名言DB

9425 人 / 110833 名言

千原せいじの名言

twitter Facebook はてブ

千原せいじのプロフィール

千原せいじ、ちはら・せいじ。日本のお笑い芸人、俳優。京都府出身。高校卒業後、吉本総合芸能学院(NSC)に入学。弟とともにお笑いコンビ「千原兄弟」を結成。バラエティ番組、テレビドラマ、映画などで活躍。

千原せいじの名言 一覧

自分にできないことは、得意な人に頼っちゃうのがいい。趣味の釣りでも、上手い人に同行してもらってやり方を聞いてみる。できる人って頼られるとうれしい人が多いから、結局Win-Winなんです。


生きる上において間違った努力をし続けてしまうことは、何もしないよりもひどいですから。しまいには「俺、こんなに頑張ってんのに」って気持ちが入ってくる。この気持ちに心を奪われたら駄目です。そこで成長、止まってしまいますから。


昔、巨人師匠に言われた「間違った稽古は何もしないよりもひどい」って言葉が好きです。ホンマその通りやなって思います。


海外に行く前は徹底的にその国を調べます。常識が違う場所に行くわけだから、自分がそれに合わせないといけませんよね。


高校の頃は親に迷惑ばかりかける悪ガキでしたけど、不思議と芸人で成功するイメージだけはありましたね。


子供の頃から納得できないことには意見するタイプですね。それで先生や親に怒られたことも。いまは彼らの立場もわかるから「仕方ない」と思えますけど、当時は悔しくてね。


自分が苦手なこと、できないことについてはすぐに「できひん」と言います。できひんことを「できる」と言って、結果が出なかった場合、関わった人全員に迷惑がかかりますし、時間がもったない。「僕はそれできないので、お願いします」と言う方が、筋も通っているでしょ? 人生において不具合が起きるのは、ええかっこうをした時なんですよ。できひんことは悪いことやない。あなたも「できひん」と告白する勇気を持たないと駄目ですよ。


イチローより練習しているプロの選手はいっぱいいますよ。でも、才能や運の差は努力だけで詰まるものじゃない。努力がムダと言っているのではなくて、練習量が多いからヒットを打てるわけじゃないし、チャンピオンになれるわけでもない。そういう意味で、間違った努力って本当に人を不幸にします。できれば、あなたもボッコボコにされながら、自分の才能のある方向で努力をして欲しい。


僕はテレビのロケで、アフリカの様々な国に行っています。すると、周りの人から「アフリカ、怖くないんですか?」と聞かれるようになりました。怖がって聞いてくる人たちほど、実際のアフリカのことを何も知らないケースが多い。ニュースなどで聞きかじったイメージで、「アフリカ=怖い」の固定観念に縛られているわけです。事前に調べて、危険を避ける方法を用意する。リスクを自分で管理すれば楽しめるし、世界が広がっていくと思うんですよ。


安定していない仕事だから「できるときにやっといた方がええわ」とも思うんですよ。というのは僕、30歳になった頃、ざっくりですけど、人生カレンダーを作ったことがあるんです。自分の人生でやりたいこと、身につけたい技術、試してみたいこと、順番に書き出しながら人生に重ねていったら、全然、時間が足りないんですよ。あっという間に200歳を超えてもうた。医療技術が発達していると言うても、なんぼなんでも200歳はムリでしょう。だから、僕は人生に満足せず死んでいくことが決定しているんです。だったら、できることはとりあえず早くやるしかない。筋を大事にするのも同じ理由です。筋の通った話は、だいたい効率的ですからね。迷わずチャッチャッと進めて、余った時間を使いたい。


バブルが崩壊した頃、巨人の桑田投手が24歳のときに親族の不動産投資の失敗で、10億円以上の借金を抱えたというニュースがあったじゃないですか。僕はなぜかあれをよく覚えていて、自分が24歳になったとき、「なんぼ金を貸してくれるんやろう?」と思ったんですよ。当時、千原兄弟は関西でそこそこ顔を知られていて、ラジオも入れてレギュラーは7、8本。大阪では知らん人がいないくらい売れていました。それで、仕事の合間にふとヒマな時間ができたとき、「そうや、金借りに行こう」「なんぼ貸してくれるやろ?」と。銀行に行って「融資を受けたいんやけど」と相談したら、出てきたのは学生ローンのパンフレットでした。もちろん、千原せいじとわかっています。自分ではまあまあ稼いでいると思っていたので、がく然としましたよ。それで、「バカにすんな!」言うて出てきたものの、同時に「世間のモノサシではこんな感じかー」とも思うて。怒りようがなかった。正直、若くてアホやから、芸人になって売れればなんでも手に入ると思っていたわけです。でも、それは全部、自分に都合のいいイメージで、リアルな社会とはズレますよね。


