名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

千利休の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

千利休のプロフィール

千利休、せんの・りきゅう。戦国時代の商人、茶人。日本茶道の創始者。茶聖、茶湯の天下三宗匠の一人と呼ばれた。和泉国(のちの大阪府)出身。若い頃から茶の湯に親しみ、師匠たちとともに茶の湯の改革に取り組む。織田信長、豊臣秀吉に仕えた。秀吉に重用されたが、逆鱗に触れ切腹させられた。茶の湯に「わび」の概念を取り入れ発展させた。

千利休の名言 一覧

人の行く 裏に道あり 花の山 いずれを行くも 散らぬ間に行け。


規矩(きく)作法 守りつくして 破るとも 離るるとても 本(もと)を忘るな
【覚書き|守破離の意味を簡潔に表現した句】


千利休の経歴・略歴

千利休、せんの・りきゅう。戦国時代の商人、茶人。日本茶道の創始者。茶聖、茶湯の天下三宗匠の一人と呼ばれた。和泉国(のちの大阪府)出身。若い頃から茶の湯に親しみ、師匠たちとともに茶の湯の改革に取り組む。織田信長、豊臣秀吉に仕えた。秀吉に重用されたが、逆鱗に触れ切腹させられた。茶の湯に「わび」の概念を取り入れ発展させた。

他の記事も読んでみる

平野友朗

誤解を避けつつ、できるだけわかりやすい書き方を考える。それは、あらゆる仕事に求められる能力です。しっかりしたメールを書ける人は、仕事の段取りもしっかりしているはず。


横山光昭

お金に対して自分の価値観や軸をしっかり持っている人はたいてい、無理なく、楽しみながら貯蓄をする貯金力を併せ持っています。


浜口友一

日本企業の経営トップは自社のITシステムについてもう少し勉強すべきだと思います。技術的に詳しくなれということではありません。社内にどのようなシステムがあって、どんな役割を果たしているのか。重要なシステムはどれか、ということを知っておくべきだということです。


横田尚哉

目標達成をプロジェクトとしてとらえると、どのようなプロジェクトも基本的な進め方は同じで「段取り→加工→熟成→評価→仕上げ」というプロセスでゴールに近づいていきます。このうちもっとも重要なプロセスは段取りです。「段取り八分、作業二分」といわれるように、仕事のクオリティは段取りの段階でほぼ決まります。評価や仕上げのプロセスに入ると、改善余地はごくわずかです。目標を達成できるかどうかも、段取りの時点で確定すると言っていいでしょう。


川上量生

ビジネスのやり方は人それぞれ違います。僕はあまり働かないから、誰かと競うと負けてしまう。それを避けるために、競合相手がいない場所を常に考えるわけです。


山本晴義

私は、心身ともに健康的な生活は、運動、労働、睡眠、休養、食事、会話をバランスよくとることによって成り立つと考えています。しかし多くの人は、平日は労働と睡眠だけの生活になっているのが現実です。仕事しかない毎日だと、人の心は枯れていきます。


大山健太郎

目標を明確にして正しい評価をすれば、誰でも頑張る。社長の自己満足ではなく、社員が常に納得する仕組みを作らなければいけない。


三宅宏実

「失敗したらどうしよう」という不安は常にあって、心が折れやすいタイプだと思います。「強くなりたい」「弱い心をどう克服できるか」といつも模索していた。不安や葛藤といった心の壁を乗り越えることに必死でした。その原動力となったのは「何が何でもメダルを獲りたい。そのためには自分が変わらなければ」という覚悟だと思います。


渡辺明(渡邊明)

プロになるとあまり変わったことをやる人はいないので、基本は正攻法の応酬になる。


鳥原隆志

段取りの上手い人は、問題の全体を把握して、時間内でどう終わらせるかを考えることから始めます。ここで大切なことは、処理すべき案件に優先順位をつけることと、優先順位に応じた時間配分です。段取りの上手い人は、制限時間が60分だった場合、最初の10分で優先順位をつけ、次の30分で重要な案件を処理、残りの20分で簡単な案件を片づけるといった進め方をします。


小林喜光

自分が手掛けている仕事の将来価値を冷徹な知性と論理によって吟味し、見限るべきものはなるべく早く見限り、過去にこだわってはいけません。そして、自分はこうしたい、これがやりたいということを強く前面に押し出していくのです。そういう人間だけが、変われるのです。


桐山一憲

国籍、性別、年齢、宗教などが多様な組織で必要なのは、バイアス(偏見)のないものの見方や誠実さ、透明性であり、最終的にすべてを決めるボスは商品を買ってくださるお客様だという考え方です。