千利休の名言

千利休のプロフィール

千利休、せんの・りきゅう。戦国時代の商人、茶人。日本茶道の創始者。茶聖、茶湯の天下三宗匠の一人と呼ばれた。和泉国(のちの大阪府)出身。若い頃から茶の湯に親しみ、師匠たちとともに茶の湯の改革に取り組む。織田信長、豊臣秀吉に仕えた。秀吉に重用されたが、逆鱗に触れ切腹させられた。茶の湯に「わび」の概念を取り入れ発展させた。

千利休の名言 一覧

人の行く 裏に道あり 花の山 いずれを行くも 散らぬ間に行け。


規矩(きく)作法 守りつくして 破るとも 離るるとても 本(もと)を忘るな
【覚書き|守破離の意味を簡潔に表現した句】


千利休の経歴・略歴

千利休、せんの・りきゅう。戦国時代の商人、茶人。日本茶道の創始者。茶聖、茶湯の天下三宗匠の一人と呼ばれた。和泉国(のちの大阪府)出身。若い頃から茶の湯に親しみ、師匠たちとともに茶の湯の改革に取り組む。織田信長、豊臣秀吉に仕えた。秀吉に重用されたが、逆鱗に触れ切腹させられた。茶の湯に「わび」の概念を取り入れ発展させた。

他の記事も読んでみる

寺澤康介

採用活動で重要なのは、学生への適切なアプローチです。学内企業説明会や合同セミナーはもちろん、あまりにもニッチで事業自体の認知度が低い場合は業界勉強会の開催をお勧めします。また、就職支援会社にしかできない方法ではありますが、大学のキャリア講座を通じて学生に接触するのも1つです。


北尾吉孝

株式投資の場合、ファンダメンタルズのいい会社、つまり企業として基本的な収益力を備えた会社を選ぶことです。それが長期投資を可能にします。株価が下がっても焦って売る必要がないからです。「辛抱万人力」という言葉がありますが、ファンダメンタルズのいい会社なら、しばらく辛抱して相場全体の回復を待てばいいのです。


田澤由利

仕事がなく、時間を持て余すことのつらさを身にしみて体験しました。だから、どんなに忙しくても、暇よりはましだって考えられるようになりました。
【覚書き|シャープに女性総合職本格採用一号生として入社したものの、会社の受け入れ体制が整っておらず、仕事がなかった当時を振り返っての発言】


樺澤豊

社外の人たちとうまく連携をするためには、「わ鐵(わたらせ渓谷鐵道)と一緒にやらないと損だ」という状況をつくり出すことです。もっと言ってしまえば、「わ鐵人気に便乗して儲けてくださいね」ということです。WIN-WINの関係って、そういうことでしょう。


ドナルド・トランプ

ビジネスはリレー競走に似ている。優秀なチーム、勝てるチームをつくるには、後れを取る人間を入れるわけにはいかない。その人に全員が足を引っ張られるからだ。自分が流れを止めて皆を待たせる人間にならないよう、気をつけよう。明快さを求められたときに全力疾走できるようになろう。


平野信行

いつも口を酸っぱくして言うんですが、私どもは国内にしっかりと軸足を置いて、そのうえでさらなる成長の機会を海外に求めていきます。これは次の10年も揺るがない。


西成活裕

渋滞学を生み出すまでには時間がかかったし、たいへんな苦労もしました。でも、その非効率な積み重ねがあったからこそ、レールに乗って先に進んでいた人たちを、追い抜くことができたのだと思っています。自分は「長期的にみて仕事が速い人」になりたいのか、「短期的にみて仕事が速い人」になりたいのか、一度じっくり考えてみることも必要ではないでしょうか。


トム・ケリー(IDEO)

若い社員でもすごく面白いことを考えている場合もある。でも、そのアイデアや意見はどこかで止まって、上層部の耳まで届かない。あるいは、そういう人材の存在、アイデアが眠っているということさえ知らないマネジメント層がたくさんいる。組織内でフラットに意見を言い合えないことの代償は大きい。


ジェームズ・C・コリンズ(ジム・コリンズ)

偉大な企業が道を間違い危機に直面する5段階

  1. 成功体験から生まれた自信過剰。
  2. 規律なき規模拡大の追求。
  3. リスクの危うさの否定。
  4. 救世主にすがる。
  5. 存在価値の喪失、もしくは消失。

和田秀樹

本当に頭のいい人、ビジネスで成功する人は、じつは「曖昧さ」を重視している。曖昧さを受け入れられる人は、心理学では「認知的成熟度」が高いといいます。物事には白でも黒でもないグレーゾーンがあり、グラデーションの程度があると認識しているため、物事を幅広く見られるわけです。


後藤忠治

選手を育てる指導者の一言一言の言葉と態度が自主性を持つような言動でなければならない。選手が「よし、やろう!」と奮起するような言動を投げかけることが指導者に求められること。


川田達男

自分の頭で何も考えないのは企業の体をなしていない。


柳井正

成功するためには計画を立てたら前準備をしっかりとやることです。わが社ではこれを前始末と呼んでいます。計画を立て、前準備やリスク管理、つまり前始末をしっかりやってはじめて成功できるのです。


籠屋邦夫

凡人であっても、しっかりと情報を集め、分析を行い、選択肢を設定し、その後の結果を不確実性の影響も含めて十二分に検討した上で決断することで、ときには天才よりも優れた意思決定を導き出せます。


田中邦彦

20代から30代にかけては、ビジネスマンとしての成長時代なのだから、とにかく思い切って挑戦して失敗して、失敗から学ぶことを覚えて欲しい。私自身、いままで、さまざまな失敗から学んできたことで、精度の高い判断ができるようになりました。


ページの先頭へ