて、大変勉強になりました。
【覚書き|東京大学大学院修了後、製鉄所に配属され、現場で経験を積んだことについて語った言葉】


柳家小三治(10代目)

「長短(ちょうたん)」はうちの師匠の得意な噺だった。師匠の前でやったとき、「おめぇの長短はつまらねえな」って言われたんだよ。でも、俺は二ツ目時代からこの噺は得意でね、高座にかけても真打ちを食うくらいウケていると思ってやっていた。ところが、師匠には見抜かれたよ。俺はそのとき、師匠の前でおもしろくやろう、うまく見せようとした。そこを見抜かれた。その気持ちを摘まれたんだ。それはいけない。まっさらな心で落語をやらないとダメだということじゃねぇかな。


長谷川裕一(北海紙管社長)

社員がイキイキしてない会社が、お客さんをイキイキさせるなんてこと、絶対にできないはずですから。


ページの先頭へ