名言DB

9419 人 / 110788 名言

千代勝美の名言

twitter Facebook はてブ

千代勝美のプロフィール

千代勝美、ちよ・かつみ。日本の経営者。「JALウェイズ」「エフエム東京」社長。東京出身。早稲田大学政治経済学部卒業後、日本航空に入社。取締役、JALウェイズ社長、JALホテルズ社長、エフエム東京顧問、社長などを務めた。

千代勝美の名言 一覧

感動を与え、共感を得ることを継続的に行える企業体であり続けなければ、リスナーの心を掴むことはできない。


千代勝美の経歴・略歴

千代勝美、ちよ・かつみ。日本の経営者。「JALウェイズ」「エフエム東京」社長。東京出身。早稲田大学政治経済学部卒業後、日本航空に入社。取締役、JALウェイズ社長、JALホテルズ社長、エフエム東京顧問、社長などを務めた。

他の記事も読んでみる

早川徳次

私たちの夢に関連のある超短波研究が偶然のようにやってきた。しかし、よく考えてみると決してこれは偶然ではなく、偶然をつくりあげるような下地のある我々のところに偶然やってくるべくしてきたともいえる。この長い月日の技術の蓄積が、やがて他社を抜いていち早く国産テレビの完成となり、そのその量産に向かってスタートできたのである。
【覚書き|警察無線を開発した当時を振り返っての発言。この当時得た技術がのちにテレビ開発などに活かされることになった】


清水喜彦

研修でウエストポイント陸軍士官学校に滞在しました。卒業パーティーで、校長は次のようにスピーチしたのです。「諸君がこの学校で学んだことは3つだけだ。戦略はストーリー、戦術はキャスティング、戦闘はスピリッツだ」と。校長が説いたのは戦争の要諦でしたが、本質はビジネスも同じでしょう。経営者は、会社が成長するストーリーを描かなくてはいけないし、ストーリーが決まったら最適な人材を配置して、人事が決まったら現場を鼓舞して士気を高めなければいけません。


田原総一朗

使命感や志で結び付いた組織や人間は、時に数字でははじき出せない奇跡を生み出すもの。僕たち日本人の先輩はそんな奇跡を生み出すことで難局を乗り越えてきた。


後藤忠治

選手を育てる指導者の一言一言の言葉と態度が自主性を持つような言動でなければならない。選手が「よし、やろう!」と奮起するような言動を投げかけることが指導者に求められること。


原田耕太郎(経営者)

生き残ることができたのはブランド化を進めてきたからでしょうね。先代が1955年にチューリップブランドを立ち上げて商標登録しました。70年には当初の株式会社原田製針所から、チューリップ株式会社へと社名の変更もしています。地方の小さな会社が、思い切ったCI(コーポレート・アイデンティティ)を行ったわけです。すごい先見の明があったんだと思います。


小田豊(経営者)

当社の日刊社内新聞「六輪」の内容は、結婚や父親の一周忌などプライベートの報告から、職場の話題まで盛りだくさんです。私に対する批判も載せます。従業員とのコミュニケーションですから、紙面から感情が伝わるようにしています。


乘京正弘(乗京正弘)

当社は建設を核に、点検・維持・補修の技術はありますが、運営や企画の力を強化する必要があります。同時に、その分野に強みのある企業との連携で、新たな発注方式に対応することを考えています。我々の足りない部分を補完できる企業との連携はすでに模索しています。


西岡利晃

頂点に立ってモチベーションが変わりました。今は防衛というより「理想のボクシングを極めたい」という思いが強い。それって、どこまでも完成がないでしょ。


中村雅知

右肩下がりの時代に規模を拡大してもあまり効果はない。


枡野俊明

自分はどこまで仕事にエネルギーを注ぎ込んでいるかを振り返ってみてください。なかなかミスがなくならないというのなら、おそらく誠心誠意に取り組んでいたとは言えないはずです。大げさに言えば、仕事に命をかけていればミスは必ず減ります。もちろん、そのような姿勢の問題とは別に、ミスを防ぐ仕組みも必要です。職場でお互いにチェックしあう、上司にチェックしてもらうなどの体制を築いていく方法です。