名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

北野泰男の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

北野泰男のプロフィール

北野泰男、きたの・やすお。日本の経営者。ヘアカット専門店「QBハウス」を展開する「キュービーネットホールディングス」社長。大阪府出身。大阪外語大学卒業後、日本債券信用銀行(のちの、あおぞら銀行)を経てキュービーネットに入社。同社社長を務めた。

北野泰男の名言 一覧

そもそも経営理念とは、社員に上から押しつけるのではなく、経営者が社員以上に強く意識すべきものではないでしょうか。社長の判断や言動が、社員から見て経営理念からズレていたら、すべてが台無しになります。私も常に経営理念を噛み締め、自分が立ち戻るべきものとしています。


私と同様、創業者も理美容業界以外の出身で、お客様の立場で「こんなサービスがあったらいいな」と思うことを事業化したのがQBハウスです。ここが決してブレてはいけない。


「人は集まったのと同じ理由で去っていく」と私は考えています。お客様はお手軽さを求めて集まっているので、もし私たちが「儲けるためにシャンプーやブローもやろう」と言い出したら、「もっとお手軽な店に行こう」と去っていくでしょう。お手軽さという我々の存在意義を追求し続ける限り、お客様は集まり続けてくださるはずです。


企業理念の「均一」という言葉は、髪を切るスタイリストによっては「個性を出すな」と言われているように感じるかもしれませんが、お客様に安心して利用してもらうためには、どの店舗でも同じ品質のサービスを受けられることが重要なのです。


会社が成長する過程でぶつかる様々な困難を乗り越えるには、一緒に働く人たちの知恵を結集させることが必要です。普段から良好な人間関係を築いていないと、いざというときに、チームとして危機に対応できません。「共に働く仲間がお互いの成長を支え合いながら、生涯働き続けられる環境を作りましょう」というメッセージを、この経営理念に込めました。


海外と日本の社員が交流する場も積極的に設けています。社員たちがカット技術を競い合うイベント「カットコンテスト」もその一つ。日本の社員が優勝して喜ぶ姿を見ると、海外の社員たちも刺激されて一生懸命練習するし、海外の社員が優勝すると、今度は日本の社員たちが触発される。こうした機会を通じて、「仲間同士で成長を支え合い、お客様から必要とされる組織を目指す」という経営理念を社員自らが体感すれば、そこに込めた想いは組織の中に自然と浸透していきます。


当社の事業はビジネスモデルがしっかりしているので、創業者が現役のうちは、経営理念がなくても会社が成長できたからです。しかし、創業者が退任し、組織が大きくなって社員が増えると、会社の目的や存在意義をそれぞれが自分の解釈で語るようになり、言うことが人によって少しずつ異なるという問題が起きてきました。そこで私たちは、創業者の想いをきちんと言語化して、「我々はなんのためにこの事業をしているのか」を、社員全員が共有できるようにしたのです。


当社には、挫折を経て転職してきたスタイリストが少なくありません。パーマ液やカラー液が体質に合わず、ひどい手荒れに悩まされた。トークに自信がなかったり、年齢が上がったりしたことで、指名が取れなくなった。修業期間が長すぎて、なかなかカットを担当させてもらえず、モチベーションが低下してしまった。こうした人たちは、高い技術や「お客様を喜ばせたい」という想いがあるにもかかわらず、従来の美容業界では活躍の場が限られ、美容室を辞めざるを得なくなる。これは非常にもったいない。我々は、そんな人たちの再チャレンジの場になりたい。当社には定年がないので、現在は20歳から80歳まで、幅広い年代の人たちが正社員として働いています。


企業理念の「お手軽」は、QBハウスのサービスの特徴を端的に表した言葉です。短時間、低価格、利便性の高い立地など、様々な要素を掛け合わせたお手軽さを提供するのが、私たちの目的です。お手軽さは、一般的なヘアサロンが重視する「癒し」の対極にある価値観ですが、長時間かければお客様の満足度が高まるというのは思い込みです。我々の主要顧客である忙しいビジネスパーソンにとっては時間の価値が何よりも」高いので、10分で完了するサービスを提供する意義は大きい。


