名言DB

9490 人 / 112001 名言

千利休の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

千利休のプロフィール

千利休、せんの・りきゅう。戦国時代の商人、茶人。日本茶道の創始者。茶聖、茶湯の天下三宗匠の一人と呼ばれた。和泉国(のちの大阪府)出身。若い頃から茶の湯に親しみ、師匠たちとともに茶の湯の改革に取り組む。織田信長、豊臣秀吉に仕えた。秀吉に重用されたが、逆鱗に触れ切腹させられた。茶の湯に「わび」の概念を取り入れ発展させた。

千利休の名言 一覧

人の行く 裏に道あり 花の山 いずれを行くも 散らぬ間に行け。


規矩(きく)作法 守りつくして 破るとも 離るるとても 本(もと)を忘るな
【覚書き|守破離の意味を簡潔に表現した句】


千利休の経歴・略歴

千利休、せんの・りきゅう。戦国時代の商人、茶人。日本茶道の創始者。茶聖、茶湯の天下三宗匠の一人と呼ばれた。和泉国(のちの大阪府)出身。若い頃から茶の湯に親しみ、師匠たちとともに茶の湯の改革に取り組む。織田信長、豊臣秀吉に仕えた。秀吉に重用されたが、逆鱗に触れ切腹させられた。茶の湯に「わび」の概念を取り入れ発展させた。

他の記事も読んでみる

三木谷浩史

アポロ宇宙船は、月に行くという目的があったからこそ、月に行けたのであって、飛行機を改良した末に月に到達したのではない。


鈴木喬(経営者)

僕は、何事もダラダラやるのが大嫌いなんです。だから仕事も、常に瞬間最大風速でやる。そのためには、しっかり休息を取らなきゃいけません。特に交渉事は、最後は体力勝負。僕も外国企業のCEOたちと散々渡り合ってきましたが、ビジネスで勝つのは「運と勘と度胸」のある人だけ。ぐっすり眠って体力満タン、頭の冴えた状態でなければ、そんな勝負はできませんよ。だから僕は、毎日必ず8時間は睡眠をとっています。


山口拓朗

語彙力はビジネスパーソンにとって欠かせないスキルの一つです。とはいえ、難しい語彙を駆使せよと言っているわけではありません。むしろ、様々な世代の相手に通じる「言葉のバリエーション」をいかに豊富に持っているかが決め手。平易でありつつも、意味合いの細かな違いを的確に示すことで、解釈のブレなく物事を伝えられます。


津賀一宏

売上ばかりを追って、収益が赤字になってはまったく意味がない。利益は社会貢献の尺度です。一度、身を縮めて、利益ができる形にして、もう一度、どう立て直すのか、どう伸ばすのかを考える時期がいまです。


佐藤綾子(心理学者)

大事なのは、「楽観主義(オプティミズム)」と単なる能天気とは違うということです。能天気な人のことを「楽天家」と呼びますが、何の努力もしなくてもいつか自分は成功すると言っているのは単なる白昼夢で、これは正確な心理学分類ではオプティミストとは違います。楽天家は危機がくることを予測していないので、危機がくると一気に潰れます。楽観主義者は危機がきてもそれを乗り切る能力が自分にあることを信じている人です。


立川談慶

先輩に怒られたら、将来のもう一人の自分の目線で客観的に評価してみるといい。俯瞰すれば、「何を悩んでいるんだ? 私」とか、「新入社員の奮起や努力を促すために怒っているんだな」と思える。そうすれば思い詰めすぎず、楽になると思う。


檜谷芳彦

膨大な時間を割いた渾身の分厚い企画書なんて、決裁者は「暑苦しい」と思うだけ。そんな時間があったら、キーマンと親密になるための努力に回しましょうよ。根回しさえできていれば、企画書は、たったの2行でも通るんですから。


宮内義彦

物言う株主にはネガティブな見方も少なくありません。ただ、株主が経営改善や内部留保の還元を指摘するのは当然のこと。そのプレッシャーから逃げてはいけないのでしょう。日本は会社にプレッシャーをかける仕組みが少なすぎると思います。


加来耕三

世の中を変えて行く人物には出る順番があります。まず、横井小楠や佐久間象山といった予言者のような人物があらわれ、次に、実行する人たち、いわゆる幕末の志士たちが登場する。そして、彼らをまとめていく人間が必要になってくるわけです。戦国時代をみると、信長、秀吉と続き家康で初めて時代が落ちつきました。先頭を切る人がいて、必ず非業の最期を遂げる。その次の人間もいいところまでいくけれど危うい。家康は尻尾についていて、最後に天下を拾ったというわけです。


大橋洋治

社員との直接対話を始めた頃は、私が一方的に喋っていました。でもそれでは駄目だなと。私の話すことに賛同する人も、反対の人もいる。そこで双方向で話さないと駄目だなと感じるようになりました。


ジョン・グランバー

何もしようとしない経営者が多いのも事実でしょう。社内の古い文化や慣習、先輩OB、そして長期雇用されている社員たちからの変化に対する抵抗が激しいため、変化の必要性は認識していても、実現は難しいと考えているようです。こうした企業も、たしかにいまのところはそれなりの強みがあるから良いかもしれません。しかし、今後を考えたとき、こういった姿勢は確実に弱みになってきます。


森信親

プリンシプル(原則)を持つ必要があります。プリンシプルとは何か。硬直化したルールに照らして、それに合わせた仕事をするのではなく、「何がお客様にとって最適か」と考えて仕事をすること。