名言DB

9412 人 / 110637 名言

千早茜の名言

twitter Facebook はてブ

千早茜のプロフィール

千早茜、ちはや・あかね。日本の小説家。北海道出身。立命館大学文学部人文総合インスティテュート卒業。『魚神』で小説すばる新人賞、泉鏡花文学賞、『あとかた』で島清恋愛文学賞を受賞。

千早茜の名言 一覧

基本的に私は、マイノリティのために文章を書きたいと思っているんです。今、苦しい思いをしている人、過去にいたであろう迫害された人、人と違っていることに息苦しさを覚える人……そんな人々に光を当てたい。


私は文楽をよく観るのですが、命も心もないと頭ではわかっているのに、そのひとがたに感情移入してしまうところがすごく好きで。そして普段、自分の感情を表に出せない人にとっても、人形はどこか心を投影できる存在のような気もするんです。


千早茜の経歴・略歴

千早茜、ちはや・あかね。日本の小説家。北海道出身。立命館大学文学部人文総合インスティテュート卒業。『魚神』で小説すばる新人賞、泉鏡花文学賞、『あとかた』で島清恋愛文学賞を受賞。

他の記事も読んでみる

高原豪久

初心忘れるべからずという言葉がありますが、そういう言葉があるということは、人は初心を忘れやすいということですよ。


出口治明

僕に言わせれば、左遷されて不満を感じる人は現実が見えていないのです。会社組織に身を置く者は、社長にならない限り、どこかで出世がストップして、左遷される。毎年200人が入社する会社で、社長が5年で交代するとすれば、社長になれるのは1000人に1人。999人はどこかで左遷されることになります。自分も多数派になったのだと思えば、何を嘆く必要があるのでしょうか。むしろ「人・本・旅」で学ぶ時間が増えたと考えるべきです。


澤上篤人

私は長年、長期投資の世界で働いてきて、その良さについて熟知していました。それが日本では全くといっていいほど知られていませんでした。良いものを世に届けたい、それだけでした。


鈴木敏文

鍛冶屋さんなら年季が入った方がいいが、消費者のライフスタイルが変わってきている時代、小売商を取り巻く環境には、過去の商売の経験がマイナスに作用することがある。


坂根正弘

大事なのは、現場に立脚していることです。現場を知っていれば、「何を言えば現場が動くか」が分かるはず。


宮本彰

他社が得意なことをキングジムがやる必然性はない。むなしいですから、そういうことはやりません。


神岡真司

心を動かすうえで、まず大切なのは最初の印象。これをいかにいいように操作するかが大切。ありのままの自分でぶつかろうなんて思わなくていい。賢そう、信用できそう、やる気がありそう……どんな印象を相手に与えたいかで、やり方はいろいろあります。


岡田節人

研究も人脈です。つまり一人で自分の夢を実現するような研究はいまや無い。誰かと共同になるわけです。その際うまく共同で、しかもその分野の優れた人と組めるということはやはり人脈でしょう。それもこの頃は、日本だけの人脈では駄目ですね。


三枝匡

ベンチャー企業の難しさは、非常に高速で事業が展開していきますから、誤った判断をするとすぐ資金が足りなくなってしまうことですね。もともと経営資源が少ない状況ですから、すぐ枯渇してしまい事業が継続できなくなるリスクを抱えています。そのため、リーダーには、ひとつひとつの決断は小さく見えても、その決断を正しくすることが求められます。


本田宗一郎

金のことは任せる。交通手段というものは、形はどう変わろうと、永久になくならないものだ。けれども、何をつくりだすかということについては一切、掣肘(せいちゅう=干渉、口出し)を受けたくない。俺は技術屋なんだから。
【覚書き|ビジネスパートナーの藤沢武夫氏に言った言葉】


澤田秀雄

もし私に、先を読む勘のようなものがあるとしたら、それは世界中を旅した経験があるからだと思います。私は若い頃にドイツに留学し、その間に50カ国以上を旅しました。そのうちに、訪れた国がこれからどうなるか、何となくわかるようになってきたのです。


堀場厚

財育成には時間がかかります。しかし、投資効果が最も高いのも実は人財確保・育成なのです。人財なくして会社の成長はありえない。


岩瀬大輔

人が成長するうえで一番大事なのが、長期的なビジョンやミッションのようなものを持っているかどうかだと思います。


遠藤優

社長時代はいつも刃の上に乗っているような緊張感がありました。でも、そのくらいの緊張感がなければ、経営に携わるべきではないのでしょう。社員は経営者の姿勢をよく見ています。社長が先頭に立ち、全員が同じ考えで事に当たれば、会社は変われると実感しました。その分、社長にはストレスがたまりますが、社員が頑張って少しでも会社が伸びれば、ストレスは癒されるものです。


早野忠昭

これまでのマラソン大会は、学生時代から走ってきたいわばエリート選手のものでした。だからスポンサー企業は、おのずとスポーツ関連に限られる。その考えの延長で東京マラソンを開いたら、当然、2万、3万人なんて集まらない。でも学生時代の体育の成績が必ずしも5段階評価で満点ではない人たちも集めれば話は変わりますよね。そこでマーケティングの登場です。「タイムが早い、遅い」とは違う様々な価値観を持ち込んだんですよ。例えば、「かっこよく走りたい」なんて好例。「健康」という価値観をぶら下げたところで、私より上の年齢の人しか寄ってこない(笑)。でも、「ファッション」をぶら下げたら、状況は変わる。美を意識する女性が集まってくるだろうし、若い男の子、いや、ちょいワルおやじだって後ろからついてきますよ。「ミュージック」「ボランティア」「チャリティー」といろいろなバリューをつけたからこそ、参加者の層が広がり、ここまでの人気を得られた。