千代賢治の名言

千代賢治のプロフィール

千代賢治、ちしろ・けんじ。日本の経営者。住友生命保険社長。京都大学卒業後、住友生命保険に入社。その後、同社で社長・会長。

千代賢治の名言 一覧

現場を知らない企画屋ほど、やっかいなものはない。
【覚書き:統計データだけを見るだけでは駄目で、現場を肌で感じ、なぜそんなデータになっているのか背景を見なければいけないという趣旨の発言】


千代賢治の経歴・略歴

千代賢治、ちしろ・けんじ。日本の経営者。住友生命保険社長。京都大学卒業後、住友生命保険に入社。その後、同社で社長・会長。

他の記事も読んでみる

荒川静香

どんなに記憶に残る演技でも、「求められる要素」を盛り込まなければ加点されません。ビジネスの現場と似ている点かもしれませんが、重要なのは「統計データ」です。戦略を練る際、「技の成功率」や「点数が取りやすい技術」など、あらゆる統計データを取って考えます。例えば、「誰がどの技で結果を残したのか」というデータを見ながら、自分の持ち技で、どう戦えるかと考える。難易度の高い技に挑戦して失敗した時に、手元に残る点数も計算しながら、様々な場面を想定します。


江川達也

あの合理化の権化のようなトヨタ自動車ですら、いまでも「工場で従業員が部品を運ぶ歩数を2歩減らすには、どうすればいいか」というようなことに、真剣に取り組んでいるのです。ああやって、0.1秒でも圧縮できないか、試行錯誤を繰り返していけば、時間は無限に圧縮できるのです。


長谷川裕一(お仏壇のはせがわ)

私たちにとって今何が大切かといえば、「当たり前のことが当たり前でない。実はいま、奇跡の中に生かされている」と気づくことです。生命あること、生かされていることへの感謝です。今の日本の国民は当たり前のことを当たり前に考えないような状態になってしまっています。


茂木友三郎

経済全体で新陳代謝を高めることが重要。生産性の低い企業に市場から退出してもらい、生産性の高い企業が新たに市場に加わることで全体の生産性が高まる。その際、職を失った人に対しては訓練などをして、再び生産性の高い企業に戻ることができるような労働市場をつくることも必要。


小宮一慶

儲かりそうだからという理由で中身の良くわからない会社に投資するのは、大けがのもとです。私がパートナーとして参加している投資ファンドでも、財務内容はもちろんですが4人のパートナー全員が良く中身がわかっている会社にしか投資しません。たとえ儲かりそうでも、理解できない会社はパスです。


守安功

新しいチャレンジには、自分で考え抜く力が必要です。成長産業では、過去の経験が通用しない局面、誰も経験していない局面で勝負しなくてはいけません。業界の常識や暗黙のルールに従っていたのでは、業界の成長を上回る成長は望めないのです。業界のルールを自らつくりだすという気概で、とことん考え抜くことが必要です。


久恒啓一

たとえ好きなテーマが役に立つかどうかわからない、という場合であっても、私はそれを学ぶべきだと思います。ひとつのことを長期間勉強すれば、必ず何かにつながります。


ジグ・ジグラー

足に障害がある義姉が、我が家の2階まで上がってきた。私は聞いた「ここまで上がってくるのは大変だったでしょう?」義姉が答えた「大変なことなんてないわ。だってわたし、一歩ずつ進めば、どこへだって行けるもの!」


鈴木啓之(牧師)

最近、支援していた元犯罪者が医者になりました。その人は麻薬所持で3度も逮捕されています。猛勉強して資格を得ても、犯罪歴があって当初は病院に雇ってもらえなかった。それでも諦めないでいたら医者になれた。その人、50歳ですよ。3度の犯罪歴がある50歳でも医者になれるんです。人生、いつだってやり直せます。


佐々木常夫

「自分を成長させたい」という思いは、働くうえで最大の動機づけになります。昨日より今日、今日より明日のほうが自分は成長している。そのことを幸せだと感じるから、人は仕事を頑張れるのです。


白鵬

勝ち抜いていくためには、決して勝ちに行ってはならない。流れの中で勝機を掴むことが大切。


坂本光司

発想の根本的な転換が必要です。目的を「業績」ではなく、「社員の幸福」に置くこと。それを実行すれば、社員は力を尽くし、社会に対して良い働きをし、結果として会社に利益が生まれます。会社はそれをまた、社員の幸せのために使えばいいのです。そのサイクルを作れる企業こそ、真の優良企業だと言えます。


上條正裕

仮ゴールを決めるといいでしょう。仮ゴールに向けてハイペースで進めると、発生が予想されるトラブルも早く見つかる。問題が大きくなる前に対処できるし、中断しても「まだ時間はある」と、余裕を持って計画が立て直せます。


二宮雅也

私と櫻田(謙悟)さんは、議論を尽くした上で合併をスタートしました。「3つのビジョン」、「5つの挑戦」は、印刷したものを全社員が常に携帯していますが、これも我々2人で作り上げたものです。


出口治明

「学生時代に勉強をサボってしまった自分はどうすればいいのでしょうか?」と聞く人がいます。そういう人は今日から勉強すればいいだけの話です。今後の人生を考えると、いまの自分が一番若いのですから。


ページの先頭へ