北野泰男の経歴・略歴

北野泰男、きたの・やすお。日本の経営者。ヘアカット専門店「QBハウス」を展開する「キュービーネットホールディングス」社長。大阪府出身。大阪外語大学卒業後、日本債券信用銀行(のちの、あおぞら銀行)を経てキュービーネットに入社。同社社長を務めた。

他の記事も読んでみる

白井一幸

全力とは「身体を動かすことに対する全力」のほかに、次の3つがある。まず、「準備の全力」。ウォーミングアップなど、万全の状態で試合に臨めているか。次に「頭の全力」。状況判断も全力ですべきで、それには練習で常に実戦を想定することが欠かせません。そして「心の全力」。「失敗したらどうしよう」と思いながら試合に臨むのも全力ではなく、「絶対に打つ!」という意気込みを持って臨んではじめて全力を尽くしているといえます。4つすべての全力を出した時にこそ全力と言える。


古屋大貴

私はほぼ毎日、音楽業界や飲食業界、アーティストや塾の先生などと飲んでいます。おもちゃ業界以外の人と会うことで、様々な角度からの情報が自然に入るんです。


斉藤徹

自分だけの成功体験は通過点に過ぎない。次はチームでどれだけ成長できるのかが目標。人としての成長が、僕らのメインメッセージです。


畑村洋太郎

私は子供の頃からずっと数字を作り、踊らせてきた。今に至るまでずっとね。


永守重信

この数年で3社ほど100年以上の歴史がある会社を買いました。実際に買ってみると、大事なことが3つあると気付きました。

  1. 長期的な視点に立つこと。
  2. ビジネスポートフォリオを絶えず変えなければいけないということ。
  3. マンネリに陥らないように頭を切り換えること。

高橋俊介

すべてのジャンルを網羅するのは難しいので、自分の守備範囲でいい。複数の切り口で世の中の原理原則を知っておくと、即興力が高まる。


コリン・パウエル

リーダーは、一人ひとりの部下に自分と同じ目的意識を持たせる必要がある。目的はトップのリーダーを起点に、ダイナミックで情熱的なリーダーシップによって人から人へと広がり、組織全体に浸透していく。こうして、リーダーの総体的な目的とつながりがある形で、部下たちは細織の一員としての目的を持つことになる。


長門正貢

必ず聞かれるのですが、国債保有比率の目標は特に決めていません。社内では「聖域なくあらゆる投資物件を探してくれ」と指示しています。プライベートエクイティやヘッジファンドへの投資、海外のREIT(不動産投資信託)などあらゆる投資を検討し、深掘りしていこうと考えています。


玉塚元一

コンビニ業界に限らず、これだけ世の中が目まぐるしく変化する時代においてビジネスで成果を出すには、将来の方向性を見据えた適切な課題設定と、PDCA(計画・実行・評価・改善)の高速回転が不可欠です。


牛場靖彦

以前いた会社で出世した同期の多くは、定年前に病で倒れた。私も、あのままなら同じ道を辿ったでしょう。人生、何が幸いするかわかりません。


藤田紘一郎

本来、腸の中に善も悪もない。たとえば悪玉菌として「大腸菌」がありますが、これもビタミンを合成したり、他の有害な細菌が大腸に定着するのを阻害するなどいい働きもしてくれる。ただ、これが増えすぎると問題が起きるわけです。


羽生善治

理にかなった手がわかるというのは大事な要素です。けれども、常に論理的に正しいのが最善手というわけではありません。ある局面を示し、どの手が論理的に正しいか尋ねれば、プロなら皆同じことを言うでしょう。つまり、論理だけで指していたら、相手にはこちらの手の内がすべてわかってしまう。それでは勝てないのです。