名言DB

9419 人 / 110788 名言

千早茜の名言

twitter Facebook はてブ

千早茜のプロフィール

千早茜、ちはや・あかね。日本の小説家。北海道出身。立命館大学文学部人文総合インスティテュート卒業。『魚神』で小説すばる新人賞、泉鏡花文学賞、『あとかた』で島清恋愛文学賞を受賞。

千早茜の名言 一覧

基本的に私は、マイノリティのために文章を書きたいと思っているんです。今、苦しい思いをしている人、過去にいたであろう迫害された人、人と違っていることに息苦しさを覚える人……そんな人々に光を当てたい。


私は文楽をよく観るのですが、命も心もないと頭ではわかっているのに、そのひとがたに感情移入してしまうところがすごく好きで。そして普段、自分の感情を表に出せない人にとっても、人形はどこか心を投影できる存在のような気もするんです。


千早茜の経歴・略歴

千早茜、ちはや・あかね。日本の小説家。北海道出身。立命館大学文学部人文総合インスティテュート卒業。『魚神』で小説すばる新人賞、泉鏡花文学賞、『あとかた』で島清恋愛文学賞を受賞。

他の記事も読んでみる

中野健二郎

業績の悪い会社は事務所に入ったとたん、会社の雰囲気やアレッと思う感触を持ちます。現場に入って五感を働かせると、机上の書類や議論からは決して理解できない何かが必ずつかめるものです。


豊田喜一郎

一本のピンも、その働きは国家につながる。【覚書き|どんな小さなことでも大きなことに繋がっているので、細部をおろそかにすると、いつか大問題が起こるから注意しろという趣旨の発言】


加藤俊徳

脳は年齢を重ねても成長できる――それは、脳は変幻自在な柔軟な器官ということ。すなわち、環境や生活習慣いかんでは衰えていくスピードも驚くほど早いのです。


寺尾玄

将来の可能性は無限なのに、どうして枠にはめられなければいけないんだ。


畑村洋太郎

いま多くの企業で行われている会議は、情報の伝達のみを行うのみの儀礼です。そうではなく、ディベートをすることで、個人知を共有知へと変えていく。議論して個々人が自分の知識をぶつけあえば、それぞれが自分に欠落していた知識に気づくはずです。それにより、個人が持つ暗黙知の表出と共有が可能になるのです。


安藤文男

米国の場合は攻めのIT投資をするときに、自分たちのビジネスを理解しているエンジニアがIT化を進めるわけです。だから、既存のビジネスがこうだから、こうしてみようとか、ああしてみようと考えたときに、非常にスピーディに動きやすいし、新しいビジネスモデルを立ち上げた時に自分たちの儲けのポイントも分かる。だから、みんな積極的にITを活用して利益を上げようとするのです。


升田幸三

人生は将棋と同じで、読みの深い者が勝つ。


坂根正弘

自分の置かれた状況が見える化され、ほかと比較されると、自然と競争心が生まれる。何とかしようと知恵を出し、汗を流す。それが人間だ。


古市幸雄

勉強は未来の成功のための自己投資です。いま自己投資をしておけば、5年先、10年先に大きなリターンとなって返ってきます。それがわかっている人は、勉強が続けられるはずです。


田中稔一

九州大学を卒業後、現・三井化学に入社した。いきなりの東京勤務で、樹脂の営業に配属されたが、初めての東京生活に戸惑い、仕事の要領もわからずにヘマばかりした。その上、九州弁丸出しで、お客さんに電話で怒鳴られる毎日。情けないことに1カ月ももたずに、本気で会社を辞めようと思った。だが、会社を辞めたら、母はどんなに悲しむだろうと思い、耐えて頑張るうちに、先輩に助けられ、仕事の要領もつかめるようになっていった。