名言DB

9412 人 / 110637 名言

北野讓治(北野譲治)の名言

twitter Facebook はてブ

北野讓治(北野譲治)のプロフィール

北野讓治、きたの・じょうじ。日本の経営者。「イーパーセル」社長。岡山県出身。早稲田大学理工学部建築学科卒業。大東京火災海上保険勤務、損害保険販売仲介会社設立などを経てイーパーセルに入社。執行役員などを経て社長に就任。

北野讓治(北野譲治)の名言 一覧

私のこれまでの50年は今日以後のための準備だと思うようにしたい。つまり、これからだということ。


官僚の人とのディスカッションはすごく有益なんです。自分が考えていないようなことを示唆してくれます。


北野讓治(北野譲治)の経歴・略歴

北野讓治、きたの・じょうじ。日本の経営者。「イーパーセル」社長。岡山県出身。早稲田大学理工学部建築学科卒業。大東京火災海上保険勤務、損害保険販売仲介会社設立などを経てイーパーセルに入社。執行役員などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

松下幸之助

知識なり才能なりは必ずしも最高でなくてもいい。しかし、熱意だけは最高でなくてはならない。


高橋智隆

新しい産業が生まれる順番が、一昔前とは逆になったことを認識すべきです。例えば米国では、優秀な学生やクリエーターが面白い発明品を作ってユーチューブなどで公開し、大勢の人の興味を引きつけています。それに出資する人が現れ、ベンチャー企業ができる。でも、その用途やどうやって利益を生むのか、などは二の次のまま。すると普及した後に、こういう時に役に立つ、こういうビジネスに結びついてお金を生むだろうなどと、使い道が生まれてくる。ツイッターもフェイスブックもそう。この流れを作れるのは、経済的、文化的に豊かな国。これこそが日本のような先進国がやるべきことです。


テリー伊藤

人生は白分だけが主人公じゃない。駅伝のひとりのランナーに過ぎない。自分のゴールで次の人にタスキを渡すんだってことを考えていれば、仕事の仕方も変わる。


羽子田礼秀

中国でカレーの試食会を催したところ、みんなおいしそうに食べてくれました。子供ならお皿をぺろぺろなめるほど。後は、この味をどう多くの人に知ってもらうか。スーパーの売り場だけでなく、週末には団地内にテントを張ってカレーライスを振る舞うなど、試食会をたくさん開きました。その数は10年間で20万回に及びました。ようやく黒字になったのは、本格進出して8年目の12年度でした。売上高は年1億元を突破し、成長に勢いがつくようになりました。


奥島孝康

僕自身、いまごろになって、ようやく恩師や両親から受けた恩に気づくことがしばしばある。おそらく、いまだに気づかない恩もきっと多いに違いない。


森田満昌

消費者のニーズが大きく変わってきたのに、日本の多くの旅館は対応できていません。大江戸温泉では、時代の変化にあったサービスを提供していきます。


ロバート・キャンベル

いまの若者をみていると、「自分らしさ」にこだわって、可能性を自ら閉ざしてしまっている気がします。若いうちの「自分らしさ」は毒にもなるのです。


阿部祐二

意識が回復した瞬間から、こんなことを考えていました。「この入院は、英語力をもう一段レベルアップさせるための大チャンスだ」と。そして、DVDプレーヤーを病室に持ち込み、45日にわたる入院生活の間、朝から晩まで英語のドラマを観まくっていました。『24 -TWENTY FOUR-』は1話から最終話まで観ましたよ。英語力を磨こうと燃えている僕を見て、お見舞いに来た人はビックリしていました(笑)。この英語漬けのおかげで、僕の英語力は格段にレベルアップしました。
【覚え書き|交通事故で大怪我をして入院したときを振り返っての発言】


永守重信

この2年のうちに、私たちは100年以上の社歴を持つ海外企業を3社買収した。国内でM&Aの対象になるのは、本業が行き詰まった会社と決まっていた。しかし海外では事情か違い、3社はいずれも、ブランドと販路と技術とをあわせ持つ優良企業だ。なぜ100年以上も続くのか。現地へ赴き、内部の人と会い、そのことを考え続けた。「あわててはいけない」これがそのときに得た結論だ。目先の株価、目先の利益に惑わされず、将来を見据え、必要な投資を粛々とやっていくこと。長期的にバランスのとれた発展をするには、そのことが何よりも大切なのだと気づかされた。


作田久男

一人一人の社員が、会社という集団の中に属しながらも、いかに自分の意志や思いを大切に日々の仕事に取り組むか。これこそが経営者にとっても、いつか大きなブレイクスルーを生む結果をもたらすのだと信じています。


一瀬邦夫

私は社内報の巻頭で「社長から皆さんへ」という記事を20年間みずから書き続けてきました。普段から社員に何を伝えようか考え、毎回数時間費やして書いています。毎号欠かさず続けるのは正直なところ容易ではありませんが、私は発刊にあたって、メッセージを発信し続けようと決意し、今日まで貫いてきました。


丹羽宇一郎

ダイレクトトーク(直接対話)をやるなら、徹底的にやらないと駄目だ。


ケネス・クラーク

普通はレオナルド(ダ・ヴィンチ)を科学者としてとらえ、画家としてのレオナルドは別個に研究することが多い。彼の機械や科学の研究を理解するのが難しいので、このように個々の研究になってしまうに違いない。しかしそれではあまりにも不完全である。というのは、美術史も結局は科学史との何らかの関係においてとらえなくては正しく理解できないからだ。いずれにしても私たちは、それによって人間精神の図式が形作られるシンボルを研究することになる。このシンボルは、絵画であっても数学であっても物語であっても数式であっても、同じ変化を反映するのである。


秋田正紀

上司に聞く前に、自分がその上司だったらどういう答えを出すか、その答えをあらかじめ自分なりに考えたうえで、上司に聞いてみるといいと思います。もし、上司の答えが想定と違っていれば、なぜ違ったのかを考える。私は、阪急電鉄に勤めていた時代から、つねに、そのように考えることを心がけてきました。上司がどう答えるかを思い巡らせることは楽しいですし、なにより自分の勉強になりますね。言われることをただ聞いて、そのとおりにやっているだけでは、何の成長もありません。


住野よる

『君の膵臓をたべたい』は、ストーリーより先にタイトルが生まれました。そのままの意味で怖い話にしてしまっては面白くないので、「君の膵臓をたべたい」という言葉で人を感動させるにはどのような解釈をすればいいのか、どんな人の言葉なんだろうかというところから「僕」と「桜良」というキャラクターが生まれ、王道的なストーリーを歩いてもらうことにしました。ただ、王道でありながらも、そこに一滴の毒を垂らしたような物語です。