若い頃の僕はバカでした。中学校のときは親がよう学校に呼びだされていましたし、高校でも停学になりますし、基本的にアホなんです。接している情報が圧倒的に少ないじゃないですか。筋違いも甚だしいんですが、単純に言うたら、「自分は無敵や」と思うてました。それがある日、京都の街中でボッコボコにされて。2日間熱が出て寝込みました。そこから得たものは、腕っ節について自分は思うてるほどやないぞ、と。それで気持ちを入れ替えたかと言えば、そうでもなく。じゃあ、どの道なら無敵になれるか。16、17歳で芸人になることを決めていました。これはイメージができていたんです。バク転している自分、スーツ着てサラリーマンしている自分は想像できませんでしたけど、芸人として飯を食えている自分はイメージできた。これは経験上の後付けですけど、自分の得意なことと想像のできることを見つけるのはホンマに大事です。


筋が通らない出来事に遭遇したらどうしてます? 僕からすると、黙って我慢している人が多すぎると思うんですよ。黙っていて、誰か得します? ただ、勘違いして欲しくないのは、筋=正しい、正しくないだけではないことです。決まったルールを守る。昔からのやり方を踏襲する。これも確かに守っている側からすれば、筋です。でも、目の前の現実に沿ってなければ意味がない。「ひとつの方法しかない」とこだわって非合理なやり方になっているのが、最大の筋違いです。正しくない以上に、その場の人たちがお互いに得をするよう、臨機応変に対応することが大事。


千原せいじの経歴・略歴

千原せいじ、ちはら・せいじ。日本のお笑い芸人、俳優。京都府出身。高校卒業後、吉本総合芸能学院(NSC)に入学。弟とともにお笑いコンビ「千原兄弟」を結成。バラエティ番組、テレビドラマ、映画などで活躍。

他の記事も読んでみる

森川亮

仕事をスポーツに例えると、「基礎練習」と「試合で結果を出す」という2つによって、人は成長します。いくら基礎練習を積んで、体力がついても、試合で得点できない選手はチームに不要です。ある程度の基礎ができたら、試合に出て、実践の場で鍛えていくことが大切です。


ヘレン・フォン・ライス

私が社長として重視しているのはスタッフたちと直接、話し合ってお互いの意見を交換すること。


野村克也

リーダーもまた誰かの背中を見ている。良きリーダーがいない真の理由は良き指導者がいないこと、環境を与えていないことなのかもしれない。それは野球でもビジネスの世界でも、似た状況じゃないの?


中村汀女

人生の転換期には、幸運と悪運とが横たわっていて、そのどちらかに出会ったとき、その人の人生の方向が決まります。


松澤大之

効率的に学習するには、学習の範囲を限定するのがコツです。すべてを暗記するのは非効率ですし、そもそも不可能なので、学習内容に優先順位をつけて、出題の可能性や配点が低かったり、多くの受験者が解答できなかったりする範囲はあえて捨てます。その代わり、重要な部分に集中して労力を投入するのです。こうしたメリハリをつけて勉強することは、忙しい社会人には特に必要だと思います。


大平浩二

見方を変えれば、早期に不正が表に出たり、不祥事が明らかになるのは、企業にとって実はよいことなのです。なぜなら、逆に表に出なければ、それだけ不健全な隠ぺい体質が長く続き、その間、社員が苦しむことになり、多くの人がその犠牲になるからです。


佐々木常夫

仕事の重要度に応じてプライオリティ(優先度)をつけることも効果があります。仕事の軽重を見極め、重要度の高い仕事に集中するわけです。もちろん、雑用であっても、しなくてはならない業務もあります。それは後回しにするか、他の人に任せればいい。プライオリティの高い仕事を選択し、自らデッドライン、締切を決めて追い込んでいくのです。


仲暁子

数字は、実は最強の共通言語。言葉は、語る人によってニュアンスの違いが出ますが、数字の場合、1と言えば1。揺るぎのない客観性があるから、多様な価値観をまとめる時に威力を発揮します。これからますます人材の流動化が進み、様々なバックボーンを持つ人たちが1つの職場で働くようになっていく時代において、「数字を使いこなせること」はビジネスパーソンの必須スキルになるのではないかと思います。


佐藤康人

1人の営業スタッフの1日の動き、1週間、1か月の動きを示して、平均で何件売れています、ということが言えることが必要です。こうした売れる仕組みを作るには、一人一人の営業力ややる気にフォーカスするのではなく、仕組みに注目しなければなりません。


陰山英男

英語学習はきっちり継続することができれば一番いいんですが、とりあえず緩く長く続けるというのも効果があると思います。これは多忙なビジネスパーソンの方にもいえますが、緩く続けられえる状態というのは、逆にいえば、「英語ができなければ仕事にならない」というような切羽詰まった状況ではないということですよね。そういう状況で根を詰めたら、挫折のもとです。ダラダラと続けるのも努力のうち。いざ本当に必要になったときには、それにふさわしい短期間での学習方法というものもあるでしょう。